えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

2016年02月

白石峠~埼玉のラルプ・デュエズ ヒルクライムの巻


ということで【普段登りは坂だけ!】という貧弱なワタクシがヒルクライムなんてものに無謀にもチャレンジしてきたよ、って話です。千葉はなんとまぁ山がないんですね。高低差のあるコースは走ることができてもあまり長い山登りというのができないです。(※鹿野山はありますが300ぐらいでしょうか)



先日このワタクシを突然誘って下さるCさんとともに白石峠に登ってきました。


「白石峠ってご存じですか?」 

「はしめて聞きました、、、」←まったくお恥かしい限りです。

「実は明日登りますが忙しいですよね~?」

(明日?)

(ウズウズウズウズ・・・)

「行きましょう!」


ということです。


突然のお誘い全然OKです!
嬉しい限りです!どんどん誘って下さい。
この貧脚なワタクシの泣きそうなツラを拝めます。

埼玉まで急遽遠征です。

サイスポで
簡単”立ち漕ぎ”教科書!このダンシングで楽に走る
 なんてもので予習をして(?)出陣です。


千葉からは片道120km弱、自走では無理なので車載で向かいます


某所にて3人で待ち合わせをしてアップを兼ねて数キロ少し登りを交えて走ります。

本日のメインディッシュは【白石峠】のタイムアタックと称した、ヒルクライムデビューです。
本当のメインディッシュは次回をご期待ください。

日頃からデブショーのワタクシ遠出なんてしないものですから、とても新鮮です。

空気は綺麗だし、車は少ないし、スギ林はいっぱい♪
本日は3名すべて花粉症。【ティーム鼻水ズルズル】でした。

ということで早速白石峠に到着!
image4144

早速ヒルクライムの開始です。
BlogPaint

この辺(開始1:00~)で

「ほらっどんどんいかないと!」

「タイムでないよ~~~」


なんて言われますが、登り初心者のワタクシ、ペースがつかめずにこの辺でヒーヒー行ってます。

「そうだ、これはじゃない、、、だ!」

なんて思いながらどうやって走っていいものか不明です。

ペースの配分がわからんのですね。

image4211

クライマーのCさん、ダンシングしながら

「ガンガンいきな~」

「いっときゃよかったなんてなるよ~~~」


なんていいながらシッティングにダンシングを旨いこと織り交ぜながらスイスイ登っていきます。

(ワタクシもうすでに結構きついです、、、)

image4228

開始3:00~

この辺で意をけしてペースアップです。

後ろの方から
【25分目指して~~~ファッイト!】

なんて無茶ぶりが聞こえてきますが、もう苦笑いしかありません。。。

image4269

左を向けばもうこんなに登ったのかと、、、(注)まだ2分目ぐらいです。。。

そして何を考えたのだか、脇道にそれる始末です。。

image4297
(ナンデここであえて急勾配の右折をしたか不明です、)

image4336

左側にお二人、、、ここで合流します。

image4353

アホ丸出しですが、最後の力を振り絞って、、、(まだまだ続きます)


開始10分ぐらいでもう暑くて暑くて、、、
要は15km/hぐらいしか出ていないんで、風全然ないんですね。

ということでジャケットは前を開けて、グローブは外しちゃいます。

image4383

この辺からMr,インナー&ローです。
↑まずこれがよくないらしいです。

ヘタっ糞なダンシングを織り交ぜても疲労が回復するわけなんてございません

簡単立ち漕ぎ教科書、、、読んできたのに、、、簡単じゃねーよ!(゚Д゚≡゚Д゚)ゴルッホー!!!


ひたすらゼーハーゼーハーいいながら回し続けます。

ダンシング、、、ダメだこりゃと諦めてシッティングオンリーで登ります。

何度となく足をついてやろうかと←ヘタレです。 

image4525
さくっとちぎられてみたり、、、
あぁあっという間に豆粒のように・・・

開始10分ぐらいから23分ぐらいはひたすらゼーハーゼーハーいっていただけで特に何もございません。臨場感を味わいたい方は三十路のおっさんの荒い吐息をご想像下さい。

左を見れば今までこんなに登ってきたのかと感動します(←ウソです余裕はありません)

image4508

そして最後の5分ぐらいでしょうか、

すこし登り方のイメージがつかめてきたような。(強がり?)

イヤイヤ、ゴールするときには呼吸が楽になっていたはずです。



終わってみればゴール地点には多くのローディさんがおりました。
 image4576
みなさんこの道を登ってこられたんでしょう。

ほどなくしてみなさんと合流して、山頂を目指します。

 image4542

まだまだ路面には

溶け残りと溶けかけと、シャーベット状の区間があります。

 image4559
山頂です。

雲一つない快晴!

若干モヤッてますが素晴らしい天気でした。

山頂で記念撮影をしていただき、、
1456712379629

人はなぜ山を登るのか、、、
すこ~しだけわかった気がしました。


そして今回は自分にとって多くの課題を見つけることができました。

下手っくそなダンシングというか立ち漕ぎ、、、
絶対的なパワー不足・持続力

まずはこれから何とかしないとどうにもこうにもなりません。

とても貴重な経験をさせていただいたCさんには本当に感謝です。


しかしヒルクライムもやはり経験がないとどうにもならんです。
しばらく登りの練習をしてリベンジに行くことを密かに決心しました。
Cさん!またお願いします!


とここまではいいお話で終わりそうなのですが、これから本当の地獄が待っているのでした。

埼玉のラルプ・デュエズ編へ続く、、、です。 

ダンシング ~登坂~ 動画

本日だけで3本ローラーから2回も落ちたオールダメンダーのてんちょーです。
なんでこんなに落ちるんでしょうか?←ヘタクソダカラダ!

ダンシングで落ちるときって皆さんどう落ちるかわかりますか?

これワタクシぶっ飛ばすと落ちるまで前に落ちると思っていたんですが、実際は後ろに落ちるんですね。


アブっ、

アレ?

ナンデ ワタシ ジメンニ タテイルコトデスカ?

???
とこうなりました。


普通に後ろに落ちてローラーの隙間の地面に着地です。

やはり3本ローラーではダンシングのもがきはちょっとむずかしいです。。。
まだまだ修行不足です。

といことで本日は序章です。

自転車振っても体振るな!


これはよく聞くお話です。

それとダンシングは大きく分けて
▶攻めのダンシング
▶休むためのダンシング

この2種類と言われていますね。


ではプロの世界はあまり詳しくはないのですが【プロの登りダンシング】を見てみましょう。

見る、盗む、動かす、吸収(アレンジ)するです。

Alberto Contador!

 
めちゃくちゃ振ってますやん!

と思っていたら、栗村さん、、、(笑


この方だけは特殊なのでしょうか、、、

名勝負です。

胸熱デス!

ではなくてなんとも全く違う二人のダンシングです。


すんげぇお勉強になる動画を見つけてしまいました。
 
通常こういった動画は音楽なんかが入ってしまうんですが、こちら生音です!
何がいいってシフトチェンジのタイミングだけではなくて、整備の具合なんかも音から推測できます。

あ~たまんないっす。(ヘンタイデス) 

ではなくて、どんなときにシフトチェンジしているかとか、登坂中のシフトチェンジはとても勉強になります。

Marco Pantani!(海賊だそうです。)



この方なんてダンシングずっと下ハンですし、、、

ということで、
結論:バラバラ!

う~ん種類がありすぎて難しいです。



ちなみに【ダンシング】は英語では【out of the saddle】という言い方が多いみたいです。
いくら【Dancing】で検索したって出てこないわけです。

ということで本日は動画だけで終了です。

 

色々身を持って実験してみることにします。 

ロードバイクのチェーン落ちの原因について


ワタクシ運動不足気味だとどうにも便秘気味でお腹の調子があまり良くないんですね。
日々PCばかりですが、やはりある程度の運動は大切ということみたいです。
お腹の調子が便秘気味の方にもお尻歩きはおすすめです。

で先ほど3本ローラーでダンシングの練習をしようかなぁと、、、
今まであまりやったことがなかったんですね。←オイオイ

結果:通常走るダンシングとはちょっと違います。
ちょっと違うというか、、、偏ったダンシングしかできなかったです。

なんかフロントから階段に突っ込みそうでして(笑

ダンシングはお外で練習したほうが良さそうですね。



ということで本題へ!

実のところワタクシ自身ここ何年も全くチェーンが落ちません
どうでしょうか。自分でしっかりメンテができる方であれば最近のコンポは非常によく出来ていて、(フロント変速のトリムはより落ちにくくなるように変わりました)ほとんど経験のない方も多いのではないでしょうか?

落ちたら落ちたで直したらいいだけなんですが、下手をすると大怪我をしたり、フレームの破損にもつながります。
もしも違和感を感じたら決して「おもいっきり踏んで見る」こんなコトは絶対にせずに、止まって確認した方がいいです。ムリに踏むことでより被害を拡大させることもあります。

そうはならにように予防的にきちんと整備をしてくことが大切です。あとは乗り方、主にシフトチェンジの技術です。

ロードバイクのように外側変速機がむき出しの場合はたとえチェーンが落ちたとしても簡単に治すことができます。
P2253527
※フロントがアウターに落ちてしまった場合、

P2253531

※フロントがインナーに落ちた場合

P2253528

正しくギアにチェーンを掛けてあげて、

P2253529
優しく回します。

P2253530

ぷるっと戻ります。

基本的にリアでもフロントでも正しいギアにかけてあげて【正転】で戻すことができます。

もちろんギアにチェーンを逆にかけて逆転でも直せるんですが、故障・その他の不具合がないかを乗る前に判断するという意味ではクランク逆転で治すよりも【正転】で直して不具合がないかを確認してから走りだしたほうがいいです。

出先でのチェーン落ちでの大切なことってチェーンをはめることだけではなくてその後のことで、【無事に家まで帰ることができるのか(その後走り続けられるのか)】というとことです。※ここが最重要ポイントです。
潜在的なトラブルの有無はとても大切です。

リアディレイラーのテンションが掛かって直しにくい場合があります。

そんな時は
image144
まさに【テンションプーリー】です。
この構造がないと小ギアにしたらチェーンはダルダルになりますし、大ギアはパンパンになります。
まさにチェーンにテンションをかけるためのプーリーです。

バネで戻ろうとする力が働くので指でかる~く押してあげればチェーンのテンションを下げることができます
※この動きはチェーンテンションを適切に保つためのリアディレイラーの動きです。
 チェーンが外れていないなくても動かせるので試しにやってみておくといいと思います。

チェーンを緩めれればあとは正しいギアに噛みあわせて【正転】でカチャンといきます。


あくまでもクランクは優しく回して戻してあげましょう

フレームにチェーンが干渉したりした状態で激しく回したりなんかしたもんだったらフレームに傷が入ってしまいます。また何らかの機材の不具合でチェーンが正常にかからない状態で勢い良くクランクを回したもんならフレームがダメになってしまう可能性も出てきます。

整備は愛情!少しぐらい手が汚れたって優しくチェーンをかけてそっとクランクを回して戻してあげるといいですね。
初心者の方は特に出先なんかで外れてしまって焦ってしまう時もやはり【優しく優しく】と覚えていると例えば修理中手を挟んでしまった時なんかも軽症ですみます。ギアに挟んでしまう怪我は勢いが付いているととんでもない怪我をしてしまいますので要注意です。
整備は愛情です!モハヤヘンタイデス


チェーン落ちの原因が機材の面にある場合だと、戻しても戻してもチェーン落ちを繰り返してしまうことになります。定期的なメンテナンスはシマノも推奨をしています。もし自分でできないのであれば思い切ってお店に持って行きバッチリ整備をしてもらってしまいましょう!


予備的にフロントで内側に落ちるとフレームの破損につながるので内側にチェーン脱落防止のこんなものや、
rect4217-7-4-1-4
リアのスプロケの内側にはプラスチックの板のようなものがある場合があります。
(※なくしちゃいまいた・・・画像はございません。。。)

Bianchiの自転車は親切にも最初っから付いているんですね。
Sempreがうちにきた時はフロント側が一番下まで下がっていたのはご愛嬌です。ナンモイミネージャネーカ#

こういったもので防ぐというのも安全のためにはあってもいいと思います。

ということで本題に入る前にとっても大切なことです。
チェーン落ちだけに限らず不具合が起きた時は【なぜ?】というところが大切す。

▶いつから起きたのか?
▶なにかきっかけがあったのか?
▶なにをしたらこうなったのか?


これらによって対処が全く変わってきます。

少しずつ調子が悪くなったのか、何か思い当たるきっかけがあるか?
それによってアプローチが変わってきます。


―リアディレイラーの動きの不良―

チェーンのテンションが弱まれば(チェーンがダルダルってことです)ギアから外れやすくなります。車体が振動で動くようにチェーンも振動で動きます。何かのはずみでギアが咬み合わないまま回ってしまうと落ちることがあります。
またテンションプーリーの動きをつかさどるガイドプレートの上下(前後)の動き、これが綺麗に動いていないと当然チェーンテンション(張り)が適切に調整されずにゆるくなったり、張りすぎになったり、結果チェーン落ちという現象が落ちやすくもなります。

しかしこの部分は以外に放置しても動きは悪くはなりにくいです。
これがリアディレイラーの動きの不調でチェーンのテンションが落ちる原因です。

―その他のチェーンによる原因―
ギアと噛み合うチェーンの状態もチェーン外れに関係してきます
まずはチェーンに何らかの不具合があるとき(固着等)は当然フロントギアの歯にしっかりとチェーンが入れずにハズレることが出てきます。

またダルンダルンに伸びたチェーンをいつまでも使っていればチェーンとギアの噛合せがよくなくなり、ハズれる可能性が高くはなります
チェーンとギアのかみ合わせなんて本当にちょっとしたことですが、このちょっとしたことが非常に重要であり、リスクを上げる要因となります。

通常チェーンが伸びていてれば変速がダルっダルになってくるので交換をしてしまえば万事解決です。
チェーンの寿命は乗り方に大きく依存してくるのでなんとも言いがたいですが、3~4000kmぐらい走っていれば疑うをかけてもいいかもしれません。

ちなみに伸びはチェーンチェッカーという道具で確認はできますが、アレは個人的にはあまり・・・です。もう工具箱の底の方に眠っています。普段乗っているフィーリングが大事で、変速の感覚の方がわかりやすいですね。
P9073925

チェーンは日常的にメンテナンスをしていればこれらの要因は除去できますね。

―チェーンの長さ―
番外編として、チェーンの長さがインナー&トップの状態でたるみすぎる場合は調整が必要です。
フロントをインナーに、リアをトップに変えてチェーンステーにすらないかどうかを確認します。
チェーン交換後にチェーン落ちが起こる場合は長さを見てみるのもいいかもしれません。
切るときに間違ってしまっていることがあるかもしれません。
(あまりこれでは落ちないかなぁ、、、)


▶ディレイラー不具合

―リアディレイラーのプーリーをつなぐプレートの歪み―
リアディレイラーの構造の一つ、テンションプーリーとガイドプーリーは常に直線でなければなりませんpath3979
ここに歪みが生じるとトップロー調整できちんと限界を決めてあったとしてもズレが生じるのでやはりギアを飛び越えやすくなります。

―フロントディレイラーのプレート―

フロントはガイドプレートが斜めに取り付けてあったり、何らかの原因で斜めになってしまうとやはり同じようなことが起きることがあります。
image3821
ギアとプレートはド平行です。

フロントディレイラーのガイドプレートはチェーンをずらすことの天才です(笑
と言うかそれがFDのお仕事なので、きちんと調整をしないとバンバン落としてくれることにもなりかねます。


―フロント・リアディレイラーのトップ&ローアジャストボルトの調整 ―

以前の記事を読んだことがある方はおわかりかと思いますが、おさらいです。

リアディレイラー調整 中級編 トップ・ローアジャストボルト
フロントディレイラー調整 フロント変速のしくみ その2

text4286

フロント・リアともに、トップ&ローアジャストボルトのお仕事はリミット制御です。
【何があってもこのラインを超えてはならぬ!】
(緑の点線)というのがお仕事です。

ディレイラーの仕事の話になりますが、もう一つだけ。
ケーブルがついていない状態だと、リアはトップ側(歯数の少ないギア)へ、フロントはインナー側(歯数の少ないギア)へ【バネの力】で戻ります
要は前後ディレイラーのスタート位置はどちらも最小ギアであるということです。
ケーブルのお仕事はバネの力に逆らって引っ張ることでディレイラーに直線的な動きの運動をつたえるということです。そして実際の引量を決めているのはコントロールレバー内の機構です。※一部を除く


ケーブルが伸びようと、たとえ外れ(切れ)ようとも トップ&ローアジャストボルトの調整さえしっかりしてあればギアを飛び越えてチェーンがハズレる可能性はかなり低く抑えられます。
ケーブルが【伸びる】と【ハズレる(切れる)】ということはリアはトップ側まで戻ります、フロントはインナーへ落ちます。しかしケーブルの張りにかかわらずリミット調整はできていますのでリミットを超えることはないのでリアトップ&フロントインナーの状態になるだけです。


ではトップ&ロー調整ボルトで調整後は信じられないほどケーブルを張っても落ちないのか?ということです。(※そんなことをする必要は全くありませんが・・・)

結果から言うと落ちません。
なぜならトップ&ロー調整ボルトで調整した限界値(緑の点線のライン)はケーブルでも手で動かしても超えることができない構造になっています。
むしろそれをやるとインナーに落ちなくなります。。。

ということでまず変速時にチェーンが落ちるということはココを疑ってみるといいと思います。

実は多少プレートが曲がっていようとも、ココさえ合わせてしまえばチェーン落ちをある程度予防することができてしまいます。


―フロントディレイラー本体の取り付け―

フロントに限ってですが(リアではありません)取り付け時に適切な高さ、角度にしないと外れやすくなることがあります。
メーカー(シマノ)推奨の位置にきちんとあるかどうかを確認する必要があります。
rect4217-7-4

 画像2種類の取り付け位置が調整できます。
左側は【チェーンリングと平行をだしているか】
右側は【取り付けの高さは適切か】
この2種類です。

最近では新品のフロントディレイラーではシールがついていて【ココに合わせてね♪ 】となっているのでそんなにとっちらかって取り付けにはならないはずです。

強くぶつけたて(軽くぶつけたぐらいじゃ曲がらないとは思いますが、)取り付け部が回る、本体が歪むそんなときはやはり変速不良からひどくなればチェーンが落ちてしまうことがあるかもしれません


―ディレイラーハンガー曲がり―

持っててよかったディレイラーハンガー、どんどん増えてくディレイラーハンガーです。
P2253536
常に予備を1個以上はストックしてあります。

そうです。よくリア変速不良の原因となるあのパーツの歪みです。
image4155
黄色:フレーム
緑:ディレイラーハンガー
赤:リアディレイラー

 
リアディレイラーが露出しているロードバイクで転倒すると下手をするとフレームを壊してしまうので、そうはならないためにフレームよりも弱い強度のパーツがフレームを守るためについています。

こいつが何らかの拍子に曲がってしまったり、するとリアディレイラ―自体が傾いてしまいます。

通常変速不良程度ですがあまりにもひどかったり、角度が悪いと落ちることもあるでしょう。

 

とつらつらと何個か原因を上げていきましたが、もちろんこれだけではないです
そして原因は1つでないこともあります。複合的な要因で起こることも多々あります。 

印象としてやはり多いのはもちろん【ディレイラーの整備不良】【チェーンの不良】この2つです。

ご自分では綺麗にメンテナンスをしているつもりでも、例えば駐輪中にぶつけられてしまった&倒されてしまったということも起こりえないことではないでしょう。
チェーンの不良系はメンテナンスをおさぼり気味の方に多いです。

最初にも書きましたが現行品のディレイラーは本当によく出来ています。
通常メンテナンスがしっかりできていればもちろん全くではありませんが、ほとんどチェーンが落ちることはありません。それでも偶然に落ちることもあります。

メンテナンスをしっかりとすることでリスクを少しでも減らして走ることができる。これに付きます。

セイビハアイジョーーーー!

ということでチェーン落ちの原因のお話でした。


11速でおすすめのチェーンは105グレードです。
DURAグレードもいいのですが、おすすめは安いものをどんどん交換するということです。
DURAグレードだからといって倍の寿命があるということではないものです。

チェーンの伸びはフロントチェーンリングの部分を持ち上げるという方法もありますが、なれないうちは一つの指標になるので一本持っておいてもごみになることはないでしょう。
安いものですので、、、

チェーンの交換には絶対に必要になる工具です。
もっと安いもの、小さいもの、色々ありますが、やはり純正品の安定感はいいです。
結構力がかかる作業なので持ち手のしっかり感と精度は信頼のおける物のほうが速く正確につなぐ事ができます。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

SHIMANO シマノ TL-CN28 チェーン切り
価格:2980円(税込、送料別) (2016/8/4時点)






★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

↑このページのトップヘ