新年お正月ライドとなにかが起こる?走り始め定例コースコソ練
(サムネ画像はネタバレ必須??)

先日行われた定期コソ練のお話です。
走り始めはと言うと、、、実はこっそりと1月1日から走っていたわけですが(笑)
つい昨日もやっぱり鹿野山アタック練習です。12月は雨の日曜日を除いて毎週通い詰めるという、、、我ながら思いますが少々変態です(; ̄▽ ̄)ハハハ...
ということで今回は新年お正月ライドと走り始め定例コースコソ練のお話を。




ということでお正月のライド状況です。
1日:ローラー
1月1日の朝一からローラーです。
”一年の計は元旦にあり!”ということなんですが、”計”よりもまず乗れ!と(; ̄▽ ̄)ハハハ...
この日は回転系の確認のためにギアを落として心拍ゾーンベースでのトレーニングでした。
その後はたらふく正月料理を食べるという。。。元旦の正月料理と大盛りごはんを美味しくいただきました(笑)

2日:おやすみ
完全にOFFで家族サービスです。
とても大切な行事です(`・ω・´)ゞ

3日:うぐいす付近をフラフラと
3時間時間が取れたのでうぐいすは通れませんのでほぼ無理ですが、うぐいす付近から原田のコンビニ、そして秋元牧場アタックの予定で出発。
風向きは完全に北西、かなり吹いています。途中一部区間で344W/3:11でKOM獲得ですが、多分風のせいですm(_ _)m
その後原田のコンビニを通過後メインの秋元牧場上りに差し掛かろうとする時、、、完全に向かい風です。下りでバーッとスピードを出して行きたいところですが、向かい風に押し戻されて下りでも体を上げれば30㎞/h位、その後登りに差し掛かる地点で20㎞/h…orz 登っている最中も終始向かい風、、、向かい風のヒルクライムは辛いですネ。。。
結果的にAve327Wで踏んでいますがタイムは全然ダメダメでした。。。0
その後復路某国道をひた走るわけですが、飲み過ぎのせいか普通なら一息入れれば回復するぐらいの筋肉痛・疲労感が全然抜けないという状態に。しばし全く踏めない状態でダルダルでした。
飲み過ぎからくる電解質バランスの崩れは循環系の乱れを起こすのでしょうか。。。不摂生はよくありませんネ。



4日:ローラー台

~250W 15min
250W~ 15min
Ave 255W
特に変わったこともなく普通にローラートレでした。

5日:翌日に定例鹿野山がありますので比較的軽めに、、、
と思って走り出したら寒い。。。なんだか異常なぐらい寒くてダメだなぁとしめしめです(←ヘタレ満載(笑))
しかししばし走って道の駅やちよを超えて広い通りに出たら何故かいきなりスイッチオン。うねりの上りはすべて550Wベースの実走クリスクロス!←馬鹿です(笑)
その後折り返し地点でちょっと素敵な県道があったのを思い出してそちらの方の散策へ。。。ルンルンで軽く回して復路は向かい風(´・ω・`)ショボーン 千葉ニュータウン付近で後悔し始めます。。。もう速くお家に帰りたい状態ですorz
明日踏めないなんてショボすぐる。コンディションの管理も大切です。(´∀`;)

この疲労は明日のためにしこたま食うしか無いと決意!夕食はカツ丼弁当といかの唐揚げ!早めの夕食。見事に胃もたれ+胃痛マックス(´ж`;)ゥ・・ゥップ・・・ ゙ 胃薬を投入なんとか9時前には滞りが流れたところで、プロテインを流し込む。明日になったら回復していることを祈りつつ就寝です。
ーーー以上 ぼっちライドーーー



ーーー以下 コソ練会ーーー
6日:鹿野山定期練習コース
7時発発、南下しますが最初は青空、向かう先の空はどん曇りです。。。
かなり不安はありますが、とりあえず木更津付近までε≡((((*ФωФ)ノ ゴー!デス。

ここで気がついていはいけないことに気が付きます。
当日は鹿野山に向かう時は北東の風、午後は北西の風。
完全向かい風とまでは行きませんが、どちらも恩恵を受けられない風です。普通ならばこの時期は帰りがラッキースターのボーナスステージなんですが、今回はダメそうです。orz

IMAG5798

この木更津付近の寒々しいこと。9時前ですが分厚い雲のせいで暗いです。
普段はバイカーで賑わうコンビニもガラガラです。

その後鹿野山を目指します。

IMAG5799

今日こそゆっくりのぼってやると密かに心に決めていたもの、秋元郵便局到着後、皆様準備万端戦々恐々、、、しっかり準備しているので半強制的にスイッチョンッッ!(#゚Д゚)ゴルァ!!

今回はダンシングをなしで登ります。

帰宅後データで確認しましたが、前半は自己ベストより3秒ビハインド、
後半の伸びが効き自己ベスト更新ですが、パワーは抑えめ307W/12分36秒(-10秒無駄が減ったのか?)、今年一発目もまずまずの滑り出しです。
(今年の目標まで残り36秒!)

結果:ダンシングしない方が早い!


ということでした。(ー'`ー;)ムムム…

IMAG5802
※分厚い雲に覆われた寒々しい九十九谷公園、10時前後で2℃!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル しかし((゚ω゚;)))プルプルしているのは疲労のせいです(笑)
この辺のお話は後々詳細を上げる予定です。

そして事件は帰り道に。。。
(記事のサムネイルでお気づきかとは思いますが、、、(笑))

ストラバでログを確認いたしましたが、復路中盤位 下り基調の道から平地区間に入るところです。
速度は37.8㎞/hでした。
先頭を走っていたんですが、、、バスンッ!( ゚д゚)ハッ!
シューーーーーーーッ!とな。。。

ゆっくりブレーキです。

みると4mm位の亀裂からシーラントがグズグズ言っています。(最近はリアのみシーラントをごく少量10ml程度入れていました。)
普通のシーラントでは塞がらない大きさの亀裂です。
(某F社の6.35mmまで塞がるって本当なんでしょうか。。。これを経験するとちょっと使ってみたくなります。)
1546810909853

IRC チューブレス記念すべき初パンクです。
取り外して確認すると傷がピンポールではなくて、完全に亀裂です。
となると通常の簡易パッチでは厳しい大きさですのでチューブを突っ込む修理です。
※簡易パッチはピンホールまで

1546810907099

チューブレスでのパンクは初、そしてクリンチャー以来もう忘れてしまったぐらい以来のパンクですが、チューブレスいいと思います。

確実に30㎞/h以上は出ていましたが、止まっても尚亀裂からシーラントがはみ出していましたので、空気圧は0になることもなく、ビードが落ちることもありませんでした。停車して、広い路肩のところのまで押して移動してタイヤを外す際も空気圧は少しは残っていました。
パンクの際に抜けきるまでにクリンチャーよりも時間がかかる、余裕を持って止まれるというのは本当だったと思います。

そして外での初クリンチャー化(要は普通のクリンチャーと同様に交換用のチューブを入れる)ですが、何らクリンチャーと変わらずレバーも不要、手だけで問題ありませんでした。
唯一の難点はシーラント入りのタイヤ交換はやはりシーラントがどろどろになりますので出先だと少々厄介でした。交換後はしっかりとリムのブレーキ面等きれいにしてあげたほうがいいと思いました。
結構きれいにして走り出したつもりではありましたが、それでも最初のうちはリアブレーキからブオーン、というような変な鳴きが出ていました。

チューブを入れての初チューブレスチューブドタイヤでの運用ですが、全く普通に走って帰って来ることができましたヨ(๑•̀ㅂ•́)و✧
新年一発目の鹿野山ライドからパンクとは。。。(ー'`ー;)ムムム…

それにしても昨日は本当に異常に寒かったです。帰宅してからデータを見てみればびっくりです。
平均3℃、、、(ー'`ー;)ムムム…それは寒いはずです。
今季一の寒さでした。

寒いとやはり普通以上に疲れます。。。帰宅後少々寝落ち(笑)




その後パンクをよく観察です。

IMAG5812

やはりざっくりです。。。

これをこねくってみると、、
IMAG5813

結構深い大きなキズです。

裏側はどうかと言うと、、、
IMAG5823

完全にザックリといっています。
なにか鋭いものでもピンポイントで踏んでしまった様です。
この大きさでもタイヤの変形とはほぼなくタイヤブートなしでなとかOK。IRC!( ・∀・)イイ!!

これが新しいタイヤとかだったら修復も考えなくはありませんが、、、
IMAG5816

スリップラインをみてもそんなに新しくは無いんですネ。。。

ということで新品交換しましょう。

IMAG5818

チューブとホイールはと言うと、シーラントが入っていたので少々ドロドロです。

シーラントも固まる前であれば水の濡れ拭きでかなりきれいになります。
スペアチューブも、ホイールも濡れ拭きできれいに拭いてシーラントを落としてあげればOKです。ついでにリムテも剥がしていい機会ですので振れ取りもして、ピカピカにしましょう。

ということで新年初鹿野山は記録更新も、初のチューブレスパンク。。。(´ε`;)ウーン…
パンクは殆どの場合が、、、”運”です。
となると幸先がいいんだか悪いんだか、、、
早いところ初詣にいってパンクの呪いをお祓いしてこないとですネ。

とはいってもシーラントの有無にも関わるかともいますが、チューブレスだから出先でパンクした際には面倒臭いというのは全くありませんでした。
作業はクリンチャーとほぼ同様ですが、シーラントを使っている場合はシーラントの処理の問題はあるかと思います。その際は交換後にシーラントを拭き取れるティッシュなんかがあるといいと思います。


++++++++++++++++++++++++++++
当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。

Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


サイクリングエクスプレスはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから