えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

リアディレイラー・フロントディレイラー不調の原因を徹底的に探る

昨日プレオープン・受付開始とさせていただきましたお店の方ですが、多くのお客様にお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
その中でもご希望に添えない方がどうしてもでてしまうのは大変心苦しいものです。
大変申し訳ございません。
しかし当店にできること、ワタクシ自身にできることは惜しみなく、いつも一生懸命行わせていただこうと思います。今後共よろしくお願い申し上げます。

 
ということで本日、週間予報でズラッと20℃前後に日が並びました!

冬の最後というか、、、なかなか雨の続きの週末であったり、かなりガッツリと雨が降り続いてフラストレーションが溜まりがちな方も、雪解けが待ち遠しい方も、本格的なシーズン到来前の調整はとても大切です。

ということでロードバイクのトラブルで圧倒的に多い今回はリアディレイラー・フロントディレイラーの不調の原因を探るというお話です。



▶一番最初に確認するべくポイント


①チェーンは伸びていないか?

チェーンチェッカーを使ったりチェーンをピッとつまんだり、、、
つまむのは経験というか、本当に伸びたチェーンを触ったことがないと不明なところが多いと思いますので、できればチェーンチェッカーを使ったほうが確実です。

チェーンチェッカーは一部分だけではなくて、回しながらいろいろなところで測って総合的に伸びの確認をします。
チェーンは本当に変速不良の原因に直結します。

ギア歯の摩耗ということも考えられないですが、相当な距離を乗ったり、ヘビーユーザーの場合を除いて1000kmや2000kmでもう寿命、、、そんなことはめったにないことなので、まずはチェーンの寿命を疑うのがいいかと思います。



②不調の前兆は?

何かきっかけがあるとしたら間違いなく一番最初に疑います。
・右側に倒した・ころんだ
・なんとなくアジャスターをいじってみた。
・ケーブルを交換してみた。

おそらく外部からの衝撃にみの覚えがない場合一番多いのは
「少し調子が悪くなって、自分でやってみたが上手くいかなかったが、それからだんだんと調子が悪くなってきた。」というものです。

調子が悪くなってきたのに、いじっても治らない。。。
→トップローアジャストボルトもいじっちゃえ!
どんどん悪化するパターンもあります。

なにがきっかけになったかわかっていれば原因究明までの近道になります。

ワタクシ自身も不調でみさせていただくときは「何かきっかけはありますか?」よくお伺いしますヨ。



③ディレイラー本体の不具合は?

ディレイラーは基本的に手で動かすことができます。
動きさえ理解してしまえば何が原因かわかりやすくなります。

ディレイラー本体の不調ということは余り多くはありませんが(と言うか殆ど見ません。)、
・取り付けでガタが出ている
・汚れで動きが渋い
こんなことは起こりえます。

スムーズに動けばディレイラーが原因の不調というものが、取り除きやすくなります。

また組付なんかも時々おかしなことになっている場合がありますので、正しい方法で組み付けられているか?そんなところもアタリマエのことですが、確認すべくポイントではあります。
いつまでたってもなんか調子が悪い、、、原因の根本はものすごく身近なところにある場合があります。



これらが正常であれば大体アジャスターの調整のみでサクッと直ってしまうことがほとんどですが、

それでも直らなければというところが次項のお話です。




▶その他の原因

①ケーブル関係のトラブル

これはもう簡単です。
簡単というのは簡単なんですが、確認は少々メンドクサイです。
コントロールレバーを外して、ディレイラーと20cmぐらいのアウター&インナーを使って直結します。フレームは通さないということです。

ケーブルにトラブル(通り道も、取り回しも含まれます)がある場合は直結すれば一発で解消します。

これで解消すればケーブルがトラブルということです。


②ディレイラーハンガー曲がり

これは解決しない変速不良のなかでも最も多い原因です。
なぜなら「新品でも曲がっている時がある」からです。

フレームの精度にもよりますが、親切なショップなら組付けのときにハンガーの平行ぐらいサクッと見て修正してから組み上げをしてくれると思うのですが、そこはショップによりけりです。

またこのハンガーの役割は転倒・衝撃時にフレームを守るというものなので、当然フレームよりも破損しやすいものです。
特殊な工具で金属製のハンガーをウンショ、ウンショと曲げるわけですが、あまりにもひどいものは折れる可能性があります。


これらのトラブルを割合別にいくと、、、

調整が上手く行っていないための変速不良・・・80%
ディレイラーハンガー曲がり・・・15%
その他の原因の変速不良・・・5%
このぐらいです。

こんなん言うのは簡単ですが、実はこの5%に入ってしまうととんでもなく大変です。

image4155

しかし普通はこの大変厄介な5%意外の原因であることがほとんどです。
オーナー様がこの5%だと思い込んでいるということ、の場合もあります。

そればかりはみてみないことにはなんとも言えないですが、5%に入ってしまったら、、、色々アンレギュラーな方法も含めて試してみるしかありません。

ということでディレイラー変速不良の原因を探る、そんなお話でした。


どうにも手に負えなくなったら、、、
まずは「やってみる!」
「駄目だったら助けてくれ!」
もちろんお受けいたします。
※ディレイラー不調はチェーンが外れる、巻き込まれる等の重大に事故につながる場合もございます。ご自身での調整はくれぐれもご注意下さい。

その場合ひょっとしたらパーツ代が余計に掛かってしまうこともあるかもしれませんが、それでもやってみたい、知識を身に着けたい、そんな方を応援いたします!
また何かで先でのトラブルとかの際も役に立つと思いますヨ。

+++++++++++++++++++++++++++

FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※プレオープン期間中、当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容(希望時間)
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断的なこともお受けいたします。
またご相談等もお気軽にご連絡お待ちしております。



 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

受付開始 プレオープン!! FF-Cycle作業小屋 

image14144


先月より何度か記事にさせていただいている実店舗、、、と言うか本当に作業小屋程度のとても実店舗とはいい難い正に作業スペースですが、本日よりプレオープンとさせていただく運びとなりました。

まだまだ商品が入りきっていないこと、工具が揃いきってはいないこと、
等ご不便をおかけしてしまうこともあるかとは思いますので、”プレオープン”期間といたしまして、割引料金にてご提供させていただこうと思います。

通常料金2000円/1時間
→プレオープン期間1500円/1時間
パーツ持ち込みの場合+500円→持ち込み料金無料

例えば2時間までであれば4000円と言った具合です。
(プレオープン中は3000円)
※税込み価格

作業をおまかせいただいても、作業をお教えするにしても、作業を見守らせていただくにしてもすべて同一料金となります。
また複数人、グループでご利用頂く場合もプレオープン期間中は同一の料金でやらせていただきます。
(スペースの都合上10名様とかは少し厳しいかもしませんのでご了承下さい。)

▶当店の特徴◀

①基本的に作業は目の前で行わせていただきます。
(ご希望があればお預かりにて作業も承ります。)

②自分で行いたい場合は工具・ケミカル類すべてご使用いただけます。

良識の範囲内でのご使用をお願いいたします。

③やり方を教えてほしい等のご希望には最大限にお答えいたします。

この場合は通常の整備よりもお時間を頂くことがございますことご了承をお願いいたします。出し惜しみは致しません。ワタクシのもち得る技術・知識はきちんとお伝えさせていただきます。

④できなことはお断りさせていただくことがございます。
最大限の努力は致しますが、不可能なことはございます。
「コンポすべての載せ替え・セッティングを1時間で教えてくれ、」と言うのは少し厳しいかもしれません。また物理的に不可能な事はありますので詳細はお問い合わせ下さい。

⑤時間制の料金体系ですが、最終的にどのくらいかかるかは実際に車体を見てみないとなんとも言えないところもございます。
お問い合わせ時にご希望の整備内容等をお伝えいただくことで、大まかなお時間の算出は可能ですが、
汚れ具合、状態等によっては多少前後する場合がございます。

⑥お時間に余裕をもった予約制となります。
基本的に一人てんちょーなもので、お時間が重なってしまうとおまたせしてしまうことがございますので予約制をとらせていただきます。
事前にご一報、お手数おかけいたしますがよろしくお願い致します。
もちろん飛び込みでも空きがあればお受けいたしますが、基本的にはご予約の方優先とさせていただきますことご了承をお願いたします。

ご予約制をとらせていただくのにはもう一つ理由がございます。
これも一度は経験のある方が多いかと思うのですが、
「店内にいかにも本気っぽい常連さんがいつもいて入りづらい、聞きづらい・・・。」
聞き耳を立てれば
「ヤッパリヅォラじゃねーと!ウン十万のホイールぶっ壊れちゃってさぁ・・・うんぬん、、、」
・・・あぁ、滅茶苦茶入りづらいし、話しかけられないです。。。
ワタクシの心が弱すぎるだけでしょうか。。。
当店は初心者の方でも、初めての方でも、どんなグレードであっても皆様に、聞いて触っていじっていただくためのお店です。お手数おかけいたしますが、ご協力をお願いいたします。

⑦購入前相談、各種グレードアップ相談承ります。

ご相談だけでもご予約の空きがあればもちろん承らせていただきます。
お見積等ご相談下さい。


-当店からのお願い-


・ご来店前はご連絡をお願いいたします。
整備に時間のかかるもの等がございます。
ご来店が重なってしまうとご迷惑をおかけしてしまうこともございますのでお願いいたします。
発送作業・外出等もございますので、ご対応できない場合がございます。
ひょっとしたら3本ローラーでびしょびしょかもしれません(笑
メールでのご連絡の場合は当店からの返信をもってご予約の受付とさせていただきます。

・お車・車載にてお越しの場合は事前連絡の際にお話をいただければ駐車場をご用意させていただきます。

・一般的な消耗品に関しましては在庫をしてはおりますが、一部在庫がない商品もございます。
ご希望の商品がございましたら事前にご連絡をお願いいたします。
「~を購入して、取り付けを教えてほしい」等
IMAG2473
※スモールパーツ・サイクルウェア等の楽天在庫商品ももちろんお買い上げいただけます。


プレオープン期間中は当日の受付を18時までとさせていただきます。
 18時以降でも「どうしても至急見てほしい、、、」「なんとかならなかいか?」「明日のライドに間に合わせたい。」
という場合、また夜間早朝作業はご相談下さい。(大きな音の出る作業は夜間早朝は近隣のご迷惑となる場合がございますので、できない場合もございます。)
当店の固定電話にでられない場合は番号通知にてご連絡いただければ折り返しご連絡をさせていただきます。 夜中の1時とかのお電話はご遠慮下さい。


例えば、、、
「自分でやりたいけど初めてでチョット不安、、、」
「自分で交換してみたけど、どうにもこうにもセッティングが決まらない。。。」
「ケーブル抜いたもの通らなくなってもうた、、、orz」
「これってぶっ壊れてるのか、セッティングが悪いのかわからない。」
「通販で買ったパーツの取り付け・メンテとかちょっと見てもらいたい。」
「買ってから何にもしてなかったけど何したらいいの?」

こんなご要望に、、、、ドンドンお答えさせていただきます。 


というところでなんとかプレオープンを迎えることができたのもひとえにお客様一人一人のご愛顧によるものと深く感謝しております。こんな誤字脱字ばかりのブログでもアクセスいただき本当に有難うございます。なんとかこの日々の感謝の気持ちをお返しするべく、お客様のロードバイクライフのお役に立てるよう尽力を尽くさせていただきます。
今後共FF-Cycleをよろしくお願い申し上げます。

代表 山口 鉄平

FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※プレオープン期間中、当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容(希望時間)
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。





実際に整備を見ていただければおわかりになるかと思いますが、当店は特別なことをするわけではありません。たまには致しますが。。。基本に忠実に、確実に作業を行わせていただきます。
ワタクシが一番大切にするところは、”そのパーツの持つ力を100%限りなく近く最大限に使えるようにしてあげること”です。 パーツの性能が上手く引き出せていないロードバイクは本当によくみかけます。

そもそもなんでこんなコトをしようとしたかというと、、、
ワタクシ自身のロードバイク仲間やオーナー様の声として、
「どんな整備をしているかわからない。」
「整備を見せてくれない。」
「お店で購入していないので整備を断られる。」
「知識を覚えたいがどこにいけばいいのかわからない。」
 こんなことが本当に多かったということです。

だったら「うちで出来る限りのニーズに答えよう!」
そんな考えからプレオープンまで至ることができました。
 
こんなコトをしているところはあまり多くありません。
業界の人からしてみれば「ネタばらしすんなよっ」て言われてしまうかもしれませんし、煙たがられるかもしれません。多分厄介者ですネ。。。
しかし消費者側からすると整備ができるようになるまではいかなくとも、「整備のやり方・知識を持った上でプロショップへ持っていく。」これってショップ選びの参考になると思います。消費者がしっかりと学べる、そして知識を持つということは業界全体の底上げにつながると考えております。
ワタクシ自身も車体本体は一部のメーカーを除いて仕入れられませんので、車体は一般購入する場合が多いですがまぁまぁ完成車、、、オイオイってところもないわけではありませんネ(;´∀`)もちろん良いショップもありますヨ。

ということで「できないことはできません。」こう言わせていただくこともあるかと思いますが、出来る限り満足して帰っていただけるようなお店づくりを目指してプレオープンとさせていただこうと思います。

”セイビハアイジョー!!”

自転車はいつもピカピカに!
これをいつも大切に!デス。

 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

Bianchi Oltre XR3 ヴェールを脱いだぞ!

前回の記事から4日あまり!
エイプリルフールネタ(イタリアンジョーク)だったらどうしようと密かに焦っていたのな秘密です(笑

しかしデス、ついに全容が明かされました。

http://www.bianchi.com
公式サイトをクリックの上、GLOBAL(1番左上)を選べば詳細が見れます。

日本の公式サイトはまだ非公開のようではありますがグローバルサイトからの情報をいち早くお届けです。ちなみに4月10日更新とのことです。

Oltre XR3

Maximize aero advantage and control
エアロ性能とコントロール性を最大化

PERFECT CONTROL MEETS AERO PERFORMANCE WITH THE NEW OLTRE XR3
何やらコントロール性とエアロパフォーマンスが特徴のようです。

ということで完全にXR4のようなエアロフレームということです。

まぁ曖昧な表現ですが、XR4の廉価版になるのかならないのかは不明ですが各所の作り込みを比べてみるとやはりXR2に続いてのXR4のグレードダウンっぽい使用が各所に。

プレス用の画像がグローバルサイトに上がっておりますので各所に違いをどこよりも速く、、、公式サイトをぶっちぎって・・・
文章・文字及びプレス用の画像から読み取れる所をXR4比較してと解説してみようと思います。

XR3スペック
・カーボンモノコックテクノロジー
・高強度+中弾性カーボンファイバーとカウンターヴェイル
・プレスフィット86.5×41BB
→XR4とおなじ
・メタルインサートによるフルカーボンドロップアウト(?)
・55サイズで1110g(±5%)
→XR4は990g(±5%)

フォーク
・フルカーボン 1.1/8” - 1.5”  カウンターヴェイル
→やはりヘッドセットのサイズが変わっております。
 XR4は1.1/8"-1.1/4”
・370g
→ブレード(エアロ)形状でこれは結構優秀かも。。。



細部を見ていきます。
画像は勝手に持ってくると怒られてしまいそうなので、XR4しかございませんm(_ _)m

・ヘッド部
XR4の特徴とも言えるヘッド部の上部
PB264173

こんなん特殊なダストキャップ(スペーサーの下のパーツです)しか、、、ということがXR3ではありません。スペーサーも多少変な形をしている気が、、、
通常の円のダストキャップが使えそうな普通のヘッドチューブです。
下部はXR4バリのインテグレーテッドデザインです。

ジオメトリからヘッドチューブ長を見れば結構短めの設計です。



・ブレーキ
PB264173
XR4は前後ダイレクトマウントですが、XR3は取り付け穴を見る限り通常のブレーキです。


・フォーク
PB264168
特徴的だったXR4のフォークもXR3では見る限りブレード形状こそありますが、ストレート形状になっております。
憶測でしかありませんが、コントロール性を向上と謳い文句があるのでジオメトリ上は角度に差はありませんが、ストレート形状にすることで向上を狙っているのかもしれません。コス…(o゚Д゚)=◯)`3゜)∵ ハウッ


・シートポスト連結部

PB264170
若干の差があります。

これはブレーキシステムが変わっているために差が出ているのか、乗り心地やコントロール性に差を持たせているのか、、、
かなりのゴッツさはありますが、どう乗り味に影響が出てくるのかは謎です。
しかしシートステーにはしっかりとカウンターヴェイルの文字が!!


・ケーブルルーティング
インターナルケーブルルーティング、と英語では書いてありますが、、、日本語ではなんというのかはいっつも困ってしまいますが、インターナルケーブルルーティングです(笑

XR4ではチェーンステーまですっぽりの整備性悪し(かっこいいんだけどネ・・・)のルーティングもXR3ではダウンチューブこそインターナルですが、チェーンステーは下部を這うようになっております。

リアブレーキ入り口はやはり右側、、、
日本人の右手フロントにはケーブルルーティングが少々やりにくので左側がいいなぁと思うのですが、そこはイタリアンですネ。
センプレも(後期型から)同じです。

シマノが前ブレーキ本体の右側に設計しているんだからフレームの穴は左に・・・なんかそのほうがバランスがいいような気がするのはワタク氏だけでしょうか。。


・カラーリング
ものすごく( ・∀・)イイ!!デス。

滅茶苦茶欲しくなります。
まっくろくろすけでもチェレステまみれも駄目でグロス仕上げ(光沢)じゃないと駄目なんです。
(全くもって個人的な好みの問題デスm(_ _)m)

1D - CK16-Black glossy
チェレステベース+ブラックのグロス仕上げ 
多少黒が少ないがフォークは真っ黒というなんとも大胆な仕上げ。
こいつが滅茶苦茶かっこいいです。
 
1Z - Black-CK16/Graphite matt
車体は黒ベース+チェレステ +フォークはチェレステ、マット仕上げ
 
ZB - Black matt-Black glossy/Black glossy-Black matt
グロスとマットのまっくろくろすけしよう


・コンポ
一番下のグレードでは105からのラインナップです。
日本にどのグレードが入ってくるのかどうかは全く謎です。。
ホイールがフルクラムのレースポ、、、まぁ完成車のみに供給が許されるグレード、かな、、、





ということでXR3はXR4の廉価版!?と勝手に決めつけておりますが、なにせカッコイイ!!
うわぁ滅茶苦茶カッコイイ、、、

XR1が105で30万という位置づけなので、XR3がカウンターベイルが入ったとしても為替の影響も色濃くでているので(と言うか絶対に影響はあるはずですが、コレで高かったら、、、切ないですよネ。)、105で30万を切ってくれると、、、最高です!
というか買っちゃうかも、、、
多少重くたってイインダヨ!100グラムだぁ?ドリンク減らせばすぐだぁよ、、、

カラーが本当にいいんですヨ。

詳細はグローバルサイトを御覧くださいm(_ _)m

こんなコトを書いておきながら、、、ほしすぎる、、、物欲が止まらない、、、
センプレより100g増とエアロダイナミクス向上どちらがトータルスピードが上がるか、、、そんな実験も楽しそうです。

ということでチョットディープな気持ちではありますが、XR3の超絶速報でした。

http://www.bianchi.com
公式サイトをクリックの上、GLOBAL(1番左上)を選べば詳細が見れます。

https://www.dropbox.com/sh/5up8y97wra352qs/AAAeqQBN6OGQVqi0A4lkCP1Ja?dl=0&preview=_G1A2955.jpg
ドロップボックス内に10枚の画像が公開されています。

 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

↑このページのトップヘ