えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

2016年08月

@万円あったら何を買う? ロードバイクのグレードアップ

ロードバイクのパーツは結構効果なものが多いです。
もちろん消耗品の塊のような乗り物で、初めて車体を買う時も「うわっ、たっけぇ、、、」なんて思うこともしばしば。。。
ということで今回は「ちょっと臨時収入が、、、なに買うべ?」 なんていうときに、本当におすすめできるのちょっとしたグレードアップのお話しです。

注)いつものごとくワタクシの独断と偏見がいっぱいに織り込まれております。

臨時収入がウン十万という羨ましくて仕方がないお話しではなくて【お小遣いで戦い続けるお父さん向け】の記事となります(笑



▶はじめに

前述したようにロードバイクは消耗品の塊です。
消耗品がなくなっていれば余裕ができたときに購入してくのもの大切なことです。
侮るなかれ消耗品です。

①タイヤ

もうぶっちぎりにこれが一番大切です。
常々記事の中で紹介させていただいておりますが、コレがダメならDURAのブレーキでもとまりませんし、カーカスがでているような状態であればまともなグリップは望めません。
絶対にケチっていは行けないパーツですのですので、まずはこちらをすべてにおいて再優先に考えたほうがいいです。

高いものがいいわけではなく、安いからダメということではありませんし、乗り心地、グリップ、転がり抵抗、好みの問題が大きいです。
個人的にはVittoriaに絶対的な信頼をおいておりますが、GP4000SⅡなんかも根強い人気ですね。

P社のものはM社のものは・・・余りお薦めはしておりません。

ロードバイクに乗る上で不安要素はできるだけ少なくするのが趣味として最高に楽しむ秘訣だと思っておりますので、余裕があればまずここにお金をかけるべきだと思います。




Wiggleは上記クリックの後に
【Rubino Pro G+】←こちらをコピペ検索
【Grand Prix 4000S II】←こちらをコピペで検索


②チェーン


10速11速は特に寿命が短いです。
変速不良の原因に直結します。
もうしばらく変えていないのであればこれを変えれば変速がとても気持ちよくなります。
乗り方にもよりますし、変速調整スキルにものよりますが、11速で3000kmも走っていれば交換後は変速のスムーズさを感じられると思います。

結構チェーンが伸びた状態で運用していた場合105RD→アルテRDに変更するよりもチェーンを新品に変えるほうが体感できる部分が多いと思います。
チェーンはどのみち消耗品ですので、持っていても損はないと思いますヨ。

圧倒的におすすめなのは105グレードのチェーンです。
重量もDURAとそんなに変わらないですし、コーティングと中空ピンぐらいです。
乗り比べてわかるかというと、、、わかりませんでしたよ、ワタクシは、、、
DURAの伸びたチェーンから105でもヤッパリ新品のチェーンのほうが全然いいです。



③各種ケーブル類


ワタクシのイメージとしてブレーキケーブルの方が長持ちします。
コントロールレバーから出る構造、本体までのルーティングを考えれば当然といえば当然なのですが(機種依存あり)、シフトは1年に2回ぐらい、ブレーキは1年に1回は交換したいところですが、これも乗り方次第でだいぶ差がありますのでなんとも言えないところではあります。

特にブレーキは何かあってからでは遅い場合が多々ありますので、何か有る前にかならず交換することをお勧めいたします。

シフトは、、、気がついたら交換します。
基本的にケーブル類は切れる前に異常に軽くなったりします。

もう一年以上変えていないということであれば、余裕が有るときに交換しておくのがいいと思います。

ブレーキはなんといってもDURAのポリマーがおすすめです。

こちらはシフト用ポリマーデス。



④ケミカル類


これもロードバイクには必須のアイテムです。
【いつもロードバイクは綺麗に!】というのももう耳のタコがイカになるほど過去の記事内に書いておりますが、綺麗にする上で大切なものです。

高けりゃいいってもんでもありませんので、これもお好みで選ぶのがいいと思います。

最低限必要な物は【チェーンオイル】【グリス】まずはこれからでいいと思います。

言わずと知れた2種類です。





⑤その他消耗品

ブレーキシューも消耗品ですが、タイヤやチェーンほどすぐに消耗してしまうものではありません。(シマノ純正品)



バーテープも消耗品です。これも種類によってもちに差があります。汚いのであれば変えてもいいかなぁと思います。




チューブはお好みで。。。ラテックスなんかは耐久性がブチルよりもいいとかなんとか、、、




ということで前置きはこの辺にして(消耗品だけでは悲しいので、、、)本題へ。

消耗品は完璧!それでなおかつちょっとグレードアップ!ということです。

1万円コース

①カセットスプロケ


まずはこちらでしょう!
購入したままなんとなく乗っている場合が多いと思います。
走るステージに合わせて適切なギを選択することは楽に登れるだけではなく、タイムが変わってくることも。

詳細はこちらに↓↓↓
ロードバイクのカセットスプロケとギア比の選び方




②アルテグラ ブレーキフロントのみ

シマノの良い所は前後バラ売りもしているということもあります。
タイヤの付いている乗り物のブレーキは多くは前輪に依存しております。 
通常前輪の方が強力なブレーキを使うのはエンジン付きの乗り物の中では普通のお話しです。
前後交換だと予算オーバーしてしまうので前のみの交換でもいいかと思います。
(レバーとの互換性にはご注意下さい。)
 
絶対的なストッピングパワーの向上が望めます。




③FD(フロントディレイラー)


新しい世代のフロントディレイラーはロングアームの影響で引きは軽いです。
リアディレイラーを交換するのであればフロントディレイラーの方が体感できる効果は大きいかと思います。
こちらも互換性には注意が必要です。 
 


④ハンドル

現在の完成車はほとんどアナトミックシャロータイプのハンドルがついています。
しかし本当にアナトミックシャローがいいかというと、、、
これもかなり好みの問題もあるかと思いますが、常に握って操作をする部分です。
ここにしっかりとこだわりを持つこともいいと思います。

1万円でしっかりお釣りが来るものが結構ありますね。



Wiggleならギリギリお釣りが来ます。
→【ROTUNDO】コピペを検索窓へ。

▶3万円コース

この辺りから楽しみが広がってきます。

①BR9000

憧れのDURAブレーキが前後セットで購入できてしまいます。
絶対的なストッピングパワー、コントロール性の向上につながります。
ブレーキはタイヤの次に大切なパーツです。

体感が大きくできるかというとそこまで大きくないにしても、少しでも向上させることができるのであれば安全のために交換するということもおすすめできる理由であります。

9100が流通してくると少しずつ値段が下がってこないかなぁ、、、なんて気長に待っているのはワタクシのお話しです。



②ホイール
 
3万円あればホイールも選択肢に入ります。

シマノ RS21 1839g

フルクラム Racing 5 LG 1645g



フルクラム Racing Quattro 1725g



カンパ Scirocco 1725g

この辺りが選択肢に入ります。

少々予算オーバー?

【Fulcrum - Racing 5 LG アロイクリンチャーホイールセット】
【Fulcrum - Racing Quattro LG アロイクリンチャーホイールセット】
【Campagnolo - Scirocco (シロッコ) 35 クリンチャーホイールセット】
上記リンクをクリック後検索窓へコピペしてみてください。
 

鉄下駄からの乗り換えではレーシング5LGが一番効果を感じられそうです。
なんてったって軽いです。
大体鉄下駄ホイールは2000以上あるものが多いです。

 
③サドル

サドルもググッと選択幅が広がります。
イメージとして1万円~3万円ぐらいのものが多いと思います。
サドル選びは【自分に合うもの】これを選ぶことが大切です。
ペダリングもそうですし、体重、骨盤の大きさ等千差万別です。

ヘタしたら3万円分全て使って自分に合うものが見つかったら良い方。というぐらい自分に合うものを探すのは難しいかもしれません。
そのかわり自分に合うものを見つけてさえしまえば何年も使える場合が多いです。





▶5万円コース


ググッと幅が広がります。

①ホイール

フルクラム Racing3


カンパ Zonda


シマノ WH6800


この辺が選択肢に入ってきます。

上記リンクをクリック後に検索窓へ下記コピペで値段を見れます。
【Fulcrum - Racing 3 クリンチャーホイールセット】
【Campagnolo - Zonda (ゾンダ) クリンチャーホイールセット】


このクラスに変えれば鉄下駄からで明らかな違いを感じることができます。
ベアリングなんかも精度がとても良いですし、リムもとても良いです。

転がり、真円感、ブレーキ性能、全てにおいて戦闘力アップはまちがいなしでしょう。


②高級サイコン


ガーミンでしょう。
520J+センサー類です。

直接速くなるわけではありませんが、モチベーションのアップやバイクの新しい楽しみを増やすことができます。
これもあって要らなくなることはほとんどありませんので臨時収入の際はいいと思います。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ガーミン エッジ 520J 日本版 単品 GPS ブルートゥース (136807)
価格:34992円(税込、送料無料) (2016/8/31時点)




▶10万円コース

①コンポーネント、グループセットで交換


コンポーネント載せ替えが選択できます。
6800のグループセットが購入できてしまいます。


これ以外だとホイール、スプロケ、ブレーキ、+消耗品類。こんな買い方もいいと思います。
 

②パワーメーター


各種パワーメーターが購入できてしまう金額です。
パワーメーターはトレーニングの効率を上げたり、場合によっては早く走るための指標を見つけられることにもつながります。

STAGESとかパイオニアとかがあります。

クランクを交換することでパワーを計れるようにあるものです。

通販は余りありませんでした。。。



検索窓にパワーメーターでほんのすこしだけ出てきます。


▶20万コース

フレームでしょう。
現在お使いのバイクからコンポーネントを載せ替えるとすれば1000gを切るぐらいのフレームが購入できると思います。
旨いことどこかの売り尽しセール品とかを狙えば小さなパーツをちょこちょこ変えるよりも圧倒的な差を感じることができると思います。

寧ろ完成車でも購入できるぐらいの余裕っぷりです。
 

ということで私が実際に【これは良かったなぁ。】とか【ほしいなぁ、、、】【ワタク氏だったらこれを買うなぁ】そんなもののご紹介でした。

もちろん【何か欲しいものが出た時のために。】【ぶっ壊してしまった時のために】貯蓄をしてくのも選択ですが、得てして、、、ワタクシだったら使っちゃうかもです(笑

何を選ぶかはアナタ次第!@万円あったら何を買う? ロードバイクのグレードアップというお話しでした。


「臨時収入、、、欲しいなぁ、、、、」
MRIに入りながらこんな事考えてました。。。(笑
MRI

注)海外通販は一定の金額を超えると消費税等がかかります。
注2)パーツ各種の適合等はよくご自身でご確認下さい。



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

GCN動画解説 プロメカニックインタービュー ~大切なこと~


ロードバイクの整備って何からやったらいいの?

簡単なことから言えば【タイヤの空気圧管理】これだってロードバイクをきちんと乗るためには大切なことです。

ということで今回はプロのメカニックが考える で大切なことをGCNの動画のワタクシのヘタっ糞な解説で見てみようということです。


ということでまずはこちら↓
 

▶Garmin Sharp

Always trying to keep your bicycle clean.
That will help prevent a lot of mechanical breakdowns on your bicycle.
So take 10 minutes once a week clean your bike get the chain or clean the drivetrain. whatever the frame make sure the tires are all OK the wheels. What have you but cleanliness really helps a lot of the breakdowns that people have on their bike are due to buildup of grease and grime and mark on their bicycles.

いつもバイクを綺麗にしてくことさ!
それは自転車の機会的な故障の多くを防ぐことができるね。
だから週に10分だけチェーンなどのドライブトレインを綺麗にする時間をとってくれよ。
フレームもタイヤもホイールも確認してくれよ。
自転車の故障はグリスや汚れの蓄積によるものが多いからだね。


▶BMC racing team

I always like to acvise people is before you do out for a ride , take like a little dental pick or something like that and spin your wheels and check your tires for  little pieces of glass or wire ot things like that that might be left over from your previous ride would be suprised how many times there's something stuck in the tire. That's kind of flat waiting to happen. That I'll just keep you from are being on the side of the road somewhere.

自転車に乗る前は先の細いピックのようなもので車輪を確認してくれよ!
ガラス片や、ワイヤー編等変なものが刺さっていると、何度もパンクしたり立ち往生することになるよ。

(訳短ぇ、、、(笑)


▶GIANT Shimano

When you crash always check your bike, and your equipment  like helmet and choose and don't hesitate go to shop and let them test check the bike. Because it's really really really important that you don't ride with the broken bike.


壊れた自転車にに乗っていると危ないぜ!
ヘルメットをきちっと被ってバイクはショップに確認してもらおう!



▶Team Sky

My top tip for our mechanics right now is make sure your dropout is aligned and that way your giveaway stay smooth. This is you're replaceable drop out always check it make sure It's straight and if this is straight nine out of ten times you give problems will disappear 

(よくわからんがディレイラーハンガーのことを言っているっぽいです。)
ゴメンナサイm(_ _)m


▶Orica Green EDGE

My best tip is type is a tire pressure. We use the continental tire and forcontinental tire with the nine bar  pressure and depending what is the whather. 

私のベストティップは「空気圧」だね。
コンチネンタルのタイヤを使用しているが、通常9BAR。
天候によっても空気圧は変えてるぜ!



▶Belkin Pro Cycling

I can give you a good tip is check always to hear your brakes. That you have non love how you say that the shoes(brake shoe) of the brake that they are good. Because when you not have enough then you can crash.

ブレーキシューに気をつけよう。
さもないとクラッシュしちゃうぜ!


This is an electronic bike and it's the  battery inse here check always the better we always full of what I think when it's not for you can see here's the green light. When you hold this. When it's green it's ok. When you should want to shifting in the battery is empty then it's not possible to shft.

バッテリーをしっかり充電しとかないとダメだぜ!


これだけでは少し寂しいので他の動画も見てみようと思います。

A mechanic's point of view in the Vuelta!



メカニックのお仕事ってレース中はこんなことをやっていたりもしますが、実際にレースは毎日行われているわけではありませんね。


でメカニックのお仕事をのぞき見です。

POST RACE WORK OF MECHANICS





Taking care of the bikes




 
How To Clean Your Bike Like A Pro Team Mechanic With Team Sky



ことごとく【洗車】です。

もちろんマシンを供給しているスポンサーやその他色々な大人の事情がありますが、これはロードバイクのレースに限ったものではありません。レースに使われる機材というものはどこも必ずピカピカにしてあります。

プロのバイクが【かっこいい】ようにみえるのもいつもピカピカだからと言うのものあると思いますヨ。

ということでプロのメカニックのインタービューからお仕事動画のお話でした。


洗車関係の記事はこちらから↓↓↓

ロードバイクの洗車 水道がない編 2016年更新

ロードバイク洗車のコツ(こつさえわかれば怖くない!?)

ロードバイクの洗車講座を行いましたよ!

ロードバイクの注油(オイル)ポイント 定期メンテナンス



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

雨の日のロードバイク ~ウエット路面走行~


今回は雨の日のロードバイクのお話しです。

雨


 
というのではなくて【雨の日はもちろん乗らない!】というのも1つの選択だと思います。

ワタクシも雨の日は基本的にロードバイクには乗りません。
(ウエット路面は乗ります。)

しかし夏の終わり、正に今のような時期は天気の急変もあります。

雨の予報は全く無くとも、雨に振られてしまうなんてことも考えられます。

ということで今回は【不意な雨にも対応できる!】そんな雨の日のロードバイクのお話しをいろいろな面からお送りしようと思います。

ということで本題へ



▶雨具は濡れる前に着る


これ以外と粘ってしまう方にありがちなんですが、【雨具は濡れる前に着る】という大原則があります。

「やばいかなぁ、」
「なんか降りそうだなぁ」
 と思ったら早めに着ておくということです。

実際に降り始めてしまって【多少なら乾くべ!】な~んて考えていたら雨具の意味がほぼなくなってしまいます。

基本的に雨具は【通気性が悪い】ということを理解してくことが大切です。
ゴアテックスだって普通のポリ100%のジャージに比べれば通気性が悪いです。
構造的にしかたがないことです。

【冷え】は防ぐことができるかもしれませんがビショビショになってから着るのでは不快感も満載ですし、猛烈な【蒸れ】に襲われます。

ということで雨具は濡れる前に着るということが大切です。



▶雨の日(ウエット)路面の鉄則

【金属製品は極力避ける!】

これはもうお約束です。
4輪は雨の日に鉄板に4輪ともに乗っかったとしても転ぶことはありません。
しかし2輪は転びます。

マンホール

先をよくみてマンホール、グレーチング、工事現場の鉄板は極力避けるようにします。

しかし交通事情によりどうしてもさけられない時もあります。
そんな時の鉄則です。

【車体はできるだけまっすぐ起こして、ハンドル操作、荷重移動は行わずにニュートラルな姿勢でまっすぐ通過する。】

これしかありません。
基本的にタイヤは【まったくグリップをしない】と思って望むぐらいのことが大切です。

もう一つあります。
【白線(黄線)は滑る】

金属面と同じですが、基本的にアスファルトのような表面がゴツゴツしている路面よりも、表面が【つるつる】している路面は滑ります。
白線も同様に【極力バイクを寝かさない】【荷重移動を行わない】【ニュートラル進入・脱出】を心がけたほうがいいです。

 

▶機材面での工夫

①空気圧を若干低めにする

これはウエット路面のグリップを向上させるための方法です。
よく雨の日は溝があるタイヤが・・・なんて言いますが、実際は溝はハイドロプレーリング現象の防止に切ってあるとかなんとか、、、
ハイプレ現象は80km/h~100km/h以上で発生しますので自転車には余り関係ないとの説もあります。

プロもウエットコンディション時も空気圧を低めに設定する、と言うのは使っているようです。
転がり抵抗よりも絶対的なグリップを重視するということでしょう。

帰宅まで完全に回復が見込めそうにない時、出先での急なウエットに対応するためにはどのくらい空気圧を抜くと1BAR減らせるか、適正空気圧範囲内で変更できるかを家で実験しておいて【プシュッ】と少しだけ減らして返ってくる。こんなコトもできるといいと思います。



②サイクルキャップ、アイウェアを着用

一定のスピードを超えると雨粒は凶器の用に痛いです。
顔に多少痛みを感じるぐらいでは問題ない場合が多いですが、実際に辛いのが【眼】です。
特に40km/hを超えるぐらいになるとアイウエアなしでは眼を開けているのが辛いぐらいになります。

普段からアイウェアは異物・紫外線対策にしていると思いますので、雨の日時も変わらず着用はした方がいいでしょう。

またサイクルキャップは実は顔の眼付近にかかる雨粒を軽減してくれる傾向にありますし、ヘルメットの隙間から入り込む水分が直接 眼に垂れてくることを予防してくれます。

サイクルキャップやアイウェアはは雨の日だけではなく、晴れの日の紫外線対策、汗対策にもとても役に立ってくれるので晴れの日でも着用をお勧めいたします。


③ハンドルが滑らない工夫

上の方で【路面は滑りやすくなる】としつこいぐらい書いておりますが、実は滑りやすいのは路面だけではありません。

ハンドルも滑ります。

ハンドルが滑るということはとても怖いことです。
天候不良時期はウエットに強いバーテープに変える、グローブをハイグリップタイプに変える。こんなことでも快適さが全然違います。
バーテープが滑るということは経験してみないとわかりませんが、とても怖いことです。
怖いだけではなく、無駄な力が必要になってしまうので、疲労感を多く感じることになります。
ただでさえ雨でとても神経質に注意をしながら走っているのに、それに加えて肉体的疲労も溜まってしまっては溜まったものではありません。

実は最近人気のハイグリップタイプのバーテープも雨の日はズルズル、、、そんなものもあります。


▶雨が止むまで待つ

休憩


これも一つの選択としていいと思います。

走りたい気持ちも山々、、、しかしウエット路面で転んでしまっては元も子もありません。
こういった今のような変わりやすい時期のスコール的な雨は30分も待たずに止んでしまうこともあります。

【焦る気持ちを抑えつつ、どこかで一休み】これも事故防止のためには大切な選択です。



▶ウエット走行時のメンテナンス

最後はこちらです。

無事に家に帰っていたらまずは風邪を引かないように人間の方を着替えるなり、シャワーなりを浴びて体調を崩さないようにしっかりとケアをします。

次はロードバイクです。
基本的には洗車の拭きあげと同じように完全乾燥を目指してどんどん拭き上げていきます。
水と一緒に細かい砂塵も付いている場合がありますのでそういったときは軽く水で流してから拭きあげる、という選択も大切です。砂塵がついたままこすると傷をつけてしまう場合があります。
細かいところは本当はエアブロアー、コンプレッサーなんかで飛ばしてしまうと楽なんですが、一般家庭にはありません、
そんな時はフロアポンプでも結構細かいところの水分を飛ばすことができます。
ある程度細かいところはフロアポンプで飛ばし、後はマイクロファイバータオルで綺麗に拭き上げます。
水分の残りはサビを発生させたり、いいことはありませんのですべてキレイに拭き上げます。

最後は車体をバウンドさせて水が落ちてこなけれればOKです。

もちろん注油も行います。
チェーンだけではなくてディレイラーも適宜行います。

雨の中走った日のメンテナンスですが、日常的に雨の中でも走る場合は定期的なグリスアップも頻度を上げる必要があります。
・各種ボルトのグリスアップ(ボルトの頭を含む)
・各種ベアリング部のメンテ頻度を上げる

雨天時は水分とともに汚れも各所に入り込みやすくなります。

雨に日に乗ったからってすぐにぶっこわれるほどロードバイクはやわではありませんが、きちんとメンテナンスをしないことによって各所の寿命を短くしてしまうこともあるでしょう。


▶その他

急な雨にも対応できるようにしておくことも大切なことだと思います。
最近雨にも対応のウインドブレーカーもたたんでおくことでとても小さく、ヘタすればジャージのバックポケットに収まるぐらい小さくなるものもあります。
また携帯や財布はジップロックに入れておくだけでも突然の雨のときにも安心できます。

雨の日を好き好んで乗る方はあまりいないとは思いますが、雨天でも走らなければならない時、突然の雨にも知識としてこんなことを頭の片隅においておくといいと思いますヨ。

天気予報をよくみると言うもの大切な雨対策ですね。

ということで雨の日のロードバイクのお話しでした。


ここからはロードバイクの雨関連グッズのご紹介です。

一枚持っていると安心のレインウェアです。




言わずと知れた水分の拭き上げようです。
吸収力が全く違います。
作業スピードの向上に!
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【ポイント2倍】激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入り
価格:874円(税込、送料無料) (2016/8/30時点)



正確な空気圧管理ならこちら!
コンパクト設計のデジタル空気圧計です。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Panaracerデュアルヘッドデジタルゲージ
価格:2040円(税込、送料別) (2016/8/30時点)



極圧性・防錆性のレーシンググリスです。
今のところ、、、何も不満はありません。



洗車後のメンテにも使いやすい。
水分の残りが多少あっても大丈夫!
言わずと知れたコスパ良好水置換スプレーです。
雨の日バリバリに走りたいのであればもう少し固めのオイルでもいいと思います。

最後は正解のGCNから雨の日のロードバイクについてです。




★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★


↑このページのトップヘ