えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:グリスアップ

SHIMANO(シマノ)RS81 C35 実重量測定とハブのグリスアップ

ということで昨日から続いているRS81関連のお話しです。




▶重量測定

重量なんてものはワタクシはメーカー人間ではないので軽く見せようとする必要は全く無いので実際の重量測定になります。
要はペチッとタイヤを組み付けて走れる状態の重量測定です。
(リムテ+クイック+ホイール ※レー3はリムテがいらないタイプです。。) 

※対象としてフルクラムRacing3と比較していきます。

image4155
2016シマノカタログより抜粋
http://www.shimano.co.jp/content/sic-bike/ja/home/catalog_dl2016/_jcr_content/bodycontent/download_1554765821/downloadFile/file.res/2016wheel-2.pdf

▶フロント 

フルクラム Racing3
メーカー公表値:670g 実測721g(クイック込み)

PB083923



シマノ RS81 C35
メーカー公表値:733g 実測819g(クイック+リムテ込)
※シマノは平均重量と言った形での公表値となります。

PB083922


▶リア

フルクラム Racing3
メーカー公表値:885g 実測963g(クイック込み)

PB083930


シマノ RS81 C35
メーカー公表値:910g 実測1006g(クイック+リムテ込)

PB083924

まぁ、、、こんなもんでしょう!

リムフラップはシマノ純正品を仕様、クイック込み、グリスてんこ盛りだとまぁこんな物でしょう。

それにしても重量に関してはシマノは他社よりも重めに設定されています。

image444
2016シマノカタログより抜粋
http://www.shimano.co.jp/content/sic-bike/ja/home/catalog_dl2016/_jcr_content/bodycontent/download_1554765821/downloadFile/file.res/2016wheel-2.pdf

シマノ最高峰のWH9000 C50皆様御存知かと思います。

世界的なレースであんなチームやこんなチームもこぞって採用しているいわゆるDURAのC50(50mmディープリムホイール)ですね。(ほとんどチューブラーですが、、、)

その重量はクリンチャーで平均1775g!
クリンチャーはリム面にアルミを使用しているカーボン/アルミコンポジットですので多少重量増です。

チューブラーで1583gです。
DURAのチューブラーホイールはフルカーボンです。

結構驚かれたかとも多いと思います。

カンパのBORA ULTRA 50mmのチューブラーで1215gです。
フルクラムのSPEED 55T(55mm) チューブラーで1280gです。

比べてみると結構重めですね。

当然レースではレギュレーションの関係等もあるかとは思いますが、どうでしょう。

GOKISO社でも似たようなことを言っていました。

「軽くするよりも進むようにする。。。」

シマノがこう考えて作っているかは不明ですが、ワタクシがシマノホイールに乗る限り、進むんです。

進むホイールって「ホイールを空回しした時間」ということを考えすぎる場合もありますが、個人的にはあくまでも指標でしか無いと思っています。
グリスをめちゃくちゃ柔らかいものにしたり、シールをぶった切ったり、玉あたりの限界を超える、、、空転時間を長くする方法は結構いっぱいあります。
DURAグリスが重い重い言われていることをよく目にします。

しかし本当にだめなグリスであればシマノは改良するはずです。

でも改良をしていませんね。
それにはきちんと理由があるとも考えられます。

なにを選ぶかはお店やユーザー様の選択次第ということです。



すこしお話しはそれましたが、ホイールって言うと価格=重量というふうに見がちではありますが、大切なのは【進むホイール】であること。これ以上に大切なことはないでしょう。

軽けりゃいいホイールでは無いということもあるということだと思いますよ。

だって登りで、、、

ヒルクライムだけを考えたとしてもプロだってDURAのC50チューブラーだって1600gはあるわけですよ。
それでも20%を超えたってザクザク登っていってますね。

それ以上に平地の巡航等を考えるとC50という選択をしているということを考えてみると言いと思いますヨ。



ということでだいぶお話しはそれまくりましたが、重量のお話しでした。


早速RS81のハブ グリスアップへ

とくにへんてこな事があるわけではないのですが、シマノデジタルコーンベアリングシステムなるもののお陰で5mm六角のみで調整ができるというのはとてもいいことです。


PB083899

アッチとこっちに六角を差し込んでロックボルトを外します。

こうなります。
PB083900

防水シールは縦方向で見てみればマイナスで外すようの穴があります。

PB083897

ここにマイナスなんかをつっこんでこじってあげると外れます。
そこまで固くないデスネ。

PB083901

ポロッと、、、

PB083902

プラスチックのギザギザを外します。

PB083904

ポロッと、、、


PB083905

後は玉押しをスルスル回していけばシャフトが抜けますが、コイツがかたくてどうしようもなかった諸悪の根源です(笑

玉押し調整なんて全くできないぐらい鬼のように硬かった。。。orz 

なんにせよ外さないことにはどうしようもないので、プライヤーで挟んで反対側を6角でグリングリン回していきます。

PB083908

アクスルが抜けました。


PB083907

シマノの優秀なところの防水シールです。

かなりピッタリとはまり込んでいるので、ぶっ壊さないように丁寧に外します。

PB083909

これでご対面です(笑

PB083910

フルクラムよりもシマノのほうがリテーナーがしっかりしている印象です。

PB103933

ベアリング級の輝きもGOODです!

PB083916

というところがバラしの作業になります。

ココまで行けば後は玉受け、玉押しの状態の確認とすべてのパーツをピカピカに磨き上げればお掃除は終了です。




++++++++++++++++++++++++++

というところまでが通常のお話しなんですが、不具合箇所のお話しです。

シマノ様から物が無事に届きました。

PB103934

シャフトをお送りいただけるとのことでしたが、反対側の玉押しのネジキリがだめだったら嫌だなぁ、、、なんて思っていたのですが、実際に来たものは、、、

PB103935

ASSYです。
素晴らしい対応本当に有難うございます。

で早速ものを確認してみます。

BlogPaint


Σ(゚Д゚)アッ!!ヤハシ…

一目瞭然です。

下が新品のアクスル、上が鬼のように硬いアクスルです。

注目すべき点は右側のネジ切り部の残りの幅です。
どちらも手で入る限界まで締め込んだものですが明らかに新品の方が深くはいっています。

比べて上の不具合品は途中で止まってしまいココからもっと締め込むには工具がないと素手ではムリです。
ですので素手ではガタが取ることができませんでした。

工業製品なのでこういった事は起こり得ると言えば起こりえますが、組み上げのときとか固くなかったのかな、、、

ともあれシマノ様の素晴らしい対応に本当に感謝感謝デス。

こういった対応をしてくれるシマノセンパイ、、、ますます好きになってしまいます!


ということで玉当たり調整なのですが、先日「カンパ・クラムの勝ちかなぁ、、、」なんてかいてしまったのですが、きちんと動く玉押しに変更したところこれ、「ものすごくやりやすい!」です。

指でセッティングできるということで、キリキリ限界のセッティングがすごく出しやすいので玉当たり調整に関してはバラさなければいけないところはマイナスといえばマイナス点ですが、防水防塵シール性等を考えるとこの構造も悪くないし、本当の限界ギリギリはこの方式はかなり出しやすいと思いました。

++++++++++++++++++++++++++++++++

組付けは何ら難しいことはないのですが、逆の手順で組み付けていきます。




★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★
















 

ロードバイクメンテ【ヘッドパーツのオーバーホール】


1年に一回の恒例行事、オーバーホールってほどのこともしていませんが、夜な夜な本格シーズン前にヘッドパーツのオーバーホールを行いました。
P6084002

ハブと同様にカートリッジ(シールド)ベアリングのヘッドパーツは難易度低めかと思います。

SempreProのヘッドパーツのメンテです。

本当は作業台を使ったほうが楽といえば楽なのですが、、、なくてもなんとかなるので床置のまま作業を始めます。
 

早速作業にとりかかります。

P6084004
 
上から順番にバラしていきます。

トップキャップを外してスペーサー→ステムスペーサーを抜去します。

プレッシャーアンカーはついたままでも問題がないので緩みの確認だけして基本的にはそのままです。



ボルトを緩めたら次はブレーキです。

本体がフォークに取り付けられていますのでくっつけたままだとフォークを完全にバラせませんので本体も外しちゃいます。

P6084006
※穴から突っ込んで外します。

P6084007

外した後はプランプランしているのもおさまりが悪いのでケーブルが変な方向に曲がらないようにブラケットにくくってしまいます。

コレでブランブランしないようにできます。

カンタンなことですが、作業性が大幅に上がります。

P6084009

ハンドルをステムごと引っこ抜きます。

この段階でクイックを緩めてしまいます。

P6084008

フォークを引き抜く際にホイールが付いていると思わぬ動きをする時がありますのでワタクシの場合はホイールを外してから行います。

トップカバーを外して、、、

P6084010
この際にフロントが浮いている状態(整備台の上)だとフォークの重さでフォークが落っこちてしまうことがあります。防止するためにもホイールは外しておいたほうがいいかもしれません。

上部のCリングのようなものを外し、上部ベアリングを外します。

P6084011

抜けない場合はコロンブスの卵ではありませんが、フレームを持ち上げるように軽く動かしてあげると浮いてきます。

後は下に引き抜けばフォークが外れます。

この段階ではホイールが外してあったほうがいいでしょう。


ズボッと、、、

(ブレーキ本体がくっついていると邪魔です)
P6084013
 
外したクラウンレース部(下玉押し)です。

コレもヘッドパーツ交換の際は引っこ抜いてぶったったいて交換するのですが、全く問題がないため再利用です。


パット見グリスも綺麗な色をしているのですが、、、

P6084015

よ~くみると少々ヘドロのようになったものが固まっています。

ガンガン洗車とかしている割に水の侵入もほぼなくフォーククラウン部からのホコリ等の侵入による汚れが一番多いようです。

汚れは溜めすぎる前に綺麗にしておくのがいいですね。

楊枝やキッチンペーパー、お好きなもので徹底的に綺麗にします。

おすすめはこちら↓↓↓






ちなみにうちの近くのロイヤルホームセンターでは270円ぐらいだった気がします。

水で絞って使えるという【ペーパーウエス】です。(水は使いませんが。)

キッチンペーパーよりも丈夫で汚れのふき取りには最適です。

基本あんまり使いませんが、パークリを染み込ませて使うのにも最適です。

P6084019

ヘドロのようになったグリス。

フォークコラム部は美しいカーボン調。、、、調と言うかカーボンですね(笑


で綺麗になったレース部です。

P6084021

美しいです。。。


そしてフォーク単体

P6084016
 
Sempreは上下異型ヘッドです。
 
 P6084018

見事な三角錐型、、、こう見ると一目瞭然です。

 
そういえば結構軽いなぁなんて思って計測をしてみました。

 P6084020

【374g】(プレッシャーアンカー入り)です。

ともあれ寄り道はこの辺にして作業に戻ります。


取り外したヘッドパーツ類です。

P6084022

まぁ、、、1年分の汚れがあります。

P6084023

下側のベアリングです。

P6084025

ピカピカに磨き上げます。

ベアリングの状態を確認してみますが、極めてスムーズ。

状態が悪ければ【めくりんちょ】して中もグリスの詰替えやろうかと思っていたのですが、必要はありませんでした。
 P6084031

基本的にシールドベアリングは、、、そんなことせずに交換ですね。


ヘッドパーツの回転ってなめらかにスムーズに動くことは非常に大切なんですが、軽すぎても不安になる時があります。

モーターサイクルに乗っていた方は【ステダン】なんて使っていた方もいらっしゃるのではないかと。MTB用ではあるようですが、ロードでは発見できませんでした。

ダウンヒルのコーナーリング時なんていいなぁと思うのですが、、、

FSAのシールドベアリングは極めてなめらかで、ベアリングの回転はしっとり系です。

それがこのヘッドパーツの好きなところでもあるんです。

コーナーリングに重きをおくエンジン付きとは少々違うかとは思いますが、

極軽めなステダンなんてあったらいいなぁと思う今日このごろです。。。
 

ともあれ上部も同じく綺麗に磨き上げます。
 P6084026
結構ドロドロです。

上も下と同様にベアリングはとてもスムーズ。渋さも全くありません。

しっかりとグリスアップされていますし、定期的にメンテしているのでまだまだ行けそうです。


やはり上部のほうがちょっと悪い色の汚れがありました。
P6084030


外せるものは4つのパーツです。

すべてピカピカになりました。

 P6084029

次はフレーム側です。

上と、、、
P6084033

下です。
 P6084037

上にも下にも落書きがしてありました。

なんか組み上げの際に印になるのでしょう。


ついでに フレームの内部も見れる貴重なタイミングです。
P6084039

 正にカーボンです(笑

深夜に何をやっているのでしょうか、、、、


戻ります。

綺麗になったら組み上げです。

組み上げの際はグリースを美しく塗り、組み上げます。

使うグリスは、、、スペシャルグリスです。最後にご紹介です。

極圧性と防錆性で選びました。

ここはあまりメンテを頻繁にする部分ではないですし、結構荷重のかかる部分であります。

 P6084040


下側のベアリングです。
P6084041

でこれをセット、

 P6084042

このベアリングをセットした時の精度がすっごい好きです。

カンパハブのシャフトに玉押しを入れた時のぴったり感、グリスが均等に伸びていく吸い付くようなフィット感、、、

金属同士のこのぴったり感がどちらもたまらないです。。。(笑



ではなくて、、、余分なものは拭き取ります。

 P6084043
上部ベアリングも同様にグリスアップです。

こちらの割入りリングも同様にフィット感がたまらないです。



トップカバーもグリスアップですが、画像中心部にパッキンのようなものがあり、異物の侵入を防いでくれるような構造になっています。
 P6084028

パーツの数もそんなに多くないので特に組み上げも難しくはないです。


【ズボッ】と入れてやります。

P6084046

そしてステムを付ける前にはカーボン用のグリスを。

 P6084048
ザラザラのグリスでズレや滑りを防止します。






 P6084049
これをステムのクランプ部にに塗ってから組み付けます。

 P6084051

仮組み後センター出しです。


これはなにかいい方法を全世界規模で調べたのですが、0.1°もずれずにセットする方法は見つかりませんでした。

ということでここは経験と技術、腕の見せどころです。

BlogPaint

多分これで±0.1°以内には収まっているはずです。

ここまできたら後は順番を間違えないように本締めしていきます。

トップ→ステム(→トップ)です。


最後はブレーキを取り付けて規定のトルクで本締めで終了です。


ブレーキのセンターも【ドセンター】を出します。

輪行や何らかの原因で多少ずれていることがあります。


このブレーキのセンターをビシっと出すことでブレーキの性能も最大限に引き出すことができます。

P6084054

寸分変わらず、必ず握りこんでいきシューが触れる瞬間は両側のパッドが同時に接触するように気合を入れてセンターを出しました。


とこれでヘッドのクリーニングは終了です。


来年はベアリングの状態にもよりますが、シールをめくりんちょして掃除をしようかなぁと考えておりますが、ついギに開けるのはまた来年のお話しです。


ということで1年に1回のヘッドパーツのクリーニング(オーバーホールとまではいかないかな、)のお話しでした。

定期的に行っておくことでサビや不具合の防止になります。

トラブルは未然に防いで調子の良い状態を長続きさせることが長持ちの秘訣です。



+++トラブルバスター+++++++++++++++++++

先日こんなお話しを頂きました。

【ヘッド回りから【パキッ】【ペキッ】っと音がする】ということでした。

よくある【ヘッド回りの異音】ということです。

早速自転車を拝見。。。

静止状態でバウンドさせたり、揺すったり、体重をかけても音は全く出ません。

では試乗へ、、、

確かに時々音が出ています。

ハンドルを大きくきると、「パキッ」、、、前輪の荷重が抜けると「パキッ」

毎回出るわけではなくて不規則にただし確実に時々でます。

嫌な感じですね。


こういった時は基本的にフレーム全体を疑うのですが、今回の問題でわかりやすいのは【低速でも出音鳴がでる】ということです。

ある程度のスピードが出ないとならない音の原因はどこから出ているのかの特定に時間がかかる場合があります。


ということでヘッド部をバラしてみます。

、、、全く問題がありません。汚れこそあるもののガタや、傷もありません。

と言うか、ここのまえに気がついたことが、、、

特にパーツ自体には問題がなさそうなので、そのまま仮組みしちゃいます。

で今回の主役の【トップキャプ】です。

シールドベアリングのヘッドパーツは玉当り調整は不要、、、というか締め付けは締めすぎでもなんとかなってしまう場合が多いです

が、今回の問題はコレでした。

【締め付けすぎ】ということです。

締めすぎることで異音が発生しているという状態でした。


ハンドル回りは基本的にしっかりと締めたいところではありますが、シールドベアリングでも締め込み過ぎでの不具合はでる場合もある、ということです。

もちろんプロにお任せしてしまえばこういった不具合は起きないはずです。

ということでトラブルバスター、異音の改善という追記でした。

ワタクシのAZのグリスの手持ちは3種類

少しだけご紹介を!
全て調度は2ですが、硬さが少しだけ違います。

一番柔らかいグリスです。

少々固いですが、極圧性を重視したグリス

そして極圧性がありつつも柔らか目のグリスです。



最後のは高いです。

今回は一番下のレーシンググリスを使用してみました。
何故かと言うと、、、多分新製品です。

2016年7月現在AZのチラシにもまだ記載がありません。

BGR-006触った感じは固めではあるのですが、非常に伸びが良くていい感じがします。

 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

rakulogobanner2


Bianchi センプレのヘッドパーツ グリスアップとクリーニング

ということで今回はセンプレのヘッドパーツのグリスアップです。
センプレには【FSA ORBIT C-40-ACB】こんなマニアックなパーツが使われています。

もうそろそろ前回から5000km位走ったので頃合いかなぁと、、、
まぁほとんど思いつきです。
P9254144

BianchiのヘッドパーツはFSAが入っています。
これがなかなか、、、FSAのヘッドパーツは使っている場合が少なく
情報が非常に少ないんですね。

ということで対して汚れてもいなそうですが、分解清掃をしてみようかと。

早速トップキャップから外しします。
んでステムをゆるめてぶっこ抜きます。

P9254147
ヒラメのプレッシャーアンカーに比べてたいそう貧相なFSAのアンカーです。

でスペーサーを抜いて、ステムを抜いて、またスペーサーを抜いて
次はこんなのがあります。

P9254149

裏側、やはりそこまで汚れていないですね。
砂利も少なくグリスも生きていていい状態です。
P9254150

上部終了。

P9254153

フレームからスッポ抜くとこんなかんじです。
ちょっと汚れはありますが、状態は悪くありません。

P9254155

ブレーキの本体が付いているととても邪魔で完全にバラすことはできません。
ここまで行ったら完全にグリスを落とします。

完全にグリスが落ちたら大切な工程です。
「状態の確認」です。
傷、異物の混入、等々状態を確認後にきれいなグリスをいれます。

すみません。
このへんから手がグリスまみれで写真が減ります。

P9254154
めちゃくちゃ綺麗になります。
錆、傷もなくとてもいい状態です。

やはり下側は砂埃の混入があり、キレイに砂利を残さないようにクリーニングをします。
グリスアップして元に戻していきます。

多すぎるグリスはすべてはみ出してしまいますので適量が需要です。
P9254156
上部も元通りにグリスアップをして戻していきます。

P9254158

P9254156

コツも何もありませんが、
しいて言うならば【ぴっちりはめる】です。
P9254161

P9254161

でスペーサーも戻して、
ステムを戻して、ヘッドキャップとプレッシャーアンカーの挿入です。

P9254162

トップキャップには異音対策に細工をしてあります。
なにかって大したものではありませんが、ビニテを2周巻いているだけです。
極めて微妙なことですが、これがあるとトップキャップと
プレッシャーアンカーがピッタリと密着するので異音がでません。

FSAのプレッシャーアンカーをご使用で異音がある場合は
この方法で一つ除外できると思います。ぜひお試し下さい。

でプレッシャーアンカーを入れるのはコツが有ります。

P9254163
プレッシャーアンカーには2つネジが有ります。
トップキャップのネジと、アンカー部のネジです

アンカー部のネジはトップキャップの穴から深い部分にあり、
トップキャップには大きめの6角が開いております。
P9254144

アンカー部をちょっとキツイかなというぐらいまで開いた状態で
差し込まないと、アンカー部を締めいているつもりがトップ部が回ってしまい
アンカーがフォークの深部に吸い込まれていきます。
フレームほどブラックホールではありませんが、落っこちるとひっくり返さないと
取れないので面倒くさいです。
ということでアンカー部を入れるときはちょうどいい幅まで開いてから入れましょう。

P9254165

でちょうどいいところまで落とし込んだら締め付けをします。
トップキャップは邪魔なら外してしまっても構いません。
ある程度アンカー部を開いていいれば落ちる心配はありません。

くれぐれもぐいっと押し込まないようにご注意下さい。

でプレッシャーアンカーがしっかり固定できたら、
最後のスペーサーを入れてトップキャップの締め込みです。

この時にトップキャップやスペーサーにロゴが入っている場合はロゴの向きに
こだわりを見せるとおしゃれさんです。

最後は調整です。
P9254166
トップキャップの締め込み具合でガタが出たり、シブくなったりしないように
調整をしながらベストポイントに持っていきます。

トップキャップを締める段階で画像のように足でタイヤを挟んでセンターを出します。
この段階で1ミリたりともセンターからずれないように調整します。
あっちから見たり、こっちから見たり、レーザーを使うほどでありませんが、
自身がなければレーザーで見ると確実に直線が出せます。

で最後にステムを適正トルクで締め付けて完了です。P9254144
心配な方はやはりトルクレンチがいいでしょう。
カーボンフォークは特にですね。
ステムの内側にはファイバーグリップ何かを塗りこんでおくと
やはりずれ防止になりますね。
ここずれるととても危険ですからくれぐれもご注意下さい。

ということで本日はヘッドパーツのクリーニングとグリスアップでした。
難易度はハブなんかよりも全然簡単です。(個人的感想)

その代わり締め付けだけは絶対にずれないようご注意下さい。


ワタクシのAZのグリスの手持ちは3種類

少しだけご紹介を!
全て調度は2ですが、硬さが少しだけ違います。

一番柔らかいグリスです。

少々固いですが、極圧性を重視したグリス

そして極圧性がありつつも柔らか目のグリスです。



最後のは高いです。

場所によって使い分けております。
ハブはBGR-006
ヘッドは有機モリブデン
それ以外はウレア

水分の影響を受けることが多いロードバイクでは基本的にウレアベースを使うことが多いです。

うん、、、なんともマニアックな使い分けですが、趣味の世界はこれだから楽しい!



rakulogobanner3

 サイクルウェアとロードバイクパーツのお店 http://www.rakuten.co.jp/ffcycle/

 

↑このページのトップヘ