スモールパーツの使い方 シフト・ブレーキケーブルセット


シマノはシフト・ブレーキ共通ですが、セットで購入するとスモールパーツがもりもりついてきます。

結構似たようなパーツがゾロゾロとついてきて混乱しがちなので一例として各スモーパーツはドコに使うのか?そんな配置のお話しです。

ということで早速本題へ。



▶シフトケーブル

①ポリマーコーティングケーブルセット


image4144-7

いつの間にかアルテグラグレードがカタログから消えてしまった旧DURAグレード(?)ポリマーコーティングシフトブケーブルセットです。

※インナーエンドキャップは端折りますm(_ _)m

rect4265

a.ST-@@@@用ショートノーズ付きアウターキャップ

これは【ST】とついているのでSTI(コントロールレバー)内に使うパーツです。

特長として、アウターケーブルがかぶさる部分に凸があります。

PC084331

この凸をコントロールレバーの凹に合わせます。

P3253747

こんな感じでコントロールレバー内に入れてここにアウターケージングが刺さります。
ハンドルを這わせるタイプでカーブがきつくなるので専用パーツで保護ということでしょう。


b.ロングノーズ付きアウターキャップ

正に名前の通りでロングノーズのアウターキャップです。
これはと言うと、3つです(笑
前後があるのに3つという奇数なのでわかりづらくなるもんです。

これは
フレームイン(フレームに入る・沿わせるところ・トップチューブ下)×2
P8103603

このままフレームにインします。

ここと、
PC084333

ここです。

※最近のケーブルが中を通るフレームではシマノ純正品を使わずに専用品のを用いるフレームもあります。


c.RD用ノーズ

これはもう名前を見れば一目瞭然なのですが、パーツに名前が書いてあるわけではありません。

PC084334

このインナーがリアディレイラーから出てくる部分です。

P3253759

ケーブルを外した状態で緩めていくとココまで分解できます。
この状態の一番下の部分のパーツです。

使用していくと結構潰れます。(特にトップ側をよく使う場合)

P3253756

ここは引きの軽さに結構影響がありますのでしっかりと交換した方がいいと思います。

先日は整備の際にここがちぎれているものがありました。ちぎれたら、、、交換です。


d.RD用シールドアウターキャップ

こちらはRDにアウターが入るところのキャップです。

以前はココは樹脂製のものはちぎれたりひん曲がったりするのがよくないと言われていてアルミを推奨していたようなのですが、現在のマニュアルでは105以下のモデルは樹脂ということになっているようです。(詳細はもう少し下に、、、)

BlogPaint


②オプティスリックシフトケーブルセット

1グレード下がりオプティスリックになるとこうなります。

image4144

b.樹脂製のシールドアウターが4つに増え、、、・・・と思いきや実は非シールドのアウターキャップが3つにシールドアウターキャップが1つです。

非シールド(ノーマル)アウターキャップ
・フレームに沿わせる、はわせるところ(トップチューブ下)×2
・チェーンステー下


シールドアウタータイプ
・RDに入るところ×1

rect425


ごっちゃにならないように注意をして下さい。

見分け方は簡単です。実際にケーブルを挿してみれば抵抗感が全く違うのでそれでもわかるのですが、

PC084336

シマノのアウターキャップには線が入っています。

2本先がノーマルのアウターキャップで、4本線がシールドアウターキャップです。

後は長さが若干違うのですが、わからなくなったらこの線の数を見るのがわかりいいと思います。


RD用ノーズが外れていますが、個人的にはインナーケーブルの保護としてココは付けたほうがいいような気がしてしまいます。



▶ステンレスシフトケーブルセット

image4229


ココまでくるとわかりやすくなると思いますが、ココでまさかのRDはアルミへと、、、(笑

・STI(コントロールレバー内外、ハンドルを沿わせないタイプ?)はノーマルのアウターキャップ×2
・フレーム内・沿わせる(ダウンチューブ下)もノーマルタイプ×2
・チェーンステーはシールドアウター×1
・RDはアルミシールド

rect4265-4

これはいいのですが、こう考えると上のオプティスリックのケーブルセットが、アルミが足りないか、シールドが足りないか、、、う~ん、この辺はカタログでも【**の注意】になっていて「チェーンステー下は適切なものを選んで下さい。」とあります。なんて曖昧な、、
結構汚れが飛びそうな部分なのでやはりシールドのほうがいいと思ってしまいます。

RDに入る部分では過去のモデルで一部アルミでないとだめだったモデルがあるとかないとか、、、
現行モデルでは樹脂製でもいけるということです。


ですので現行のセットだと
・オプティスリックセット
チェーンステー下=ノーマルアウターキャップ
RD部=樹脂製シールドアウター

・ステンレスセット
チェーンステー下=樹脂製シールドアウター
RD部=アルミ製シールドアウター


これが正解のようです。


ワタクシはシフトケーブルはステンを仕様しますので、当然パーツが付いてきません。そんなときはスモールだけを取り寄せたりして使うわけです。




▶ブレーキケーブルセット


ブレーキケーブルのほうがシンプルプルプルです。

こちらもアルテグレードがカタログから姿を消しました。

image4185
基本的に数は同じなので難しくないです。

アウターキャップはすべてリア用です。

ブレーキ本体との接続部は基本的に使いません。

リアブレーキラインのアウター受けの部分に2個使います。

P9164072

ココから入って、、、

P9164082

トップチューブ後部から出てきます。

ここの2箇所に使います。

ケーブルがフレーム内を通らない場合はトップチューブ下が多いです。(シクロはトップチューブ上)

ということでまったく難しくなくいけます。


※フレームの種類によってはリアブレーキアウターごとフレーム内に通してしまう、いわば【フルアウター】の様な物もあります。その場合はこのブレーキ用のノーズ付きアウターは使用しません。


全然関係ありませんが、このポリマーに付属しているノーズ付きアウターなんですが、、、

PC084342

ノーズの長さに結構差があります。。。
あまりにも違いすぎるものは気になってしまいますが、おそらく影響はないということでしょう。

ちなみにこのブレーキ用のノーズ付きアウターなんですが、実は2種類あるんですね。
DURA用の【アルミニウム】とアルテグレードの【真鍮】です。

この辺の細かいところで価格差というかグレードの差を付けているんですね。

ということでブレーキは何ら難しいことはありませんが、シフトのほうが少々厄介な感じでした。



しかしスモールパーツの使い方を間違えると充分な性能を発揮できないということはシマノ自体も公式の見解としてあります。
「シマノインデックスシステム(SIS)の本来の変速性能を発揮させるために、適切なアウターキャップを使用して下さい。」
2017 シマノカタログより抜粋

個人的にはSISだけではなくポリマーコーティングのブレーキケーブル、これはノーズ付きでないとめちゃくちゃタッチが悪くなりますので、大切なパーツだと違うので組んでみてものすごく実感できました。

ということです。 
常々記事内に書かせては頂いておりますが、
「たかがスモールパーツ、されどスモールパーツ」
「侮るなかれスモールパーツ」ということです。
 
ということでご自身でやられる際はくれぐれもスモールパーツの使い方を間違えないようにご注意下さい。

でもし今組んであるものが違う使い方をしているのであれば、SISにしてもブレーキにしてもフィーリングをもっと良くする可能性を秘めているということでした。


注1)最近のフレームは専用品を使うものが結構多くなって来ました。
すべてのフレームでシマノのスモールパーツが使えるわけではありませんのでご注意下さい。
フレームのケーブル取り回しに合わせて適切なパーツを使うということになる場合がありその際専用設計の場合はフレームメーカーからの取り寄せになる、ということです。

注2)完成車でケーブルがシマノ純正を使っていない場合があります。
完成車でスモールが違う、、、そんなときは一見してもわかりませんが、実は社外製のケーブルの時もあります。
その際は交換のときなんかにシマノのものに変えると本来の性能を引き出せる可能性もあります。



▶おまけ

一見普通そうなシールドアウター、インナーを通せは確かに抵抗はあるんだけど、、、

ということで分解してみました。

まずはこちらから。

①ノーマル(非シールド)のアウターキャップ(先2本)です。
PC084337

まぁなんてことなく穴が開いているアウターですね。


②樹脂(プラスチック)製シールドアウターキャップ
PC084325

なんか入ってますね。

PC084327

白い物体を取り出してみました。
(少々破壊してしまいましたがorz)

これがおそらくシールド効果のあるものでしょう。


③ロングノーズ付きアウターキャップ
PC084330

ロングノーズとシールド効果のあるっぽいもの(?)が一体化しています。


ということでアウターキャップもシールドと非シールドでは全然違うものが使われているということなんですね。
こういった細かい所の積み重ねで最高のフィーリングを味わえるように考えられているというのも面白いところです。



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★