えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:オーバーホール

シマノロード用ホイール R500 お預かりオーバーホール


今回はこちら【R500】のオーバーホールです。
P8024423


以前のメンテ会の際にトンデモないゴロツキを見せていたR500です。
P8014382

流石にベアリングのオーバーホールはちょっと野外では行いたくないのでお預かりをしてオーバーホールをということです。

オーナーからは【極力お金をかけないように・・・】な~んて無茶なお願いをされているのは内緒です。。。


このシマノ ロード用ホイール R500といえば、、、

・重い

・頑丈

・メンテがしやすい


と三拍子揃っていいホイールです。

10速なのが難点ですが、それ以外はメンテを学びたい初心者には持って来いのホイールということです。

現行品だと【R501】というモデルがこれに当ります。


で早速作業へ入ります。

ハブのゴロツキを確認すると、、、

やはり定期的に【ゴリッ、ゴリッ、ゴリッ、、、】

うんっ、完全に嫌な感じです。


リアはと言うと、、、汚いぐらいで問題はありません。

まずはフロントからバラしてみましょう。。。
P8014383

ハブコーンレンチを使ってロックナットをゆるめます。

なんですが、通常片側からのアクセスで【玉押し】を抑えて【ロックナット】を緩めるという方法が一般的かと思いますが、アホみたいな力で閉まっているときは反対側のロックナットを抑えてあげて緩めることもできます。
(※やりやすい方で、、、)

P8014384

パーツも少ないので簡単です。

外すときは順番を間違えないように覚えておくと組み付けのときに苦労しないです。

P8014385

ロックナットを外したら玉押しを外しちゃいます。

これで反対側からハブ軸が【ズボッ】と抜けます。

P8014391

こういう状態です。

今回はこの状態でベアリングボールを取り出しました。

P8014390

何故かベアリングボールの数が分解図よりも多かったのは内緒です。。。(笑

シールリングもオーバーホールにはジャマなのでシールも外します。

 P8014394

結構ピタッと入っているのでスパナでめくって上げると簡単に外れます。

指とかでは初めて外す時なんかは結構きついかもしれません。

 P8014395

これで全バラ完了です。

後は状態の確認です。

さぁ、あのゴロツキの正体は如何に!!!

P8014397

 R側玉受け、、、

 P8014396

L側玉受け

※画像中心の2つの乳首ポッチは製造過程でできるものということです。

特に問題はありません。


そして玉押しはというと、、、

 P8014401

ι(´Д`υ)アチャー

やはり【虫食い】です。

これが嫌なゴロツキの正体でした。

もうこうなると交換しかありません。

ということでさくっとユニットの注文です。

R500はもう型落ちでパーツが出てきませんので互換性のあるR501の玉押しユニットでの注文です。

ロックナットユニット Y2TA98030

 という3点セットのパーツで注文ができます。

 image4144

抱き合わせ3点セットでのお買上げです。たしか700円ぐらいだったような気が、、、

新旧比較です。

P8024420
※右側新品です

ベアリング球は違いますが、玉押し玉受けは新品のほうが輝きが少ないです。
(当然ホイールのグレード・種類にもよります。)

これを使い込んでいくうちに【あたり】が出るぐらいの段階でピッカピカになります。

ですので新品のホイールを買った後は玉当たり調整だけしっかりしてしばらく乗って、あたりが付いた頃にグリスを綺麗に入れ替える。これをすることでハブの状態がものすごくいい状態できるものもあります。


ということで作業再開です。

ベアリング球、玉受け、軸、シールリング、全てピカピカに磨き上げて新しいグリスを入れていきます。

フロントはウレアグリスを使いました。
P8014402

玉受けにボールが張り付くぐらい入れておきます。

P8014403

でボールを並べます。

P8014404

多分オーナーはメンテ頻度がそこまで高くない方なのでみっちりグリスを入れておきます。

多すぎるグリスは全部はみ出して後ほど拭き取ることになるのですが、防水、防塵目的で多めにグリスを入れてあります。

P8014405

 シールリングをはめて片側終了です。

同じ要領で反対側も行います。

 P8014406

特に雨に日でもガンガン乗ってしまうような場合は水に強いウレア系のグリスを多めに入れておくと耐水性が上がるような気がして、多めに入れてしまいます。

軸を入れる前は軸にも薄っすらとグリスを塗っておきます。
 P8014416
※これはリアの軸でした、、、

軸の挿入時に玉押しにもグリスを塗ることもありますが、今回はもりもりにグリスを入れているので玉押しにグリスは塗りませんでした。

P8014407

差し込んで抜いてみればグリスは内部に塗りこんだものでも十分に足りていますね。

P8014408

反対側の玉押しを入れて、ロックナットをはめて玉当たり調整です。

ここはなんといっても専用工具、【ハブコーンレンチ】があると作業がとても楽です。

P8024432
APのハブコーンレンチです。
めちゃくちゃ精度がいいわけではないのですが、全く問題なく普通に使えます。

ということで絶妙に玉当たり調整をして、後はクリーニングです。

グリスのはみ出したものや、ハブの外側も汚すぎますのでピカピカに仕上げます。







と実はこの後ウレアからレーシンググリスに入れ替えちゃいました。

レーシンググリスBGR-006恐るべし、、、

 
で次はリアです。

基本的にフロントとほぼ同様の作業を行います。

リアはフロントと違って、チェーンオイルなどの汚れがよくにフリーボディ側に多く付着します。

それらも綺麗にしてあげます。

P8014411

 リアは玉押し、玉受け、ボール全てにおいて異常はありませんでしたので、クリーニングをして組み付けです。

P8014413

 リアはスペシャルグリスを使いました。

このグリスAZさんの(←どんだけ大好きなんだよっ!) 新商品だと思います。
まだチラシにも載ってきていませんので、、、 

柔らかさ、極圧性、防錆性、、、全てにおいて最高だと思いますが、少々高いのが難点、、、それでも1000円でお釣りが来ますが、、、

コイツが非常に(・∀・)イイ!!です。 

最後の方にまとめてご紹介いたしますm(_ _)m



で玉当たり調整をして完了!

完了後にはみ出したグリス、フリーボディのヨゴレ等をピカピカにすれば作業は終了です。

P8024425

ということで、これでハブのオーバーホールが終了です。

ホイールのオーバーホールはまだまだ続きます。


今回登場したものはこちら

言わずと知れたWH-R501 

玉当たり調整は使いが勝手のいい工具が何より最高の玉あたりを出すことができます。
2000円でお釣りは来るし持ち手の使い勝手もバッチリです。
とんでもない力で閉まっていてもこれなら問題なく緩めることができます。
※締めすぎにはご注意下さい。

AZのウレアグリス、水に強く柔らか目のグリスです。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

AZ 袋入り ウレアグリース ジャバラ400g [ウレアグリス]
価格:756円(税込、送料別) (2016/8/2時点)



柔らかさ、伸び、極圧性今のところ最高だと思いますが、少々高いのが何点。
一度使ったらウレアに戻れないかも、、、です。





次回、振れ取り、スポークテンション調整、リムのお掃除、研磨 予定です。

ということでR500はヤッパリメンテンナスがやりやすいし初心者の方の初めてのハブメンテにもおすすめしやすいかなぁ、、、というお話しでした。




 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

ロードバイクメンテ【ヘッドパーツのオーバーホール】


1年に一回の恒例行事、オーバーホールってほどのこともしていませんが、夜な夜な本格シーズン前にヘッドパーツのオーバーホールを行いました。
P6084002

ハブと同様にカートリッジ(シールド)ベアリングのヘッドパーツは難易度低めかと思います。

SempreProのヘッドパーツのメンテです。

本当は作業台を使ったほうが楽といえば楽なのですが、、、なくてもなんとかなるので床置のまま作業を始めます。
 

早速作業にとりかかります。

P6084004
 
上から順番にバラしていきます。

トップキャップを外してスペーサー→ステムスペーサーを抜去します。

プレッシャーアンカーはついたままでも問題がないので緩みの確認だけして基本的にはそのままです。



ボルトを緩めたら次はブレーキです。

本体がフォークに取り付けられていますのでくっつけたままだとフォークを完全にバラせませんので本体も外しちゃいます。

P6084006
※穴から突っ込んで外します。

P6084007

外した後はプランプランしているのもおさまりが悪いのでケーブルが変な方向に曲がらないようにブラケットにくくってしまいます。

コレでブランブランしないようにできます。

カンタンなことですが、作業性が大幅に上がります。

P6084009

ハンドルをステムごと引っこ抜きます。

この段階でクイックを緩めてしまいます。

P6084008

フォークを引き抜く際にホイールが付いていると思わぬ動きをする時がありますのでワタクシの場合はホイールを外してから行います。

トップカバーを外して、、、

P6084010
この際にフロントが浮いている状態(整備台の上)だとフォークの重さでフォークが落っこちてしまうことがあります。防止するためにもホイールは外しておいたほうがいいかもしれません。

上部のCリングのようなものを外し、上部ベアリングを外します。

P6084011

抜けない場合はコロンブスの卵ではありませんが、フレームを持ち上げるように軽く動かしてあげると浮いてきます。

後は下に引き抜けばフォークが外れます。

この段階ではホイールが外してあったほうがいいでしょう。


ズボッと、、、

(ブレーキ本体がくっついていると邪魔です)
P6084013
 
外したクラウンレース部(下玉押し)です。

コレもヘッドパーツ交換の際は引っこ抜いてぶったったいて交換するのですが、全く問題がないため再利用です。


パット見グリスも綺麗な色をしているのですが、、、

P6084015

よ~くみると少々ヘドロのようになったものが固まっています。

ガンガン洗車とかしている割に水の侵入もほぼなくフォーククラウン部からのホコリ等の侵入による汚れが一番多いようです。

汚れは溜めすぎる前に綺麗にしておくのがいいですね。

楊枝やキッチンペーパー、お好きなもので徹底的に綺麗にします。

おすすめはこちら↓↓↓






ちなみにうちの近くのロイヤルホームセンターでは270円ぐらいだった気がします。

水で絞って使えるという【ペーパーウエス】です。(水は使いませんが。)

キッチンペーパーよりも丈夫で汚れのふき取りには最適です。

基本あんまり使いませんが、パークリを染み込ませて使うのにも最適です。

P6084019

ヘドロのようになったグリス。

フォークコラム部は美しいカーボン調。、、、調と言うかカーボンですね(笑


で綺麗になったレース部です。

P6084021

美しいです。。。


そしてフォーク単体

P6084016
 
Sempreは上下異型ヘッドです。
 
 P6084018

見事な三角錐型、、、こう見ると一目瞭然です。

 
そういえば結構軽いなぁなんて思って計測をしてみました。

 P6084020

【374g】(プレッシャーアンカー入り)です。

ともあれ寄り道はこの辺にして作業に戻ります。


取り外したヘッドパーツ類です。

P6084022

まぁ、、、1年分の汚れがあります。

P6084023

下側のベアリングです。

P6084025

ピカピカに磨き上げます。

ベアリングの状態を確認してみますが、極めてスムーズ。

状態が悪ければ【めくりんちょ】して中もグリスの詰替えやろうかと思っていたのですが、必要はありませんでした。
 P6084031

基本的にシールドベアリングは、、、そんなことせずに交換ですね。


ヘッドパーツの回転ってなめらかにスムーズに動くことは非常に大切なんですが、軽すぎても不安になる時があります。

モーターサイクルに乗っていた方は【ステダン】なんて使っていた方もいらっしゃるのではないかと。MTB用ではあるようですが、ロードでは発見できませんでした。

ダウンヒルのコーナーリング時なんていいなぁと思うのですが、、、

FSAのシールドベアリングは極めてなめらかで、ベアリングの回転はしっとり系です。

それがこのヘッドパーツの好きなところでもあるんです。

コーナーリングに重きをおくエンジン付きとは少々違うかとは思いますが、

極軽めなステダンなんてあったらいいなぁと思う今日このごろです。。。
 

ともあれ上部も同じく綺麗に磨き上げます。
 P6084026
結構ドロドロです。

上も下と同様にベアリングはとてもスムーズ。渋さも全くありません。

しっかりとグリスアップされていますし、定期的にメンテしているのでまだまだ行けそうです。


やはり上部のほうがちょっと悪い色の汚れがありました。
P6084030


外せるものは4つのパーツです。

すべてピカピカになりました。

 P6084029

次はフレーム側です。

上と、、、
P6084033

下です。
 P6084037

上にも下にも落書きがしてありました。

なんか組み上げの際に印になるのでしょう。


ついでに フレームの内部も見れる貴重なタイミングです。
P6084039

 正にカーボンです(笑

深夜に何をやっているのでしょうか、、、、


戻ります。

綺麗になったら組み上げです。

組み上げの際はグリースを美しく塗り、組み上げます。

使うグリスは、、、スペシャルグリスです。最後にご紹介です。

極圧性と防錆性で選びました。

ここはあまりメンテを頻繁にする部分ではないですし、結構荷重のかかる部分であります。

 P6084040


下側のベアリングです。
P6084041

でこれをセット、

 P6084042

このベアリングをセットした時の精度がすっごい好きです。

カンパハブのシャフトに玉押しを入れた時のぴったり感、グリスが均等に伸びていく吸い付くようなフィット感、、、

金属同士のこのぴったり感がどちらもたまらないです。。。(笑



ではなくて、、、余分なものは拭き取ります。

 P6084043
上部ベアリングも同様にグリスアップです。

こちらの割入りリングも同様にフィット感がたまらないです。



トップカバーもグリスアップですが、画像中心部にパッキンのようなものがあり、異物の侵入を防いでくれるような構造になっています。
 P6084028

パーツの数もそんなに多くないので特に組み上げも難しくはないです。


【ズボッ】と入れてやります。

P6084046

そしてステムを付ける前にはカーボン用のグリスを。

 P6084048
ザラザラのグリスでズレや滑りを防止します。






 P6084049
これをステムのクランプ部にに塗ってから組み付けます。

 P6084051

仮組み後センター出しです。


これはなにかいい方法を全世界規模で調べたのですが、0.1°もずれずにセットする方法は見つかりませんでした。

ということでここは経験と技術、腕の見せどころです。

BlogPaint

多分これで±0.1°以内には収まっているはずです。

ここまできたら後は順番を間違えないように本締めしていきます。

トップ→ステム(→トップ)です。


最後はブレーキを取り付けて規定のトルクで本締めで終了です。


ブレーキのセンターも【ドセンター】を出します。

輪行や何らかの原因で多少ずれていることがあります。


このブレーキのセンターをビシっと出すことでブレーキの性能も最大限に引き出すことができます。

P6084054

寸分変わらず、必ず握りこんでいきシューが触れる瞬間は両側のパッドが同時に接触するように気合を入れてセンターを出しました。


とこれでヘッドのクリーニングは終了です。


来年はベアリングの状態にもよりますが、シールをめくりんちょして掃除をしようかなぁと考えておりますが、ついギに開けるのはまた来年のお話しです。


ということで1年に1回のヘッドパーツのクリーニング(オーバーホールとまではいかないかな、)のお話しでした。

定期的に行っておくことでサビや不具合の防止になります。

トラブルは未然に防いで調子の良い状態を長続きさせることが長持ちの秘訣です。



+++トラブルバスター+++++++++++++++++++

先日こんなお話しを頂きました。

【ヘッド回りから【パキッ】【ペキッ】っと音がする】ということでした。

よくある【ヘッド回りの異音】ということです。

早速自転車を拝見。。。

静止状態でバウンドさせたり、揺すったり、体重をかけても音は全く出ません。

では試乗へ、、、

確かに時々音が出ています。

ハンドルを大きくきると、「パキッ」、、、前輪の荷重が抜けると「パキッ」

毎回出るわけではなくて不規則にただし確実に時々でます。

嫌な感じですね。


こういった時は基本的にフレーム全体を疑うのですが、今回の問題でわかりやすいのは【低速でも出音鳴がでる】ということです。

ある程度のスピードが出ないとならない音の原因はどこから出ているのかの特定に時間がかかる場合があります。


ということでヘッド部をバラしてみます。

、、、全く問題がありません。汚れこそあるもののガタや、傷もありません。

と言うか、ここのまえに気がついたことが、、、

特にパーツ自体には問題がなさそうなので、そのまま仮組みしちゃいます。

で今回の主役の【トップキャプ】です。

シールドベアリングのヘッドパーツは玉当り調整は不要、、、というか締め付けは締めすぎでもなんとかなってしまう場合が多いです

が、今回の問題はコレでした。

【締め付けすぎ】ということです。

締めすぎることで異音が発生しているという状態でした。


ハンドル回りは基本的にしっかりと締めたいところではありますが、シールドベアリングでも締め込み過ぎでの不具合はでる場合もある、ということです。

もちろんプロにお任せしてしまえばこういった不具合は起きないはずです。

ということでトラブルバスター、異音の改善という追記でした。

ワタクシのAZのグリスの手持ちは3種類

少しだけご紹介を!
全て調度は2ですが、硬さが少しだけ違います。

一番柔らかいグリスです。

少々固いですが、極圧性を重視したグリス

そして極圧性がありつつも柔らか目のグリスです。



最後のは高いです。

今回は一番下のレーシンググリスを使用してみました。
何故かと言うと、、、多分新製品です。

2016年7月現在AZのチラシにもまだ記載がありません。

BGR-006触った感じは固めではあるのですが、非常に伸びが良くていい感じがします。

 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

年末大掃除 第2段 BR-6800 分解清掃

※本記事はブレーキの分解清掃を行っておりますが、
 決しておすすめできるものではございません。
 また ブレーキのメンテナンスは大きな怪我につながる場合も
 あり、プロにお任せすることを推奨いたします。

ということでBR-6800のオーバーホールがてら分解清掃です。

始めに書いてありますが、お薦めはできません。

うちに何機かあるBR-6800のうち一番年季の入っているものを使用しましたが
効果はどうかというと、、、前バラしなくても良かったのでは、、、。
そしてBR-4600よりも遥かにめんどくさい。
整備性があまり良くないんです。
多分下手こいたらぶっ壊れます。
そして調整も非常にやりづらかったです。

シマノの展開図を見ても本体までのばらばらの説明はありません。
ということは開けてはダメ、ということなのでしょう。


★分解してみるとわかるのですが、フレームに取り付けていない時の調整で
どうしても傷がついてしまう部分があります。構造上の問題だと思います。
シマノさんのバラすなというプレッシャーが、、、
PC253697
ケーブルの固定部を取り付けていないとここがすり減ります。


ということでお薦めはできませんが、この機種に関しては全く記事がなかったので
ばらばらにした報告がてらの記事となります。

PC243677

ちょっと厄介なこの子です。

邪魔なものはどんどん外して行きます


シューホルダーは誰でも外すことができると思います。

PC243655

BR-6800はここもバラバラにできます。

ケーブル固定部もくるくる回ってしまうので、
反対側はアーレンをさして固定です。
PC243656


無事に開くと構造が見えてきます。
PC243654

 ボールが入ってました。

ボールの下にはバネが入ってます。
PC243653
PC243649

まぁここは展開図もありますし、大した構造ではありません。
組み付けの時にじゃまになりますので、綺麗にして順番がわからなくならないように
そっと片隅においておきます。

本体をガンガンバラしていきます。
まずはイモネジを探します。
PC243662
ありましたここです。

※下の写真はバネが外れた状態ですが、
通常ばらす前はバネがはまっています。
同じくケーブルの固定部も外してしまいます。
PC243671

ピボット部の2箇所のネジを外していきますが、
画像左側のネジを外すと盛大にパーツがぶっ飛んでいきます。

バネが結構強力なんです。

でパーツを無くさないようにまずは2分割します。
PC243673

2分割だできたら次は3枚卸です。

といっても特に難しいことはありません。

バネの力がなければあとは工作と一緒です。

ネジを外せばほらバラバラです。
PC253679



PC243657

可動部はやはり汚れが溜まってきていますね。

※ココらへんから写真が減り始めます。
 結構ドロドロだったのでカメラがグリスと汚れで死にかけてしまいました。

PC243659

可動部奥の方にかなり汚れが詰まってきています。

これでは動きが砂利ついてスムーズには動きません。

手で動かしてみても【じゃりじゃり】としています。

バラしたら細部の汚れを爪楊枝や、赤ちゃん綿棒を使って綺麗に拭き取ります。

PC243660

BR-6800のキモ、ベアリングですね。

こいつが2個ばかり入っています。

シールド構造は大したことないのですが、中はいたって綺麗でしたので、
さっと掃除で終わりです。

これは本当に細かい鋼球が入っています。
PC253681
なくしたら終わりなのでくれぐれも注意してください。

PC253682
こんだけ小さいのでグリスはかなり柔らかいものを使用しました。
シマノのケーブルグリスにちょっとだけ混ぜモノをしてあります。

PC253683
細かい玉をなくさないうちに封入です、、、
本当に細かいです。


ここからが大本番【組み付け】です。


どんなやり方が正しいのかは不明ですが、イメージは後ろ側(フレームに固定する側)
から順番に組んでいくイメージで行いました。

まずは後方のパーツの組みあがりからです。
PC253688
※第一段階完成画像です。

最初からいきます。
PC243669

順番を間違えないようにワッシャーやベアリング、スプリングを挟み込んで
仮組していきます。
PC243664
PC243666

順番さえ間違わななければここは難しくないです。

バネもはめなくてもいいので比較的楽に組み付きます。


PC243674

せっかく全バラなので各所にグリスを忘れないように入れます。
【トリモチ】かしないように入れ過ぎには注意します

PC253690

スレーブの内側、ボルトあとはここにも入れました。
ここの動きが結構重要な感じでした。


で次からが本番です。

バネをはめてバネを縮めつつ一番前面のパネルをつけます。

ということでどうやっても写真は無理でした。

両手フル稼働で縮めて~はめて~しめて~ですので結構たいへんです。

バネを後回しにして、当りの調整を先にやってみたりとかいろいろやってみたの
ですがダメでした。

バネが非常に奥まった位置にあるので、プライヤーで挟んでということもできません。

ですので組み付ける際にすでにネジをはめ込んで組み付ける必要がありました。


どなたかもっと素敵なやり方があるのであれば教えてもらいたいです。

PC243674
PC243675

組み付ける際はくれぐれもバネの【かかり】を間違えないようにです。

PC253689
画像ではもう少しですが、もうちょっと片手で縮めて、その隙にボルトを入れます。
これは慣れです。

かれこれ昨日から5回ぐらい組み直したんですが、そのぐらいやれば
なんとか不自由なくできるようになります。


しかしアルテグラのグレードは各パーツの剛性が非常に高く、精度も良く出来ています。


もうここまでくれば完成状態なのですが、
仮組の状態でガタが出ないように調整をします。
※ガタ調整は従来のようにある程度組み上げてから行うのではなく、
 各々組みながら行っていきました。
 組み上がってからはどうしてもわかりにくかったです。

従来の旧式ブレーキキャリパーだと、
バネをはめる前に調整してバネをはめて終了、
というところですが、研究の足りないてんちょーはバネをはめてからしか
いじれませんでした。

ということでほぼほぼ完組の状態まで持って行き最後の増し締めがてら
最終調整をして終了です。

PC253695




で効果の程はというと、、、

確かにじゃりじゃり感はなくなったんだけど、今までのキャリパーみたいに
感動するほどでもなかったです。

おそらく販売時の組みあがりが非常に良い状態であるということだと思います。

あとは実際に使用して、グリスが馴染んできたりするともっと良くなる
可能性はあります。


しかしこれって展開図通りに分解して外から綺麗にするだけでもいいような気がします。

ちょっと残念な結果でしたが、
あまりお薦めはできないブレーキの全バラ掃除でした。


rect4615
rect3138






↑このページのトップヘ