えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

カテゴリ:選び方シリーズ > サイクルジャージ

サイクルジャージ(サイクルウェア)をおすすめする理由


今回はロードバイク、クロスバイク、MTB、スポーツ自転車に乗ることに特化したウェアの【おすすめする理由】をご紹介をします。
そうです!あの少々ピタッとしたかっちょいいのウェアです。 
rect4293-4
↑↑↑こんなのとかですね。

【体にピッタリとしていて体のラインが、、、】

【ひざ上のハーフパンツなんて恥ずかしい】

【ユ@クロのスポーツタイプの服でいいや、、、】


そう言うなかれです。

【職業柄】というお話しではなくて、本当にロードバイクに乗るときはサイクルジャージ、レーサーパンツをはじめとするサイクルウェアをおすすめしています。

ではなぜそんなにおすすめしているのか?、、、というところを理由をお伝えいたします。



スポーツ自転車初めて乗ってみるとママチャリとは比べ物にならないほど軽く、速く、快適に長距離を走ることができます。


▶スピードを出すため

モーターサイクルと違ってロードバイクは100%人力。

それは空気抵抗との戦いであるということです。
CAi3HO_UcAAREId
30km/hでの総仕事量で約80%も空気抵抗であると。
空気のをかき分けながら進んでいくというわけですね。

Tシャツやポロシャツのように体にフィットしないスポーツウェアは空気抵抗が当然大きくなります。

空気抵抗が大きくなっても一生懸命こげばいいだけ!そんなお考えの方、、、当然それだけではありません。

風向きは常に一定ではありません。

例えば横向きの風、、、ママチャリぐらいの重さのある自転車でも怖い時があります。ロードバイクは更に軽いので横風の影響もモロに受けます。

最近人気のエアロロードバイク、、、スポークを円錐形から楕円に変える。シートポストも極力平らに。。。

このようなことは空気抵抗のために行っている改良ということもあります。

スポークの太さを円柱から楕円に変えるぐらい各社空気の抵抗を抑える工夫をしています。

スポークですよ、、、

あの程度の太さでもブレード型に改良したほうがいい、という結果からほぼ最近おモデルはほとんどこの形状になっています。


薄っぺらいロードバイクにのって50mmハイトのホイールで普段着でバタバタサせていたら、、、開発者は【私達の努力の結晶が、、、】となってしまうかもしれません。

ピッタリウェアは抵抗となる衣服を体に密着させることにより、空気抵抗を最大限に減らします。



▶長時間を快適に乗るため


当然ロードバイクはスポーツですから、汗をかきます。

ワタクシ自身時々配送なんか私服で乗る時もあるのですが、汗をかいてきた時が第1の不快ポイントです。

ペダリングが異常にしにくくなります。

それでも速乾素材のズボンで乗っているのですが、汗でべたついて膝が上がりにくくなります。

そしてズボンのポケットに入れた鍵はペダリングのたびに【カチャカチャカチャカチャ、、、、】ポケットへの入れ方が悪いと【ぶすっ】といきます。


そしてある程度汗をかいてくると次に起こるのはベタベタ、、、そして汗冷えです。

うえでも書いたようにロードバイクは常に風に晒されています。

30kmで走れば無風だとしても30kmの風が前から吹いてきているようなものです。

そして道は平地だけではなくて、登りも下りもあります。

登りは当然スピードが出ませんし、下りはほっといたってどんどんスピードは上がっていきます。


簡単に言ってしまうと、登りは暑い!下りは寒いっ!てことです。


吸汗速乾性能がいいものであればあるほど体の冷えを防止になります。

綿100%のような素材は吸収はいいのですが乾きが遅いため、長時間濡れていることで、ベタつきによる不快感が大きく、乾きにくい素材はいつまでも熱を奪い続けます。


またぴったりとしたサイクルウェアはびしょびしょになるほどに汗をかいてもペダリングの邪魔に最もなりにくい設計になっています。

コレばかりは実際にやってみればわかるのですが、普段着のようなズボンとレーサーパンツで自転車に乗ってみて水をズボンにかけてみるとよくわかります。

レーサーパンツは水着にも使われるような布地を使いで多くの水分による性質の変化を抑えるような布地で作られています。


専用設計って素晴らしいです。



乗車姿勢に合わせた設計

image3044
こんな姿勢になります。
ここで重要なのは日常生活とはかけ離れた姿勢を取るということです。

ここでは専用設計品はどのような特長があるのかをご説明致します。


上の絵を見ていただければわかると思いますが、ママチャリと比べて【前傾姿勢が深い】ということです。


▶背部の丈は長め

通常の洋服との比較です。
P7243365
明らかに背部の丈が長めに設計されています。

コレはサイクルジャージの特長です。

前傾姿勢になっても腰部が露出することを防ぐためです。

特に女性にもサイクルジャージをおすすめする理由はこのポイントもあります。


前傾姿勢でスピードをだしてみるとわかりますが、襟元から入った風は腰部から抜けていきます。

この際に見事に腰部はめくれ上がります。


Tシャツなんかでバイクに乗っている人の背中がめくれ上がっているのもこの風の流れのせいです。


▶特殊な位置のポケット

【特殊な姿勢】 のため乗車中ズボンのポケットへのアクセスが出来ません。

要は前かがみの状態ではパンツのポケットの中の物が取れないんです。

またポッケに鍵でも入れながら乗ろうもんならペダリングのたびにカチャカチャうるさいし

汗でズボンが足に張り付いたりしたらペダリング中に刺さる可能性もあります。

また自転車は競技中【補給】を取る必要があります。
ロードバイクは競技中にエネルギー補給をする必要がある数少ないスポーツの中の一種です。


【補給食】を入れて置き、ペダリング中でも素早く取れるためにこの位置になったということです。

専用ウェアのポケットは背面腰部に有ります。

通常3つに分かれているものが多いです。


すぐに取り出す必要がある者はバックポケット、もしもの時の持ち物はツールケースやサドルバッグ。上手く分けて携帯することがロングライドの快適性を向上させたり、安全にライドを楽しむことができます。


200kmぐらいのライドでしたらバックポケットとサドルバックがアレば事足りるでしょう!



▶レーサーパンツにはサイクルパッドが付いている


サドルの形、、、こんな部分で支える、座る椅子は通常ありませんね。

ロードバイクの初心者の方の「デリケートゾーン(お股)が痛くて」よくあることです。

【ロードバイクのサドルは固いです。】コレがまず大前提です。

コレは軽量化のためでもありますし、ロードバイクはそもそもサドルに【ヨッコラせっ、】と腰掛けて乗るものではなく、あくまでもペダリングの際に安定させるためのものであると考えています。

柔らかすぎるサドルは安定にかけ力が逃げてしまいペダリングが上手く行きません。

そもそもロードバイクのサドルはレーサーパンツ乗るような設計で作られています。

ぴったりがどうしても気になる方はペラッペラでちょっと細身の短パンでも上から履けば最近良く見かけるちょっとおしゃれなランナーのようにもできます。


ちなみにレーサーパンツの下は基本的に下着はつけません。
下着の縫目が痛みの原因になる場合も有ります。
また速乾性の乏しい下着は不快感満載です。
サイクルパッドももちろん通気性を大切に考えられていますが、下着が汗でびしょびしょではなんも意味がなくなってしまいます。
専用品はこういったことを考えて作られています。



ワタクシ自身ロードバイクにのるときはサイクルジャージ+ビブショーツです。
サイクルジャージ 半袖 上下セット ビブショーツ Fomalhaut(フォーマルハウト)春夏秋【グリーン×ブラック×ホワイト】【送料無料】サイクルウェア
サイクルジャージ 半袖 上下セット ビブショーツ Fomalhaut(フォーマルハウト)春夏秋【グリーン×ブラック×ホワイト】【送料無料】サイクルウェア
↑こんなカッコです↑

ビブショーツって、、、肩紐付きのパンツです。

コレばかりははいてみないとわからないと思いますが、ワタシは断じてビブ派です。

トイレが大変というところもありますが、ライドが辛くなればなるほどに恩恵を感じられます。



とサイクルウェアをおすすめする理由をお伝えいたしましが、確かにこのままの服で【高級レストラン】は入れませんが、サイクリングロードとかなら問題ないです。 

水着で町中は歩けませんが、スーツで海水浴もしませんよね(笑

そしていわゆるロードバイクで有名なところ、峠や山にいくと寧ろ私服のほうが目立ってしまいます。

郷に入っては郷に従え、、、ということでしょう。



当店は自転車用品全般を扱っていますが、コスパよし!のサイクルウェアに力を入れております。

【ヤッパリ専用ウェアって高いよね、、、】

【初めてなんだけど選び方が、、、どうしよう。。。】

【そんなに速くないし初心者なんだけど、、、】

サイズ選び、その他ご不明点はなんなりとお気軽にお問い合わせ下さい。

もちろん初心者の方も、女性もお気軽にお問い合わせ下さい。

詳細はメールにてご連絡下さい。
ということでサイクルウェアをおすすめする理由、というお話しでした。




★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

サイクルウェアの選び方 ~レーパン編~第2段

前回の【
に引き続き今回は【
サイクルウェアの選び方 ~レーパン編~第2段】です。

大事なのはぴったり密着するサイズでありホールド感が安定につながる
とまとめましたがじゃあ具体的に掘り下げていこうかと思います・
 rect3855-4-0
通常のスラックスのようなズボンとは違いレーサーパンツは全体で下腹部から大腿部をカバーします。
青色枠は腹部~腰部
黄色枠は骨盤部
緑線が大腿部
の主にいわゆるレーパンはこの【3点】がポイントになります。
この【3点】が自分に合うものを選びましょう、というのは説明書通りです。
しかしそれだけでは良いレーパンは選べないことも有ります。

ビブショーツは少々変わりますが、それは前回お話ししたので、さらっといきます。
ビブショーツは
肩の赤いラインが加わります。
path4069
 それによりパンツタイプだと設計上外すことのできない青枠の部分の締め付けをほぼ皆無に出来るということです。腹部の締め付けの代わりに肩で保持するということです。
しかしどんなに腹部の締め付けがないと言われるビブショーツでも黄色枠の安定感は重要です。

話は戻ります。
上で書いたようにレーサーパンツは「主に」3点のポイントが有りますが、それだけではありません。
rect407187

 矢印のように全体で保持するということです。
レーサーパンツは【柔軟性】を持ちながらも矢印の方向に【保持する力】が必要です。
それはパッドの密着感を上げるだけではなく、腹部の締め付けを最大限に弱めることができるからです。

 グローブもヘルメットもそうですが、例えばウエストゴムを切り取ってしまっても(もったえなくてできませんが)それでペダリング中に落ちてくるようではダメということです。

レーパン選びで最も重要なのが、 黄色枠【骨盤部】の部分です。
上でポイント【3点】で選びましょう。ありましたがこれが優先すべき最重要ポイントです。
各メーカーのサイズ表にココがないのはおかしい!てんちょーは声を大にして言います。(※ヒップとはちょっと違います。)
この部分がしっかりしているレーパンこそ【いいレーパン】であると言えます。 

ココは腹部ほど脂肪の影響を受けにくい部分です。

上のレーパンはてんちょーピッタリサイズですが、ダメな例を見てみましょう。
rect3855-4-0

もう明らかに黄色枠が緩すぎですね。冬用のパンツでありがちです。
ココがゆるいレーパンはどうにもこうにもなりません。
保持力が弱くペダリング中にパッドがずれたり、場合によてはダンシング~シッティングの際にパッドが引っかかったりすることが有ります。
ではお持ちのレーパンがこんな状態です、といった場合には応急処置的な使い方があります。
それは【スポーツ腹巻き】です。普通の腹巻きよりもしっかりしているタイプのものであれはそれを黄色枠にかかるように巻くことである程度保持できるようになります。でお金がたまったらしっかりしたものを買いましょう! 

お値段の話が出たので追記します。
高過ぎるものはちょっと、、、考えますね。落車したらビリビリになるし、高いからといって破れにくいとか毛玉になりにくいとかあんまり関係ありませんから。
これもそうですが、高いものを伸びながらも長く着るのであれば、1.2シーズンでパリっとした新たしいものを購入するということはモチベーション維持の観点からもオススめできます。
一流ブランド物はびっくりするぐらい高いです。
初めてでしたらパンツで3000円、ビブショーツで5000円ぐらいまでで選ぶのがいいかと思います。
安くて粗悪なものはお勧めできません
「レーパン」ってこんなもんなのかと思ってしまっては残念ですからね。
そこで当店があります!
てんちょーが選び抜いた厳選レーパンです。ちょっと宣伝してしまいました。

ということで今回は【レーパン選び】大事なのは黄色枠【骨盤部】 の安定感であり、骨盤部がしっかりしていればパッドの安定感も増す、安定しているものはペダリングを最大限に引き出すことができる。というお話でした。

当店の取扱商品は主にレーパンは黄色枠【骨盤部】の安定感で商品の選定をします。
設計の段階からダメな物もありますので、当店ではこの安定感のない商品はお売り致しません。
 
 rakulogobanner3

 サイクルウェアとロードバイクパーツのお店 http://www.rakuten.co.jp/ffcycle/

 

サイクルウェアの選び方 ~トップス編~夏
 
前回の【】に引き続き今回はトップス編夏です。
レーサーパンツ(レーパン)の機能性は前回書きましたが今回はトップス(上半身)についてです。

8468ca76.jpg
 
当店にて取扱商品です。

まず吸汗速乾素材(ポリエステル100%が多いのではないでしょうか)
ポリエステルは「サラサラしている」「汗ジミができくい(対綿比)」「しわになりにくい」
大きな機能性特徴は【水を吸ったとしても性能にあまり変化がない】ということ 
通常の服であれば「しわになりにくい」や「汗を吸ったとしても性能にあまり変化がない」というところから面と混合でさせて使われているようです

汗を大量にかくスポーツに使われるウェアでは綿だと汗の吸収はいいですが、汗を吸ってもなかなか乾かず重くなる、べたつきが不快感につながり、さらに濡れた衣服を身につけているれば常に風の中にさらされているサイクルスポーツではどんどん体温が落ちていきます。

【性能があまり変化しない】というところが大事なところでべったり肌に張り付きにくいというわけです。

そしてポリエステル自体、非常に強い繊維の一つで、コシやハリ、耐熱性に優れているため、洗濯に強い、紫外線に強い、ということです。

まさに大量に汗をかき、紫外線にさらされることの多いサイクルスポーツではもってこいの素材ってわけです。

しかしポリエステルの欠点があります。
それは【伸縮性】です。
サイクルスポーツでは上半身の動きは下半身に比べるとおとなしいですね。
バスケットボールやバレーボールのように「バンザイ」をする姿勢は競技中はあまり無いですから。
そのためトップスではポリエステル100%が選ばれているということです。

下半身ではどうでしょう(トップス編ですがかる~くだけ)
似た素材でポリウレタンという素材がありますが、コチラはゴムを代替する繊維で伸縮性に優れています。
しかし染色性が弱く寿命も短いというわけです。要は伸縮性のために使われることが多いようです。
サイクルスポーツは下半身は激しく動きます。当然伸縮性が重要になるわけです。
そこでこのポリウレタンやライクラのように伸縮性に飛んだ素材を少し混ぜ込むということです。

少しそれましたが素材の話です。

次は機能的な部分ですが、前回も少々かいたのでさらっと、背中のバックポケット はとても便利です。
text3852
 そしてライディングポジションを考慮して背中の丈が必ず長くなっています。
背中丸出しはかっこ悪いですからね。

 そして前面フルジップということです。
フルジップでないものはてんちょーは苦手です。
ヘルメットを脱がないと脱ぎ着ができないし、(暑い時はすぐインナー脱いだり、上から来たりとしないとすぐ冷えちゃいますからね。)暑い時はガバっと開けて水をかけたります。

後は各メーカーのごとに色々あります。
image4013

 ちょっと見にくくて申し訳ありませんが、まず袖口の加工です。
上が通常の何の変哲もないサイクルジャージの加工です。
下がちょっとこってます。通常のポリ100%のジャージの素材よりも伸縮性の高い素材を使っています。
これがまた肌触りが抜群です。

そして裾を見てみましょう
P4091425
ここにもすべり止め加工がされているものも有ります。
画像の上の商品がそうです。この部分は直接肌に触れないので、シリコンを用いても肌荒れかぶれ等の心配はありませんね。
このシリコン製の滑り止めが付いている方のジャージは逆にレーパンの裾はシリコンがないんです。袖口のように特殊な素材の布を使っているんです。メーカーさんは色々考えてますね、

また少々見にくいですが、下のジャージは脇部がすべてメッシュ素材になっています。
P4091426
 これは通気性が良さそうです。

といったようにサイクルジャージと言っても各メーカー色々力を入れている所があります。
サイクルジャージはただポリエステル100%でポケットが付いている、、、だけではなくて設計寸法もメーカーに合わせていろいろ有ります。 

サイクルジャージの選び方
サイスはぴったりを選びましょう!個人的には大きすぎるよりかは小さめの方がいいです。某ネットで有名なちょっと変わった乗り方を推奨する方、あの方はジャージいっつもピチピチです。ちょっと小さいんでは、、、
ブカブカのサイクルジャージほどかっこ悪いし機能的ではないものはないです。

ということで今回はサイクルジャージの選び方(トップス編)でした。
なお今回写真のジャージはコチラまで
↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ 


 rakulogobanner3

 サイクルウェアとロードバイクパーツのお店 http://www.rakuten.co.jp/ffcycle/

 

↑このページのトップヘ