PF?BB30?乱立するBB規格 シマノ ホローテックⅡ編


もうね、、、わけがわからんですよ、、、 ( ゚д゚)。。。ポカーン

PF?ぷれすふぃっと?BB30・・・

そもそもBB30だってプレスしてフィットさせるやん、、、(笑

ピナレロは確かネジ切りに戻したんだっけ?

もうBBは戦乱真っ只中です。


ってことでBB(ボトムブラケット)のお話しです。

尚今回はシマノホローテックⅡに限ったものをメチャクチャ簡単にお伝えできればと思います。
 


まずはシマノ ホローテックⅡのお話から。

ホローテックⅡってなんぞやっていうと、
Hollow(中空)Tech(テクノロジー)ってことじゃないかと、、、

シマノ公式 Hollwtechページ
HOLLOWTECH II テクノロジー

image4144

BB軸径が24mm中空クランクってことです。

ちなみにシマノ以外だとこの太さ(径)が違うものがあります。
(BB30とかは30mm)

では軸系がなんで大切なんだって言うと、、、
【BB軸が合わないとつけれないから】です。(そらそうだわな、、)
完成車等でよく使われているFSAのクランクは30mmの物があり、シマノクランクにそのまま交換ができない場合があります。

 
ってのと30mmという径を採用しているメーカーは「かるくて剛性が高い!」なんて言って、
シマノは「24mmで十分!」と言うことです。
どっちやねん!(#゚Д゚)!!
太く薄くしていくのは最近のフレームでも流行りですね。

ってことを頭においておいて本題へ、、、


▶ボトムブラケットの規格

全世界共通でJISのネジ切り68mmのフレームであればな~んも問題ないんですが、そうはイカの@@ってことです。
最近は各メーカー色々な規格を出してきてわけがわからん状態になっております。

有名所で言うと、、、
 
①BB30 

②PF30 


「フレームにネジを切るのめんどくせぇなぁ、、、コストかかっし、、、」
「ってかネジ切りで動力軸?精度でねっしょ、、、」
「こっちのほうが剛性上がるんじゃね?」

こんなコトがまことしやかにささやかれたかどうかは不明ですが、これにより【圧入】(ぶっこむ)方式のBBが作られてきたってことです。
 
各メーカーがとっても仲が悪いかどうかはしりません。。そんなことがあり
「うちと数社だけのオンリーワン!規格でいきます!」
っとなんとも消費者泣かせのことをしてきたんですね。
「アワセンナラオメーガアワセロヨッ!!」

まぁ「剛性が、、、」とかそんなことは何処のメーカーもうちが一番!的なことをいっているのでよくわからんですが。んなぁこたぁいち消費者として全く関係なく、買いづらいというデメリットでしかありません。

それでもサードパーティ製の商品でBB30 であったりPF30であってもシマノクランクを使えるものが最近増えてきたということです。
不便だと思うところを補填してもらえることは非常に助かります。


では具体的にBB30とPF30は何が違うのかっていうと、めちゃくちゃ簡単にいきます。

BB30 フレームにベアリングぶち込んじゃえ、、、軽量化と剛性アップ♪
PF30 ↑直接入れたらなんか異音したりするけぇ、カップに入れてぶっこんじゃぇ。。。


こんな感じです。多少違うかもしれませんが、簡単に、、、デス。

これだけではアレなので、もう少しだけ細かくいくと、フレーム側での違いが
BB30 幅68mm 内径42mm
PF30 幅68mm 内径46mm 
シマノネジ切り 幅68mm ネジ切り

※ここでの数値はフレームの寸法です。内径とはBBシェル内径のことです。

要は「フレームで予め決めて作られてた規格以外のBBは使えないよっ」てことです。

画像を見てみるとわかりいいかと思います。

rect4711

有名所で言うと完成車でインストールされているものが多いのが、FSA製です。

ということでFSA製と比べてみます。(まぁFSAの中にも色々とあるんですが(MegaExoとか、、、)

これの1:40ぐらいです。


PF30およびBB30はフレーム内(BBシェルの中)にベアリングが入ります

それと比べてシマノネジ切りはベアリングがフレームの外側に付きます。

剛性云々どっちが、、、という話は今回なしです。

右側のクランクを見てみると、、、FSAクランクの方が短いです。
(太くて、、、短い、、、)

当然、同じ68mmというシェル幅ですので、軸が短いほうが内側に入り込みます。(BB軸長(クランク‐クランク間)が短いということです。)
※Qファクター自体はクランク部の角度でどうなるかは不明です。パット見は狭くなりそうですけど、、、

BB30もPF30も【30】ってついてるぐらいなので、【軸径が30mmものを使いなさいよっ】てことです。

そこで「シマノクランク使いたいねん!」というと画像の黄色のようなアダプターを使用して、【軸径を24mmにする】これだけでは狭すぎてしまうので【ホローテックⅡの軸に適合した幅まで広げる】この2つが必要になります。


ちなみにプレスフィットBBとはPF30とはまた少し違って、、、ヤヤコシイノウ
別名【PF86】と呼ばれることも。
フレーム側のシェル幅を86mmまで拡張したものです。
シマノのプレスフィットBBはこの規格で作られています。

その他も色々あるのですが、たいした差ではないので割愛させていただきますm(_ _)m



次は特長ですが、
rect4915
こう見てみるとわかりやすいと思います。

明らかな違いは【圧入タイプ(ベアリングがフレーム内)】と【ネジで締めこむタイプ(ベアリングがフレーム外)】があるということです。

フレーム内にベアリングが固定されているということで軽量化と高剛性が期待できます。

これは上の画像を見ながら考えるとわかりやすいと思うのですが、
シャフト軸を支えるのはベアリングです。つまりパワーがおもクソかかる部分ってことです。

ネジ切りはネジでフレームの外側につきます。

こうして考えてみるとどっちがいいのか、、、まだまだ不明です。
シマノはベアリング幅を広げるためにフレームの外側にすることでBB軸のたわみをおさえるということです。

ってのが机上でのお話しであるわけですが、最初出始めの頃はBB30だって正に期待を一心に背負っていたわけです。(ってことにしておきましょう。。。)

が!BB30やPF30にも当然皆様がご存知のようなデメリットがあります。


圧入式のBBの
メリット
・軽量化
・高剛性
・穴開けるだけなんで簡単

(フレームに精度の良いネジ切りを作るのと真円を作るの、、、どちらが難しいのかどうかはしりまへん。。。)

デメリット
・異音
・メンテナンス・再圧入・取り外しが大変
・場合によっては重量・コスト増
(軽量化の目的もあるのにシマノクランク用アダプター付けたら意味ないし、、、)
・シマノクランクがそのままでは使えないことがある

圧入式はデメリットの中の【異音】これがかなり大きなところをしめていると思います。

圧入式は要はフレームの穴に突っ込んでいるだけってことですので当然、BBシェルの精度により隙間が出る可能性がある。ということがまずあります。
細かいことを言ってしまうと、細かな砂埃が圧入時に混入するだけで0.02mmくらいのズレが起こる可能性もあります。

また圧入の技術でも差が出る可能性があります。
少しのズレが命取りになる可能性があるということです。

もう一つ大きなデメリットとして【繰り返しの取り外しにどこまで耐えられるのかわからない】ということです。
(イケアの椅子の繰り返しテストのようなことはまずしていないでしょう。。。オー@リーぶっこわしましたが、、、)
ネジ切り式にと違い突っ込むもの、正に圧入するものですので取ったりつけたり、こんなコトを繰り返していると穴の精度が落ちてくる可能性があります
外すのとか、、、結構勢いですからね。。。

これらの不具合が出る可能性があるということです。

だったら「ねじ切り式選べばいいじゃん!」、、、とは言っても、実際ねじ切り式のフレームがあまりないのが問題です。。。
好きなフレームはすべて圧入式、、、こんなコトはよくあることです。


そこでワタクシのバイク、PF30を使用しているSempreがあるわけです。
どうなんだというと、、、

全く問題ありませんヽ(*´∀`)ノ(運?)

多分1万キロは余裕で乗っていると思いますが、ベアリングの状態も悪くありませんし異音も一切ありません。

「問題が起きたら起きたときに考えよう!」なんてのんきに考えていたのですが、今のところ問題ありません。
やっていることといえば、、、時々ばらしてきれいに掃除して防水処理がてらグリスをぬりぬりするぐらいです。

クランクはアタプターを使用してシマノクランクを使えるようにしています。

詳細はこちら
悪評高き(?)PF30プレスフィットBB

こんなもんをPF30に噛ませて軸分の幅の延長と、24mm対応にしているということです。




一応保険的にトラブル回避のためのお話しも、、、
 
PF30の異音対策

▶金属の筒をぶっこんで接着剤で完全固定!施工後はネジ切り式を使う!

JISのネジが切ってある金属の筒をぶっこんでしまうということ。
フレームの改造ですね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【H】FSA(エフエスエー) B3167 PF30 アダプター 68mm
価格:4061円(税込、送料別) (2016/9/21時点)

接着剤で止めてしまえば固まるとは思うのですが、基本的に二度と取り外しはできません。

ってことは最近流行りのケーブルがフレームの中を通るフレームで出口の狭さが極悪なフレーム、下手したら抜いちゃったらBB取らないと二度と通りません。こんなフレームでは絶対に使えません。

しかも接着剤で止めるとは言え、、、要は同じことです。
圧入しているだけですからね。
少し違うといえば違うんですが、100%の解消かと言うと、、、不安ですね。


▶すこしお金を出して解決してみる。。。


なんでも特長は圧入部が樹脂製、そして左右はネジ切りで締め込むことができるというものです。
圧入+左右をネジきりで固定する これで従来のものよりも異音を出しにくくするというものです。


▶番外編 セラミック化


全然関係ないですが、セラミックがお好きな方はこちらで


ということでボトムブラケットのお話しでしたが、本当に現在のBBは乱立状態が続いております。
今回出てこなかったものでも、BB86、BB right、、、う~ん、多すぎ、、、

フレーム選びの段階からBBを気にする必要がありそうです。



個人的にはPF30は実際に使ってみるまではいい印象はなかったのですが、1万キロ走ってこれです。


まぁ異音がでなけりゃ上出来です。
メンテも楽だし!

通常完組の場合はBBは圧入済みです。
多分旨いこと入れてくれていたのか、乗り方か、メンテか、、、何がいいんだかはわかりません。

ピナレロ以外のメーカーがあまりネジ切りに変えてこないのは大人の事情があるのか何なのかはわかりませんが、そこまで怖がりすぎる必要もいらないこともないのではないかなぁというぐらいです。

メーカーはフレームどんどんぶっ壊して新しいものを買って欲しいというのがあるかないかは不明です、、、

なんにせよ、ワタクシは絶対にシマノ純正クランクを使用したい!というそこだけは譲れないところがあります。
PFだろうが、ネジ切りだろうが、シマノクランクを使えればいいかなぁ、、、ということです。
(構造的にBB30はちと怖いです。。。)

ということで乱立するBBでシマノ ホローテックⅡに絞ったお話しでした。


image93570


★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★