えふえふぶろぐ

ロードバイクのパーツインプレから、メンテナンス等ロードバイクを中心に自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。
サイクルウェア・パーツ類は楽天ページへ、メンテナンス・整備のご相談はFF-Cycle店舗までお気軽にお問い合わせ下さい。

cervéloの値下げが発表されたので、R3の魅力を語る6月1日にcervéloの値下げの発表がありました。ほんの一例ですが、R5 Rim LTD フレームセット ¥580,000→ ¥470,000 値下げ額 ¥110,000R3 Rim フレームセット ¥370,000→ ¥299,000 値下げ額 ¥71,000S5 Disc Ultegra ...

パンクの原因から探るロードバイクのパンク対策パンク、それはロードバイクの否、タイヤが付く乗り物からは切っても切れない問題デス。。。それでも昨今のチューブレスレディの普及で普通のパンクであればそのまま走り続けられたり、一瞬で空気が抜けきることが少なくなった ...

室内トレーニングでダメージを受けるパーツ類と注意点最近のズイフトをやられている方が本当に多くなったと実感しております。ズイフトのブームに伴い売れる車体まで変化が出てきたとか、ワタクシ自身が実際に聞くお話ではズイフトしかしないから頑丈で安い車体のニーズが増 ...

ロードバイクのグレードの違いよる差は?ロードバイクを今よりも上級グレードのモデルへと買い換えるとびっくりします。軽い、進む、乗り心地が良い、すべての動作が上回るように感じる場合もあります。しかし実際にタイムを見てみると、、、んん??余り変わらない場合が多 ...

ロードバイクのホイールリム幅と使用可能タイヤサイズ最近はワイドリム化が進んできて、一昔前のロードバイクといえば700×23cとかという基準は、、、というか現行のホイールはほぼワイドリムと言ってもいいぐらいのワイド化の流れにあります。そこで今回はロードバイクのホ ...

シフトのインナーケーブル切れについて何故か似たような事案は続くものです。先週は振れ取り三昧(笑)そして最近多くみられるご依頼が変速不良です。変速不良の原因の多くをしめるのがケーブルの問題です。その中でも最近特に多いのがケーブル切れです。正確には”切れかけ ...

トレーニング以外で、食事と睡眠についで3番目に大切な習慣とは?Stravaは最近大幅なアップグレードが入ったようです。なんでも同じコースを走った時の記録の推移(ライドマッチ)などが出てくるようになったぐらいしかよくわかりませんが、、、(´;ω;`)ともあれワタクシ ...

パリ~ルーベで使われたスペシャルバイクパリルーベと言えばなんと言っても長い石畳区間、つまり超絶悪路が含まれるクラシックレースです。またその過酷さは石畳だけでにとどまらず、雨が降ればぬかるんだ泥、晴れれば土埃で視界を奪われるだけではなくその後感染症になる選 ...

ロードバイク洗車のコツやポイントを解説+++大規模更新致しました。++++ロードバイク、常にきれいにしておきたいものです。最近では水無洗車の心強い味方の便利なケミカルも多数発売されております。 ちょっと下汚れに便利に使う事ができるだけではなく、水無し洗車の ...

BIKE HANDのスルーアクスルアダプターが優秀すぎる話最近のディスクロードではフロント12mm×100mm、リア12mm×142mmのスルーアクスルという規格で統一されつつあるように思えます。しかし従来のリムブレーキモデルのクイックレリーズとスルーアクスルは全く別物です。となる ...

ロードバイクのロングライド  単独で100kmを走るために 100kmです。100kmといったら、お店のある千葉から東京の端っこの方までいけます。。。とんでもない距離です。それでも100kmとかロードバイク乗りの中ではそこまで長い距離ではないという感覚自体が少々、、、(笑)と ...

GCNの風洞実験 エアロダイナミクス効果関連記事はこちらから。 4回に渡って記事にしてきたSwiss Side社のエアロダイナミクスのお話です。今回はSwiss Side社から少し離れて、GCNの風洞実験です。GCNもSwiss sideと同様に25km/h、35km/h、45km/hでの風洞実験を行った動画が ...

5年以上使ったおたふく手袋のインナー 新調したら驚愕した話コスパ最強インナーといえばおたふく手袋のインナーです。最近ではこのインナーウェアを購入したのは記憶に新しいところです。 そう言えばですが、、、 2016年ぐらいからずっと使っていたようで、、、と思って調べ ...

ONEAER(ワンエアー) カーボンTLRホイール RX5 ご紹介!ONEAERとは:元々はBHのホイールブランド「EVO」などのエンジニアだったAndy Lee氏が、2019年に独立して立ち上げたブランドだ。すでにサーヴェロの本国仕様完成車にスペックインされるなど評価されている。 ONEAERホイ ...

【第4弾】ディープリムホイールはなぜ速い?~帆走効果とは~第1弾はこちらから 第2弾はこちらから 第3弾はこちらから 前回に引き続きエアロダイナミクスです。Swiss Side社にどっぷりです。ディープリムホイールはエアロダイナミクスに優れ、特に平地や高速巡航の速度を上げ ...

サドルバッグの取付けでがっかりと思われない方法もしもの時の携帯品、基本的にはレース以外では必ず共にライドに出ます。冬の1ボトル体制から、2ボトルが必要な時期になるといよいよシーズンの到来を感じます。(とは言っても今年は。。。)ボトルが2本になるということは必 ...

チューブレスタイヤのパンクを修理するパンクしました。というのもウエット路面で道路脇の細かい砂利の溜まっているところを通った瞬間パスッ!とです。まさに教科書的なカットパンクです。というのも、Teppei-Y@ff_cyclehttps://t.co/zBbkpmf64Oやはりちゃんとした理由があ ...

【第3弾】SWISS SIDE社によるエアロダイナミクス効果第1弾はこちらから 第2弾はこちらから 前回に引き続きエアロダイナミクスです。Swiss Side社はの実験通常の空力テストでよく言われる40km/hよりも少々控えめで、35km/hがベースとなっているようです。この点はワタクシ貧脚 ...

【第2弾】軽量 VS エアロ 風洞実験に基づくエアロホイール昨日の記事はこちらから。 最近ではエアロエアロアロエ、、、、昨日は主にフレームとしてのお話でした。で今回はホイールの話です。また例のごとく、だいぶ語学力が足りないところが多々ありますが、頑張って訳してみ ...

軽量 VS エアロ どちらがベストか?最近ではエアロエアロアロエ、、、、エアロダイナミクスの重視はもはや常識とも言える時代になっていると感じます。ちょっとおもしろそうな記事を見つけました。だいぶ語学力が足りないところが多々ありますが、頑張って訳してみようと思い ...

大掃除・オーバーホールの作業記録オーバーホールと言っても一概に何をどこまで、というのは現在の状態によって、またご予算と相談になる場合が多いです。徹底的にきれいにする場合はある程度の予算が必要とはなりますが、バラしてみないと正確な金額を出すことは難しいとこ ...

【万能薬】EFFETTO MARIPOSAのCARBO GRIPEFFETTO MARIPOSA(エッフェットマリポサ):EFFETTO MARIPOSAとはスイスのブランドで、イメージ的にはなんと行ってもカフェラテックス!カフェオレのような色のチューブレス用のシーラントが有名です。その名前も見た目そのまんまカ ...

Zefal Pulse L2 高コスパの軽量カーボン製 ボトルケージ ボトルケージと言えば最近はこちら 不意にポチってしまったスパカズの軽量アルミ製のボトルケージです。使ってみるとやはり抜き差しがしやすいのは良かったのですが、ホールド感に若干の不安が。それでも意外とぶっ飛 ...

バーテープを剥がした後の残骸を手早く除去する最近のハイグリップ系のバーテープはバーテープ自体がかなり滑りずらく、粘着成分が控えめなものであったり、テープではなくてシリコン系の素材の親切設計のものも増えてきました。最近のハイグリップ系のバーテープは従来品よ ...

0から始めるロードバイクでスタンディングスティル練習方法***************************本記事は過去記事をパワーアップ、更新をさせていただきました。***************************ロードバイクでスタンディングステ ...

RD(リアディレイラー)のプーリーについて***************************本記事は過去記事をパワーアップ、更新をさせていただきました。***************************プーリーのお話です。ちなみにプーリーは消耗品で ...

IRC 新FORMULA PRO TUBELESS S-Light!前回のお話はこちら! 新RBCCのほうが若干早く入荷しておりましたが、ついに待ちに待ったS-Lightも入荷いたしました。先行してTwitterではちょこちょこと情報を出しておりましたが、今回は詳細です。何でも新RBCCは結構いい感触というの ...

ママちゃりの整備はネタの宝庫か??ものすごく久しぶりにママチャリネタです。ママチャリの整備も基本的には外装の変速機であればロードと同様です。しかし全くもって違うのはその整備頻度と、扱い方です。ママチャリは基本雨ざらし、ぶっ壊れるまで乗るというのがベースで ...

ロードバイクのトレーニング 休息・回復についてトレーニングは休息まで含めてトレーニングというのはワタクシ自身の実際の経験から学んだことであり、当ブログでも何度も記載をさせていただいていることです。しかし未だにワタクシ自身、休みを取ることに不安を感じないわけ ...

Strava分析 世界最速のバイク TOP20!!今回はCycling Tipsで面白い記事を見つけたのでご紹介です。”世界最速のバイクは?”(ストラバ上で)とても面白そうな記事です。だいぶ語学力が足りないところが多々ありますが、頑張って訳してみようと思います。ということ今回はSt ...

↑このページのトップヘ