日常ライド後の”マスト”お掃除!いつもピカピカに!

自転車はロードバイクでもママチャリでも乗れば乗るだけ汚れるものです。
走行後、、、ヘロヘロになってプシュッとしてバタンキュー、、、(笑)(”プシュッ”の前にプロテインを飲んでからに(笑))
まぁ仕方がない時もありますネ(; ̄▽ ̄)ハハハ...
それでもそのまま次のライドまで持ち越しなんて自転車が可哀相です。。。

とは言ってもメンテナンスなんて難しそうで、、、
いえいえ工具を使うだけがメンテナンスではありません。
ということで今回は最低限誰でもできるメンテナンスの基本の”、キ”ライド後のお掃除のお話にしてみようと思います。

※掃除はすべてのメンテナンスの基本中の基本です。まずはきれいにする、コレが何よりも大切であるのは汚れに下の不具合というものがよくあることだからです。
困ったらまずはきれいにするものです(≧∇≦)b



▶走行後の状態確認

ワタクシは基本的に毎回掃除は行います。
それでも走りに出れば汚れるものです。
まずは汚れの状態の確認です。

こちらライド後の状態です。

IMAG1895

遠目から見てもそこまで汚れている感じはしませんネ。

しかし近くから見ればこの通り!

IMAG1896
IMAG1897

ドリンクが垂れてベタベタになった汚れ、、、

IMAG1898

ダウンチューブの下は地面からのはねたものなどもこびりつき、、、

IMAG1899

チェーンステーはチェーンの暴れで汚れたチェーンオイルが付きます。

IMAG1900

もちろんチェーンも汚れ、、、

IMAG1904
IMAG1903

タイヤもこのとおりです。
ちなみに2枚目の後輪のタイヤはまだほぼおNEWデス。。。

それでも走れば走るだけこんなにみすぼらしくなります。

走ればこれだけ汚れるということです。

早速これをきれいにしていきましょう!!




▶掃除を始める

①タイヤは雑巾で濡れ拭き


IMAG1907

何ら変哲もないです。
雑巾で濡れ拭きで十分さんです。

もちろん家の中に入れるのに土足のまま、というのはちょっとというのももちろんあります。
せめてきれいにしてから入れたいものですネ。

これと拭きながらタイヤの傷、摩耗、異物等を確認します。
パット見では気が付かないような異物も布があると引っかかります。
大切な作業です。


②駆動系(ドライブトレイン)をきれいに
具体的にはチェーンやギアですネ。

たまにはチェーンクリーナーやグゥーキンα(フィルタークリーナー)等でガッツリきれいにするのもいいとは思いますが、コレが毎回となるとちょっと負担です。

そんな時は柔らかめのチェーンオイルをドッパドッパかけて拭き上げます。

IMAG1916

左側が拭き上げ済、手がある部分は走行後そのままの部分です。

コレだけでもかなりきれいになります。
もちろん内部の汚れまで完全にきれいにすることはできませんが、それでも見違えるようには綺麗にできます。

ポイントはじゃんじゃん付けて汚れを流してしまうということです。油に水を付けてもあまり流れませんが”油を油で流す”、汚れごと流して少しでも汚れを減らすという考え方です。
(おおすぎる油はよくありませんので、拭き取りをしっかりとします。)

ついでについでにギアもきれいします。

IMAG1918
IMAG1917
※指を挟まないようにご注意下さい。

フロントギアはわかりやすいですが、プーリーなんかもきれいにしてあげます。

IMAG1920

カセットはホイールを外してきれいきれいです。
(トップ側半分ぐらいが拭き上げてあります。)
カセットも同じく、汚れがこびりついたりひどくなければ油を染み込ませたボロ布だけでかなりきれいになります。

チェーンをきれいにしてもギアに汚れがべったりだったらまたすぐにチェーンに汚れが移ってしまいますのでチェーン掃除はギア掃除とセットで行います。


③最後はフレーム

フレームは水洗いがいいです。
しかしお家の中ではなかなか、、、そんな方も多いと思いますがそんな時はこちらです。

IMAG1909

霧吹きです。100均で十分です。

これでフレームの汚れを浮かして・ふやかしてあげます。
今回は各パーツを水で洗うのではなくて、フレームの汚れた部分にだけ使うというものです。

IMAG1910

砂塵が付いたまま、布でこするのはフレームに細かい傷がつくのでよくないです。
水で流して、ベタベタはふやかしてあげて柔らかい布で優しく拭き上げるのがいいでしょう

IMAG1912
マイクロファイバークロスは卓越です。

フレームの汚れは
・ドリンクのベタベタ
・なんか地面から巻き上げられたゴミ
・砂塵
こんな物が多いですが、これらはほとんど水で落ちます。
(チェーンステーの油汚れはクリーナーがあったほうがいいです。)

IMAG1914

ちょっと裏技を使ってお掃除です。
この裏技は近々記事を作成予定でございますm(_ _)m

IMAG1922

フレームもいつもピカピカが基本です。

IMAG1921

BB回りは汚れやすいので入念に。



ということで掃除終了です。
IMAG1927

ここまでやって15分程度でしょう。
なれてくれば汚れの度合にもよりますが、10分程度でもいけるかもです。

とは言っても短時間で行うことが目的ではなくて、各所の不具合、異常がないかどうかをきちんと確認しながら行おうことが大切だと思います。
工具を使うようなメンテナンスはできなくとも、異変や不具合に気がついて自転車屋さんに持っていくことはできるでしょう。

ロードバイクは機材スポーツです。
それはいい意味とか悪い意味とかではありません。
機材がないとできないスポーツであり、機材次第で安全も危険も隣り合わせということです。

自分の命を預ける機材は大切にするということ、少しだけきれいにしてあげたり、状態をしっかりと確認したり、、、これらは何よりも自分のために大切なことだと思います。

と今回は簡易的なお掃除のお話でしたが、やはり汚れがひどい場合何かは洗車をしてしまった方が早いぐらいの時もあります。
それでも時間をかけてあげれば洗車までは行かなくともかなりきれいにすることもできます。
汚れ具合や時間等を考慮して決めるのがいいと思います。

汚いまま汚れを持ち越し、こんなクセは付けないほうがいいと思います(; ̄▽ ̄)ハハハ...

ということで日常ライド後の”マスト”お掃除!いつもピカピカに!そんなお話でした。


++++++++++++++++++++++++++++
Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


サイクリングエクスプレスをご利用の際はこちらからポチッといただけると幸いでございます。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★

2017モデル入荷致しました。


★レディースウェアも新作入荷です。


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★