ノーマルクランク インプレ① ”迷わず行けよ 行けばわかるさ”


先日コンパクトクランクから変えたノーマルクランクのインプレです。
ちなみにギア比はこんな感じです。

image4166
6800系で50-34T→53-39Tへの交換でした。

山も走りに行きますが千葉はもっぱらの平坦基調の土地です。
ということで11-25Tのリアカセットを使っているわけですが、11-28Tギア比にして3.31の16Tがなくなってしまいます。16Tといえばケイデンス90で37㎞/hぐらいここはちょっとなくすわけには行きません。
ということで28Tは心の安心のためにはほしいところではありますが、残念ながらアウトです。

まだまだガッツリ山も走ったわけではありませんが、近所の勾配を駆け回ってみての初期インプレというところです。



▶平地でのインナーの意義は?

ノーマルクランクはインナーの存在意義がコンパクトランクと比べて大きく変わります。

コンパクトクランクのインナーの34T、平地での使い方に悩んでおりました。
ギア比的にはトップ付近を使えば使えないこともないのですが、それでもインナートップでケイデンス90で35㎞/h、困っちまいます(;´∀`)

30㎞/h未満での巡航時は使えないこともないのですが、「パンッ」とスピードを上げたいときにシフトアップを1段ぐらいしただけでは事足りません。
コンパクトのインナーは近すぎてしまうということです。
加速時にシフトアップしていっても次のギアに移るまでの間隔が短すぎてしまうということです。

ギアがわかる瞬間、こんな数秒の間は基本的にトルクが抜けている状態、加速はできない状態だということです。この回数が多ければ多いほど加速の中のロスが多くなってします。
 
ギア比等数値で見てみるとそこまで大きな違いがあるわけではないのですが、乗ってみるとコンパクトに比べてノーマルはインナーでもしっかりと加速感を感じることができます。

この辺は個人差があると思います。もちろんワタクシのペダリングがヘタっクソなだけかもしれませんのであしからず(笑
コンパクトクランクのインナーの使い方がよくわからない場合はノーマルの39Tを使ってみると少し変わった見方ができるかもしれません。

ワタクシの場合はコンパクトクランクは上り以外は基本的にアウターのみ、つまりいつものコースではほとんどインナーを使うことがなかったということです。


▶アウターは踏めない?

53Tアウターは重くて踏めない、、、ギア比計算の数値を見ると結構ビビってしまいます。というかワタクシはビビクリまくりでした((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

これが実際に乗ってみるとどうかというと、、、乗れるんです。
ギア1枚分重くなる、そんな感じはもちろんありますがそれは構造的にそうなります。
かと言って踏めないほどかと言われると大した差はない、そんな印象でした。
一枚軽くすればいいだけのお話です。

30㎞/h台前半の巡航のときはインナーで事足りてしまいますし、30㎞/h台後半の巡航はアウターに切り替えれば不具合ありません。

アウタートップまで使うかというと全く使うような気配はありませんので、12-25とかにしてもいいような気はしなくはありません。


▶インナーとアウターの相性は?

ノーマルクランクの最大の利点はまさにココにあると思いました。

インナー&アウター間のつながり(ギア比的な)がものすごくいいです。

全くもっての個人的な感想ですが、イメージコンパクトのインナーとアウターはつながりというか一体感が乏しくインナーはインナー、アウターはアウターとばらばらの役割だった様なイメージです。
しかしノーマルクランクはアウターもインナーも一つのギアとしてのつながりに、違和感が少ないです。


コンパクトクランクで34-50T歯数差16T、ノーマルクランクで53-39T歯数差14T、たかが2T されど2Tです。アウター↔インナーの切り替えのつながりもものすごく気持ちがいいです。
コンパクトクランクは軽すぎてしまったり、重すぎてしまったり、アウターインナーの変速時にリア変速を後から足してあげる、そんなことがときどきありましたが、ノーマルクランクは一発で決まる、そんなイメージです。




▶変速性能に差はあるのか?


まだまだノーマルクランクのセッティングが煮詰められていないせいもあるのかもしれませんが、よく聞く”丁数の差が少ないほうが変速性能がよい”と言うのは個人的には現行品ではほとんど感じることができないレベルだと思っております。

ワタクシのバイクの変速系は
ST6800+FC6800+FD-R9100+105チェーン+ステンケーブル
こんな感じですが、コンパクトであろうがノーマルであろうが変速に満足できないなんてことはありません。

前回ご紹介した引掛け歯の配置、角度、数量この辺も関係してくるとは思うのですが、この辺は要研究です。
P5235217

なんで4個と6個?
53Tは2個セットで3箇所、50Tは4個バラ、
最大間隔は16T と17T、、、
実はこの引掛け歯以外にも変速ポイントがあったり、、

単純に考えれば引掛け歯はいっぱいあったほうがサクッと持ち上がりそうなんですが、それだけではないはずです。
それでもこの配置、角度、精度等々この辺はシマノの技術チームが導き出した究極の効率の完成品ということなのでしょう。
インナー↔アウター間の移動の際に歯の凸とチェーンの凹が微妙な噛合になる用に計算されているというお話ですし、まだまだフロント変速の徹底解剖には程遠そうです。。。


ということで今回はノーマルクランクに変えてみて山を超えたわけではありませんが、坂道のある道を走ってみてどうだったかというと、、、

・インナー↔アウターのつながりはものすごくいい( ・∀・)イイネッ!!。
・インナーも平地できちんと使えるようになる。
・変速性能は、、、どちらも最高です。

おまけ
・激坂はどうしよう、、、(;´∀`)

こんな感じでした。

こればっかりは実際に走ってみないとなんとも言えないところがあると思います。
ワタクシの場合はパソコンとにらめっこしながら、ギア比と速度をみてビビりまくっていましたが、それでも実際に走ってみるとたしかに、重いは重い(と言うと少し語弊はあるのかもしれませんが、)のですが、意外なところとすると結構乗りやすい、そんなイメージでした。

やはり実際に自分で体感してみるということは大切だと思いましたヨ。

近々では白石峠に登る予定ですが、このままでどの程度のタイムが出るか試してみたいと思います。
あまりにもひどい結果も考えらなくはありませんので、再び白石峠ネタが出なければ”打ちのめされたんだな。”と胸中ご察しいただければと思います(笑

P5235319

「この道を行けばどうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 
踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる 迷わず行けよ 行けばわかるさ」
ダァァー---!!


+++++おまけ+++++
”たとえ激坂でも軽すぎるギアは進まないゾ!”こんなコトを最近よく実感しております。
というのもものすごく極端なお話ではありますが、先日ウチに来たフィデース(22インチ子供乗せ自転車)ですが、フロントが36Tぐらいリアのロー側が28Tです。(おおよそです)これに22インチのタイヤですヨ。。。700cならまだしも。。。
どんなに回したって一向に進まないんですヨ。
ギア比にして1.28、22インチですのでケイデンス60で回して8.7m/h、そもそもままちゃりのケイデンスなんて某漫画の主人公じゃありませんし、40~60ぐらいでもっさりです。
子どもを乗せての上り坂だってケイデンスが40まで落ちればおよそ6㎞/hです。
6㎞/hで自転車をまっすぐ進めるのって少々難しいですヨ、どんなギア比だよっと突っ込みたくなるのは山々です(笑
これを例えばケイデンス80で回せば12㎞/hぐらいですが、ママチャリでそんなに回すのであればギアを上げたほうが楽です。
こればかりは乗ってみるとものすごくわかりやすいんですが、軽すぎるギアって全然進みません。アタリマエダ( ´Д`)っ))Д゚)・∵ハウッ
当たり前なんですが、不思議な感覚です。
ある程度しっかりと踏めて、回して、進む感覚のあるギアを選ぶということが大切だと思いますヨ。
・・・子供乗せママチャリギア比変えよう。。。
++++++++++++++++++++


・・・ノーマルクランクってPCDが110に統一された今となってはなんか違和感を感じる今日このごろです。

  +++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容(希望時間)
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★

2017モデル入荷致しました。


★レディースウェアも新作入荷です。


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★