新型アルテグラ RD-R8000 調整と動き

前回の記事に引き続き新型アルテグラのリアディレイラー RD-R8000のお話です。

前回は組付~かるく調整何かを行いましたが、今回はとりあえずガッツリ調整と実際にどんな動きをしているのかというところのご紹介です。


▶調整方法

ココで行うのは主に4つ、こちらは従来通りの、、、
・トップ側の調整
・ロー側の調整
・エンド調整ボルトで調整
・ケーブルアジャスト
こちらの4種類です。

image4992
トップ側・ロー側とマニュアルでも記載はありますが、未だにディレイラー本体には「L/H」です。もうそろそろ変えてもいいんでは???


構造は少々変わってはいますが、FDのようにド派手な変更ではありません。
調整もFDよりも手さぐりでもなんとかなりそうです。

DURAの9100もそうなんですが、今まで+ドライバーで行なっていたものが2mmの六角に変更しています。場所によっては精度の悪いボールポイントだと少々舐めやすかったり、力がしっかり伝わらないものもあります。
今後の流れとしてディレイラーの調整は2mm六角での調整というふうに変わってくると思いますので精度の良い2mmアーレンを一本用意しておくといいと思います。Eightのアーレンも2mmならば数百円で買えます。


①トップ・ロー側の調整ネジでのストローク調整

トップ調整ボルト、ロー調整ボルトの働きとしては従来通りです。
マニュアル通りにやるのがよいでしょう。

シマノ公式マニュアル
http://si.shimano.com/pdfs/dm/DM-RARD001-02-JPN.pdf

ということなんですが、調整のところの見出しが
”■ストローク調整”となっております。
確かにこの方がわかりやすいです。

ココは何ら変更はないのでそこまで苦労はしないと思います。

以前の6800とか9000よりも調整しなければいかない幅は増えたと思います。
ポン付けではどうにもならんぐらいずれています。

変更こそありませんが、しっかりとした調整が必要です。


②エンドアジャストボルトの調整

旧Bテンションと言ったところでしょうか。
この調整が肝になってきます。

ワタクシのバイクでリアが11-25Tですが要調整となっております。
以前のリアディレイラーなら下手したら28ぐらいまでほとんど調整は不要の場合もありましたが今回はしっかりと調整しないとゴリゴリ言います(;´∀`)

image5062
※大大ギア
ワタクシのゼリウス(R:11-25T F39-53T)の場合はリアロー側がゴリゴリしやすかったです。

image5049
※小大ギア

ここがつまってしまうんですネ。

正転や逆回しで詰まりが起きないように調整します。
”詰まり”がよくわからないという場合はゆっくりと見ながら、音を聞きながら回したり変速したりしてみるとわかりやすいと思います。

P7035869
※汚い状態でごめんなさい。今すぐに洗車します。。

上の画像は限界ギリギリカツカツまで寄せた状態です。

もしここがわからなければ目をつぶってしまうのではなくて、プロにおまかせしましょう。
詰まったままではまずいです。




③SISの調整

ここは従来通りです。

P7035873

ケーブルアジャスターは少し豪華に(?)変わっています。
従来品よりも力がかけやすくなってますので無理くりネジを力いっぱい回すような状態が起こりやすいかと思います。
アジャストが回りやすくなるのはいいのですが、結構ココを破壊しているパターンが多いです。
力がかけやすくなっていてもあくまでも優しく調整してあげるのがいいと思います。



▶動きを見てみる

image5097

image5165

少々わかりにくいの画像を加工をしてみます。

image5108
※左:インナートップ 右:アウターロー

★シングルテンション
ギアの動きに対して、のディレイラーの動きです。

最大の特徴としては
”ケーブルの受け口の位置が変わらない”ということです。

その他とすると、ホイールの脱着が幾分楽になるとか所々ありますが、そこまで大きな差ではありません。
受け口の角度が変わらないとどうなるかというと、、、

image5322

従来品ではトップ近くの位置でものすごい角度になっていました。その抵抗を減らすためにノーズ・ガイドパイプのような物でなんとなくごまかしていた感がありました。

新しいこの方式のディレイラーはトップ位置でも極端な角度になりません。
それでも多少は角度が付いてしまうのでガイドパイプは不要なパーツということではありませんが、おそらくこのパーツの”寿命(もち)”が全然違うでしょう。



▶RD-R8000のインプレ
P7035859

インプレ環境はこちらです。
ST-6800+RD-R8000+ステンケーブル(アウターはジャグ?? リアアウターはOT-RS900若干短めw)
旧型のアルテグラに新型のリアディレイラーです。

リアディレイラーのみ、単体での上位機種への交換は結構効果を感じにくいところではありますが、、、

”軽い”です。

確かにRD-6800よりも引きは軽くなります。
変えた瞬間の調整では「軽っ!」と実感ができました。

しかしもういじくり回してしまっている今となってはそこまで軽かったのかはよくわかりません(;´∀`)なれって嫌ですネ・・・。

実際に乗ってみるとどうだかというと、、、

(・∀・)イイネ!!デス。

まだまだ調整が煮詰まっていないというところはありますが、間違いなくイイです。

シングルテンションがいいのか、シャドーがいいのかなにがいいんだかは不明ですが、6800時台よりも戦闘力は間違いなく上がってます。
RD-6800でも不満があったわけではありません。
それでも違いはわかりました。

お値段はと言うと、10,000円でお釣りが来るぐらいデス。








~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※ココから夢を壊します。購買意欲が地の果てまでも落ちる可能性もありますのでご注意下さいm(_ _)m


現行6800からのリアディレイラー単品の買い替え、どうかというと、、、

「なくてもいいんじゃねーの!?」

こんぐらいです(笑

この変速の微妙な変化を楽しみたいマニアックな方にはおすすめいたします。
間違いなくイイですから。

それでもRDを一個交換したからといって劇的に坂が速く慣れるわけではありませんし、直線で5㎞/hの速度アップにながるわけではありません。


ディレイラー単品を交換して劇的な変化を感じる場合っていうのはものすごくグレードを上げた場合を除いて、今ついているものが調整不足だったり、動きが悪い場合が多いです。
新しいものをくっつけて、きちんと調整もしくはお店で調整をしてもらう。それは調子がいいはずです。

今あるものをきちんと最高の整備して最高の状態にする。その上で交換してみる、そんなことがとても大切だと思います。

またR8000のインプレをどっかで見たのですが、FDで「ガラガラ言わずにスパッと・・・」とありましたが、6800だってガラガラ言うコトなんてありませんヨ(;´∀`)Di2だろうが紐でろうが一緒です。ソレって調整・・・


また確かに新型のリアディレイラーはホイールの脱着が気持ち楽です。
11速はホイールの脱着が苦手な方も多いです。
しかしほんの気持ちです。。。
ホイールの脱着が大変だから交換しよう!これが目的だとあまり差がないのでがっかりするかもしれません。

時間は多分かかると思います。しかしとりあえず今あるものを最高の状態に仕上げるのがまずは第1選択かと思います。

ということで新型アルテグラ RD-R8000 調整と動きというお話でした。



~全然カンケーのない話~
コンポのお話。

最近DURA特に9000系をいじる機会が本当に多くものすごくよく触っています。
アルテとズラの違い、、、そんなことをよく聞かれます。
ざっと見積もってもお値段にして倍ぐらい違います。
倍の違いがあるかというと、、、倍はちがくありません。
でもDURA-ACEはDURA-ACEです。
間違いなくいいものです。

ワタクシは”差はしっかりとある”と思います。
しかし人によっては大した差はない、そこまで変わらない、そう感じる人もいると思います。
そこは個人的な主観の問題でもありますが。

これとは別に旧型のコンポーネントもです。

旧型のコンポーネントなんかは中古で安く仕入れることができたり、新品でも在庫処分の様な形で安く入れることができる場合もあります。
では旧型コンポのDURAと新型のアルテ、、、
リア変速の段数の問題なんかもあるかもしれませんが、個人的には2世代格差では新型推しかと。

とはいってもやはり整備です。
Di2もガラガラいいますから。。。

フレームはと言うと、、、あながち良くなるともわれがちではありますが、これはコンポとは少々違います。大幅なモデルチェンジが加えられて当然良くなることだけ。そう考える場合もあるかと思いますが、実際はその限りではない場合もあります。

これも好みといえば好みで終わってしまうのですが、旧型のもののほうが良かった。そんなことも。。。昨今のロードバイク事情としてBB周りは太く大きく、どこのメーカーもエアロエアロ、、、です。流れといえば流れであり、流行といえば流行ではありますが一概にいいともいいきれないですネ。

あぁやっぱり好みの問題です(笑

+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容(希望時間)
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★

2017モデル入荷致しました。


★レディースウェアも新作入荷です。


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★