走行会記録 千葉県3大峰巡りツアー!

”千葉の山々を巡る”というなんともお腹いっぱいに慣れそうなルートでの開催となった先日の走行会の記録です。
3大峰とは言ってはおりましたが、実は蓋を開けてみれば
①鹿野山
②大福山
③清澄山
④愛宕山
おまけが一つくっついていつの間にが3000mUP近くなってしまっていたのはナイショにしておきましょう(笑
なんか最近コースがきつくなればなるほどにゴール後には「もっともっと・・・」という最高の笑顔のプレッシャーが(笑

ともあれ今回は走行会はこんなんでしたよ~、そんなお話です。

今回ご参加いただいたドMチャレンジャー達です!
image4144

今回も総勢11名少々大所帯にて100km超の道のりを駆け抜けた仲間たちです。

・還暦超えてるのに文句いいながらもきちんと走り抜く方
・ものすごくつらそうな声を出しながらも結構なペースで走り抜く頑張り屋さん
・無理無理言いながらもちゃっかりついてくるおちゃめさん
・最初から最後まで永遠としゃべり続けるクライマーさん
・体型の割に乙女ギアな彼も
・ポーカーフェイスでサクサク登っていく方
・Mr.メカトラ(笑
等など
こんな素敵な面々にお集まりいただきました。

100㎞超えの最低2500mUPというとても過酷な、、、サイクリングイベントでもここまでのコース設定はなかなかありませんヨ(;・∀・)
それでもこの人数、、、足切りなんかが有るわけではありませんが、それでも自分のちからだけで走り来るということは大変なことです。

尚今回はくれぐれも落車等のトラブルが起きぬように皆様で心を引きしめての走行会となりました。

今回は距離が少々長いで最初から無理は禁物です。
無理をして途中リタイア等もとても残念ですのであくまでも安全第一皆様が無事にゴールをできるように、ということをお話させていただいてスタートです。


ともあれ天候は曇り。
上りに入ればビショビショ、ダウンヒルでは少々寒いような日ではありましたが、それでも30℃を超えるような炎天下の日よりも遥かに走りやすかったと思います。

鹿野山を登り終えることには一発目のメカトラ発生です。。。(;・∀・)アワワ

シフトの不具合でチェーン落ちからチェーンの曲がりです。。。
コマをつめつめコネクトリンクでつなぎ直してリスタートです。
少々短くはなってしまいましたが、応急処置は完了です。
この後不幸がまだまだ続くとは誰も想像もしていなかったことです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

image4246
※九十九展望公園にて

鹿野山参照では小雨がぱらついておりましたが、意外に遠くの山々まで見えました。
あの後方の山々をこれから巡るとなると、、、やはり結構大変そうです。

次の大福山まではしばしアップダウンの道が続きます。
ほぼほぼ平地はないのですが、道幅も広く交通量も少なく走りやすいです。

久留里駅付近いてしっかりと補給と背中のポケットに詰めれるだけ詰め込んで出発です。

大福山付近の道はこんな感じです。
image4161

木漏れ日あふれる、、、素敵な道です。
何と言っても車が一台もいないというとてもいい道でした。
少々苔なんかはありましたが。。。

激坂区間もマックス15%ぐらいだったようで意外に皆様元気に登っておられましたヨ(≧∇≦)b

image41414

大福山参照付近です。
この上に仮説のような展望台も有るのですが、流石に皆様でっかいクリート付けて徒歩はチョット、、、ということで大福山はここまでです。

大福を下れば次は養老渓谷に入ります。

IMAG3048

記念撮影タイムです!

image4320

こういう橋ってなぜか魅力を感じでしまいます。。。

まさに渓谷、そんな道を走ります。

image4178

ワタクシは後方集団最後尾で走っていたのですが、先行チームが止まっています。。。

というのも、、、

image4155

本日2回目のメカトラです。。。
先程繋いだコネクトリングがぶっ飛んだということです( ゚д゚)ハッ!

幸いなことにコネクトリンクの予備を持っていたため5万円で販売・・・(笑
すぐにこと無きを得て良かったです。

鴨川で外房の海を眺めればしばし平地区間、、、ルートラボで見ても平地に見えるのですが、実は平地区間は結構少なくてすぐに上り下りの細かい繰り返しになります。

最後の愛宕山に向けて抑え気味のペースで走っていると、、、


パァン!プシューーーー!Σ(゚Д゚)

明らかにパンクです。。。

さぁ11分の1の確率、どなたでしょうか。。。

正解はチェーン切れに引き続きパンクも彼でした(;´∀`)
まぁトラブルは続くといいますし、、、

今回彼はMrメカトラでした。
トラブルの神様に見言い出されてしまったのでしょうか。。。

ここで修理の間、足が残っていないそうな方々は修理を待たずに先に出発、パンク修理組はまだまだ元気そうなチームに分かれて休憩ポイントで落ち合うことに。
こうすることで体力の差を休憩時間を長くとったりすることでカバーできます。

最後の休憩もしっかりとぬかりなく補給です。

休憩後はもみじロード入り口までの区間で愛宕山アタックチーム(チーム坂バカ)と愛宕山回避チーム(チーム無理はしない)に分かれての走行となります。

ここでも愛宕山アタックチームも2手に分かれて元気の有る面々は時間をおいてのスタート、山頂で待ちすぎないように時間を調整してのスタートです。

途中で足釣り中のトラブルも起きましたが、なんとかチーム坂バカ全員登頂成功です!
100㎞近く走ってきた後のアタックは、、、少々キツイといえばキツイですよネ(;´∀`)

image4166

ワタクシももう終盤戦なので愛宕は結構頑張ってヒルクライムしました。。。
愛宕山の最後の方って道がなんだか似ていてゴールが見えてこないというか、コースを覚えて肉と思うのはワタクシだけでしょうか。。。
2本とおかわりちょっとを登ってから下山です。

無事にもみじ入り口にて集合です。

image4195

下り基調のもみじを抜ければゴール間近です。
(下りといっても下りだけではないのが千葉の道の特徴です(笑)

image4212

少々時間は押してしまいましたが、16時前には駐車場へ戻って来ました。

そして今回はメカトラ数回、タチゴケ1回(大丈夫!最初のうちはみんな経験するものです。)
こそありましたが、それでも大きなトラブルもなく皆さんこの過酷なコースを走りきることに成功です!
女性で唯一ご参加の方も最後まできちんと走りきることができました!
100㎞超えだけでも一線を超えているのに、更にアップダウンの多い今回のコースでの完走は自信を持っていいとも思いますヨ(・∀・)イイネ!!

Reliveはこちら!

※直接リライブを埋め込むことができないのでFacebookに投稿後埋め込むことでブログ上に上記動画が貼り付けられました。

こんなスゴイ動画が手軽に作られる時代ってすごいですヨ(・∀・)イイネ!!
こうしてみてみると結構な距離を走ったということがわかります。

ストラバデータはこちらです。



ドンドンと過酷になっていく走行会ではありますがこのままの調子で行くと、、、
5000mUP200km超えとか
一日でツール・ド・ちばのコースを総巡り走行会とか
平坦400㎞とか、、、(←ブルベと言います(笑)
冗談ですヨ(;´∀`)
これからは日の短くなる季節でありますのでこの辺で歯止めをかけないと(;・∀・)

ということで今後は少々引き返して、
鹿野山を使った周回コースを設定して初心者向けヒルクライム走行会、というかヒルクライム講座的な、途中離脱途中参加OKの走行会なんかも企画していこうと思います。
そして紅葉が始まった頃のものすごく景観の抜群の季節辺りにまたこの120㎞コースの走行会なんかも行なってみようかと思います。
先日天候不良で中止になってしまったさいたま遠征(定峰近辺)なんかも計画中です。

今回もご参加いただいた方々、ありがとうございました!
少々大変だった道のりも走り終えればとても充実した一日を過ごすことができたと思います。
今回も大きなトラブルなく走りきれたのも皆様の集団走行におけるマナーであったりルールをきちんと理解して頂けたこと、これがなによりだと思います。

うるせーぐらいににぎやかに!
時には助け合い!
無理はせず!
楽しい時間を共有する!

こんな事が集団走行、同じ趣味を持つものとしての何よりの醍醐味であると再度認識をさせていただくことができました。




大人になると理不尽なことや、我慢しなければいけないこと、たくさんあります。
赤ちゃんはうんちをするだけでも褒められて、
学校にいくとテストの点数、成績なんかで褒められて、
しかしいざ自分が大人に慣ればなるほどに褒められることって日常的にあまり有ることではありません。
結果を出すということが当たり前になり、結果は出して当たり前、むしろ結果を出さないといけない、こうなってしまがちです。
また自分が親になり、上司になり、褒める側に回ってしまうということも有るのかもしれません。

そんなか、自分のために、自分で自分を褒めて、認める、頑張った、そう認識できること、
ただの自己満足といえば自己満足でしか無いのかもしれませんが、(と言うか自己満足です。)
それでもロードバイクに乗らない方からしてみればとんでもない距離、時間、獲得標高を自分の力で走りきった。こんな事は自身につながる、また自分で自分を日々の努力の成果、自分自身をそう認めてあげることができるという素晴らしい瞬間なのでは無いかと思います。

レースに出ればタイムがすべての結果となりますが、サイクリングはレースではありません。
趣味として楽しむ上で何よりも大切なことは、びしょびしょになったって、真っ黒になったって、タイムなんかよりも無事に怪我なくゴールすること。これよりも大切なことは無いのではないかと思います。

今回大きなトラブルもなく皆様のご協力もあって揃ってゴールできたこと、なによりも趣味として楽しむ上で最高の時をすごすことができました。

ロードバイクって本当に楽しいです。
少々お金のかかる趣味ではありますが、
乗って楽しい!みんなで乗ればもっと楽しい!そしていじっても楽しい!

今回ものすごく楽しかったです!皆様本当にありがとうございました!
またよろしくお願い致しますm(_ _)m

全然楽なコースではありません。
しかしこんな時をご一緒したい、そんなお気持ちをお持ちの方がまだいらっしゃいましたら是非ご参加いただければと思います。
最高の満足感を得るために ゼェゼェしましょう!びしょびしょになりましょう!

ということで少々ハードな走行会のお話でした。

+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★

2017モデル入荷致しました。


★レディースウェアも新作入荷です。


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★