えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:グリス

ロードバイクのハブには?グリスの話 極圧添加剤とか硬さとか

現在ワタクシがロードバイクのハブに組み込んでいるのがこちらです。

AZ エーゼット 極圧有機モリブデングリースウレアベース 400g ジャバラ KY780
AZ エーゼット 極圧有機モリブデングリースウレアベース 400g ジャバラ KY780



まずはこの極圧ってなんだっていうお話しです。


▶極圧剤とは

金属の2面間の摩擦、摩耗の減少、焼きつきの防止のために潤滑油に加えられる添加剤のことです。


▶潤滑剤の役割とは

摩擦面の間に油膜を作って金属同士の接触を減らし摩擦や摩耗を減らすことです。
rect4195
※参考画像(オレンジ:潤滑剤)

また、金属-金属間の間の油膜の粘度で摩擦抵抗が決まります。



▶潤滑条件について


接触部分の圧力が高い、滑り速度が小さい、また油の粘度が低すぎる場合 摩擦面の潤滑油野膜が薄くなり、金属部分の凸部同士が接触し、摩擦抵抗が大きくなり摩耗がおきます。この状態を【境界潤滑】と呼びます。


▶通常の油性剤


油性剤は、金属表面に吸着して吸着膜を作りこれが【境界潤滑】状態にある金属と金属の接触を妨げ、摩擦、摩耗を減らしますが、それは比較的摩擦面の温度、圧力が低い場合です。


▶極圧添加剤とは


極圧という名前から、高い圧力だけで作用するように誤解されますが、温度で反応が起きます。常温や比較的低い温度では安定、融着が起こる高い温度の少し手前で、活性になって金属と反応してます。


▶なぜ有機モリブデンを使うのか

上だけ読んでいれば温度?そんなに高温にはならないでしょ?ってことですが理由はただ一つです。

【耐衝撃性】です。

商品説明にこうあります。
衝撃荷重に強く、耐熱性、耐水性、極圧性、付着性に優れているほか、酸化防止及び機械安定性が良好です。 また、水に溶解しにくく、水分混入による軟化や漏洩がないので、長期間安定した潤滑が可能です。

耐熱性とかは多分自転車のハブぐらいでは工業ベアリングと比べても回転数もそこまで多くはないと思いますが、ロードバイクで肝になるのが、ベアリングにかかる【衝撃】です。

路面の影響をもろに受けるロードバイクでは瞬間的にベアリング球に結構荷重が「ガチンッ」と乗る場合があると考えています。
特に高速のダウンヒル(てめぇおせえじゃんか、、、)なんか特にですね。

そんなときのダメージを想定しての【保険】です。


▶ベアリングとグリース

ハブとは少々お話しがそれますが、工業用のベアリングにはこんな話もあります。

軸受のグリス充填量は,軸受の空間容積の30~40%とする。
回転速度の高い場合や温度上昇を低く抑えたいときには少なめ。
グリ-ス充填量が多過ぎると攪拌熱で温度上昇が大きくなり,
グリ-スの軟化による漏れ,又は酸化などの変質によって
グリ-スの潤滑性能の低下を招く

ベアリングの基礎知識
http://ginouzyuku.web.fc2.com/bearing.pdf P21 より抜粋


ロードバイクのハブは天候の影響や洗車をしたり、耐水性が重要な場面も多く出てきます。
ワタクシはもりもり入れちゃいます。
充填ポイントが正しい場所の場合は多めに入れても余分なものは構造上軸受けからはみ出してシール付近にたまりますので、こなれてきた頃がいい塩梅になっています。



また、ウレアグリースに比べて少々重めの有機モリブデングリースですが、グリースに関してこんな記事があります。

ID-S53 密封玉軸受の潤滑グリースの寿命はどのようにして決まるか
http://www.jalos.jp/jalos/qa/articles/012-S53.htm より抜粋

●潤滑グリースとは
 潤滑グリースは、基油と呼ばれる天然産の鉱油または人工の合成油に、増稠剤と呼ばれる3次元構造をもった親油性のある微細な固体を、5~20%分散させ、半固体のペースト状にした潤滑剤です。
 
 増稠剤には、脂肪酸の金属塩である金属石けん、脂肪酸と有機酸を組合わせた複合石けん、有機系非石けん、無機系非石けんなどが使われています。
 
 増稠剤のために、グリースは静止した状態では固体として挙動するが、激しくかき混ぜると軟化して液体に近くなるという、非ニュートン流体の性質をもつようになります。

 したがって、転がり軸受が停止しているときには、グリースは固体になって流出せず、回転してグリースがせん断を受けると流動化して、ほぼ基油の状態になって潤滑の役目をはたし、回転が停まればまた元の固体に戻るようになります。
 

走行時きちんとベアリングが動き始め、負荷がかかった走行状態の時にどうなるか、ということです。

なにかと空転で重い重いと叩かれることの多いSHIMANOヅラグリースですが、上の理由からすると負荷のかからない状態での空転の重さは走行になると感じないのかもしれません。

さすが世界のSHIMANOさん、実際どうだかわかりませんが、、、

ワタクシ自身もどうしても、、、どうしても組みあがりの空転時間を見てしまいますが、それだけでは計れないものがあるということですね。

元にワタクシの使用しているAZの有機モリブデンウレアも空転時間こそ短いですが、実際に走行してみるとむしろ軽いっ、、、と思ってしまうほどです。プラセボじゃねーの?

イイじゃねっ!と信じることが大切です!


グリースについては柔らかければいいってもんでもないですし、固くても重いものは重いです。

【通常の潤滑性能】に加えて【耐水性】【耐衝撃性】何かを兼ね備えているとベアリングに優しいのでは、と思います。


とてもなが~い道のりの先に答えがあるかどうかはわかりませんが、えっちらおっちら色々寄り道をしながら楽しんでいくっていうのが趣味を楽しむってことだと思います。

ということで【信じる力は偉大なり!】グリスのお話でした。


 

ロードバイクホイール ハブグリスの入れ替え その2 リア

昨日入れ替えた【AZ有機モリブデングリースウレアベース】
AZ 極圧有機モリブデングリースウレアベース ジャバラ80g
AZ 極圧有機モリブデングリースウレアベース ジャバラ80g

これの感触が何やらすっごくいいので調子に乗って【リアも】ということで深夜の作業の開始です。

例のごとく実験体はいつもの【フルクラム レーシング3】です。
P4204094
※2:1が素晴らしい!

用意するのはフロントよりも少々道具が増えます。

P4204045

スプロケを外すために(はずさなくてもできますが、、、横着はよくありませんね)
・スプロケ外し
・スプロケ抑え(正式名称は色々あります)
・17mmスパナ

ハブの分解に
・六角5mm×2 2.5mm

あると便利な
・精密ドライバー
・先の丸い(精度の悪い(笑))ピンセット
・茶こし
・ステンパン(これがないとベアリング球が組み付けの時に足りないなんてことに、、、おそろしや)

掃除に
・キッチンペーパー
・パークリ
・綿棒
・楊枝

ということで作業の開始です。

はずさなくてもできますが、そんな横着をしていては綺麗にできません。
ということでまずはスプロケを外します。
チェーンを抑えて体重をかければ回ります。
このやり方以外では体重がかけられず回らないと思います。
ここの締付けトルクは確か40n・m(確か、、、デス)
かなりのパワーで閉めこむ必要があります。
P4204046


ロックリングを緩めればスプロケが抜けます。

次はフリーを外します。
17mmのスパナで抑えて六角で逆ネジ方向にゆるめます。
P4204048
(パッケージぐらい外せよって、、、)

ロックリングが外れれば【ズボッ】と抜けます。

P4204049

組み立ての時に順番を間違えないように確認します。

P4204050

スプロケ・フリーが外れればあとはフロントとほぼ同じです。

P4204053

玉押しを緩めて(完全に外す必要はありません。緩めればOKです)

5mmで両側から回してあげれば一番外側が外れます。

P4204054

スリーブのはいったものが玉押しをおさえていますのでこちらを優しくこじります。

P4204056
※精密ドライバーがやりやすいですね。

これがゆるめば画像のようにシャフトが落っこちますwww

シャフトが抜ければ後はシールをあたりの優しいピンセットなどで外します。

シールが取れれば後はリテーナごとベアリング級を取り出して分解は完了です。

P4204057
※フリー側

P4204058
※反フリー側

P4204059

こうなります。

後はひたすら脱脂をしていきます。

拭き拭きしてバークリで仕上げをします。

例のごとくペダリング球は茶こし+パークリです。
P4204060

綺麗になりました。

美しいシャフトです。
P4204061

P4204062
玉押しです。

P4204063

掃除・脱脂が完了したら次はホイール側です。

P4204064

ホイール側は結構薄いプラスチック製のパーツとかがあります。

直接パーツクリーナーはチョット、、、パークリをウエス(キッチンペーパー)に吹き付け磨き上げます。

P4204065

玉押しの状態も確認しておきます。

フリーは前回掃除したばかりなのでささっと拭き取るぐらいで終了です。
P4204066

ここで汚れ物はもう終わりです。

ということで一度手を綺麗に洗って清潔な手で組付けを行います。

前回も書きましたが汚い手のまま組み付けは行いません。


P4204067
リテーナーに戻して、グリスを少量、【外側】に乗せていきます。

※内側は玉受けにセットしてから塗り込めます。


フリー側のほうが少し深くなりますのでやりにくいかもです。
P4204068

戻して~~

P4204069

この状態でしっかりグリスを塗りこみます。

多少多めでも大丈夫です。
そのうち内部シールと玉受けの間に余分なグリスは移動していきます。

P4204070

シールをしっかりとはめます。

ホイール側に溝が切ってありますので、一部を溝に入れて優しく1周回すように入れ込みます。

垂直に力をかけても一向にハマリません。

構造をしっかり確認して優しくはめ込みます。

ここが外側からのシールになりますのでシール+グリスで水分やゴミの侵入をしっかり防ぐためにもシールをはめた後にグリスでうす~くコーティングしてあげます。

※この段階でこのフリーギアが引っかかる溝にグリスをどのぐらい入れるか、とフリーギアの爪のグリスでラチェット音の大きさが調整できます。

rect4136
※内部構造です。(正確にはチョット違いますが、こんな感じです。)

【カップアンドコーン】のハブは基本的にこんな感じのものが多いです。
ママチャリなんかもシールがなかったりしますが、こんな感じです。

玉押しを押し下げていくことで【玉あたり調整】をします。

反対側も同じ要領で行います。

P4204072

シールをするまではベアリング球が落っこちますが、シールをすれば落ちることはありません。

シールをした段階で好きなだけグリースを入れて下さい。

どれ位かというと、、、適量ですwww

雨の走行や、洗車を良くする場合はしっかり入れれたほうがいいかもしれません。


次はシャフトの挿入です(特に意味はありませんw)

シャフトも入れる前にサビ防止のためにグリスを薄く塗りますが、ここでポイントです。

玉押しがぴったり嵌るよう精度がバッチリに作ってありますが、ぴったりすぎて固着してしまうことがあったら困るので玉押しとシャフト間にも薄くグリスを入れて戻してあげると、吸い付くようにピッタリハマリます。
P4204073
※ここの部分です。

P4204074
ココをはめた瞬間がとっても気持ちいいのはワタクシだけでしょうか、、、

反対側は切り込み入の金具です。

P4204075

シャフト自体にもうすく塗ります。

P4204079

したら玉押しにグリスを塗って

 P4204080

シャフトを入れます。

P4204081

玉当り調整具(?)を入れればシャフトが落っこちることはありません。

バラした時の手順・順番を忘れないようにします。

P4204082

玉あたり調整の更に外側のロック具です。

ココもスペーサーが2枚あり順番を間違えないように組み付けます。

これがついてしまえば後はフリーだけです。

本締めは後でするので軽く落ちない程度についていればいいです。

ここまで固定できたらフリー側にグリスを塗ります。
P4204084

最初にここまで塗ってしまうと持つところがなくベッタベタになってしまいます。
この段階まで我慢しておけばココをつかめばいいので綺麗に仕上がります。

フリーはシールドベアリングが入っています。
ココも気持ちの問題ですが、少しだけグリスを、、、シールの強さが不明なので塗っていても害になることはないでしょう。
P4204083

で組み付けです。

反時計回りに回しながら入れますが、入らなければ楊枝なんかで爪をくるっと回しながら寝かせてあげると【ズボッ】とはいります。

P4204086

ロックナットは逆ネジです。

外したのと逆の手順で17mmで抑えて六角5mmで締め込みます。


次はカセットスプロケです。

せっかく外したのだから綺麗にしてから組み付けます。
P4204087

綺麗に磨きましょう。

チェンオイルが柔らかいと汚れもすぐに綺麗にできます。

ビフォー
P4204088

アフター
P4204089

これ拭いただけです。

ねちっこいオイルは汚れが伸びるだけですが、これがさらさらのオイルの最大の利点です。

組み上げるときはチョットこだわりを、、、
P4204091

こんなとこ誰も見ないですが、【11S】を綺麗に揃えます。
趣味の世界ですねぇ、、、、

P4204092

ここまで行くともう油に触れることはありません。

後は外側を思いのままにはみ出したグリスや手についたグリスがついてしまったスポークを綺麗にします。

P4204093

綺麗にしたら【各所の本締め】と【玉当り調整】です。

レーシング3はスポーク-スポーク間1個分よりチョット少ないぐらいがワタクシ的ベストな気がします。

ちなみに【玉当り】のボルト(2.5mm)を締めると玉あたりはチョットきつくなります。

ですので閉めこんだ時に調度良くなるように調整します。

P4204095

ピカピカになったホイールは気持ちいいですね!

ということで【ロードバイクホイール ハブグリスの入れ替え その2 リア】のお話しでした。


で肝心カナメのAZ極圧有機モリブデングリスウレアベースはどうなんだ?ってことなんですが、

・ラチェット音はかなり小さくできる。←間違いないです。

すっげぇ軽い、、、

まるで別のホイールになったような、、、
 







決してそんなことはありません(笑


おそらくプラセボでしょうが 

心なしか軽くよく回る気はします。
 

でもねでもね、、、空転状態では明らかにウレアグリスよりも回転悪いんです。

まだ10kmも走っていませんが、、、

それでも乗ったら軽い気がするってことは、、、

ちょっといいのかもしれませんよ( ̄∇+ ̄)v
 

モリブデンはダメとかなんとか言う場合もあるみたいですが、実際に使ってぶっ壊れたなんて話は聞いたことがありません。
第1号を目指して、、、ではなくて



ちょっとイイものを探しましょう!


絶え間ない探究心!
これこそが趣味の世界!
あぁ、楽しすぎるエ!



今回使用した工具類はこちら

これだけはホームセンターでは難しいかもです。
シマノ純正のアダプターを使ってモンキーで緩めるよりも遥かに力が安定してかかります。
持ってて損のない工具です。
と言うかないとスプロケすら交換できない、、、必須アイテムです。


 

ロードバイクホイール ハブグリスの入れ替え~AZ極圧有機モリブデングリースウレアベース~

先日のグリースのお話しで
ロードバイクに自転車にグリースのお話し
グリースには【極圧性能が大切】ということでお話しがまとまり(※個人的に)先日ポチった物が来ました。

P4204003
左:極圧有機モリブデングリースウレアベース
右:CKM-002

今回の主役は左側、【極圧通気モリブデングリースウレアベース】です。
P4204004

例のごとく蛇腹のままだととても使いにくいので空き瓶(確かダイソーで2個入り)に詰め替えます。

ウレアよりもオレンジ色が強いです。

指でこねくり回した(笑)感じではちょう度は同じ【2】ですがモリブデンの方が硬いです。
ですので空転時間は短くなるハズです。

乗って見て【負荷がかかった状態】での判断が必要になります。


今回の交換は表題にあるように【ロードバイク ハブのグリスの入れ替え】です。

今回はウレア→モリブデンですが、グリースの入れ替えは完全脱脂(パーフェクトリムーブwww)が必要なものがあります。多少混ざっても大丈夫なものと混ざってはダメなものとがあります。

特に注意が必要なのは【フッ素系グリース】です。
フッ素系のグリースはリムーブが、、、ぐぐってみてください。(詳細をど忘れしました。。。ゴメンナサイ、、、)


例のごとく実験台になるのはいつものごとく【フルクラム レーシング3】デス。

基本的にやり方は何回かご紹介しているのでザックと重要なところだけをかいつまんでいきます。

早速はじめましょう。

P4204006
今回使用した道具たちです。

ハブのメンテもこれだけで出来てしまうなんてとても整備性はいいです。

これプラスで今回はガッツリ脱脂をしますので、
P4204007
※茶こし(ダイソー)

これを使います。



アッチとこっちに六角で正ネジです。
P4204011

玉押しをゆるめます。
P4204044


切込みが入った玉押しを抑えているものがありますので少々こじってやればずぼっとなります。

ゴム製(?)のシールがありますのでこれは裏側にアルミっぽいものがあります。
P4204034

先の尖ったもので外そうとするとアルミを剥がしてしまうことがありますので先の丸いもので外します。


シールを外せばばらばらになります。

P4204012

これらのパーツに付いた油分をもれなく脱脂します。

基本的には

▶ふき取り
▶脱脂

これだけです。

拭き取らずにグリスがベッタベタの状態でパーツクリーナーをかけるのはチョット、、、
あくまでも拭き取れるべくところは拭きとってからパークリを使います。

拭き取りは繊維・ホコリが出にくい【キッチンペーパー】を使います。

ハブ内にゴミを入れるのはやはりよくないという前回のお話しからです。

細かいところは赤ちゃん綿棒です。

P4204020

拭き取り終了です。

後は各パーツを脱脂していきます。

ベアリング級は茶こしに入れてざっと流して、
P4204021

キッチンペーパーで仕上げです。
P4204023

P4204028


軸と玉押しも完全に脱脂します。
P4204019

P4204026
玉押しの状態も確認します。
かる~く線が入るぐらい、至って正常です。

P4204017
ホイール側も完全にグリースを落とします。

ホイール側はプラスチック製(樹脂製?)のパーツも有りますのでパークリは直接かけるのをためらってしまいます。ですのでキッチンペーパーににかけて拭き取り、という作業を繰り返してこちらも完全にグリスを落とします。


この作業が一番大変です。


で完全にグリース分のなくなったパーツたちです。

素手で触ってももちろんべたつくこともなく、このままだと錆びそうなぐらいしっかりと脱脂しました。
P4204018

ここからは汚いグリースを触るわけではなく、あくまでもとても綺麗なグリースましてはホコリや、チリが入っているものを使うわけではないので一度手を綺麗にしてからグリスを入れていきます。

この段階で汚い手でやってしまうと以前の汚い、ヘタをしたら細かい金属片等が入っているグリスを再度ぶち込んでしまうことになります。
あくまでも綺麗な手で行います。



▶組み付け
P4204030


まずはベアリング級からです。
リテーナーにはめた状態で、まずは玉受けに触れる面(外側)に適量グリスを塗り玉受けにセットします。

グリースは必ず指で塗りこみます。
異物の混入に気がつくだけではなく、グリースの硬さや伸び具合なんかも判断できます。
やはり極圧モリブデンはウレアよりも固く糸を引きます。

P4204031

玉受けに入れたらグリスを追加します。
この後シールを入れます。

ワタクシはグリスを詰めるときには基本的に【少なくいれて足す】のではなくて【多く入れて減らす】と、いうように行っています。

次はシールです。

P4204032

シールを入れた時点で一度綺麗にならします。

 P4204034

シールの隙間にもきちんとグリスを入れることで水分の侵入を最大限に防ぎます。

雨天や洗車もしますのでそのための【ウレアベース】です。

軸と玉押しの接点にもグリースを入れてあります。
P4204036

P4204037

反対側はキャップも締めます。

逆の手順で仮組みします。
P4204039

仮組みをした時点で回りにはみ出したりベタベタしますので一旦綺麗にします。

P4204040

 こういった隙間も必要以上はいりません。

ゴミを寄せるトリモチになるだけです。

 P4204042
せっかくなのでハブもスポークも綺麗にしちゃいましょう!

最後は玉押し調整をして、本締めして終了です。
 P4204044

フルクラムカンパは車体に取り付けてからも調整ができるのですが、ワタクシは車体から外した状態で行っています。本当に微妙なところがわかりやすいからです。

ということで完成です。

リアもやらないと何ですが、とりあえずまずはフロントからです。
リアもやり方自体は対して変わらないです。


空転をさせてみると、
やはり重いです。

まぁウレアのほうが柔らかいので当然といえば当然の結果です。

回転は【サーッ】と回転するウレアよりも【ねっとり粘る・ヌルヌル回る】感じの回転です。

回転音はウレアよりも静かな感じです。
まぁ若干硬目なので、、、

と言うのはあくまでも整備での負荷なし回転のお話です。

これが実際に負荷のかかる走行となるとどのように変化していくかが楽しみです。


少し乗ってみて実走の感想は後日追記を致します。

グリースは入れた時よりも入れて少し走って馴染んできた頃がいいですね。

劇的に変わることはないでしょうが、少しの違いが楽しみです。趣味の世界は愉しいです。

ということでまったく乗れてはいませんが、 
ロードバイクホイール ハブグリスの入れ替え~AZ極圧有機モリブデングリースウレアベース~
グリースの入れ変えのお話しでした。 



明日当店オリジナルのフォーマルハウトサイクルジャージの第1弾が入荷予定です。
 

↑このページのトップヘ