えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

2016年03月

シフトケーブル引きを軽くする スモールパーツ編

シフトケーブルの引きの軽さ、、、それは永遠のテーマです。。。

そしてハマればハマるほど沼に、、、

まぁそれほどでもないんですが(違うんかい!)、 ちょっと引きを軽くするためのお話しです。


引きはいかにして軽くするか、それは【各所の抵抗の和】を如何に少なくするかです。
その抵抗になるものといえば、アウターワイヤー本体の性能も、取り回しと言われるワイヤリング(ルーティン)も、各所の抵抗となります。
ということで少しマニアックなお話しですが、今回はその中でスモールパーツに焦点を当てます。

使用していくうちにどこのパーツが抵抗になってくるのかということです。

先日オプティスリックに変えた時にの廃品達です。

 P3303778
P3303792

そうですこちらのスモールパーツ達が主役です。

①ショートノーズ付きアウターキャップ(コントロールレバー用 Y63Z27000)
②ロングノーズ付きアウターキャップ (Y63Z2800)
③RD用シールドアウターキャップ(アルミ Y6YX90010)
④シールドアウターキャップ(樹脂タイプ Y6Z298010)
⑤11速RD用ガイドパイプ(Y5xx38000)

各所を見ていきます。
image44

 画像はリア側での説明です。

そしてまさに主観での調査で申し訳ありませんが、調査の開始です。

今回はあえて【使用後のパーツ】を使用しています。
 P3303787
P3303781
P3303784

こんなんして調べました。

ケーブルはポリマーコーティングの切れ端を使いました。

で結果から行きましょう!


一番ダメな奴はこれでした↓
P3253756
 ⑤11速RD用ガイドパイプ(Y5xx38000)


シールドアウターキャップはどうでしょうか、、、
P3303790
※プラスチック製のアウターキャップはヨコ線の本数でシールドとかノンシールドとかです。

2種類を比較しました。

やはりここ【シールド】と名がつくだけシールドタイプです。
【キッツキツ】です。

新品でも結構キツ目のピッタリフィットです。

なかにはここの穴を広げてしまう方もいるようなのですが、【シールド】効果が、、、


ということでこちらどっちが軽いかというと、、、

微妙な差なのですがアルミのほうが軽いです。

両方をつまんで動かすと間違いなくアルミが動きます。

ということで間違いなくアルミが軽いです。



で上記5種類を抵抗の多い順に並べます。
①ショートノーズ付きアウターキャップ(コントロールレバー用 Y63Z27000)
②ロングノーズ付きアウターキャップ (Y63Z2800)
③RD用シールドアウターキャップ(アルミ Y6YX90010)
④シールドアウターキャップ(樹脂タイプ Y6Z298010)
⑤11速RD用ガイドパイプ(Y5xx38000)

 実はこれ順です。不等号?で表すとこんな感じです。
①=② < ③≦④ < ⑤ 

意外や意外、、、あんなバナナのようにひん曲がった【コントロールレバー用の①ショートノーズ】も、完全に折れ目のついたような②ロングノーズもそこまで大きい抵抗にはなっていませんでした。
シールドアウターキャップはある程度想像はしていたのですが、やはりかなりピッタリのサイズなので抵抗がある程度出てしまうので、仕方ないのでしょう。

全くのワタクシの主観で抵抗を数値化致します。
① 1~2
② 1~2
③ 5
④ 6
⑤ 7
※10でほぼ動かない位とします。 

このぐらいのイメージです。


この中でシールドのアルミは基本的に潰れにくいので、綺麗な状態であれば再利用もできるでしょう。

しかしこの⑤のガイドパイプです。

これはもう再利用できる感じではありません。

ここは絶対に変えたほうがいいです。

 
2015後期~ポリマーコーティングシフトケーブルセットは⑤のガイドパイプが同梱されるようになりました。(あったりめぇだ) 
特にトップ側のギアをよく使う場合この【ガイドパイプ】はダメージを受けやすいです。
(下の画像はロー側です。トップ側のほうが角度がきつくなっていきます。)

ワタクシの使い終わったものなど一部破れていました。

しかしオプティスリックセットには同梱されていないようです(2016/3/3現在)
P3253678
SHIMANO オプティスリック ロード用 シフトケーブルセット ブラック【メール便可】Y60198010
※パッケージ下部に付属品が印刷されています。

これ同梱されていなくてもつけたほうがいい気がするんですが、、、
ワタクシは使用しています。
P3313793
深緑に輝くケーブルも美しいです。


SHIMANO スモールパーツ 11速RD用ガイドパイプ Y5XX38000 【メール便可】
SHIMANO スモールパーツ 11速RD用ガイドパイプ Y5XX38000 【メール便可】 

当店ではバラ売りもしております。
インナーだけの交換の際も是非状態を確認して不具合がれば交換した方がいいでしょう。
ちなみに当店のDURAグレードインナーケーブル単品です。
P8013425
SHIMANO ポリマーコーティング シフトインナーケーブル DURA-ACEグレード Y63Z98950【メール便可】

確かについてますね。


そして材質ももう少しカーブが緩くつくようにするとここの抵抗が減りそうなんですが、、、シフトアウターのように出来ないかなぁ、、、つくってほしいなぁ、、、次世代コンポはそうなるのかなぁ、、、つぶやきのように、、、



次はロングノーズアウターキャップの有り無しですが、
これはそんなに差がないのですが、ロングノーズはないほうが軽いです。
しかしわざわざ抵抗になるようなものをつけるからには必ず理由があるはずです。
アウターキャップでコーティングを剥がさにようにするため?
ポリマーコーティングを使用の時はまずつけたほうがいいと思います。
いらないならシマノも付属は安い方をつけるでしょう。


ということで新品状態で一番抵抗が少ない組み合わせは

▶ポリマーコーティング
 →純正セットの組み合わせ
▶オプティスリック
 →純正セットにRD用アウターキャップだけシールドアルミに変更
 →ガイドパイプは新品へ
  (角度がかなりきつくなるのでやはりあったほうがいい気がします。)

こういったところを見るとやはりシマノの区分けが分かる感じがします。
image4144
オプティスリックは【アドバンスド】です。

ちょっと改善ができるかな、、、


当店HPはこちらから↓↓↓
ブレーキ・シフトケーブル類

ガイドパイプのリアアウター付近は引きに直接影響が出やすい部分でありますので定期的に交換したり、シフトケーブルセットで付属のない場合(コーティングなしのセット等)も取り付けはおすすめです。
 
ということで今回はシフトを軽くするためのスモールパーツ、というお話しでした。

 

ステム長とアングル(角度)の影響 ロードバイクポジション調整

ロードバイクに乗る時間が長くなったり気候が暖かくなってくると【手足が伸びる】と言われています。 

おそらく本当に伸びるのではなくて、柔軟性が上がってくるからこう言われることがあるのでしょう。

多分ワタクシもポジションをバンバン変えていますが、手足が伸び続けているわけではないと思います。
もう三十路越えてるし、、、伸びないでしょう、、、
 

ということでステムを交換するときに役に立ちそうな【ステム長とアングル(角度)の影響】についてです。

しかしこのステムの寸法とか、メーカーによって測り方が違う場合がありますハンドルもしかりです。
いわゆるロードバイクでよく使う【芯↔芯】(中心から中心)の場合と、外側から図る場合なんかもあるようです。
アングル角も【±6°】と表記をするメーカーとか【82°】とか表記するメーカーがあります。
統一してくれると助かるのですが、、、

くれぐれも購入の際はご注意下さい。

※これから多くの図が出てきますが、実際の角度長さではありません。

ではステムを見ていきます。
ハンドルも入れておきましょう。
rect15783

カタログに載っている数値で主に出ているのは例えば

【ステム長/アングル 120mm/±10°
(ハンドル)クランプ径 31.8mm】

こんな数値です。

コラムは何種類かありますが、現在のロードバイクはほぼこのサイズです。
28.6mm(1-1/8インチ オーバーサイズ)

【ステム長+ハンドルリーチ】が実際のサドルからの距離に関係してきます。
3t
引用元bikebug URL:https://www.bikebug.com/3t-ergonova-team-stealth-carbon-handlebars-p-44809.html

もちろんハンドルの形状によっても距離に変化が出てきます。

ハンドルバーのリーチが長くてもブラケットの取り付け位置により前後するからです。

今回はステムが中心なのでハンドルに関してはサラッとです。



で交換の際に注意することろがもう一つ、
 image15801
スタックハイトです。 ※画像白線
物によってスタックハイト(コラムクランプ部の高さ)サイズが違うものがあります。
画像のようにある程度フォークのクランプ部に余裕があればいいのですが、スペーサーが入らないぐらいピッタリの場合はヘタすると幅が大きすぎて付かない場合や、逆に幅が足りない場合はスペーサーをたさないとイケない場合も出てきます。

 
で本題に入ります。

ステム長とアングルの関係です。
 
ステムに大してどのぐらい傾いて付いているかです。
rect15785

上の例を見てみると
【ステム長/アングル 120mm/±10°】こうあります。

【±】というのはひっくり返して逆向きに使えば逆になるでしょ、ってことです。

 
で画像を見ていただければわかると思うのですが、重要なことがもう一つ。
【ヘッド角】です。
自分の自転車のジオメトリー覚えていますか?

フォークがどれだけ傾いて付いているかということです。
image4144
Bianchi 公式ページより抜粋

ご自身のバイクの公式ページでジオメトリを確認してみると多分出ていると思います。

ちなみにSempreは71.5°、サイズによっても若干変わります


大体フレームのサイズにもよりますがロードバイクで71~73°ぐらいが多いでしょう。

ということはこれに【17°】付近の角度のステムをつければステムが地面とほぼ水平になるということです。 
ステムもメーカーに寄っては【73°】と表記するメーカーもあるでしょう。


今回は一般的な製品でよくある角度
【6°】【10°】【17°】の長めのサイズを見ていきます。


あぁ、、、sinθ、cosθ、tanθ、、、

尚数値を求めるのにはこちらのサイトを使用しました。
とても便利な世の中です。
計算サイト  http://www.calc-site.com/triangles/side_height

※計算が間違っていたらご指摘をお願い致します。

おそらくアナログな方法でもやっていますのでそこまでトンデモない数値は出ていないはずです。

では早速、、、角度の影響です。
rect15787
※ステムの長さを120mm、ヘッド角73°で計算

一番上は一般的な【17°】付近のステムで【水平状態】として考えます。

それが【6°】のステムになるとコラムクランプ~ハンドルクランプまでのはそこまで変わりませんが、注目していただきたいのは【高さ】です。

およそ10°ぐらいの傾きの差で2cm以上も差が出てきてしまいます。


ではもう少し他の長さのステムも見てみましょう。
 rect15789
【100mm】と【130mm】のステムです。

【130mm】でコラムクランプ~ハンドルクランプで2.5cmの高さの差が出てきます。

しかしこれはあくまでも【コラムクランプ~ハンドルクランプ】の場合です。


実際はクランプまでの距離といえばいわゆるフラット部を掴んでいる状態です。

通常はブラケット部をつかむと思います。

これはハンドル形状でも変わってきます。アナトミックシャローだとある程度指標になりそうです。横から見てステムからブラケット方向へまっすぐになりやすいからです。
rect27568

しかしワタクシの使っているシャローは、、、もうめちゃくちゃです。。。 更に計算は複雑に、、、


そういった場合は自分でこんだけやっといて何なんですが、ブラケットは計算にいれないで単純にハンドルクランプ部までで計算した方がいいですね。

せっかくなので、、、ハンドルクランプからブラケットまでが直線だとして考え、距離を仮に【110mm】とします。
(アナトミックシャロー形状だと直線的になりやすいです。)
rect15791
【120mm】のステムで角度が変わると約4.4cmも変わることがあります。

これはちょっととんでもない差です。

前述のようにハンドルの形状ブラケットの角度で変わりますのであくまでも一つの指標ぐらいでサラッと読み飛ばして下さい。



ということで計算方法です。

90° - (【ヘッド角】 + 【アングル角】) = 魔法の(?)係数(x)

【魔法の係数(角度)(x)】と【ステム長(斜辺)】でクランプ~クランプ間の直線距離と上がり(距離)がでます。
rect21407
計算サイト  http://www.calc-site.com/triangles/side_height

ヘッド角【73°】 と ステムアングル角【17°】で 【0】 となり、ステムの長さが直接【距離】になり【上がり(距離)は0】となります。



これを踏まえてコラム部を見てみます。
image15801

ワタクシのSempreの場合は先日ぶった切ってしまいましたが、上下に10mmずつスペーサーが入っています。

これをスペーサ1枚分(1cm)を下げるとどうなるのかというところです。 
rect15791-2
これはそんなに複雑ではないです。

【ヘッド角】 + 90° + a  = 180

斜辺(1cm下げるということ)と角度が出ればまたsinθ、cosθ、tanθ

単純に71.5°のヘッド角でスペーサー1cm分下げると3.2mm前に出るということです。
 73°でも約2.9mmです。



では実際の交換の時にどうするかというお話しです。
(上に図があるので73°のまま計算してみます)

現在【ヘッド角73°】【120mm/6°】ステムを使っていて 少し窮屈になってきました。

ということでハンドルを少し前に出したい場合はと言うと、、、

1.ハンドルの位置をスペーサー分(1cm)下げる
 →a.上記のように、3.2mm前にでる。
 →b.実際に下がるのは9.5mm
 ※お金がかからない方法です。ただし前傾はきつくなります。
rect28521


2.角度はそのままステムの長さを130mmに変える 
 →a.実質長さを変えても10mm増やしても実際に伸びるのは9.8mm
 →b.上方に1.9mm動きます。
  悪くないでしょう。一番正確かもしれません。
rect28521-5


3.ステムの長さをそのまま角度を【17°】に変える
 →a.6°から17°に変えるとブラケット部で2.2mm前にでる。
 →b.高さが22.9mm下がる
rect28521-52


4.ステムの長さをそのまま、角度を【10°】に変える
 →a.6°から10°に変えると1.3mm前にでる。これも多分分かんないぐらいでしょう。
 →b.8.3mm下がる
 距離は変わらず前傾がきつくなる感じです。
rect10572


5.ステムの長さを130mmに角度を【10°】に変える
 →a.11.2mm前方にでる
 →b.7.0mm下がる
rect1072



あぁ数字が一杯で混乱してきました。。。。

注)この計算はあくまでも【コラムクランプ~ハンドルクランプ間】のお話しです。
ワタクシはもう絶対にハンドルはこれと決まっているので調整はステムだけで調整する形になりますが、ハンドルの角度、コントロールレバーの角度等を変えればもっと変更幅を広くしたり、狭くしたりもできるはずです。

あくまでも計算上はというお話しですが、ステム選びは結構大変そうですね。

とこんなに色々な交換の仕方があり、サイズを自分仕様に調整できます。
これもロードバイクの楽しみの一つです。


どのぐらい調整したいのかでまずは計算してみて選ぶのがいいと思います。

最後にもう一度注意ですが、メーカーによって長さの測り方が違ったりはよくあることです。
どうしても心配な場合はもうステム外してお店に持って行って実際に比べて見てもらうがいいと思います。
もしくは同じメーカーのものであればサイズ設計に違いはでないことが多いでしょう。


※結構頑張って計算をしましたが、間違いがありましたらご指摘いただければすぐに訂正させて頂きます。 


剛性、種類ともに何も問題なくコスパ抜群!ポジション調節に最適!

シマノLTステムはこちらから↓↓↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

SHIMANO シマノ PRO プロ LT ステム クランプ径 31.8 mm ブラック
価格:3528円(税込、送料別) (2016/7/27時点)






ロードバイクをおすすめする理由 ~はじめの一歩~

てんちょーが個人的にまた独断偏見を多く交えながらのお話しです。


【それは自転車用品とか扱ってる店のてんちょー何だから自転車にのるのは当然でしょ!?】、、、そういったお話しではありません。

多分ワタクシ転職しても自転車には乗ります。(縁起でもねぇ、、、)

自転車が好きだからです。

そんな自転車が好きで好きでたまらないチャリ馬鹿親父がやっているお店がFF-Cycleです。

ということで本題です。ロードバイクをおすすめします。


▶ロードバイクって高くない?

はいっ、そのとおりです。
上を見ればほぼ青天井デス。

車体だけではありません。消耗品だってお金がかかります。
タイヤ前後で1万円、、、全然ありえます。
1万円あったらママチャリ1台買えますね、、、、

全くスポーツ自転車というものに乗ったことがない方は初めてスポーツ用の自転車に乗れば驚くほど軽快に速く進むことができることに感動するでしょう。

それはたとえ3万円ぐらいのいわゆるルック車(っぽい自転車ってことです。)だってその軽快さは味わうことができるでしょう。

しかし3万円の自転車は3万円ぐらいの価値しかないと思います。お値段以上ニ@@なんてことはほぼありません。
ママチャリよりかは速いですが、ロードバイクと比べてしまうとやはりちょっと違います。

激安 ロードバイク
とかでググッてみます。

■激安ロードバイク 自転車の穴(3万円ぐらい)

よくあるのはSHIMANO製ディレイラー使用とかあります。
これSHIMANO製だったら何がついてくるかわかんないよってことです。
写真と違うことも多々あります。(経験談デスwww)

また【変速機 SHIMANO製】とかもあります。
ロードバイク用の変速機でなくても【SHIMANO製】ですね。

重さは結構優秀で10kgぐらいのものからあります。

アルミフレームは多分軽量ですがカッチカチです。
この価格では乗り心地とかまではちょっとむずかしいでしょう。
サイズも2種類とかしかない物が多いです。

ホイールは重量級のものがついています。いわゆる完成車ロードバイクの鉄下駄以上の筋トレ用(?)ホイールです。

バーテープも途中までしか巻いていないものも、、、ナンデ?

各所についてくるパーツは最低限のものを使用している場合が多いです。


っと、何が違うのというと【すべてが違います】
フレーム、パーツすべてです。

じゃあこれじゃダメなの?と言うと、、、そんなにダメではありませんでした。(体験談デス)

変速だってきちんと調整すればなんとかなりますし、ブレーキもスピードを出さなきゃなんとか止まります


こういったものを買ってみて自転車にドハマリしそうならロードバイクを買っちゃおう!って言うノリでも全然いいと思います。
※安全性にはくれぐれもご注意下さい。


■ロードバイクを買ってみる(多分10万円~)

最初の一台はやはりお店で買うことをおすすめします。

いいお店選びのコツは【不快な思いしない店】(ハードル低い、、、)がいいと思います。

一部のお店で未だに職人魂かなんだかわからないですが、クッソ態度の悪い店があります。

某チェーン店ですら接客すらまともに出来ない店もありますから、、、

そんなところは「潰れてしまえっ!」心の中で言って、次を探しましょう。


だってそんな【クソムカつく】対応しかしない店にこれから整備やら何やらでお世話になりたくないですからね。
ロードバイクは買うだけ買ってお店と【さよなら】ではありません。それができるのは整備がぜんぶできる方です。

予算を伝えて探してもらうにしても、自分で例えばこんな車種がいいとか、、、一生懸命対応してくれるお店がいいですね。


しかしロードバイクはある意味【生モノ】のような物で【あるときに買わないとない】という難点があるんですね。

車種によっては何ヶ月も待つことなんてざらにあります。
納期未定なんてのもあります。。。


ですのである程度候補を考えておいてお店に行っておいてあるもので探す。なんていう買い方もいいかもしれません。気長に待つのであれば取り寄せをお願いするのもいいでしょう。
※お店によって取り寄せできないメーカーもあるのでご注意です。


ということで最初の1台は何でもいいと思います。

すぐにもっといいものに買い換えたくなってしまいます。物欲が止まらなくなります。ここまで行ったらズッポリハマっていることに気がつくでしょう。


特に不具合がなければそのまま乗り続ければいいだけですし、もっといいものが欲しくなったら多分奥さん・旦那さんに価格は内緒で買っちゃいます。くれぐれも怒られないように仲良くやりましょう。



▶ミドルエイジ~におすすめ 

ワタクシの知り合いの方でこんな事を言っていた方がいました。
その人はマラソンをやるんですが、
周りからは、【走ってどうするの?】【なんで走るの?】なんてことを聞かれてました。

しかしその人は平然と
【大人になると人から褒められることって減るじゃないですか?でも「ゴールができた」「タイムが出た」とか目に見える形で結果が出れば自分で自分を褒めてあげることができるからです。だから走るんです。】

その当時はワタクシ何をいっているんだかわからなかったんですが、今ならよくわかります。


ワタクシは最近ロードバイクでヒルクライムによくいきます。
白石峠なんかはパラグライダーをやっている方や、鹿野山は家族連れがマザー牧場へ観光へ来ています。
多分彼らから見れれば【なんであんなに死にそうな顔して走ってるの?】【ドMだな、、、】【車で登ればいいに、、、】とか思われているかもしれません。

確かにそうかもしれませんが、そうではないんです。
ワタクシ自分の力で登ってきた道を、上から見るのが好きなんです。

自分がやってきたことの結果がそこで見えるからです。


ロードバイクはとても素直な乗り物です。

足を止めれば進みません。

しかしクランクを回せば前に進みます。

それはゆっくり回しても、早く回しても同じです。

確実に前に進みます。

どんなに辛い坂ででも足を止めなければ前に進みます。

それは時には過酷であることもありますが極めて単純なことです。



歳を取るとどんどん時間の流れが早くなってきます。

足を止めても、後悔しても、ぼーっとしてても止まらない【時間】とは違います。




人はなぜ山にのぼるのか、、、これは永遠のテーマだと思います。

エベレストやロッキー山脈、マナスル、ヘタしたら生きて帰ってこれないかもしれません。
(最近【岳】という漫画を読みました)
それなのに人は挑戦し続けます。

クライミングもそうですね。
とても危険なスポーツに見えます。(素人目ですみません)
でも登っています。


人は山があったら登るように遺伝子に組み込まれているのでしょうか、、、不思議です。


自分に見える形で結果を出すことができる。


また平地を走ったって限界まで追い込んだ日は少し満足というか、嬉しくなります。
これで回復すれば少しまた少し速くなったはずだ、と実感ができるからです。
(これでライバルをもっとぶっちぎれるぜ!と)
自分を追い込むことができた、、、

そんな日の【プシュッ】と、、、これは最高の一杯です。

こればかりは体感しないと絶対にわからない気持ちですね。
ロードバイク、、、どうでしょう?


最近ご紹介した動画ですが、

 
こんなにかっこいいことではないでしょうが、これはまじめにスポーツに取り組んでいる人が見るとやはり一塩、違う感じがします。わたしはシビレました。




仕事中になにしてんねん、、、というお話しではなく、、、

会社の健康診断で、コレステロールが、、、とかメタボ、、、
毎年怖い方、、、
駅の階段で息切れして、、、

しかし今日からは
健康を取り戻すため
自分を取り戻すため


自分のために何かを始める。

ワタクシめちゃくちゃかっこいいことだと思います。

そんな生活を続けていれば【結果にコミット】できるかもしれませんよ。

来シーズンはぴっちぴちのジャージ来てビシっと走れるカモしれません。

ギラギラしているミドルエイジ~になりませんか?

当店のお客様にはミドルエイジの方ももちろん、定年後に趣味としてロードバイクに乗り始めたという方もいらっしゃいます。そんなお声を届けていただき誠にありがとうございます。とても素敵なお話です。


ゴルフの選手のトレーニングです。

 
Under Armour 

 You are the sum of all your training.
(すべてのトレーニングの結果が今のアナタだ。)
 

日本はどちらかと言うとスポーツって若者のイメージがありますが、(そんなコトないですかね?部活とか、、、かな、、、)これらの海外の動画に出ている方々は多分ミドルエイジ~のかたいっぱいいます。



最後は少しお話しがそれ気味でしたが、そんなあなたにロードバイクをおすすめします。というお話しでした。 

【いつやるか?】







ありがとうございました。

これロードバイクでなくてもいいんでない?ってことは言わないで下さいwww

 

↑このページのトップヘ