【2本目】ELITE FLYボトル 密かにマイナーチェンジか?

ロードバイクを楽しむに当たって実は超重要なアイテムです。
ボトル(ドリンク)がなければあっという間に走ることはできなくなってしまいます。
その中でも様々なボトルが各メーカーから発売されております。

いわゆる普通のボトル、CAMELBAKの様に特殊弁を採用したボトル、そしてワタクシがお気に入りなのが、ELITEの新型のボトルです。

軽量であるとかそこまで重要ではありません。

何がいいかって言うと、飲み口と柔らかさが最高です。
飲み口は大きさは多分どこのものよりも大きく、柔らかいボトルは強く絞らなくても十分な流量を確保できます。
片手で一口、一絞りででてくる量が多いということは手をハンドルから離している時間が短くなります。ヘロヘロになったときの体力的な面だけではなく、安全性という面でもボトル一つでも小さいながらも影響があります。

ELITE製のボトルの詳細はこちらに↓↓↓
臭いボトルはゴミ箱行きダッ!! 冬用新ボトル エリート FLYのご紹介

保冷バトルもELITE化デス↓↓↓
やはりエリートの新型ボトルは卓越!保冷ボトルもエリートへ交換の巻



そんなお気に入りのELITEのボトルも弱点があります。

それはと言うと、、、

”飲み口が引っこ抜けてしまう。”ということです。

洗いやすいのはいいのですが、開け締めを頻繁にする方は多分結構気になってしまうこともあると思います。
保冷ボトルもFLYボトルもそうなんですが、飲み口を締めた状態から歯とかで”グイッ”と開けると力が強すぎるとポロっちゃうんですネ。

ワタクシはあいにく開けっ放し人種ですのでそこまで気にしていなかったのですが。。。

ということなんですが、もう今年もすでの越冬の準備に入ってきました。
そこで一本だったELITEのFLYボトルに買い足しです。(冬は水分の摂取量も減りますが、一人で走るときなんかはいちいち水分の補給で止まるのがめんどくさいので冬でも2本体制でいこうかと(笑))

IMAG4779
※もはや”FDJ”感が皆無になったFLYボトル

この塗装というか表面ってどう考えても、、、(; ̄▽ ̄)ハハハ...

でおニューを買い足したわけですが、何かが違います。

IMAG4773
※左から 保冷ボトル おニュー 旧FLYデス。

IMAG4778
FLYを比べても見た目ではそこまで違いはありませんが、開け締めをしてみると明らかに違います。

全然キャップがぶっこ抜けにくくなっています。

こちら側はあまり変化はないです。
BlogPaint
※旧ボトル
このときは引っかかりと言うか段差、おそらく飲み口の締まり具合というか流量調整が2段階ありました。
この段差があったので最後まで空ききらずに中途半端なところで止まったり、そこからさらに引っ張って先っちょをぶっこ抜いてしまったりということがありました。

IMAG4775
※新型
2段階の段差はなくなっています。
旧型と違い中途半端なところ(半開)で止まるところはなく(正確に言うとなんと無くはありますが)OPEN↔CLOSEが旧モデルよりも遥かに軽くなめらかです。

飲み口のキャップです。
IMAG4777

明らかにキャップの”反し”が広く大きくなっています。

これとともに飲み口の素材が多分変わっています。
従来のゴムっぽい素材よりも少々硬質でサラッと感が強くなっています。

というのものおそらく開け締めでさきっちょが引っこ抜けてしまうのはあまり評判が良くなかったのではないかと思います。
そのためキャップの材質をもう少し固く、返しを大きくして抜けづらくしたのではないかと思います。



これが新旧のモデルチェンジの影響なのか、それともどこかのバーテープのようにカラーで若干の質感の違いがでてきているのかは不明ですが、それでも今回購入したFlyボトルのほうがものとしては良いものと感じました。

これで2つあった弱点の内1つは克服できたような印象でした。
後は塗装をなんとかすればかなりいいものだと思うのですが、塗装の弱さは折り紙付きデス(笑)

ということで今回は【2本目】ELITE FLYボトル 密かにマイナーチェンジか?そんなお話でした。



++++++++++++++++++++++++++++
当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。

Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


サイクリングエクスプレスはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★

2017モデル入荷致しました。


★レディースウェアも新作入荷です。


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★

★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります