【NOZA+ROUVY】ヤビツ、元い Cortina-Valparola でも走りに行ってみようか。。。

先日から導入したスマートトレーナー Xplova NOZAネタです。
前回のお話でもスマートトレーナーは優秀なアプリケーションがあってこその本領発揮、ということです。
バーチャルサイクリングといえばZwiftが超有名どころではありますが、、、難関が多いわけです。ということで今回は【NOZA+ROUVY】ヤビツ、元い Cortina-Valparola (ヴァルパローラ峠:イタリア)でも走りに行ってみようか。。。そんなお話にしてみようと思います。

ストラバでフォローを頂いている方々にはもうすっかりとバレているかもしれませんが、



▶Zwiftを選択しなかったわけ

Zwift、超有名どころですネ。
確実にバーチャルサイクリング業界のトップに君臨しているとのではないかと思います。
ストラバなんか除いてみても多くの方の走行ログを目にします。ワタクシ自身もスマートトレーナーを入手した際にはぜひやってみようと心に決めいました。
アプリをインストールしてドングルその他の準備をしていたわけです。。。

然しです。。

Zwift側から”そのPCグラフィック性能が足りねーヨッ≡゚д゚)、ペッ”ということで門前払いを食らう結果に。。。

店内のPCはというと、、、
Core i5
SSD
メモリ4GB
中古で激安15000円ぐらい(笑)
そこまで脆弱極まりない感じではないのですが、唯一ダメちんなのがGPUです。
かなりアバウトなうる覚えですが、確か2012年以前の古いCPU内臓の第一世代:Intel HD Graphicsこれだと起動すらできずに門前払い≡゚д゚)、ペッ デナオシテキヤガレ! 
となるようです。。。古いPCをお使いの場合は要注意ですネ。

ということでうんたらかんたら悩みました。
ちなみに普段ブログを書いたりその他の作業で使ってるPCはというと、Zwiftで動作を確認しておりますが移動するのが面倒臭いぐらいもうノートPCとしても機能を果たしておりません。周辺機器がごっそりと(笑)

色々と悩みました。

iPadでも買っちまうか、、、
新しいPCを買うか、、、

ということでちょうどその時は年末、
AmazonでFire HDが爆安だったので購入!(安物買いの何とやら(笑))

Bluetooth内蔵しておりますので、Fire HDにGoogle Playをぶっこんで、、、というのが当初の予定でした。
アンドロイドでもベータ版ではありますが、Zwiftアプリが出ているのは確認済みでした。

でFire HDからGoogle PlayでZwiftを、、、

( ̄ー ̄?).....??アレ??

ない、、、

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

この辺も詳しいわけではありませんが、スマホからGoogle PlayだとZwiftがあるんですが、Fire HDからアクセスすると見当たりません。
何やらアプリ側でFire HDのOSが対応していないようです。(´;ω;`)ブワッ
(Fire OSはAndroidの旧バージョンの様な仕様??)
そしてFire HDは暇つぶしの将棋アプリ用に。。。(笑)

要はZwiftはPCでは結局のところできませんし、Fire HDもだめ、
Zwiftを選ばなかったというよりも使えなかっただけです(笑)

しかし前回の記事に書いたように、スマートトレーナーはアプリがないと残念極まりないものになってしまいます。そもそも画面にタイマーとかだけ出ているのであれば負荷のある従来のクラシックトレーナーと何ら変わりはありません。
バーチャルサイクリングがしたいんだッ!( ゚д゚ )クワッ!!

ということですのですっかりとZwiftの影に隠れててしまっているアプリを見つける事になりました。



▶ROUVY
もうなんて読むのかもわからんぐらいのアレですが多分公式で「ロゥヴィ」と言っています。
多分下を巻いて「ろぅ」、下唇をかんで「ゔぃ~」です(笑)
これは日本語になおすと「ロービー」デスかネ。。。
もうなんでいいです(; ̄▽ ̄)ハハハ...

Zwiftから三行半を突きつけられたワタクシに救いが残っておりました∵:.(:.´艸`:.).アリガタヤ

公式ページはこちらから
https://rouvy.com

14日間は無償期間があります。
PCもAndroidもOK!かなり幅広く使用ができるのがいいと思います。
そして低スペックのPCでも動くという噂です。
こういったものって多分動くか動かないかわからないのでいきなり課金は少々つらいところです。

まずはPCでチャレンジです。

PCにはBluetoothもAnt+もレシーバーがありませんので、Ant+のUSBドングルを突き刺します。
これで準備はOK!

PCからインストール後にセットアップをします。
特に何ら難しいところはありませんが、スマートトレーナーとの接続のところでものすごい種類のトレーナーがありますが、残念ながらNOZAはありませんでした。。。(´ε`;)ウーン…
IMAG5849

大体再現傾斜が同じぐらいのものを選べばいいかなぁとかなり適当に選択しました。

これのスマートトレーナー選択の際にきちんとスマートトレーナーを選ばないで、パワーメーターとかスピードセンサーとかでセッティングをしてしまうと自動負荷の双方向通信とならないようです。
ですのでここにご使用の機種がなくてもしっかりとスマートトレーナーとして認識させないとダメなようです。
※この辺はまだまだ実験的な段階ですのでまだ詳細が不明です。間違っていたらご指摘いただけると幸いでございます。m(_ _)m

身長、体重、FTPとか入力したら早速様子を見てみます。。。

IMAG5850

( ゚д゚)ハッ!

鹿野山、秋元とかあるし、、、(笑)

とりあえずやってみないことにはなんともなりません。
有名所でヤビツでも登ってみようかと。。。


▶ROUVY でヤビツ峠にのぼる
負荷が自動で変わる、、、ィェ━━v(o´∀`o)v━━ィッ

と感じたのは最初だけ。。。

ディスプレイの見方を理解していなかったというのもあるのですが、、、

なぜかヤビツは突然20数パーセントとかの傾斜に瞬間的になったり、かと思えば突然負荷が抜けたり。。。もうアウターで走っていて次の瞬間突然20%超えとかシフトチェンジもできませんし。脚も止まります。負荷は移動して勾配が変わらないとたとえ止まったとしても軽くなることはありません。ものすごい負荷が突然かかり停止、その後走り出そうとしたらバキンバキンいいながらシフトチェンジするのなんて嫌すぎます。

あまりにもひどすぎて途中で中断です。。。(ヒルクライム中に足をついたのなんで何年ぶりか(笑))
もう初っ端からのこのひどすぎる仕打ちでNOZAを捨ててやろうかと思うほどでした(; ̄▽ ̄)ハハハ...

しかしよくよくで考えてみればおそらくアプリ側はルート上の情報を元に負荷を変えているだけであって多分トレーナー側に問題はないはずです。Rouvy内のヤビツ峠の傾斜情報の不正確さがあのような突然20%を超えるようになってしまっているのではと考え、問題は傾斜情報だと考えることに。

ということで次の日はRouvyが推している”Augmented Reality(拡張現実)”ARルートというもののHDでできるルートで再び挑戦です。



▶ROUVY でARルートCortina-Valparola (ヴァルパローラ峠:イタリア)に登る
ARルートは12ルートあります。
image4155

image4166

こんな感じのルートです
距離 17.7㎞
獲得標高 960m 
Ave Grade 5%
Max Grade 15%

高低差約1000mなので大体1時間ぐらいあれば登れると思います。

コースのビデオもログインしていれば見ることができます。
image4183
HDクオリティなのでめちゃくちゃキレイです。

要はROUVYが前面に推しているルートなのでこのルートであればきれいなものなのではないかと、チャレンジに選びました。

実際のチャレンジ中はビショビショなので文章のみでご想像でお楽しみください(笑)m(_ _)m

全然OKです!ィェ━━v(o´∀`o)v━━ィッ

負荷のかかり具合も問題ありませんし、ヤビツのように突然20%超えて足が止まるようなところもありません。強いて言うならなんだか少しだけ負荷が重すぎる等な気がしないこともありません。
傾斜6%ぐらいでもほとんどインナーロー付近で、300W 70rpmとかですので。。。これが適当にスマートトレーナーの機種を選んだ影響なのでしょうか?

それにしてもライド中、コース上には左上のこれから先の傾斜情報+HD映像中にもこの後の勾配情報の看板が降ってくるので確認ができます。
何よりも負荷のかかり方がものすごく自然ですので乗っていて不安がありません。

ルンルンで登りますが、さすがヴァルパローラ峠(全然しりませんでしたが。。。(笑))、適当に楽に登れるわけはありません。(;゚∀゚)=3ハァハァ

ということで途中で入電で停止がありましたが、なんとかヒルクライム達成です。

教訓:1時間のローラー台でも1000mUPでボトル一本は足りない(笑)



▶結論
これはこれでいい練習になります。
やっぱりコースがあって、区間でタイムや順位なんかが出てくればそれなりにやる気は出ます。また単調なローラー台よりも負荷が重くなれば頑張らないと登れませんのそれもまたきついです。

そしてなによりヴァルパローラ峠なんて気軽に走りにくことはできません。それがすぐそこで、簡単に走る体験ができるとうのはやはりすごい世の中になったものです。

ざっとではありますが、次回以降もう少し事細かく色々と試してみて記事を作成予定です。
ということでとりあえず、【NOZA+ROUVY】ヤビツ、元い Cortina-Valparola でも走りに行ってみようか。。。走ってきた。そんなお話でした。


++++++++++++++++++++++++++++
当ブログの運営費用の一部はアフィリエイト広告費用より補わせていただいております。

Wiggleをご利用の際はこちらからポチッとご購入いただけると当ブログ運営費用に補填させていただくことができます。。


サイクリングエクスプレスはこちらからお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(整備中、接客中等 電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しお電話をさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。
また整備内容によっては、車体メーカー、モデル名、ホイール、コンポーネントなども合わせてご連絡をお願い致します。
ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから