リアディレイラー・フロントディレイラー不調の原因を徹底的に探る

昨日プレオープン・受付開始とさせていただきましたお店の方ですが、多くのお客様にお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
その中でもご希望に添えない方がどうしてもでてしまうのは大変心苦しいものです。
大変申し訳ございません。
しかし当店にできること、ワタクシ自身にできることは惜しみなく、いつも一生懸命行わせていただこうと思います。今後共よろしくお願い申し上げます。

 
ということで本日、週間予報でズラッと20℃前後に日が並びました!

冬の最後というか、、、なかなか雨の続きの週末であったり、かなりガッツリと雨が降り続いてフラストレーションが溜まりがちな方も、雪解けが待ち遠しい方も、本格的なシーズン到来前の調整はとても大切です。

ということでロードバイクのトラブルで圧倒的に多い今回はリアディレイラー・フロントディレイラーの不調の原因を探るというお話です。



▶一番最初に確認するべくポイント


①チェーンは伸びていないか?

チェーンチェッカーを使ったりチェーンをピッとつまんだり、、、
つまむのは経験というか、本当に伸びたチェーンを触ったことがないと不明なところが多いと思いますので、できればチェーンチェッカーを使ったほうが確実です。

チェーンチェッカーは一部分だけではなくて、回しながらいろいろなところで測って総合的に伸びの確認をします。
チェーンは本当に変速不良の原因に直結します。

ギア歯の摩耗ということも考えられないですが、相当な距離を乗ったり、ヘビーユーザーの場合を除いて1000kmや2000kmでもう寿命、、、そんなことはめったにないことなので、まずはチェーンの寿命を疑うのがいいかと思います。



②不調の前兆は?

何かきっかけがあるとしたら間違いなく一番最初に疑います。
・右側に倒した・ころんだ
・なんとなくアジャスターをいじってみた。
・ケーブルを交換してみた。

おそらく外部からの衝撃にみの覚えがない場合一番多いのは
「少し調子が悪くなって、自分でやってみたが上手くいかなかったが、それからだんだんと調子が悪くなってきた。」というものです。

調子が悪くなってきたのに、いじっても治らない。。。
→トップローアジャストボルトもいじっちゃえ!
どんどん悪化するパターンもあります。

なにがきっかけになったかわかっていれば原因究明までの近道になります。

ワタクシ自身も不調でみさせていただくときは「何かきっかけはありますか?」よくお伺いしますヨ。



③ディレイラー本体の不具合は?

ディレイラーは基本的に手で動かすことができます。
動きさえ理解してしまえば何が原因かわかりやすくなります。

ディレイラー本体の不調ということは余り多くはありませんが(と言うか殆ど見ません。)、
・取り付けでガタが出ている
・汚れで動きが渋い
こんなことは起こりえます。

スムーズに動けばディレイラーが原因の不調というものが、取り除きやすくなります。

また組付なんかも時々おかしなことになっている場合がありますので、正しい方法で組み付けられているか?そんなところもアタリマエのことですが、確認すべくポイントではあります。
いつまでたってもなんか調子が悪い、、、原因の根本はものすごく身近なところにある場合があります。



これらが正常であれば大体アジャスターの調整のみでサクッと直ってしまうことがほとんどですが、

それでも直らなければというところが次項のお話です。




▶その他の原因

①ケーブル関係のトラブル

これはもう簡単です。
簡単というのは簡単なんですが、確認は少々メンドクサイです。
コントロールレバーを外して、ディレイラーと20cmぐらいのアウター&インナーを使って直結します。フレームは通さないということです。

ケーブルにトラブル(通り道も、取り回しも含まれます)がある場合は直結すれば一発で解消します。

これで解消すればケーブルがトラブルということです。


②ディレイラーハンガー曲がり

これは解決しない変速不良のなかでも最も多い原因です。
なぜなら「新品でも曲がっている時がある」からです。

フレームの精度にもよりますが、親切なショップなら組付けのときにハンガーの平行ぐらいサクッと見て修正してから組み上げをしてくれると思うのですが、そこはショップによりけりです。

またこのハンガーの役割は転倒・衝撃時にフレームを守るというものなので、当然フレームよりも破損しやすいものです。
特殊な工具で金属製のハンガーをウンショ、ウンショと曲げるわけですが、あまりにもひどいものは折れる可能性があります。


これらのトラブルを割合別にいくと、、、

調整が上手く行っていないための変速不良・・・80%
ディレイラーハンガー曲がり・・・15%
その他の原因の変速不良・・・5%
このぐらいです。

こんなん言うのは簡単ですが、実はこの5%に入ってしまうととんでもなく大変です。

image4155

しかし普通はこの大変厄介な5%意外の原因であることがほとんどです。
オーナー様がこの5%だと思い込んでいるということ、の場合もあります。

そればかりはみてみないことにはなんとも言えないですが、5%に入ってしまったら、、、色々アンレギュラーな方法も含めて試してみるしかありません。

ということでディレイラー変速不良の原因を探る、そんなお話でした。


どうにも手に負えなくなったら、、、
まずは「やってみる!」
「駄目だったら助けてくれ!」
もちろんお受けいたします。
※ディレイラー不調はチェーンが外れる、巻き込まれる等の重大に事故につながる場合もございます。ご自身での調整はくれぐれもご注意下さい。

その場合ひょっとしたらパーツ代が余計に掛かってしまうこともあるかもしれませんが、それでもやってみたい、知識を身に着けたい、そんな方を応援いたします!
また何かで先でのトラブルとかの際も役に立つと思いますヨ。

+++++++++++++++++++++++++++

FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※プレオープン期間中、当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容(希望時間)
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断的なこともお受けいたします。
またご相談等もお気軽にご連絡お待ちしております。



 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★