えふえふぶろぐ

ロードバイクのパーツインプレから、メンテナンス等ロードバイクを中心に自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。
サイクルウェア・パーツ類は楽天ページへ、メンテナンス・整備のご相談はFF-Cycle店舗までお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリ: 整備・メンテナンス

雨走行の後遺症!? ブレーキの効きが異常に悪い時のメンテナンス先日ひさしぶりにがっつりと雨の中のライドを楽しんでまいりました(笑)Teppei-Y@ff_cycle土砂降りのライドで、あれだけ濡れたのに帰宅後に更に洗車をするという謎深き行動(笑)・・・でも大切です。2020/07/0 ...

ロードバイクのポジションを調整するときの5つのポイントロードバイクは体に合わせてポジションをかなり細かく調整できるようになっております。専用のフィッターさんや、メーカー独自のフィッテイングサービスを行おうもよし、また自分で調整を行うこともものすごく時間はか ...

小径車 tern(ターン)を進化させる話久しぶりの作業記録です。今回のご依頼はちょっと面白いです。①コンポの載せ替え②今後のカスタマイズのアドバイスこちらです。実際にいじって、乗ってみてどのように今後カスタムをしていくのがよいかアドバイスを欲しいということでし ...

結局の所チューブレスタイヤのシーラントは何が良いのか?最近の傾向としてチューブレスよりもチューブレスレディタイヤのほうが増えてきているような印象です。チューブレスの老舗、ハッチンソンもチューブレスがラインナップから消えております日本のメーカーとしてはIRCが ...

画像でみる 25000km使ったフロント チェーンリングの状態ロードバイクは消耗品の塊です。というのはつい最近の記事でも、書いたことですが、記事を書いた本人、すっかり忘れておりました。チェーンは変速のだるさ等で気が付きやすいです。特にDi2は変速は本当にめったに狂う ...

ロードバイクの性能を引きだす3つのメンテナンスはっきりと言ってしまいますが、ロードバイクはメンテナンス次第では非常に残念な乗り物になります。メンテナンスとは例えば各所ベアリングの打ち替えや、各所微調整が必須の分解清掃のようにおいそれと簡単は行かない手間も時 ...

パンクの原因から探るロードバイクのパンク対策パンク、それはロードバイクの否、タイヤが付く乗り物からは切っても切れない問題デス。。。それでも昨今のチューブレスレディの普及で普通のパンクであればそのまま走り続けられたり、一瞬で空気が抜けきることが少なくなった ...

室内トレーニングでダメージを受けるパーツ類と注意点最近のズイフトをやられている方が本当に多くなったと実感しております。ズイフトのブームに伴い売れる車体まで変化が出てきたとか、ワタクシ自身が実際に聞くお話ではズイフトしかしないから頑丈で安い車体のニーズが増 ...

ロードバイクのホイールリム幅と使用可能タイヤサイズ最近はワイドリム化が進んできて、一昔前のロードバイクといえば700×23cとかという基準は、、、というか現行のホイールはほぼワイドリムと言ってもいいぐらいのワイド化の流れにあります。そこで今回はロードバイクのホ ...

シフトのインナーケーブル切れについて何故か似たような事案は続くものです。先週は振れ取り三昧(笑)そして最近多くみられるご依頼が変速不良です。変速不良の原因の多くをしめるのがケーブルの問題です。その中でも最近特に多いのがケーブル切れです。正確には”切れかけ ...

ロードバイク洗車のコツやポイントを解説+++大規模更新致しました。++++ロードバイク、常にきれいにしておきたいものです。最近では水無洗車の心強い味方の便利なケミカルも多数発売されております。 ちょっと下汚れに便利に使う事ができるだけではなく、水無し洗車の ...

BIKE HANDのスルーアクスルアダプターが優秀すぎる話最近のディスクロードではフロント12mm×100mm、リア12mm×142mmのスルーアクスルという規格で統一されつつあるように思えます。しかし従来のリムブレーキモデルのクイックレリーズとスルーアクスルは全く別物です。となる ...

サドルバッグの取付けでがっかりと思われない方法もしもの時の携帯品、基本的にはレース以外では必ず共にライドに出ます。冬の1ボトル体制から、2ボトルが必要な時期になるといよいよシーズンの到来を感じます。(とは言っても今年は。。。)ボトルが2本になるということは必 ...

大掃除・オーバーホールの作業記録オーバーホールと言っても一概に何をどこまで、というのは現在の状態によって、またご予算と相談になる場合が多いです。徹底的にきれいにする場合はある程度の予算が必要とはなりますが、バラしてみないと正確な金額を出すことは難しいとこ ...

バーテープを剥がした後の残骸を手早く除去する最近のハイグリップ系のバーテープはバーテープ自体がかなり滑りずらく、粘着成分が控えめなものであったり、テープではなくてシリコン系の素材の親切設計のものも増えてきました。最近のハイグリップ系のバーテープは従来品よ ...

RD(リアディレイラー)のプーリーについて***************************本記事は過去記事をパワーアップ、更新をさせていただきました。***************************プーリーのお話です。ちなみにプーリーは消耗品で ...

ママちゃりの整備はネタの宝庫か??ものすごく久しぶりにママチャリネタです。ママチャリの整備も基本的には外装の変速機であればロードと同様です。しかし全くもって違うのはその整備頻度と、扱い方です。ママチャリは基本雨ざらし、ぶっ壊れるまで乗るというのがベースで ...

IRC 新FORMULA PRO TUBELESS RBCCを組む!IRCの新型チューブレスタイヤです。新型のRBCCといえば、、、https://ircbike.jp/technology/よりゴイスーな数値をたたき出しているように思えます。先行してTwitterでは投稿をしておりました。Teppei-Y@ff_cycle新RBCC を組んだ。触 ...

シマノ カスタムフィット・インソールRC9 を試す! シマノのインソールと言えばなんと言っても、熱成形です。熱を加えて自分の足の形に整形することができるということがとてもきにいっております。詳細はこちらから。 前作からものすごく気に入っていたのですが、その ...

シマノのボトムブラケットの寿命を目で見るBBもベアリングですので触ることで良し悪しを見ることができます。大切なのはメンテナンスやオーバーホールの際に”確認”をすることです。シマノのBBは以前のお話でもあったようにかなり長寿命です。 しかしです。今回意外と貴重な ...

↑このページのトップヘ