2017年版 シマノコンポーネント 各グレードの比較と差 (R9100/R8000追加)

※本記事は過去記事を最新モデルを加えてバージョンアップさせていただいております。
 かなりのボリュームになってしまいました(´∀`;)

シマノのロード用コンポーネントが大幅にモデルチェンジが加えられました。
昨年発売されたR9100を筆頭にR8000も新型構造が取り入れられてかなりの変化がありました。

9000番代世代は旧型コンポのいわゆる11速第1世代、
Rが頭文字につく新型コンポ(R9100、R8000)は第2世代の11速コンポと勝手に読んでおります。
あまりにも変わりすぎてしまったため第2世代の11速はもはや新型ロード用コンポーネント”元年”そんなイメージです。

主な変更点はというと、、、
・フロントディレイラー:トグル機構採用
クリアランスを広く取ることでより太いタイヤに対応、ケーブルアジャスター搭載
・フロントクランク
歯間距離を広げることで短いチェーンステー対応
・リアディレイラー:シャドー・シングル化
接触や転倒によるダメージ低減・ケーブルルーティングの最適化

ともあれR8000もだいぶ復旧してきて、新型コンポも触る機会がだいぶ増えてまいりましたので第2世代11速コンポを加えた内容にて更新致しました。


ではコンポーネント【component】とは、というお話からです。
※コンポーネン【ツ】とかコンポーネン【ト】とかはどっちでもってことで、、、
(複数、単数形?) 
P5253896
シマノ様もこんな感じだし、、、

▶コンポーネントとは
【ブレーキ・クランク・ペダル・チェーン・ディレイラー・スプロケット】などの”フレーム・ホイール以外のベースとなる部品のことを指します。”
自転車は【フレーム・ホイール】と【コンポーネント】でできていると行っても過言ではありません。主なメーカーはSHIMANO・SRAM・Campagnolo等です。
最近ではFSAなんかも参入してきたり(電動もでたゾ!)、安価なMicroShift製ちょこちょこ目にすることがあります。
(Micro shiftはArsisという高価な11速グレードもありますが、あまり目にすることはありません。)
ともあれ今回は日本が誇るSHIMANOコンポーネントについての解説です。



▶コンポーネントの種類
コンポーネントにはロードバイク用・MTB用・シクロクロス用などなどいろいろ種類があります。で今回のご説明は”ロードバイク用のコンポーネント”です。

SHIMANOロードバイクコンポーネントには各グレードが設けられています。
下のグレードから順に
8速  【Claris(クラリス)】
9速  【SORA(ソラ)R3000】
10速【Tiagra(ティアグラ)4700】 
11速【105(イチマルゴ)5800】
  【ULTEGURA(アルテグラ)R8000】(6800の後継機種)
  【DURA-ACE(デュラエース)R9100】(9000の後継機種)
とあります。
※値段は値上げが頻繁にあるため載せていません。
※2017年10月更新致しました。

先頭の”@速”とは何かというとリアの変速段数のことです。
ロードバイクで通常使うのフロント変速は(インナー+アウター)2枚変速です。
多ければ多いほど走行中に適切なギアを選べるので有利ということになりますが、人間が人力で出せる力の上限、つまり実際の走行における”速度域”というものがありますので効率的に舗装路を走るための”ギア比”を選べるように考えられて作られています。
例えばフロントをMTBのように3段にしたとしても、MTB程の超軽いギアを使うかというと使う機会が殆どない、ともいえます。重量なんかの問題から使わない物は極力付けない、これがロードバイク用のコンポーネントの特徴ということです。

ここでの注意として耐久性の問題や整備性の問題からすると、段数は少ないほうが優位なこともあります。

①整備性
段数が多ければ多いほうが整備は難しくなります。各所のクリアランス(隙間)が少なくなりますのでセッティングはシビアになります。これとR3000・4700世代からSORAもTiagraもコントロールレバーから出たシフトケーブルはハンドルを這う形になりました。(触覚の廃止)ここはハンドルに這わないほうがなめらかなカーブを描けますが、ハンドルに沿うものはカーブが増えることでケーブル抵抗が増えることになりますので組み上げの手技による差が多少なりとも出てきてしまいます。ケーブルの摺動とシフトレスポンス等はケーブル引きでは永遠のテーマになっているということです。
またこれだけではなく、シフトケーブル交換でバーテープを剥がさなければいけない、ハンドル幅やステム長の調整におけるケーブルの取り回しの問題なんかも従来モデルよりも少々厄介なものになりました。

②耐久性
耐久性もチェーンは11速10速は耐久性が低いです。 当然乗り方にもよりますが、どちらも3000kmも走れば十分ぐらいのイメージです。チェーンだけではなくてギアの歯も薄くなりますし、現在の11速コンポは従来の8速ほどの耐久性を望むのは少々難しいかもしれません。
(※DURA-ACEの製品保証は除きます)

③操作性
またコントロールレバーでは以前はデュアルコントロールレバーの構造・操作方法が違ったり(親指シフト)していましたが現在ではSORAまで含めて統一になっています。左は小レバーでシフトダウン、大レバーでシフトアップ。右は小レバーでシフトアップ、大レバーでシフトダウンです。
大レバー操作:小さなギアから大きなギアへ移動
少レバー操作:大きなギアから小さなギアへ移動
フロントもリアもこう覚えてしまうといいと思います。



▶各グレードの違い①

各グレードでなにがそんなに違うかというと主に【重量】【剛性】【変速性能(パーツの精度)】です。
重量と剛性に関しては密接な関係があります。重量を重くしてもいいのであれば剛性を上げることはそこまで難しくないと思います。しかしシマノのコンポーネントは、想像しやすいパーツだとホローテックⅡのフロントクランクです。
グレードが上がる毎に重量は軽くなっていきますが、剛性も増し増しになってくる印象です。(数値、データが公開されていないためイメージです。)軽くても剛性が高い、、、こういったところがシマノの技術の素晴らしいところだと思います。

ロードバイクにとって重量は【軽いは正義】という言葉まで出てきてしまう程のものです。
SORAで3000g DURA-ACEで2000gぐらいです。(少々情報が古いかもです)
この差が大きいと取るか、小さいととるかです。
金額の差は20万円ぐらいあります。
ただ単純に重さだけでグレードアップをお考えなようでしたら体重を1㎏絞るほうがはるかに安上がりに行けそうです。ライ@ップでなくても1㎏はおとせるでしょう。

また剛性と変速性能も密接に関係してきます。
各所の剛性やパーツの精度が上がってくると変速時にかかる瞬間的な力をきちんと受け止めることができ正確に、速く、軽く動くようになります。

次項の【変速性能】で詳しくご説明いたします。


▶ コンポーネントの差による変速性能(シフト系)
変速性能とはただ単純に言ってもディレイラーのみが決めているわけではありません。
・フロント変速 
 デュアルコントロールレバー>ケーブル>フロントディレイラー>フロントチェーンリング>チェーン
・リア変速
 デュアルコントロールレバー>ケーブル>リアディレイラー>カセットスプロケ>チェーン
そしてやはり大切なのが”整備の手技・セッティング”です。
どんなにいい変速機、グレードの高い物を使っていたとしても、整備を怠れば最低な変速性能人もなり得るということです。

ロードバイクのコンポーネントは変速機だけではなく全てにおいていえますが、ママチャリなんかと違って”定期的に整備をきちんとすること”これを前提として作られているということです。

ママチャリは壊れるまで使い壊れたらパーツ交換、こんな使われ方が多いです。
しかしロードバイクは少々勝手が違います。購入後”壊れるまで使う”そんな使い方では宝の持ち腐れどころのお話では無く場合によっては危険なこともあるということです。また何度も当ブログの中では書かせていただいておりますが、ロードバイクの各所は具合が悪くなる時は何か決定的な落車や外的要因ががなければ、徐々に調子が悪くなっていくものです。徐々にというのが曲者で、徐々に調子が落ちていくと体も慣れてきてしまうので、”こんなもんか。”そう思い込みやすいものです。

【整備・セッテイング】に関してはそれだけで記事になりそうなボリュームになりますので今回はおいておきます。

では実際にどのくらい差があるかというとところが今回のメインです。
特にフロント変速はわかりやすいです。逆にリア変速は若干わかりにくいです。わかりにくいと言っても差がわからないかといえばそんなことはありません。
当然【SORA】から【ULTEGRA】に変えれば変速性能の差を感じることはできるでしょう。
もちろん【ULTEGRA】から【DURA-ACE】に変えても違いはわかります。

では実際にどの程度違うのか、というところですが、
具体的に言うと、グレードが上がるに従ってストロークは短くなりレバー操作も軽くなっていき正確に動きます。

フロントは「スチャッ」から「チャッ」です。
リアは「コンッコンッ」から「チッチッ」です。
なんとも抽象的な表現で申し訳ないのですが、このような差です。
ティアグラもソラもきちんと整備してあげればきっちり動かすことができます。。
ティアグラを馬鹿にしている人は本当にきちんと整備をしたものを動かしたことがあるのかどうかは不明です。馬鹿にしている人の整備の腕が悪いだけかもしれません。

シマノのコンポのすごいところはどんな低いグレードでもきちんと変速する、変速させることはできるということです。うちの子供乗せ自転車もサムシフター+ターニーの6速シフトですが、カンカン変速します。
もしもシマノのコンポーネントを使用していてきちんと変速できない場合はプロのメカニックに一度見せてみると故障さえしていなければ、しっかりと変速できるようにしてもらえるはずです。
(内装変速機は基本的に交換がベースですが、外装変速機はかなりの状態でもケーブルのみの交換で結構普通に動いてしまうことが多いのもシマノコンポの信頼の証かと思います。)
ママチャリなんかでよく使われているターニー+グリップシフトとかなんてチェーンがサビサビ、ケーブルもサビサビ、切れる寸前でも動かすことはできてしまうという鬼のようなコンポです。。。(´∀`;)それがいいか悪いかといえば明らかに整備不良品ではありますが、それでも変速ができる事自体不思議なぐらいの状態の自転車を見かけることは少ないことではありません。

お話を戻しましょう。。。
実際に触ってみればアルテグラとデュラエースでもきちんと差を感じることができます。
感じる差は【各パーツが非常に正確に動いている(剛性感と精度)】ということを感じることができます。
後はレバー操作の軽さ、これはものすごくわかりやすいと思います。

前後共にリリース時(大ギア→小ギア)は
上位機種のコントロールレバー:パクッ、コッ
グレードの低いコントロールレバー:バキッ、べキッ、
小ギア→大ギア時は
スッ、スッとフンッ!と結構な引きの力に差が出たりすることもあります。

グレードが低いとレバー操作が多少硬く重くなるということです。
もちろんこれもセッティングにより差は出てきますが100%の整備をしたとしてもどうしてもグレード別に越えられない壁と言うものが存在します。

あくまでも主観的なものですが、グラフに表すとこんな感じです。
path4249-9
※棒線は参考程度です。

この”越えられない壁”を超えたいと思ったときにコンポのグレードアップを考える、これが正しい方法だと思います。

これとともにもう一つ、”整備”に関心してのグラフです。
rect4340-1
※横軸は限界性能です。
赤は耐え難いほどの整備の完成度で、黄色が調子がいい状態です。

先ずULTEGRAと105の旧型コンポ(5700・6700)、こちらは第1世代11速コンポとグレードごとに比べても限界性能が低いです。
そして旧型品(5700・6700)は第1世代11速と比べても”調子が悪い”の状態の幅が広いです。それと”普通””調子がいい”の幅も旧型のほうが狭いです。

それに比べてこちらは第1世代の11速ですが、主に”普通””調子がいい”の幅が大きく広がります。
同じ11速であればグレードが上がる毎に整備がうまくなくともいい状態に持っていきやすくもなっていきます。

6700・5700世代のものと第1世代11速を比べてしまうと6700(アルテグラ)よりも5800(105)のほうが比べると5800に軍配があがると思いました。
触れば触るほどに第1世代の11速の完成度の高さをものすごく感じることができます。
これとグラフにはありませんが、4700のコンポ。これも限界性能で言うと5700を上回ってくる、これがワタクシの率直な感想です。

これに第2世代11速のコンポをくわえると、、、
rect4340-1-2
変速性能は主にフロントが向上しているので総合点は上昇気味です。
しかし整備(変速調整)をしっかりしないと具合が悪くなりがちなので、”調子がいい””普通”の幅は双方狭まり、”調子が悪い”の幅が増加しているようなイメージです。
これは整備が大幅に変わり慣れていないことも要因になるのかもしれません。

残念ながら微妙なところではありますが、R8000では9000のコンポの変速性能を超えることは少々難しいように思えました。

R9100の変速レバーのタッチ感は9000のほうが好きでした。
確かにR9100のタッチ感は9000よりも軽く速いものなのですが、上質感が9000のほうが心なしか高かったように感じます。これは好みの問題ですネ( ̄▽ ̄;)ハハハ…

※これらはあくまでもワタクシが実際に触った主観でありますのでご理解とご了承をお願い致しますm(_ _)m



 
▶コンポーネントの差によるブレーキ性能
次はブレーキ性能です。
ロードバイクのブレーキ性能とはただ単に制動距離を縮めるものではなくて、メインの使い方は【スピードのコントロール】です。ペダリングとブレーキで狙った速度まで迅速に持って行くことがロードバイクを安全に速く走らせるためには不可欠です。
というのもロードバイクは基本的にレース機材です。落車等の緊急事態を除いてはレースで0㎞/hまで持っていく機会は殆どありません。それよりもきちんと狙った速度まで落とせる、コントロールするための性能をメインに考えられているということです。

ブレーキの性能は結構開きがあります。
本体の強度、引きの軽さ、実際の効き全てにおいて上位グレードのほうがコントロールがいいです。
おそらくSHIMANOとしても各グレードごとに想定速度域を決めているかは不明ですが、なんとなくこのぐらいで、、、と開発をしているのではないかと思います。
以下完全な個人的主観です
・SORA・ティアグラ ~50km/hぐらいまで
・105 ~70km/hぐらいまで
・ULTEGRA 制限なし
・DURA-ACE 制限なし
(これ以下のスピードだったらコントロールできるということではありません。もちろん低速でもガッと効かせたいときに剛性不足を感じる時があります。)
とかなり主観の入り混じったイメージですが、速度域をこのぐらいと想定して作られているのではないかと思います。
ティアグラ以下のグレードのブレーキははっきり言ってノーマルの状態でははっきり言ってちょっと怖いです。
(ティアグラ4700のブレーキはなんだか強度はかなり上がった感じがありました。)
もちろんおすすめはアルテグラ以上のブレーキ本体です。
1万円ちょっとで前後買えますからね。

更に第2世代のブレーキはブレースターのようなものが内蔵されることで剛性を上げた来たようです。
第1世代11速のときは適度にしならせる、たわみを出すことでコントローラーブルに、、、そんなことがあったような気がしましたが、やはりプロからの意見でもっと剛性がほしい。そんなところから剛性を上げるためにブースターのような物を入れてきたと聞きました。
プロは下りでとんでもないスピードで下りますし、ブレーキのかけ方も異常なぐらいの制動力を必要とします。

しかし一般のサイクリストにはどうかというと、ブレーキの剛性感は結構わかりづらいかもしれません。
特に平地なんかを普通に走っている時なんか6800→R8000にしても「全然違いがわかりませ~ん!」そんなことも多いかと思います。しかしダウンヒルでのスピードに乗った時のスピードコントロール、何か合った際の急制動、そんなところで差を感じることができるのではないかと思います。限界近いところでキャリパーがしなっていなすか、しなりを抑えられるか、こういったところの差です。
逆にダウンヒルをゆっくり断続的にブレーキをかけながら下ってくる、、、こういった場面では剛性感を体感することは難しいこともあるというのもよく考えてみるとわかりやすいかもです。
ともあれ公道でそんな限界のブレーキをするような走りは基本的にNGなのであまり大きな差を感じる機会は少ないかもしれません。
(もちろんBR6800でも急制動でフロントロックの状態に持っていくことは容易にできるぐらい効きますのでご注意下さい。)

ブレーキはシフト系と違い互換性がものすごく広くとってあるというところからも手が出しやすいグレードアップかと思いますが、ブレーキは剛性のバランスが難しいところです。
もちろん前後セットでの交換は理想ですが、お財布事情が厳しい場合はフロントだけグレードを上げるのもの手です。(リアだけはやめたほうがいいです。) 
これ以外の方法だと低グレードの場合は、ブレーキシューを金属の船付き(台座付き)のものに変えるだけでも結構変わります。

ブレーキのグレードの違いのイメージです↓↓↓
rect5869


上位機種、グレードの高いブレーキは制動力の立ち上がりもよく、ロック(タイヤの限界点)までなだらかに上がっていくイメージです。速度が上がってもスピードコントロールがし易いということです。
しかしグレードの低い、剛性不足のブレーキではやはり効き始めから制動力が低いです。
そして握り込んでいきある一定のラインを超えると一気にロックする、こんなイメージです。握力によってはロックまで持っていくのが難しいぐらいかもしれません。
このロック寸前のヤバイ範囲(画像の透かしカラーの部分)がグレードが高く高剛性のモデルの方がわかりやすくコントロールがし易いです。もちろん制動力の立ち上がりもしかりですが、このロック寸前の最後の範囲の部分、ここの感じ取りやすさが高剛性の利点と思います。
逆に剛性が足りないとどうなるかというと、このロック寸前がグニュグニュしてしまうことでわかりづらいです。結果ロックしてしまったり、ロックするまで持っていけなかったりというものです。

というのも”自分がコントロールできる制動の範囲内”でのお話です。
ロードバイクのブレーキってママチャリ中と比べてものすごく効くものです、
重量級のママチャリでガッツリブレーキ握ってもフロントロックの前転ってあまりおきません。乗車ポジション的な要因ももちろん考えられますが、ブレーキシステムの設計思想もあります。ママチャリの急ブレーキで前転するほどのブレーキ付けたら、、、多分危険な自転車認定されてしまうと思います。
また前転までいかなくとも簡単にロックしてしまうようなフロントブレーキは2輪では危険極まりないです。2輪の前輪の役割はものすごく重要で後輪なんて滑ったって大したことはありませんが、前輪が滑ると大事故につながりやすいです。オートバイでも油圧のラインで制動をコントロールしたり、効きすぎをあえて抑えたりしてあるものもあります。

これと想定される速度の違いということです。
ティアグラ、ソラと言ったグレードは多少もっと上位グレードよりも重たくもできます。
ここで剛性を鬼のように高くビンビンに効くとようにしたら、、、そもそもソラやティアグラは初心者向けのエントリーグレードのモデルにつくことの多いグレードのブレーキです。
操作に慣れていない初心者向けのグレードで、急ブレーキ前転する人が続出(パニックブレーキと言います。)、、、これはいくらなんでもまずいです。このように考えれば下位グレードのブレーキが剛性を落とした設計ということも考えれなくはないです。
初心者が猛スピードを出すことを想定することよりも、低速域での安全性を考慮したり効きをマイルドにすることのほうがブレーキシステムとして大切なことなのかもしれません。
特に初心者のロードバイクの乗車姿勢は前輪ロックから前転しやすいということも一つの要因かと思います。

効くブレーキ(高剛性)というのは便利であり、安全性も向上するはずではあるのですが操作方法や取扱によっては危険なこともあるということをしっかりと覚えておいたほうがいいですネ(≧∇≦)b



おまけBB(ボトムブラケット)
差は、、、差は、、、う~ん、シマノ製に限ってしまうとあるような、ないような、、、新品をつけ方えてみても体感は期待できないでしょう。
場合によっては1年ぐらい使ったもの(いい感じにグリスが抜けてきた状態)のほうが軽い回転の時もあります。(とはいってもグリスは無くてはならないものです。)
というのもベアリングは燃え尽きる瞬間が一番軽いということもあるからです。
シマノのBBはものすごくシール構造もがっつりで、耐久性が高く設計されています。一概に軽けりゃいいってもんでもありませんネ。。。

とは言えボトムブラケットの構造自体が違うものになるとびっくりする結果になることも。
What is the Wishbone?(ウィッシュボーン) 最強の圧入ボトムブラケット

これはすぐに体感できましたヨ。
ワタクシも使用中でございますm(_ _)m
お問い合わせはページ最下段のFF-Cycleご連絡先からお願い致します。




ということで今回はシマノコンポーネントグレード比較でした。

あまりクラリスがお話に出てこなかったのは内緒です。

ファーストバイクのおすすめコンポーネントはお財布事情に合わせて【なんでもいい】と思います。
しかしすべてシマノ製がいいです。(時々コスト削減のためにクランクだけ違うメーカーとかよくありますので要注意です。)

【コンポは105以上じゃないと・・・】なんて声もありますが、もうそういった意見は少々古いと思います。SORAだって整備次第です。(ブレーキ以外です。)
実は整備の不十分な5700系105だったら4600系のTiagraのほうが動きがいいものも見かけることがあります。整備だけじゃないかも、、、(笑 

 何にせよ、フレームやホイールほどにコンポを変えても激的に速くなるもんではないということを覚えておくことは大切だと思います。
そして速い人はなにに乗って速いものです。
【軽いが正義】ではなくて正確には【速いが正義】です。(少々言いすぎですネ。。。(´∀`;))
ロードバイクを楽しむ上で整備さえしっかりとしていればどのグレードもきちんと動かすことはできます。
そして何よりも大切なことはどのグレードでも【しっかりと整備をしてあげる】ということです。
そのグレードのコンポーネントの潜在能力をきちんと引き出して使用するということです。

ワタクシ自身もへっぽこ時代には自転車屋さんに整備で持って行ったことがあります。
「なんか変速が調子が悪くて、、、」
「このコンポーネントの変速性能はこんなもんですよっ(笑」
こんなことを言われたことがあります。 
んなことあるかぃ!、、、っということです。
”こんなもんだっ!”て決めつけたらそれで終わりです。

ワタクシもまだまだ日々勉強勉強の修行中の身ではありますが、”こんなもんだ!”とは絶対にいいたくはありません。自分の腕の無さ、知識の無さを露呈する最悪の言葉だと思います。
それでも、もちろん限界性能というものはありますヨ。。。

自分での整備に自身がなければプロショップに持っていくのももちろんいいと思います。
ご自身の希望とバイクの状態をしっかりとお伝えして「こうしたいっ!」「こうできないのか?」と希望を伝えるのがいいと思います。
お金を落とさせるセールストークだけではなくきちんと「コレなら安くてもある程度体感ができますよヨ」とか、「もっとを望むのであればこのぐらい必要、」そんなことをしっかりと教えてくれる店っていいと思います。

 あとは心構えとして【こんなもんでしょ!】って思い込まないで【もっといい状態にできる!】としっかりと信じて整備の腕を磨くなり、お任せできる素敵なお店を探すなり、、、その探究心が大切だとも思います。
注)10速で整備が上手くできていないのに、11速にグレードアップ、、、更に整備は難しくなります。 難しくなるというのは不具合が出やすくなるということです。

はじめてのロードバイクはおそらく1年ないし2年ぐらいで乗り換えることになります。
おそらく乗る距離が多ければ多いほど早い段階で買い換えることパターンが多いでしょう。
止まらない物欲の波、”ロードバイクの魔力”が押し寄せてきますが、整備を覚えるのにもいい意味で繊細ではない下位グレードのものはいいと思います。(整備初心者のうちはぶっ壊しちゃうことも。)

そして整備も自転車の腕(脚)も磨いていてからいいものを買うといいでしょう。
ロードバイクの整備は本当に重要です。時々いますが、DURAでガッチャンガッチャン言ってるバイクとか見ると、、、悲しくなりますね。モッタイナイ・・・Σ(゚д゚;)マジデカ,,,

もしくはある程度長く乗れるフレームにお金をかけてコンポは抑えて整備の腕を磨く、ある程度身についてきた頃にコンポーネントをグレードアップする。このパターンも有りかと思います。

センプレなんかはそういった意味でもものすごくイイフレームだと思いますヨ(≧∇≦)b

ということでコンポーネントの差のお話でした。





+++追記です。+++++++++++++

結構細かいところの動きになりますが、コントロールレバーのシフト操作でも微妙に違いが出てくる場合があります。シマノサイドとして公表している情報ではないのですが、1世代前のレバーと現行品の動きに差がでています。

有名なところだと、トリム操作に違いが出ていますがそれ以外にもあります。

中途半端な操作をした時にケーブルの動き(引き幅)に差が出てくることも。
グレードの低いコンポを使用するということは確実なレバー操作の練習になります。

続き↓↓↓
シマノロードバイク用コンポーネント一覧2016年
※上のリンクは少々古いので更新予定です。





+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容(希望時間)
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★

2017モデル入荷致しました。



★レディースウェアも新作入荷です。


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★