新型DURA-ACE FD-R9100 徹底解剖第1段 セッティング編

昨年新型DURA-ACE(9100系)が発表になってから、しばし様子を見ていました。
しかしホントか嘘かは全く不明ですが、新型ULTEGRA(8000系)の画像がリークしたとかなんとか。そしフロントディレイラーも思いっきりこの新型構造を引き継いているように。。。
繰り返しにはなりますが、全くもってホントか嘘かどうかは不明ですが、もうこの新型のトグル構造を取り入れた形に落ち着いてくる様な。。。

ということで新型に対応すべくFD-R9100、こちらをまるっと素っ裸にしてやろうというお話です(笑
なお今回のシリーズはものすごく壮大な事になりそうなので、最近流行りの3部作的な映画的な、少々めんどくさい構成になるかもしれませんが、お付き合いをいただければと思います。

ということで早速本題へ。




▶フロントディレイラーの種類とは?


リアディレイラーは1種類しかありませんが、フロントディレイラーは3種類のラインナップがあります。
・FD-R9100 直付
・FD-R9100 バンドタイプ34.9mm
・FD-R9100 バンドタイプ28.6mm
こちらはフロントディレイラーの取り付ける位置(シートチューブ)のフレーム形状に合わせての購入となります。 

最近ではエアロ形状の流行りのせいかシートチューブの形が円形ではなくて様々なものがあります。
リアタイヤがシートチューブにめり込んでいるような物、空力的に有利になるとか。。。

image13281
※オルトレ XR4のシートチューブです。

こういったタイプのものは従来のように円形ではないので当然バンドタイプが使用できません。
ということでフレームに何らかの方法でフロントディレイラーを付ける部分(台座)を生やしたものが直付ということです。

ちなみにセンプレのシートチューブは何ら変哲もない34.9mmの円柱形です。
P5115095

少々寄り道ですが、、、
P5115096
ビアンキ車はこうなることが多いようです(塗装の”ヨリ”)
こちらは確認させていただきましたが、こうなっても全く問題がないそうです。
と言うかまるでよくあることのようにお話させていましたので少ないことではないのでしょう。。。


お話を戻しまして、、、この形であれば通常取り付け位置径に合わせたバンドタイプを選ぶのですが、フレームを変えるとするとフロントディレイラーも交換、、、勿体無いデスネ。
ワタクシ自身フレーム購入予定が近々にあるわけではございませんヨ(笑

そこは世界のシマノさんです。

こういった円形のシートチューブであれば直付も使えるようになるとっても便利なバンドが別売りでラインナップされています。フレームを変える予定があったしても、直付を買っておけば別売りバンドを購入するだけで対応ができてしまうというものです。
コイツァ( ・∀・)イイ!!です!

ということなんですが、FD-R9100直付タイプは注意が必要です。9000/6800世代で使用していたものは”SM-AD90/67”という別売りのバンドアダプターなんですが、こちらは9100では使えません。
バンドタイプしか触ったことがない方はピンとこない方が多いと思うのですが、直付式はフロント変速の際にかかる負荷に対して”チェンジサポートボルト”と言うものが構造としてあります。(バンドタイプにはありません。)
直付でフロントディレイラーを自分で組んでいる方なんかでこちらの調整不足、全く調整していないものをときどきみかけます。しかし直付はバンドタイプよりも構造的に変速に対する強度が低いことが考えられ、そのためシマノもチェンジサポートボルトと言う構造を使用しているのだと思います。
ですので必ずFD-R9100に対応している”SM-AD91”というモデルのバンドアダプターを使用するということです。これ以外は互換性がありません。

~まとめ~
シートチューブが34.9mm設計
:バンドタイプ or 直付+SM-AD91(バンドアダプター)34.9mm用
シートチューブが28.6mm設計
:バンドタイプ or 直付+SM-AD91(バンドアダプター)(31.8mm)28.6mm用
シートチューブ(フレーム)が直付設計:直付のみ

※SM-AD91バンドアダプターも2種類あります。

こういった購入方法があるということです。
今後の予定に合わせたりして購入するのがいいでしょう。





▶FD-6800(バンドタイプ)からの交換方法

①FD-6800の取り外し

P5115082
長いこと苦楽をともにしてきたFD-6800ともしばしのお別れです。。。(;_;)/~~~

リアディレイラーの交換はチェーンを切らなくてもできますが、流石にフロントディレイラーは無理です(;´∀`)
チェーンを切ってしまいます。なお今回はチェーンがまだ新しかったため、再利用をします。

P5115083

チェーンを切ったり繋いだりするのは一手間ですが、チェーンを落としてしまうのが楽です。

P5115084

チェーンを再利用したいときはどこを切るかを考えて切った方がイイですネ。
こちらの記事をご参考にどこを切ってつなぐかをご検討下さい。
ロードバイクのチェーン交換 3つの約束事と不具合報告

チェーンが切れればフロントディレイラーがフリーになります。

P5115085

 この状態になったらケーブルの固定ポイントを外して、本体のバンドクランプボルトを外せば取り外しは完了です。

P5115088
 
尚今回はケーブルも「そのまま使えないべかなぁ」なんて横着を考えていたのでケーブルはそのまま残してあります。

P5115089
 
ピロッとです。。。


②FD-R9100取り付け

P5115100
 
今回購入したのはこちらです。
FD-R9100(直付)+ SM-AD91バンドアダプター です。
相変わらずDURAは箱にまでお金がかかってそうなバブリーボックス(?)です(笑
 
 P5115101

中身はこんなんですが、バンドアダプターを観察です。
image13594

組み付け時にバンドアダプターにはチェンジサポートボルトが当たるとこがきちんとあります。

P5115105

サポートボルトはこの位置にあります。
長い2mmアーレンを突っ込んで知っかりと保持します。

基本の組み付け方は従来品と同じです。
まずは”高さ”です。
とても便利なシールが付いていますので、シールに刃先をあわせます。

P5115112

次は角度です。
基本的にチェーンリングと”ど平行”です。

P5115114

完全に平行にします。
本体はこれで本締めしてしまいます。

ということでお待ちかねのケーブルは再利用できるか、、、
P5115108

できません。
素直に交換しましょう(;´∀`)

比較のために今回もタダのステンケーブルです。
P5115109

ヘッド周りのケーブルアジャスターも不要になるのですが、今回はインナーだけの交換ですのでそのまま生かしてあります。

ケーブルの取り付け前に注意があります。

P5115118


アジャストバレルの突起部です。ここが、

P5115117
 
びろ~んとしていては駄目です。

要は右側に見えるボルトがケーブルアジャストボルトですが、これが締め込まれていくことでアジャストバレル突起部が押し込み、ケーブルが張られるということです。
これが出っぱなしの状態だと、ケーブルアジャストボルトを締めてもスカスカ回るだけでアジャストバレルを押し込むことがないということです。 

必ずアジャストバレレル突起部がきちんと戻っていることを確認してから組み付けです。
image13641

ケーブルのルートはこんな感じです。ちとずれてますが、、、(;´∀`)
くるっと後ろに回すのは最後でいいです。。。




▶セッティング方法

 
従来までのモデルとはセッティング方法が全く違います。
従来通りやろうとすると失敗します。
今回は公式マニュアル通りの流れで説明いたします。

①チェーン取り付け前にケーブルアジャスト

まずはケーブルを適当に張ってトップトリムの位置ケーブルアジャストからスタートです。
初期伸びはとっておいて下さい。

rect15733
※コントロールレバーの操作と名称です。

調整はケーブルアジャストボルトで行います。

image15743

image13656
※右は初期の状態、左は張り過ぎの状態です。 
 (本当はチェーンを取り付け前に調整を行います。) 

必ずトップトリムの位置で行います。

印が直線状になったら次はチェーンの取付です。


②チェーン取り付け後にアウターローで調整

チェーンを取り付けてアウターロー・”トップトリム状態”でガイドプレート内側を設定します。
rect1533



P5125175

”H”と書いている方(右側)を締め込んでいくとガイドプレートが外側に寄っていきます。
 
そうなんです、トップ側の調整はマニュアルではトップトリムだけなんですネ。


③インナーローでガイドプレート内側の調整

アウターローが終わったら次はインナーローでのガイドプレート内側の調整です。
上の画像の”L”のボルトで調整していきます。
 P5115151

ギリギリがわかりにくい場合は紙を挟んで動かしてみると抵抗を感じるのでわかりやすいです。

これだけです。
やってみればわかるかと思うのですが、マニュアル通りのセッティングはメチャクチャ簡単です。

でどうかというと、きちんと動くんですネ。
明日画は世界のシマノ!素晴らしいデス。



▶ケーブルの処理


前回まではケーブルを止めてしまえば後はアウターキャップを付けるなり何なりするだけで終わりでしたが今回はくりっと巻きつけるということです。

P5115150
くるっと巻きつけて、リンクカバーにとおします。

P5125152
※出口の穴幅

P5125153
入り口の穴幅

リンクカバーは入り口が広くて出口が狭いですので間違えにくいと思います。

最後はハンダするなボンドするなりアウターキャップを付けるなりお好みの方法で。

P5115131

でこうなります。


▶取り付け~マニュアル通りのセッティングをしてみて

なんというか、、、従来品と全く違います。
セッティングの方法も全く違うのですが、構造がガラリと変わっております。
従来と同じようなセッティングでは全く決まらないでしょう。

ここまでガラリと変えてくるとは、、、

セッティングがうまくいかない場合はマニュアル通りのセッティングを再度確認した方がいいです。
おそらくマニュアル通りにきちんとセッティングをすれば確実に動かすことができますが、逆にマニュアルの1つでも抜いてしまうとバラバラになりそうです。

きちんとマニュアルをまもってセッティングを行うことで従来品よりも簡単にキレイに動かすことができます。本当にマニュアル通りのセッティングが簡単なんですよ。

(ΦωΦ)フフフ…しかしいいことばかりではありません。想像の複雑化で各フレームに合わせた少々手のかかるセッティング、いわゆる普通のお店ではあまりやってくれないセッティング。これが、、、また次回に。。。

肝心の動きはと言うと、、、( ・∀・)イイ!!デス。

DURAはやはり素晴らしいの一言です。

しかし構造が複雑化してしまっているので、この構造をを下位グレードに持ってくるとコストがどうなるのか、またコストダウンの影響をものすごく受けそうな気がします。
また、複雑になることでトラブルなんかが出なければいいなぁと思うのですが、そればかりはドンドン使って、汚して、弄くりまして、、、見ないとなんとも言えないところです。

ということで今回はFD-R9100 新型DURA-ACEフロントディレイラーの序章、組付・セッティング編でした。
次回、少しだけ時間は開くかもしれませんが、従来品との比較、構造、仕組み、そんな記事をもう作り始めていはおりますが、まだまだ時間がかかりそうです。
またマニアックすぎる記事ができそうです(笑

(ΦωΦ)フフフ…タノシスギル。。。




  +++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容(希望時間)
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★

2017モデル入荷致しました。


★レディースウェアも新作入荷です。


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★