走行会情報 3月25日(日)うぐいすサイクリングとダウンヒルでのたった一つの事故の防止策とは?

※コピペのように走行会情報ですが、毎回少しづつ内容を変えております。
また走行会の全く参加しない、参加できないけど、、、そんな方にも関係ないしつまらんということではアレなのでそういった方にも少しでもお楽しみいただけるように「走行会情報+アルファ」での記事となります。面倒くさいと思わずに今一度目を通しておいただけると幸いですm(_ _)m

春の気配が着々と♪

いいですネ!( ´∀`)bグッ!

先日のコソ練のコースにもう少しばかり登りを加えて、平地もそこそこの登りも楽しめちゃうゾ!春のサイクリングそんな企画にしてみようと思います。



▶ダウンヒルでの事故を防ぐポイントとは

これからの時期サイクリングに出かけることが冬よりも多くなる季節です。
暖か暖かく、そして日照時間が伸びるということは走りやすくなります。
そんな時期はやはり事故や落車が多くなります。

実際にワタクシの周りでも落車をしてしまった、、、そんな方も少なくありません。
タイヤ?
ブレーキ?
この辺が悪いのでしょうか・・・いえいえ、
落車の原因はほぼダウンヒルで、

”スピードの出しすぎ”です。

ということでダウンヒルでの事故を防ぐポイントはたった一つです。

”スピードをおさえる”ということ、コレ以外にありません。

なんやら専門誌のようなものも時々「これでもう怖くない、ダウンヒルテクニック!」
こんな物を見かけることがあります。

ワタクシはまったくもって個人的な意見ではありますが、怖いと感じないことが一番怖いことだと思います。
恐怖心は自分の身を守ることに繋がりますし、それは周りに迷惑をかけないということにも繋がります。

いくら練習をしても怖いと思うことを忘れてはいけない思いますヨ。


ということを頭においておいて、

なぜダウンヒルで転ぶのか、制御不能に陥るのかと言うと、、、
コーナーリングの限界、ブレーキングの限界を知らないから知らず知らずのうちに自分の限界を超えてしまうわけです。またはなにか路面の荒れや思わぬなにかがきっかけでやはり限界を超えて制御不能に陥るわけです。

当然そんなとっさの時に自分の能力以上のことはできませんし、それ以前にタイヤの性能以上の走りはできません。
(単純にタイヤの性能と言っても技術によっても100%使えない場合もあります。)

まず第一に限界がわからないというところがあります。
おそらく多くの方がわからないと思います。

実際に転ぶまでやって経験をするなんて体がいくつあっても足りませんし、危険極まりないです。

わからないのに限界を超えてしまうようなことをすればその先に待つのはリスクでしかありません。

また全くもって根拠のない安全ラインというものを自分で決めてしまう場合があります。
そんな時はなにかのきっかけで最悪の事態に陥ってしまうこともあるということです。

下りは一定のレベルまでは命知らずな運転をすればタイムが上がると思っています。
しかし公道ではそんなことは絶対におすすめしません。

命をすり減らしてタイムを縮めるよりも登りや平地で真っ向から体力勝負!のほうが好きだからなのかも知れません。過去の自分との勝負です(笑

プロではありませんので命の危険と隣り合わせで、1分1秒縮めることよりも、安全第一で家族や職場、普段の生活で迷惑をかけることのないように楽しむことが何よりも大切です。

ということでダウンヒルでの事故防止策はスピードを安全な速度域まで落とす。これ以外にありません。

スピードが速くなくたって事故を起こすことが無いわけではありませんが、それでもリスクを減らすということは大切なことだと思います。

事故は誰も幸せになりませんし、自分が悪くなくたっていいことなんてありません。
安全第一で楽しむということは大切なことです。

皆様、下りは安全に下りましょう。。。





ココから走行会の情報です。

▶走行会情報

ちなみに当日の天気予報はと言うと、、、
記事作成時現在で ”千葉:晴れ時々曇り 18℃|6℃” ということです。

先週末とほぼ同じぐらいの気温、天気の予報です。


ということで3月25日(日)コースはこちら!

※メインコースではありますが、当日の路面状況等によって多少コースは変更となる可能性がございます。
ルートラボの情報はこちらです。



日照時間も増え、気温も暖かくなってくる予報なので距離も上りも少しずつ増やしていきます(`・ω・´)ゞ

大体ルートラボで126㎞1331mUP位となっていると実際に走るともう少しあると思います。


集合場所:ファミリーマート 花見川畑町店

※当店から一番近い大通り沿いの駐車場の広いファミリーマートです。


※車載で起こしいただく方はコンビニの駐車場の隣に1日300円の駐車場がございます。
 詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

出発時間:6:45
日照時間が長くなってまいりましたので早めの出発となります。
357号等を混雑する前の時間に抜けてしまいたいということもございます。

ルート情報:
基本的にはルートラボのコースで走る予定ではありますが、多少ルートラボがずれているかも知れません。。。m(_ _;)m

357を抜けてうぐいす、高滝ダム周りでは少々上りを楽しみます。


・巡航ペース等
巡航ペースは概ね、平地で40㎞/h前後での走行となります。

冗談です(笑

大体35㎞/h前後の予定です。 
(時々嘘かもしれません(笑、、、いつもどのぐらいなんでしょうか。。。ついつい熱くなってくるとスピードは上がってしまうものです(´∀`;))

脚力に自身のない方は集団前方よりにて走行して下さい。後方につくと気がついたら、いない、、、こんなことになってしまいますので前方より2番目、3番目ぐらいにて走行下さい。(ご参加は不明ですが、もちろんレディファーストですヨ。)

集団走行時は一番前は大変ですが、2,3番目が比較的楽です。それ以上後ろは、、、実は少々大変なこともあります。
空気抵抗的には後ろの方が楽な場合もありますが、先頭からは2,3番目ぐらいまでしか見えません。
すぐ後ろがちぎれそうになったら先頭はペースを落しますが、見えなければ見える範囲の人がついてきていればスピードは落としません。

とはいっても迷子にはならないように曲道等では必ずご案内を致します。
万が一離れてしまった場合はまっすぐ、道なりのご走行をお願い致します。
道なりの走行で、はぐれないようにさせていただきます。

いつものように剛脚、健脚、速い方は率先して前を引いていただけるとワタクシの脚が往路で売り切れ!こうはなりずらいかと(笑

尚今回はもう真冬ではありません。
気温が上がってくるとともに速度も上がってくるものです(笑


・コース情報
357号を抜けて茂原街道へ。
その後うぐいすラインを経由して高滝ダム周りの小さな山を楽しみます。

休憩箇所は基本的に原田交差点のセブンを起点する予定です。
行きに寄って帰りもよって、補給を致します。
※場合によってはコンビニが結構混雑することも考えられますので別のコンビニを使用する可能性もございます。

・途中参加・途中離脱に関して
どちらももちろんOKです。
脚に自信のない方は個々の判断におまかせいたしますが、迷子にはならないようにご注意下さい。
※離脱の際は必ずご申告をお願い致します。人数確認でいきなり足りないと、不慮の事故の可能性(崖から落ちたとか、猿にさらわれたとか、、、)考慮して捜索しまうこともございます。
崖から落ちる時は大きな声を出しながら落ちて下さい。誰かに気が付いてもらえる可能性が上がります。

途中合流は14号357号上での合流がわかりやすいかと思います。

・トラブル発生時
大きな声で叫んで下さい。
パンクでも、メカトラでも皆が気づかずに先に進んでしまうと悲しい結末になります。
トラブル発生時は崖から落ちるときのように、大声でアピールして下さい。

最低限のトラブル対応(パンク等)のための装備はお持ち下さい。


・コース設定はあくまでも本隊の走行コースとなります。
 ご自身にて回避ルートを設定していただくも良し!ご自由に走って頂けます。
 回避ルート後の待ち合わせ等ももちろん可能でございます。

・事前連絡
いつも通りに人数調整のため必須ではございませんが、事前連絡をしていただくと助かります。



~諸注意~
・道中コンビニ等は長い区間では30㎞以上ありません。
ドリンク・補給食等は各自にて十分にご用意をお願い致します。
ヒルクライムは予想以上に時間がかかることもあり、燃料切れのハンガーノック防止のためには補給を必ずお持ち下さい。あまってしまうぐらいのほうが安心です。田舎でのハンガーノックは本気でキツイです。

・十分に各自水分+電解質補給をお願い致します。
 当日はかなり暖かくなることも考えラえます。急に気温が上がる時期はバテやすいものです。しっかりと喉が渇く前に水分を補給するということはとても大切なことです。
(電解質の含まれないお茶やミネラルウォーターは脱水症状を加速させることがあります。電解質タブレット・塩飴などを使用しましょう。ミネラル不足は足つりの原因にもなりえます。)

・ダウンヒルは予想以上にスピードが出ることもございます。事前のメンテナンスや整備をしっかりと行い、自己責任の範囲内でスピードの出しすぎにはくれぐれもご注意下さい。ゆっくり安全第一で下りましょう。
下りで離れてしまっても全く問題ありません。むしろ下りは離れてしまうように走りましょう。迷子にならないようには致しますのでくれぐれも安全運転を心がけて下さい。
特にブラインドコーナーの先は動物、ぬかるみ、落とし物、、、そんなことはなんでもありで、当然起こり得るだと思って走ることが大切です。何があってもきちんと対応できるスピード、自制心をもって安全に降りましょう。

※もちろん事前のメンテナンスも喜んでお受けいたします。
 インナーロー~アウタートップ付近まで使用するコースでもありますし、スピードも場所によってはものすごくでます。当日のメカトラはものすごく残念な結果になってしまいます。お気軽にご相談下さい。

・交通ルールは厳守とさせていただきます。
・もしもの時のためにヘルメットの着用はお願い致します。
・人通りの多い道等はあまりございませんが、マナーを守って走るようお願い致します。
・道中トンネルが数箇所ございます。テールライト・反射板の装備をお願い致します。
・スタート時間になりましたら出発いたします。
・戻り予定は13時前後となります。心と時間にはゆとりを持って走りましょう。
(ご参加の人数や脚の状態で前後する可能性がございます。)

もちの論で常連様でなくても、、、
一人だって、ご友人同士とでも、、、
当店を利用したことが無くても、利用予定はなくともノープロブレムです。
走りたいから、乗りたいから、ロードバイクに乗るってものです(`・ω・´)ゞ

そこに山がある限り!
そこに道があるかぎり!(  ゚Д゚)/ / ハシッタルワイ!

多分当日は風が強いことが予想されますが。

事故無く安全に完走することが目標です!
(↑もっとも大切なことです)
コースを多少変えたって問題ございません。
最後まで自分の力、そして時には仲間の力を借りて完走を目指しましょう!

わいわいと最後まで元気ににぎやかに!
そこにはボッチライドでは味わえない楽しさが!

これこそまさに集団走行の醍醐味でもあります!

「登り・長距離が苦手で、、、」という方!
上りは経験値を積まないといつまでたっても苦手意識が消えませんヨ!
もう布団から出るのがつらい時期は終わりです!
むしろ鼻水がダラダラで・・・( ̄ii ̄)(笑

これからの時期は冬場のトレーニングの効果が目に見えてきます(≧∇≦)b
こればかりは経験してみるとよくわかります。
寒い時期に真面目に真面目に、コツコツと乗ってきた方、
羽が生えたように軽く感じることもありますネ。

なんだか心の奥がムズムズしてきましたネ、そんなあなた!

日曜日の朝から寝坊して、ロードバイクを眺めてくすぶっているそこのあなたも! m9( ゚Д゚) ドーン
はぐっとプリキュア&ドラゴンボール(3月いっぱい(´;ω;`)ジレン戦が最後でしょう。)は予約録画して、、、少しだけ早起きをしていい汗流しましょう! ( *• ̀ω•́ )b


この道を行けばどうなるものか 
危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし   
踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる 
迷わず行けよ 行けばわかるさ
(  ゚Д゚)///ダァァァァァーーーー!!!

少しずつ暖かくなってくることで春を感じるのは嬉しいのですが、実は気温よりも花粉症で春を感じております(笑

それでは当日お会いしましょうm(_ _)m

++++++++++++++++++++++++++++
Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営の礎にさせてただくことができます。


サイクリングエクスプレスをご利用の際はこちらからポチッといただけると幸いでございます。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★

2017モデル入荷致しました。


★レディースウェアも新作入荷です。


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★