ロードバイクのドロップハンドルの形状と特長 選び方

ロードバイクといえばドロップハンドル、、、ロードバイクの代名詞的な存在で、大きな特徴でもあるドロップハンドルの形状についてのお話しです。
IMAG0154
こんな形状をしていれば一般的にはドロップハンドルといいますが、ドロップハンドルの中でも様々な形状があります。
そんなちょっと細かくニッチなお話しです。

【ステムのお話し】と合わせて読んでいただけるとわかりいいかと思います。
ステム長とアングル(角度)の影響 ロードバイクポジション調整

ということで今回はロードバイクのドロップハンドルの形状と特長 選び方、そんなお話です。



▶ドロップハンドルの各部名称

rect6022
本記事を読み進めるにあたって各部の名称が出てきますのでほんの一例としてご紹介デス。

黄色:フラット部
→最も上体を起こすことができる位置、ヒルクライム等上体を起こしたい時に使用する。
シフト、ブレーキレバーまで一番遠いので注意が必要。

赤:ショルダー部
→ブラケット部よりも状態が起きる位置、主に楽に巡航する時に使用する。
フラット部よりもブラケットよりの位置、フラット部よりとブラケット部の真ん中ぐらい。シフト、ブレーキレバーまで遠いので注意が必要。

緑:ブラケット部
→基本の”キ”の字のベースポジションであり、一番使うことの多い位置。シフトブレーキレバー、ブレーキレバーともに握る位置を変えずにそのまま届き、巡航等オールマイティーに使う。
最近ではブラケットポジションで肘を深く曲げるフォームが一番エアロダイナミクスに優れるという結果も。

青:ドロップ部
→前傾を深く取りやすく、スプリントや速度域の高い巡行に使用する。
前傾が最も深くなる位置で、空気の抵抗も減るのでスピードに乗りやすい。
ドロップ部も深い位置を握ることでレバーまでの距離が短くできるが、形状によってはレバーまでがかなり遠くなってしまう形状も。
 

▶形状
rect4227
ロード用で主に扱われるのは図のように大きく分けて3種類です。

・アナトミック
image13244
角ばった感じのドロップハンドルです。
特長は下ハンの【/】の部分が直線的な作りです。
現在ではラインナップがかなり乏しいです。

・アナトミックシャロー 
image13525
別名:コンパクト、エルゴノミック(?)
アナトミックシャローはアナトミックとシャローの中間のものとの位置づけでいいかと思います。
現在の主流な形状です。

※コンパクトとは一般的にアナトミックシャロー形状でありながらドロップ量の少ない形状のことをコンパクトと呼んだりするようです。
現在の主流のハンドル形状で、現在販売中の完成車にはほぼこのアナトミックシャローのコンパクトタイプのハンドルが付いています。

シャロー
bitmap1

別名:丸ハン、ラウンド
深いドロップ、カーブの形状でブラケット、下ハン共にもっとも低い位置になる場合が多いです。


▶ハンドルサイズについて
rect5180
ドロップハンドルのサイズ表記として主に4種類が使われます。
※メーカーにより差があります。

・リーチ(突き出し量)
 クランプ部から前方へ一番つきだした部分までの長さです。

・ドロップ
 クランプ部からの下がり幅です。

・ハンドル幅

 主に下ハン終点 芯-芯での幅ですが、メーカーによりブラケット部の幅となるものもあります。
 最近では一般的になってきたもので、下ハン終点部が【ハ】の字に開いている場合があります。
 その際はハンドル幅が肩部のほうが狭くなる場合があります。メーカーごとにハンドル幅の記載方法が違う場合がありますので、要注意です。

・クランプ径(センター)
 ほぼ現在の完成車は31.8mmですが、一部メーカーは(協調性・・・)31.7mm等を使用している場合があります。 
 その他26mm・25.4mmの場合もあります。

▶ハンドルの素材による違い
ロードバイクのハンドルの素材は主にアルミかカーボンです。
これは当然メーカーやモデルによっても差が出てくるということを大前提としたお話です。

アルミの特徴の最大のメリットは価格です。
アルミハンドルは軒並み高くても1~2万円程度のものが多いです。
そしてアルミは素材によっても差はありますが、基本的には良くも悪くもカッチカチで重い傾向にあります。形状だとエアロハンドルでは特にその差が大きく(3T AERONOVA)の場合、アルミ:390g カーボン(LTD):205gと大きな差があります。
アルミのハンドルは落車や転倒で衝撃を受けると曲がります。耐衝撃性が強いです。

カーボンはと言うとなんと言っても高価です。安くとも最低2万円~のものが多いです。
そして基本的にはアルミよりもしなりが効くものが多く、衝撃吸収が良く細かい振動の吸収性、そして強い衝撃の角を丸めてくれるようなものが多いです。乗った感じではアルミではハンドルの種類によって大きな差を感じることは多くはありませんが、カーボンはモデルよってものすごく違い・差があります。
重量は軒並みアルミよりも軽いものが多いです。
カーボン素材は衝撃を受けると曲がることは有りませんが折れます。ねじれ剛性はカーボンの方が高いという実験結果もあるようですが、耐衝撃性はやはりアルミよりも弱いです。
あとカーボンの最大の特徴ですが、アルミよりも様々な形が作れます。(のちに紹介するネオモルフェなんかもアルミで作ろうとしたら大変だと思います。無理かも。。。)

では素材はどちらが??、というお話ですが個人的な意見では、整備的なお話をすれば締め付けトルク管理等の手間はありますが、整備を除けば残念ながらカーボンは別格でアルミの方が優れているところはしなりが少ない、転んだ時でも折れない、ということぐらいかと思います。
もちろん物により差はありますが、カーボンは衝撃吸収もよく軽量ということです。
ハンドルもステムもフレームの一部、と考えるのが基本的なお話かと思います。

▶ハンドル形状とブラケット位置
アナトミックもコンパクト(アナトミックシャロー)もそこまで変わりませんのでシャローとコンパクトの比較です。
rect5289

ステムを垂直につけたとします。

肩部がほぼ直線的なアナトミックシャローやアナトミック形状ではブラケットの位置は肩部からほぼ直線的な取り付けが可能です。ドロップハンドルの肩部、フラット部、ブラケットとほぼ直線的なラインを作ることができます。つまりフラット、ショルダー、ブラケットとほぼ同じ高さすることが可能です。
bitmaap

特にドロップ量が主に少ないコンパクトタイプのハンドルはブラケット部と下ハンの高さの差が少ないため前傾がきつくなり過ぎないという特徴があります。

一方シャローハンドルは肩部から落ち込みが始まっていますのでフラット部よりブラケット部のほうが下側に付くことになります。
image1239

それによりフラット部、ブラケット部、と高さがかわりポジションの幅が広がります。



▶ドロップハンドルのパイプ形状

これもメーカーごとに差がありますが3Tの場合ですとこんな感じです。
image7229

主にはフラット部のお話ですが、クラシックな真円形状のものから、人間工学に基づいたエルゴノミック、そして最近ではエアロダイナミクス効果を狙って流線型のモデルが増えてきました。
というのもハンドルは車体前方に位置し、空気抵抗に大きく影響がありcervéloの話ですと車体の空抵抗の30%はハンドルバーがしめるとか。。。


しかし最大の難点は、握りやすさです。握りやすさはやはりエルゴノミック、人間工学に基づいた楕円形状は非常に握りやすいです。逆にエアロ効果が最も高いとされるエアロ形状のハンドルバーは握りがあまり良くないという欠点もあります。

image1272
※3TのErgonovaはフラット部の扁平形状の握りがものすごく良いです。

最近のその変化はフラット部だけにとどまりません。
エアロ交換を更に上げるためにドロップ部も薄く作られているものもあります。
キャプチャ
シマノプロのVIBE エアロハンドルはフラット部のエアロ形状だけではなく、ドロップ部も薄く作られています。



▶特殊なフラット部
フラット部は扁平形状だけでは有りません。
FSA、Vision系のハンドルはフラット部が前方へ10°角度が付きます。
キャプチャ1
https://shop.visiontechusa.com/ja/discipline/road/handlebars//metron-4d より

これによりフラット部を握った際には自然に胸が開き、呼吸が楽になるという考え方より作られた形状です。
ショルダー部のざっくりとえぐられた形状はショルダーポジションでの快適性を狙ったものです。

まったく逆の考えもあります。
TNIのErgo Sweep (エルゴ スウィープ) カーボンハンドルです。
こちらはVisionとは逆です。
キャプチャ4
http://www.trisports.jp/?q=catalog/node/8498より

トップ部が後方に6°スウィープしております。
これにより引く際に脇が締まり引きやすく、エアロ効果も見込んだというものです。



▶下ハン形状も様々
前述のように、アナトミック、アナトミックシャロー、シャロー、大まかには3種類に分かれる形状ですが、現在主流のアナトミックシャローの中でも下ハンの形状はすべて同じでは有りません。

bitmap
こちら3本のハンドルですが、下ハンのカーブは個々に違いがあります。
bitmfap
下ハンを持った際に上の丸の部分が深ければ深いほど、低く遠くなります。つまり体から下ハンドルまでの距離が長くなります。
しかしデメリットばかりでは有りません。ココが深いほうが下ハンを握った際にブレーキまでの距離が近くなります。
代表的な形状は丸ハンと呼ばれるシャローですが、シャローは下ハンの深い位置を握った際に前傾が深く遠くなりますが、ブレーキまでの距離が一番近くて握りやすいです。

逆にアナトミックのように極めて直線的な形状の場合、下ハンの位置までは短く浅いですが、ブレーキまでの距離が遠いいです。

ですので手の小さい方や下ハンでもブレーキまでの距離を遠くしたくない場合は下ハンのカーブがしっかりと付いているものにすると下ハン時にブレーキが比較的握りやすいです。



▶その他
素材:カーボン ネオモルフェです。
強烈で斬新、唯一無二のエルゴノミック形状はカーボンならではの特性をフルに生かした奇抜なデザインです。



過去には3Tのビオモルフェというものもありました。
おそらくですが、最近のエルゴデザインのショルダー部(パワーゾーン)、フラット部(パルムゾーン)、そしてレバー部(3フィンガーゾーン)この辺の作りはかなりこのネオモル/ビオモルにインスパイアされたものが多いのではないかと思います。

http://www.podium.co.jp/cinelli/accessories/neo-morphe-bar/neo-morphe-bar-1.html

ステム一体型
Vision METRON 5D/6D
最近ではプロもかなりの使用率になってきました。
一体型ならではのメリットはエアロダイナミクスだけにとどまりません。

高剛性というのはよく聞くお話ですが、一体型となることで剛性のバランスを整えやすい、ハンドルもステムもフレームの一部であるということもメリットとして大きいのではないかと考えております。

しかしもちろんデメリットもあります。
取り付け角度の調整はできませんし、ステムの長さの調整はもうハンドルごとの交換となりコストもかかりますし、重量的にはそこまで軽くありません。
もちろんハンドル周りのブラケット類(ライトやサイコン)は基本的には専用マウントとなります。

利便性、汎用性という面では一体型は非常にデメリットが多いものですが、やはり一体型ならではメリットもありますので悩ましいところかと思います。

▶Di2との相性
通常のDi2でステム下のジャンクションAを使用する場合にはほぼ何でも組むことができます。
しかしです。
Di2でバーエンド型ジャンクションEW-RS910、こちらを組む際には少々注意が必要です。


Di2内装対応がされているモデルでないと組み込むことができない場合があります。

Di2内装対応のものは、最低限ハンドルバーに穴が空いていることが条件となります。
フラット部やコントロールレバー付近に穴が空いていたり、それがない場合はバーエンドから数センチのところに穴が空いていることが必須です。
(ケーブル内装可能なハンドルであれば公式の方法ではなくてもなんとか組める可能性はあります。)

逆にハンドルにどこにも穴がないような形状の場合はバーエンド型ジャンクションを内装することはできません。(アルミの普通でクラシカルなハンドル等)
バーエンド型ジャンクションを用いてスッキリとさせたい場合、やはりハンドルのカタログ等でDi2対応、と記載のものを選ぶ、もしくはプロショップで相談されるのが良いと思います。




▶まとめ
最近はカーボンの技術の向上やエアロダイナミクスの進歩の影響もあってか、一見似たようなハンドルでも本当に色々な種類のハンドルが発売されております。

その数あるハンドル選びの際は、まずご自身がハンドルのどこを持つことが多いのか、そしてどんな使い方をして、何を求めるのか、これらを考慮して選択するのが良いと思います。
ほんの一例ですがワタクシの場合は、平地はほぼ100%に近いぐらいブラケット部、ヒルクライムはフラット部かブラケット部をよく使います。そして基本はのんびりと、ごくごくまれにレースは上りで、という感じですので下ハンのカーブを重視するよりもフラット部やブラケット部の握りを優先して選択しております。

ハンドルは基本的には人間の体の感覚の中でもかなり繊細な手で、常に触っているパーツです。だからこそ選択が難しいものです。
素材や重量、価格だけではなく、カーブや構造、その他のパーツとの組み合わせ、そして使い方等を考慮して選択するのが良いと思います。

ということで、ロードバイクのロードバイクのドロップハンドルの形状と特長 選び方のお話しでした。
++++++++++++++++++++++++++++
当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。

Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


サイクリングエクスプレスはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから