えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

2015年07月

LOOK keoシリーズのケイデンスマグネットを美しくつける

ちょっとマニアックな話題ですが、
シマノ製のビンディンペダルであればクランクとペダルの接続部に
汎用ネオジウム磁石がぴったりつきます。

ですので100均でネオジウム磁石を買ってくればクランクに「スポッ」と
吸い込まれるのでタイラップでかっちょ悪く固定する必要がありません。

しかしルックのKEOシリーズの場合はスポっと入るどころか、
裏側が出っ張っているのがネックになっています。

P7313405
多分ここのでっぱりは0.5mmぐらい
この微妙なでっぱりのせいでこうなります。
P7313406
固定ができないので動いてしまうんですね。
これでは振動等で飛んでいってしまう可能性が高いです。

でもタイラップを使って純正品を縛るのは美しくないからいやだ!
そんなあなたにちょっとした小技です。

用意するのは2種類のネオジウム磁石
P7313407
これは100均の【セリア】さんで購入したものです。
たしかダイソーさんやキャンドゥーさんにも同じようなものがあったと思います。

こういった磁石はかなり強烈にくっつきます。
P7313408
こういうことです。
感のいい方はもうお分かりかと思いますが、
この小さな磁石をペダルの穴に差し込んで貼り付けます。

しかし磁石の特性上引っ張って取れなくても、横にずらすと「ずるする」と
ずれていってしまうんですね。

で横スレを防止するためにこんな事をします。
P7313411
ビニテをちょっと細く切ります。

で、0.5mmほどの出っ張りに引っかかるように磁石に巻きつけます。

P7313412
P7313413
これで見事に横滑りをしなくなります。

どうですか?
ビニテは伸ばしながら密着するように張るのがコツです。

これで表(外側)からみてもタイラップが見えることもなくまるでセンサーは
しっかり反応します。

実際にこの固定で磁石がぶっ飛んでいってしまったことはありません。

ビニールテープが劣化してくると剥がれやすくなり、ビニールテープが
ない状態だと振動で少しずつずれて無くなってしまうことがあります。

ですので洗車の時などに巻き直しをしてあげればほぼ大丈夫だと思います。
3ヶ月に一回ぐらいの巻き直しで十分すぎるぐらいですね。

かりに飛んでいったとしても100均なら許せる金額でしょう。
100円で何個かはいってますから。

ということでLOOK KEOシリーズユーザーに贈る
ちょっとだけ綺麗に見せる、
ケイデンスマグネットをタイラップを使わずに固定する方法

ということでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まったくお話は変わりますが、てんちょーがドはまりしている
冷凍食品のご紹介です。

最近の冷凍食品は本当に美味しい!
で今回はコチラです。
沖縄風ソーキそば!
P7303403
近所のスーパーでも一見しか売っているのを見たことがないのですが、
本当に「うま~~~~~っ!」です

だしの聞いたスープに中太のちょいちじれ麺がよく絡み
このうえに乗っている【炙り軟骨ソーキ】が絶品です。

本当に炙りのような香ばしい香りと、とろっとろなんです。

ということで待ったくロードバイクネタではありませんが、
是非皆さんに一度は味わって頂いて、
日清さんが発売中止にしないようにご協力頂きたくご紹介させていただきました。

これ本当に美味しいですよ!
今年の夏どれほど食べているか、、、

ちょっと冷食のおすすめ情報でした。
 

rakulogobanner2
サイクルウェアとロードバイクパーツのお店 http://www.rakuten.co.jp/ffcycle/
 


水道がなしでも出来てしまう100均グッズをふんだんに使ったロードバイクの洗車方法のご紹介です。

前回の洗車の生地でご紹介した
ロードバイクの洗車 水道がない
コチラの記事の動画をあげてみました。

目標は20分

使用したものはコチラ
・チェーンキーパー なくてもOK
・ワコースチェーンクリーナー 油汚れが強い場合
・水置換性オイルスプレー 洗車後ブレーキ、ディレイラーのリンク部へ注油します。
・スーパーバイクウォッシュ 全体の洗車に使います。
 自転車専用の洗剤はグリスを落としすぎることもなく、
 油汚れダスト汚れをキレイに落とします。

以下100均もの
・スプレーボトル これがなくては始まりません。
・毛足の長いブラシ 毛足の長さがポイントです。ディレイラーの隙間や
             BB周り等深い場所にも届きます。
・マイクロファイバークロス 作業スピードが劇的に上がります。

これだけあればバッチリOKです。

ということで動画はコチラ↓




終了後の注油は動画には入っていません。(撮り忘れました) 


ディレイラーもブレーキもリンク部へすこ~しだけ
スプレーしてあげればいいだけです。
コツはあくまでも少しだけです。
いっぱい付けてしまうとそれはゴミを呼び込んでしまいます。

ということで目線カメラで動画を作ってみました、というお話でした。

rakulogobanner2
サイクルウェアとロードバイクパーツのお店 http://www.rakuten.co.jp/ffcycle/
 

ステムの長さを変えてみる

悪い虫が騒ぎました。
そう多分サドルよりもふか~い沼があるというステムの長さのお話です。
現在付いているものはコチラ↓
P7283374
SHIMANOプロの120mmLTステム6°です。
そうてんちょーが愛してやまないSHIMANOプロ製品です。
アルミで剛性は十分です。
長いですからそれだけでもしなりますからね。

最近はガンガン乗るよりもまったり気持ち良い程度に乗ることが多く
快適性をあげてみようかなか~
と、と言うよりかはいじくり回したい衝動に
駆られてしまったわけです。
病気です。
で急にステムの長さを替えてみたくなってしまったわけです。

で出てくるのはコチラ。
P7283381
そう、sempreの純正ステム、
確かアルミにカーボンラップをしてあるものだったような気が、、、
ステムはメーカーによって長さの定義が曖昧で、、
芯-芯で統一して欲しいもんです。

選ぶ際は現在のものときちんと比較して購入がいいと思います。
P7283377

長さを見てみましょう。
P7283388

P7283389

20mm差ですね。
こんなに近くなってしまったらどうなってしまうのでしょう。
わくわくさんですね。

しかし外してみると120mmは結構長いですね。
てんちょーは腕長星人なので問題ありません。

重さはというと、、、
P7283400
P7283399
18g差です。
20mmも違って18gですか、、、
そして価格は4倍ほどの開きが、、、
カーボンで巻かなくてもいい気がします。
しかしそこはかっこいいからスルーしましょう。

早速ですがサックサックと交換しましょう。
エアコンなしの作業場ではあっという間にびしょびしょになってしまいますので、
光のスピードで交換したので、あっという間に完成画像です。

P7283396

と一応カーボンフォークなので締め付けのズレの防止のために
(気持ちの問題)ファイバーグリスを塗りこみました。
P7283390
まぁ難なく完成です!
そしてステム交換の完成とともに【つゆだく親父】も完成です。

ということで試走に行ってきました。

走りだしてすぐに分かるのは【剛性】です。
たとえ同じ材質でも短ければ短いほど剛性は上がります。(体感)
20mmも短くなってますから。
しっかりした感があります。

しか~し、ハンドル近すぎ、、、ダメです。失敗です。
ダンシングもしかりですが、通常のポジションでも窮屈でしょうがありません。
特に下ハンの時。「ハンドルの向こう側をつかみたいぃぃぃぃ!」

重さなんて18g変わったところで違いはわかりません。

ステムが短くなった事による、ハンドルの操作性も大した差ではありません。


結果:元に戻しましょう!


ということでそのままではつまらないので、
ハンドルをスペーサー1枚分5mmほどあげてみました。
P7283402
これで終了です。

乗った感じはやはりハンドルがいつもの位置に戻ってそこからちょっとだけ
高くなっているので快適性に触れたかなぁという感じです。

ステム交換のコツ
▶ハンドルバーはアルミ製、ガンガン締めます。(規定トルクは守りましょう)
▶カーボンフォークの締め付けはプレッシャーアンカーが入っているので、
滅多なことをしなければ割れることはないでとは思いますが、(規定トルクの確認です。)
ココはしっかりと締めたいところなので足りない分はファイバーグリスをプラスです。
▶フォーククランプもハンドルクランプ部もネジは均等に締めていく。
▶ハンドルクランプ部は最後に外すネジを下方向1本とっておくとハンドルが
 急に落っこちない
▶ヘッドパーツはトップキャップ→ステム上下→トップキャップの順で締め込む
※クランプ系が31.7mmという汎用性を無視したメーカーのものがあります。
 揃えてくれればいいのになぁと思いますが、ご注意下さい。
 たかが0.1mmされど0.1mmです、

今回は100mmステムを使って見ましたが速攻で元に戻しました。
伸ばす分には多少長くても柔軟性があればいいかもしれませんが、
短かくするのはてんちょーの場合はNGでした。

あとステムですが、おそらく角度やサイズの違ったものを試したくなります。
また走行距離が増えてくるにしたがって、柔軟性が上がってきたりで
どんどん変えていくことになると思います。

そんなとき1個何万円もするカーボンのものなんて何個も買っていられません。
安くて剛性がしっかりあるものをおすすめします。
わたしなら上のレパコルのステムを一個買うのであれば
長さ角度の違うステムを4個買います。
その中で自分にジャストで合うものが決まってからでも高いものを買うのは
おそくはないと思います。

ということで今回はステムのお話でした。

しかしSHIMANOプロの製品は実にいいです。
サドルは最強です。バーテープもなかなかよいですからね。
そしてリーズナブル!
これがてんちょーがSHIMANO様を愛してやまない理由でもあります。



ステムの長さ角度についての記事を更新いたしました。
ステム長とアングル(角度)の影響 ロードバイクポジション調整



rakulogobanner2
サイクルウェアとロードバイクパーツのお店 http://www.rakuten.co.jp/ffcycle/
 

↑このページのトップヘ