整備は自信がなくても・・・自分でできる日常点検~~知ることは大切ダッ!!!~

ロードバイクは乗れば乗るだけ調子が悪くなっていく乗り物です。
例えば消耗品の塊であったり、自転車とはいえどもママチャリとは全く別の乗り物と考え無くてはならないほど繊細なパーツの組み合わせで成り立っています。

ママチャリは
・基本雨ざらし
・タイヤは乗れなくなるまで乗る
・チェーンはキコキコ音を立てて
・不具合が出てから自転車屋さんにもっていく
・むしろ不具合が出ても我慢する(笑
こんなイメージが先行しがちではありますが、ロードバイクは違います。

もちろんスピードも出ますし、無駄なパーツは一つとして付いていないほど繊細な状態です。

基本的にロードバイクは少しづつ、少しづつ調子が悪くなってくるものです。
この少しづつ、というのがよくないんですネ。
いきなり具合が悪くなればわかりやすいとは思いますが、少しづつだと、、、気が付きにくもので、更には”慣れ”という良くない現象があり”こんなもんでしょ、、、”そう考えてしまうことも多くありません。

オーバーホール後にまるで新車のように調子が良くなる。
これは普段使っているロードバイクが悲鳴を上げている可能性があるということです。
メーカーによって差はありますが、耐久性を考えられた設計ではありますが、これはあまり好ましくはないということです。

1年に1度のオーバーホールを推奨しているお店も多いですが、なぜでしょう。
最低1年間全く整備をしない状態、またほとんど整備をしない状態を想定しているからだと思います。
逆にちょこちょこお店に持ってきてこまめにメンテナンスをしている場合は1年に一度フルオーバーホールまでは必要ない場合もあります。

基本的にロードバイクはレース機材です。
レースに出ることを想定して作られているということとともに、上位グレードになるとプロと全く同じ機材を使っていることになります。
かの有名なツール・ド・フランスでも同じメカを使用しているということです。
レース機材というものはプロの機材は専属のメカニックがいていつも最高の状態に仕上げて使われることを想定した設計で作られています。

それと同じものをつかって一般ユーザーが壊れない、壊さないためには、、、
やはりメンテナンスが大切ということです。

”整備やメンテナンスは難しくて、怖くて、、、”

そんな方にも是非実践して欲しい、まずは”知る”ということです。
悪い状態を知ること、いい状態を知ること、コレはなによりもロードバイクのためでもありますし、乗り手を守ることに繋がる場合もあります。

ということで今回はユーザーでもできる!日常点検のご紹介です。



▶基本の”キ”の字の落下チェック

落下チェックです。

まずはフロントから。
フロントを持ち上げて~、、落とす
フロントを持ち上げて~、、、落とす

rect4183


何処かでみたことがあると思います。
いつか見たことがあるということはそれなりに大切なことだということです。
基本はものすごく大切です。

フロント周りのガタの有無を”音や感覚”で確認します。

ガタは最近本当に多いです。

フロント周りのガタといえば
①ハブ
②ヘッドパーツ
③その他
殆どが①か②です。

そしてガタは、、、残念ながら少なくないです。というかむしろかなり多いです。

ガタが出ない整備・調整を元にして各所のパーツは作られています。
ヘッドパーツでガタがあればコラムにダメージが蓄積されていくことで最悪フォーク交換になる場合もあります。
ハブにガタが出ていればハブベアリングのいずれかがだめになってしまうことが考えれらます。

ダム、、ダム、、、と落下チェックの際にガタが出ているとビビリ音・感触的なものが伝わってきます。
音、通常であればチェーンが暴れる音のみ、場合によってはヘッド周りのアウターケージング同士がぶつかる音以外は聞こえてきません。ましてや何かのビビリ音等聞こえる事はありません。

極端な話車体を持ち上げただけでもガタがあればわかることもあります。
当店にご来店いただいただいた際は自転車を小屋まで上げるので持ち上げます。それですぐに分かることもありますヨ。


ロードバイクにサドルバッグ、伸縮タイプのボトルケージ、ポンプ等音の出る可能性があるものがついていればそれらが犯人の場合もあります。
もしも落下チェックで異音を感じることがあれば、こういったものを出来る限りはずしてみてのチェックということも原因がわかりやすくなると思います。

どちらにせよビビリ音は基本的にNGです。

ビビリ音を確認できてしまった場合は早めの対処をお勧め致します。
自分でできなければ信頼できるお店に持っていって「なんかガタガタするんです~!タッケテー」でもいいと思いますヨ。

1番よくないのはガタガタのまま乗り続けるということです。
コレだけは絶対に避けたほうがいいですネ。

同じくリアも行います。

rect4183-4
※倒れないように注意して下さい。

リアはチェーンが多少暴れますが、それ以外のビビリを注意深く観察します。





▶かなり多いゾ、ホイールハブのガタ

では実際にビビり音が出てしまったときにどこから出ているのかを確認します。
フロントリア共に最近本当に多いのはホイールのガタです。

image4254

こんな感じにホイールを横方向に揺らしてあげます。

image4275

リアはこんな感じです。

やりにくければ車体を逆さまにしてしまってもいいと思います。
ホイールを揺すってもガタが無いかどうかを確認します。

通常メーカー出荷時にはある程度の使用を見越しての”与圧”をかけてありますが、玉当たりがキツイと思って自分で調整した際にガタが取り切れていない、こんな事が多いです。
もしくはグリスアップ後の玉押し調整がうまく行っていない、与圧のかけ方が足りなかった等です。

ガタが出ていていいことは、、、ありません。
場合によってはホイールを壊してしまうことにもつながりますのでしっかりとした調整が必要です。


▶次に多いのはヘッドパーツダッッッ!

ヘッドパーツも少なくないんです。
フロント周りの落下チェックでビビり音、ホイールが大丈夫であれば次に疑うのはヘッドパーツです。

ブレーキをかけて前後に揺すってあげたり下手したら持ち上げるだけでもわかります。

ヘッドパーツのガタもひどいと特にカーボンコラムです。
ヘッドパーツがガタが出ていると振動でコラムが、、、((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
恐ろしいことが起こり得るということです。

こちらもしっかりとガタがないかどうかの確認をします。

ヘッドパーツの玉当たりなんかも昔に比べて幾分やりやすくなっているかとは思いますが、それでもどの程度の回転、軽さ、動きがあればいいのか不明な方も多いのではないかと思います。

ガタはなくとも動きが渋かったり、、、こちらもあるあるですネ。
動きがいいか悪いかは、、、コレばかりは経験と言うかいいもの、悪いものを実際に触ってみないとわからない場合もあると思います。
ヘッドパーツは調整だけではどうにもならないこともあります。

怪しいと思ったら専門家に見せてみると意外な回答が見つかるかもしれません。




ということで今回は調子が悪いところを”知る”ということに絞ってのお話でした。

自分で整備はできなくとも、、、確認をして不具合、怪しいところがあったら早い段階でプロにおまかせする。コレが何より大切です。

ロードバイクは購入したまま、購入後そのまま永遠と調子がいいわけではありません。
乗れば乗るだけ確実にどこからしら具合が悪いところが出てきます。
実際に調子が悪いとまではいかなくとも、調子が悪くなる可能性のある予備軍も含まれているということです。
また正しいかわからないかの不明な整備は実際に全く触らないよりも具合が悪くなる可能性も秘めています。

そのためにお店では購入後500㎞~1000㎞、もしくは1ヶ月点検や1年毎のオーバーホール等のお勧めがあるわけです。
・プロショップってどうしても行きづらくて、、、
・購入店舗じゃないとみてくれなくて、、、
そうはいっても車体だけではなく自分を守るという意味でもプロからのご提案、定期的な点検はとっても大切ということです。


ということで今回は整備は自信がなくても・・・自分でできる日常点検、そんなお話でした。

もちろんコレだけではございませんが今回はガタという最近ものすごく多い不具合を紹介させていただきました。

+++++++++++++++++++++++++++
走行会情報

天候に不安はございますが今週末は鹿野山ヒルクライムを行う予定です。
明日詳細をアップさせていただきます。
前日の天気予報にて降水確率40%以上で安全面を重視し中止とさせていただきます。
ご興味のある方はぜひご参加いただければと思いますm(_ _)m
+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容(希望時間)
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★

2017モデル入荷致しました。


★レディースウェアも新作入荷です。


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★