バラ完よりも大変な組み換え作業 戦闘力抜群エアコードを組む!

バラ完とは:フレームセットを購入後各所パーツを自分好みのものを買い揃えて1台のロードバイクを作ること。
詳細はこちらに↓↓↓
ロードバイクの組み立て 持ち込みバラ完 ~予習編~

バラ完はパーツをきちんと組み付けることではありますが、今回のミッションはバラ完よりも少々大変です。組み換えを行いながら最強の戦闘能力を持たせる一台を組み上げるため作業ということです。

いわゆる車やバイクなんかでは”ニコイチ”何かと呼ばれる2台で1台を組み上げるものではありません。
もともとの2台を使い最強の1台を組み上げるというお話です。
またまた例のごとく寄り道脇道周り道をしながらのお話です。


▶エアコードとゼリウスの違い

そこまで大きな設計の違いはありませんが、ゼリウスとエアコードはと言うと、、、
もちろんオールラウンドバイクとエアロコンセプトのバイクというフレーム形状の違いはありますが見た目だけではなく、組み方も少しさがあります。
ケーブルのルーティングや小物パーツが少々違います。

エアコードは
ブレーキ:フルアウター
→アウターごとフレームの中を通ります。
シフト:リアアウター受けの場所
→チェーンステー最高部に出口が作られています。

後は細かいところとするとフレームの段階でBB下のダイレクトマウントの台座がありました。
実際はシートステーのノーマルブレーキを使用します。
スモールパーツの使い方も少し違いますが、シフトがクロスしたりと基本的には似たり寄ったりの構造です。



▶組み立て開始

なにはともあれまずはBBの圧入です。
P6285761

こんな特殊な工具を使ってまっすぐ、正確に圧入します。
ここは適当にやってしまうと後々苦労をするところになるので変な道具は使わずにきちっとまっすぐ、寸分狂わずに圧入できる工具を使用してピタッと圧入します。

通常はフレームセット購入でも新品であればメーカーさんは親切満載、ケーブルのルートにライナー管を入れておいてくれているはずです。
これがないとBB圧入前にライナー管を通してあげてからBBを入れないと後悔することになります(´・ω・`)ショボーン

ラピエールのもともと入っているライナー管は、ブレーキのインナーは通りません(笑、どうするかというと、ここは頭を使って行います(;´∀`)
・・・ってかリアブレーキフルアウターじゃねーか(# ゚Д゚)///




▶まずはエアコードの組み上げ

1台分のパーツは全て外してあります。
現状として、
1台分のパーツ:6800/ダンボール箱の専用ボックスの中に。足りないパーツのみ購入
(今回はダイレクトマウントブレーキのみ足りませんでした。)
もう1台:9000ミックス/完成車としてお持ち頂きました。

この中からエアコードに移植するパーツをすべてはずします。

そしてエアコードをまずは完成させてしまいます。
image4144

ハンドル・ステム・クランク・フォークをつければロードバイクっぽくなってきました。

画像では非常に伝わりにくいところではありますが、このエアコードの”赤”ものすごくキレイな色です。鮮やかな赤がマットブラックとよくあいます。

image4161

ベースはもう1台から外した9000のDURAで組みます。

ブレーキは流用不可なダイレクトマウントタイプですので、フロントのみ購入。
前後のバランスを考えてリアも6800を持ち越しです。

ケーブルなんかもほぼほぼ新品状態だったのでできるだけ流用できるようにしました。

ポジションをある程度出したらご希望の長さでコラムをカットで仕上げに入ります。

P6285772

作業台から下ろす頃にはすっかりロードバイクの全容が見えてきます。

変速調整をしていてしっかりと再確認です。。。
”やっぱDURAはスゲェャ・・・( ´Д`)=3”

レバーがいいのかRDがいいのか、、、
速いというか、正確というか、かっちりしているというか。。。
確実にULTEGRAではなくてDURA-ACEです。

まぁお値段が倍ぐらいしますが、倍の性能差があるかというと、、、そこまでの性能差はありませんがいいものは( ・∀・)イイ!!です。

ともあれエアコードが完成したらパーツを外してしまったもう一台をキチンと乗れるようにしてあげます。



▶DURAをはずしたもう1台を組み上げる。

DURA系のパーツを外した残りの1台を残りのパーツを使って組み立てます。

ブレーキは既存、シフター・RD等をダンボールから発掘して組んでいきます。

まだパーツが到着していなかったものもあり、ホイールは持ってこられていなかったので1台分を流用して調整を行いました。

P6285780

そんなこんなで2台分の完成となります。

1台は通勤用、1台は週末用(?)とのことで抜群の戦闘力のエアコードはしばし残りのパーツがくるまでお休みです。

終盤少々トラブルもありましたが(コチラは後日記事を作ります。)なんとか2台の完成となりました。



▶最後に

ここまでの作業で朝の7時よりご来店いただきまして、14時頃に作業終了となりました。
少々駆け足ペースではございましたが、お客様にもご協力いただいて効率よく作業をすすめることができました。

朝はぐずついた空模様でしたが、作業が終わるころにはきれいな新車を照らすように薄日がさしこんでおりました。(・∀・)イイネ!!


当店ではこんな感じで、バラ完だけではなく組み換え、各所の調整し直しなんかもご予算のご都合に合わせて行わせていただいております。
今回新たに使用したパーツFD用のアジャスターとシフトケーブル1本のみ、それ以外は流用と行った形を取ることができて価格を最大限に抑えることができました。



少々お店のお話ではありますが、
現在2017等ラピエール社製品、特に小さいサイズ、大きめサイズは思わぬ特価でのご案内ができる場合もございます。お気軽にお問い合わせ下さい。ラピエールのフレンチバイク、、、良いですヨ。
これであなたも”はぐれメタル”(笑
バラ完だけではなく、こういったお客様のニーズに合わせた組み換え作業も承らせていただいております。

さぁ今日も1台エアコードを組みます!
ピカピカに仕上げましょう!

ということで今回はバラ完よりも大変な2台の組み換え作業のお話でした。

+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容(希望時間)
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★

2017モデル入荷致しました。


★レディースウェアも新作入荷です。


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★