えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:コツ

ロードバイクの室内トレーニング 3本ローラーのすゝめ
 

 
ロードバイクはオールウェザースポーツなんかと呼ばれることもありますが、それはプロだけのお話し。
雨の日はリスク回避のために乗らないということもありですし、雨だけではなくウエットの路面や、また雪が積もれば乗れたものではありません。

冬の時期は北の方、山間部なんかは全く乗れなくなってしまうこともありますね。
北海道の友人はもう完全に乗れないと言っておりました。

また雨の日はリスクが上がるために乗らないという場合も梅雨の時期は体がなまりきってしまうこともあります。
そんなときでもロードバイクに乗りたい方に今回オススメするのが3本ローラーです。

  
▶3本ローラーとは?
 

こんなのです↓
P7083225

ミノウラの折りたたみ式の3本ローラー「モッズローラー(MoZ-Roller)」です。

使用するときはこんな感じで使用します。

path3770-1

↑正に3本のローラーの上を走ることになります。

いわゆる固定ローラーというものと違って3本ローラーは乗っかっているだけなんですね。



※固定ローラーは後輪を何らかの方法で固定して負荷を掛けるものが多いです。なので固定ローラー何かとか言うことが多いです。


▶ミノウラ モッズローラーのご紹介

モッズローラーは折りたたみ式で、たたむと持ち運びに便利なサイズになります。
P1124626

これが開いたサイズです。

P1124627

パタパタと折りたたみます。

P1124629

比較のためにホイールを入れてみました。

このサイズ感は持ち運びのときにものすごく便利です。

持ち運びは軽自動車でも足元にピッタリと収まるぐらいのサイズ感です。
(※持ち運びが多いため、ステップと前輪脱落防止のものは外してあります。付属でついてきますよ。)


商品到着後の組み立ては少々道具が必要になります。

というのもローラーがバラバラでくるのでローラーを組み付ける必要があります。
P1124630


この大きなサイズの六角、、、自転車の整備では余り使わないほどの大きさです。

しかしこのサイズ、確か自動車の中によく積んであるホイール交換用の「十字レンチ(クロスレンチ)」でいけちゃいます。サイズにもよりますが、いちいち工具を買いたくない場合は車の中を漁ってみると意外と積んである場合がありますので代用してみるといいと思います。



▶固定ローラーと3本ローラーの違いとは?

ローラー台といえば固定ローラーと3本ローラーがあります。
固定ローラーはいわゆるパワートレーニングに、3本ローラーはペダリングやバランスのトレーニング有利かと思います。 
 

というのも固定ローラーは手を話しても止まっても基本転ぶことはありません。固定されているからです。ですのでガンガン負荷をかけて限界までぶっ倒れるまで追い込むこともできます。
これが脚力や心肺機能の向上のためのパワートレーニングになるということです。 
 
3本ローラーはペダルを回すことを止めればほとんど転びます。(スタンディングができれば大丈夫)
そして乗っていてもタイヤが脱輪すれば転びます。では3本ローラーはどういうふうに使うのかというと、ローラーの上を正しくペダルを回すことで正しくきれいなペダリング技術の向上につながるというものです。
原理としてはホイールが回るジャイロ効果で自立する方向に力が働いて転ばないというものです。これは実際の走行よりもとても繊細なバランス感覚が必要になります。

3本ローラーをキレイに回せるひとは外を走っても「ビシっと」白線の上をまっすぐに走れたり、ペダリングもきれいな無駄のないペダリングをしている方が多いです。 
 
では室内トレーニングとしてどっちがいいのか、というところですが、個人的には圧倒的に3本ローラーをおすすめします。パワートレーニングは室外でも行いやすいですが、あの3本ローラー特有のきれいなペダリングを目指した乗り方というものは室外ではとても経験することができません。


 

「3本ローラーは転ぶし怖いし」そうです。それは下手だから転ぶということです。
下手は悪いことではありません。どんな人間もはじめてのことをやれば下手です。
そして下手を自覚することで速くなるということです。
一番怖いパターンは下手を自覚していないことです。
 
どこが駄目なのか、何が苦手なのかを自覚することでより効率よくトレーニングを行うことができるということは3本ローラーの最大のメリットだと思います。



▶3本ローラーの汗対策

5分もすればびしょびしょになります。汗はぼたぼたしたたりおちます。 

①頭から顔にかけて垂れてくる汗対策
サイクルキャップ、タオルを頭に巻く等は頭から垂れてくる汗の防止になります。
これがないとあっという間に目に汗が入り見えづらくなります。
ついついいつもの癖で片手をはなして汗を拭いてしまったり、汗がしみて目をつぶろうもんなら転倒のリスクが高まります。
目をつぶって3本ローラーってかなり難しいです。

②体の汗対策
できればビブショーツがいいかと思います。裸よりも全然汗を吸ってくれますのでぼたぼた垂れずにすみます。

③グローブで汗拭き対策
汗はぼたぼた垂れてきますのでタオルを首に巻いて拭きながらでもいいともいますし、
また大量に汗をかくのでグローブしないとあっという間にバーテープが手汗で汚くなります。

④ロードバイク(車体)の汗対策
どんどん流れ落ちる汗に対しては立派な汗ガードが売っていますが、タオルと養生テープで十分です。
あっという間に汗でびしょびしょ、特にヘッドパーツ回りに汗が滴り落ちます。
グリスがきちんと入っていれば少しは大丈夫なんですが、なにせ汗の量は半端ないです。

で、こんなかんじで止めます↓
 P7083222

ハンドルからシートポストにかけてかけます。
今回は養生テープがなかったのでビニテで代用です。

★POINT
P7083219
ハンドルの部分はサイコンが出るようにねじってバーに貼り付けます。
ねじって止めることでサイコンが見えるようにきちんとサイコンだけは露出させてあげてあります。
シートポスト側は普通にペッと張ってあります。
これで準備はOKです。

 
▶3本ローラーに乗ってみる

最初は壁や、棚、タンス、なんでもいいのですが、手をついて始めるのがいいと思います。
3本ローラーは飛行機と一緒です(笑
離陸と着陸時は危険が伴います。

ということでワタクシの場合は窓枠があるので(ガラスは危ないのでご注意を)漕ぎ始め、休憩、緊急回避用に手を付ける場所があるといいと思います。
image4161

なれないうちはこうした家の事情に合わせて、安定して手を付ける場所があるといいと思います。
手をついても不安定だったり倒れてしまうような棚はとても危ないのでお気をつけ下さい。

また最初はビンディングシューズが強ければサンダル(怪我のないようにお気をつけ下さい。)でも、スニーカーでもすぐに足がつける様に固定されないもので始めるのもいいと思います。慣れて切れからビンディングでも全く問題ないでしょう。

基本的に3本ローラーはジャイロ効果によって自立して転ばなくなるとは前述のとおりです。
ですので怖がってスピードを出さないとかえってふらつきます。
インナーローとかのケイデンス120とか難しいです。ですので最初はアウター+リア中間ぐらいに入れておいてガンガン漕いでしまう方が安定傾向になります。

しかし3本ローラーはあくまでもきれいなペダリングの練習ということを忘れずに、慣れてきたら軽めのギアで美しいペダリングを目指すのがいいと思います。


▶3本ローラーのポイント


①基本的に足は止めない
そとを走っている時に【事あるごとにすぐ足が止まる】、心当たりはありませんか?
基本的にロードバイクはペダルは常に回しておくものだと思っておいていいです。
なにかとすぐにペダリングが止まってしまう場合には3本ローラーは基本的にペダルを止めれば転びます。常にペダルを回しながら、休んだり、高回転にしたりそんな練習にもなります。

②きれいな音をだすように心がける

踏みすぎペダリングはふらつきの原因!
「ウィンッウィンッウィンッ」と音が出ているときはいわゆる「よっこらしょペダリング」になりがちです。
 
キレイに回っていれば「ウィーーーーン!」となります。
ぐいっと力の入るところだけ「グワン」「グワン」となってしまうんですね、

完全にキレイにまでとは難しいとは思いますが、できるだけ「ウィンッウィンッウィンッ」とならないようにするためにはどうするかを考えながら乗ってみるといいと思います。
 
 
③バランスを感じとる
ペダリングは常に左右均等、ガンガン踏まない、キレイに回す。ということを心がけて行います。
バランス移動はものすごく繊細に、加速も乱暴に踏みつけていくのではなくて回転で速度を上げていくイメージです。脚力でスピードを上げていくよりも、回転で上げていく練習に良いと思います。

最初のうちはなんか不安定で怖いかもしれませんが、
慣れればなんでもできます。片手、両手離し、ダンシング(あんまり練習にはならないかも)、高ケイデンス走、、、
 


▶自分のペダリングの下手さを実感する


前述のようにインナーロー付近の極軽いギアで乗るのはちょっとむずかしいです。
逆に高ケイデンスも重いギアのほうが160回転とか回しやすいですね。
軽いギアはなにせペダリングが軽すぎます。スッカスカですから、、、
するとお尻がぴょこぴょこ跳ねます。
自分のペダリングの下手さがよくわかります。
 
そして終わる頃には床もびしょびしょ、服もびしょびしょ、グローブもビショビショと、なるわけです。
そこでタオルガードがないとバイクもびしょびしょになってしまうためタオルのガードは必須です。



▶その他大切なこと

万が一転んでもバイクや人間が怪我をしないように、
窓ガラスの近く、家具の近く、危ないものはできるだけのけておきましょう。


最初のうちは多分、、、転びます。
もう何回コケたことだか、、、

Case1 話しかけられてついつい振り向いてしまい、バランスを崩した

Case2 ダンシング中に後ろに落っこちた

Case3 何かが気になり気を抜いて、転倒

こんな事があるのも最初のうちと、慣れてきたころ(笑)だけです。懐かしい思い出です。


はじめのうちはビンディングは怖いからサンダルやスニーカーでが安全かと思います。
しかしやっぱりペダリングがやりにくくて転んでもビンディングの方が良くなってしまいますね。

くれぐれも転んだ先のタンスの角で怪我や、バイクの傷にはお気をつけ下さい。

雨でも冬でもロードバイクにまたがり、ドッチャリと汗をかけます。
最初は冷や汗です(笑

ということで絶賛ハムスター!!3本ローラーのすゝめ、というお話しでした。
冬場はウォーミングアップを十分にしてから行いましょう!


とてもいい練習になる3本ローラーですが、飽きちゃうというのは仕方がないのです。。。


ワタクシ自身も愛用中の3本ローラーはこちらから↓↓↓


▶おまけ動画




★フォィーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

もう怖くない!ラテックスチューブの交換で失敗しないための方法 


先日、初ラテックスチューブをお試しいただいた方で速攻組み付け時に「バーストっしちゃいました!!」そんなお話しをいただきました^^;

パンク修理や交換だけではなくて振れ取りなんかも基本的にはタイヤを外して行いますので結構つけたり外したりの作業はあると思います。

ということで今回は注意点何かを踏まえながらデリケートなラテックスチューブ(ラテックスだけではなくて極薄軽量ブチルなんかもそうです。)の交換方法を再度確認がてらご説明をさせていただこうと思います。

もちろんブチルでもそうですが、無理くりタイヤレバーでぶち込むなんて方法はダメダメです。

タイヤ交換やチューブの交換が上手い人の作業を見ているとびっくりするぐらい軽く入れているように見えます。

Σ ゚д゚≡(   ノ)ノ エッ?マジ?

・・・まじです(笑

けしてジャンプを破れるような握力を持っているわけではありません(笑) 少しのコツとテクニックがあればキレイに入れられるようになりますヨ。
 
ということで早速作業へ。


▶ラテックスチューブの取扱いの注意点

・こすらない

・引っ張らない

・引っ掛けない


これだけです。

機材に問題がある場合があります。
リムにバリ傷があればそこに引っかかればブチルでは破れなかったものものラテックスだと破れてしまうこともあります。

ラテックスチューブを外したり、組み付けたりする前にかならずチューブの通り道を確認します。

image4144

滑らかですね。

image4749

これは落車でぶっ壊したホイールです。

パンクの後に打ちどころが悪かったりするとこういう傷がつくこともあります。
もっと外側であったりもしますが、触って痛いと思うような傷はチューブを滑り込ませるときにダメージを与えてしまう時があります。



▶ チューブを外す

外すときも注意が必要です。

ラテックスチューブはブチルのチューブよりもしなやかに動きます。

これが乗り心地であったり転がり抵抗に貢献するわけですが、悪く言えば「ヘロッヘロのテロンテロン」です。

外す際は特にタイヤとホイール間であったり、タイヤ‐タイヤレバー間に入り込みやすくなります。

もちろん入り込んでいる状態で引っ張ればチューブに傷が付く場合があります。

ということでなんてころないブチルだったら適当にアイスの棒でもぶっこんだり、タイヤレバーを使わずに外してしまうのですが、そこはしっかりとタイヤレバーを1本だけ使います。

PC234397

ここにタイヤレバーを入れるのですがこの際に下のチューブをに引っ掛けたり、まとめて拾ってしまわないように注意します。

PC234398

こればかりは感というか、見やすいためにタイヤを奥方向へ寝かしてしますが、余り寝かせすぎないほうがチューブのタイヤレバーへの噛み込みがしにくい気がします。

PC234399
 
レバーは焦って起こさずに、しっかりとタイヤだけを掴んでいる・引っ掛けていることを確認してから起こします。

PC234401

引っ掛けたタイヤレバーを起こしてあげたら、後は指でやさしく外していきます。

持ち上げて手前に落とす、持ち上げて手前に落とす、、、ワタクシの場合はこんなイメージです。 
その際もチューブごとリムを超えないように、あくまでも外すのはタイヤのビートだけです。

ある程度外れて行きたらレバーを突っ込んで「ぐりーーーー!」っと行きたいところですが、あくまでも手で優しくチューブを挟まないようにかき分けながら外していきます。
テロンテロンのチューブはタイヤレバーで一気に行こうとすると巻き込まれて切れる事がありますので横着はしてはいけないということです。

PC234403

人差し指側で外したり、

PC234405

親指でもやりやすい方で大丈夫ですが、あくまでも優しく優しくデス。


バルブを抜くときも無理くりやらずにしっかりとタイヤをめくってまっすぐ抜いてあげます。

PC234407


チューブのバルブ付近は某Rチューブなんかでも弱点と言われていたり、、、まぁ継ぎ目なので仕方がないといえば仕方がないですが、ここに負担をかけることは基本的によくないです。
製品の不具合はなくても無理やり雑な作業を力いっぱいやればちぎれますのでご注意を。
 

外したチューブにパンパンに空気を入れる方はあまりいないと思いますが、チューブは外した状態で空気をいっぱい入れては駄目なので、これも取扱の注意点です。



▶ラテックスチューブの組付け

新品の状態はある程度がついているのですが、何度か付け外しをしているうちにだんだんと取れてきてしまいます。そんなときの組付け前のひと仕事です。

PC234408

鉄板のシッカロールです!

専用タイヤパウダーもあります、でもねあれ高いでしょ、、、


シッカロールならドラッグストアとかAmazonで200~300円ぐらい、、、
ワタクシの経験上、今のところ全く不具合はありません。
気にする方は専用品を使ったほうがいいと思います。

パフ(スポンジ)につけてパタパタ、、、

めんどくさーぃ!!!(/`o´)/ .:*:・'゚ 


ということで、、、
PC234409

ビニール袋にほんのひとつまみ、、、

PC234411

空気も入れてフリフリ、、、これで完璧です。
※バルブキャップは軽く閉じておきましょう。

PC234412

 とてもキレイに粉まみれにできます。

多分この方法が一番きれいにまぶせる気がします。

多すぎれば粉まみれですし、少なければ増量してふりふりすればとてもいい状態にできますよ。



 

ここまで来たら組み付けです。

かる~く空気を入れておきます。

PC234414
PC234415
 
軽く円形を保てるぐらい空気を入れておきます。

バルブを先に入れます。(どっちでもお好きな方で!)

PC234416

こんな状態になると思います。

①チューブをタイヤ内に均等に収める

②タイヤ内のチューブをリムに入れる。


この際にリムに傷があると引っ掛けて破れやすくなってしまいます。

またパウダーの滑りがリムを超えるときにリムにひっついたりせずにサラサラっと入っていきます

 
やさしく優しくモミモミしながらリム内へ滑り込ませていきます。

image4779
※ビートをはめているのではなくてチューブを入れているところです。 

PC234419

全周きれいに入るとこうなります。

PC234422

この状態にしてからビートをはめていきます。

まだまだ空気は入れっぱなしですよ。

ビートをはめる際に空気が抜けきってしまうとヘロンヘロンのチューブは容赦なくタイヤとリムの間に挟まってきます。空気は軽く入っている状態が1番事故なくはめやすいです。




バルブ付近はもっとも丁寧に行います。

PC234425
※ビートが浮いている状態です。

PC234427
 
この状態からバルブを一度軽く押して引っ張ることでキレイにビートがリム内に落ちます。

あとは空気が入った状態のままいけるところまでは優しくはめていきます。


PC234429

こうなります。

この状態になったら空気を少しずつ抜いていきながらビートを少しずつ入れていきます。

焦りは禁物です。

少しずつ入れていくのがコツです。

これで限界が来たらタイヤをリムのセンターに落とします。

最初にはめたバルブ付近からハマっていないところにかけてタイヤを揉みながらタイヤをリムのセンターに落とし込んでいくイメージです。

モミモミして少しずつ寄せていきます。

PC234428

すると今まで固くて入らなかった最後の部分がウソの様に「スポッ」と入るようになります。

このリムのセンターに落とし込んでいく作業がうまくできるかできないかで最後の「スポッ」と入るところの硬さが全然違ってきます。

簡単そうにはめているプロの方はこの作業がとてもスムーズに行うのでタイヤレバーで力いっぱい上げていたのが魔法のように軽くハマっている様にみえるってのはここの行程の差です。


全周ハマったら必ずチューブの噛み込みの確認をします。

特にバルブ付近最後に入れたところが要注意です。

通常のブチルよりもしなやかに動くがゆえにラテックスはバルブ付近の噛み込みが多いです。

またバルブの接合付近から避けていくのも無理くりはめてしまうとバルブ付近がヨレてしまうことで変な力がかかり接合部が避けたり、破れたりもしやすいのであくまでもタイヤ交換は優しく構造をしっかりと考えた上ではめていくことが大切です。

セイビハ、、、いつものアレは最後にとって置きましょう(笑

PC234430

で最後はかる~く(バウンドさせても底づきしない程度)空気を入れて回しながらバウンドをさせてヨレ・ヨリをとってあげます。

この際にしっかりとタイヤ内側にパウダーがついていると滑りやすくキレイにヨリ・ヨレがとれます。
※あくまでもこの作業は補助的なものなので組付けのときにきちんと均等にキレイによらないように組み付けることが大切です。

何度か回しながらポンポンしたあとに回してみてタイヤに歪みがなければ作業は終了です。

タイヤが歪んでいるのであれば空気を少し抜いてもみもみして正してあげるのですが、基本的にキレイにタイヤとチューブが均等に入っていれば歪まないはずです。(駄目なタイヤは歪むこともあります。) 

ココで大きな歪みが出てしまうような組み方だった場合ははじめからやり直しをします。


ということでラテックスチューブの交換方法ですが、コツは
・しっかりと小麦粉パウダー をまぶす。
・ラテックスは弱いということをしっかりと理解する
・ブチルの3倍優しく扱う
ということです。

これはラテックスチューブだけではなくて、すべてのチューブ交換の際にきちんとやっておくことで、ラテックスにしたからってバースト頻発してしまうなんてことはないということです。

ラテックスにしてバーストしてしまうということはブチルの扱いも負担がかかるような方法を取っていたという可能性が高いです。

ブチルでもラテックスでも優しく、丁寧に、これはチューブだけではなくてロードバイクの整備全般に言えることですネ。

ということで少しのコツとラテックスチューブ交換の方法のご紹介でした。


最後になりますが、やはり

セイビハアイジョー( ゚Д゚)///

ありがとうございましたm(_ _)m




★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

 

ロードバイクのタイヤ交換のポイント ~ちょっと良いチューブでも失敗しない~

ということで本日はチョット良いチューブでも失敗しないロードバイクのタイヤ交換の方法のご紹介です。

ロードバイクのタイヤ交換方法はネット上にいっぱい転がっていますので、ポイントを中心に裏ワザというか、コツというか、、、ポイントのご紹介です(笑


今回交換するタイヤはこちら↓↓↓
 P5034154
iso grip採用のディアマンテ4です。

(*´罒`*)ニヒヒ

今まで使っていたのはこちら
P9154022

ハッチソンエキノクス2です。

倉庫に眠っていたものをもったいないからなんとなく使っていただけです。

たしか1月ぐらいに変えていたので4ヶ月ぐらいでしょうか、、、
距離にして3000km弱ぐらい、です。
P5034158
平らな部分が10mmを超えたので交換です。

タイヤをケチって使うのは本当に危ないです。(体験談)★
ヅラブレーキだって、タイヤがダメなら止まりませんし、電ズラだってタイヤがダメになったら走ることだ出来ません。
節約のできるところとできないところを見極めるのが安全のためには大切ですね。

ということで今回は交換方法ではなくてポイントです。

ですので手順についてはサラッといきます。


まずはタイヤを外して恒例の体重測定です。
P5034164

エキノクス2 【222g】単発あたりです。
ゾロ目が最高です(?)

P5034153

 ディアマンテ4の23c 【213g】

これで【9g】の軽量化、、、これでヒルクライムのタイムもバッチリ!
、、、な~んてことはありませんね。

ついでにR-Airです。
画像が消えちゃいました。。。orz

確か70gぐらいだった気がします。


で早速作業へ。

ザクザクいきます。

新しいタイヤは折りたたんでパッケージされていますので、これを整形します。
P5034165


片側のリムをはめる際にはロゴと、バルブ穴を合わせます。
パンクの時の目安になります。

片側をリムに入れたら、バルブ穴にバルブ部を入れます。

ココで空気をすこ~しだけ入れます。


でバルブサイドからチューブをタイヤに合わせていきます。

っとこれではダメです。

こうなります↓↓↓
P5034167

 んでもってこのままはめようとするとこうなります。

 P5034171

ずぇ~ったいダメです。

チューブの種類によっては多少大きめだったり小さめだったメーカーや種類によって多少差があります。

どちらかと言えば【大きめ】のほうが多いです。ワタクシの経験上


で大きめの時にどうするかというと、、、

★ポイント★
 P5034168
バルブから反対側、およそ半分の箇所をリムのバルブ穴から反対側に合わせます。①

でそれを更に半分にして0時6時3時9時をしっかり確認します。①~②
rect4318
次に③です。0時6時3時9時4点を起点としてタイヤの中にチューブを均等に入れていきます。

まだリムの中には収めません。

P5034170

 均等に入るとこんな感じです。
rect4328

均等に入ったら次はリムの内側にチューブを入れていきます。

この段階ではチューブに空気を入れたまま行います。

rect4328-0
こういう状態にします。

P5034176


★ポイント★
親指全体を使って優しく広い面積でリム内にチューブを入れていきます。

この段階で弱いチューブはこするとだめになります。

あくまでも優しく優しく綺麗に全周入れていきます。



この際にチューブに適正な空気が入っていないといわゆる整備上の原因でパンクする【チューブを噛んだ】とかと言われるものが発生しやすくなります。

★ポイント★
※軽くでいいのでチューブの断面図が丸くなるぐらい空気を入れて行います。


 全周入ったら確認です。
P5034177
片側のリムはハマっていない状態ですが、この段階で柔らかいチューブが挟まっていないことをぐるりと一周確認します。

この状態ができたらやっとこさリムにタイヤをはめていきます。
P5034160

つまむようにして押し込んでいきます。

★ポイント★
この段階ではまだチューブに空気を軽く入れておきます。

ある程度まで入れていくときつくてリムに入らなくなってくるので少しずつ空気を抜きながら入れていきます。


おる程度のところまで行くと固くなってきますが、最後も馬鹿力ではめていくのではなくコツではめていきます。
基本タイヤレバーは使いません。

P5034180


★ポイント★
最後の方で固くなってきたらタイヤを揉みます。

正確にはビートをリムの中心に落とし込んでいきます。

最後が固くてはまらなくなって来たところの反対側から画像の用にタイヤをつまんでタイヤビートを中心に寄せてリムの中心部へ落とし込みます。

rect4328-0-5

この作業を行うことでレバー無しでも綺麗に入れていくことができます。

バルブ側が先でも後でもどっちでもいいので、落とし込んでいき最後までレバー無しでつまんで入れていきます。

最後が固いという場合がありますが、、、多少は固いです。
※この段階では空気を抜いてあげないと固くて上がらない事があります。固くて上がらないならエアーを抜いてしまいましょう。

★ポイント★
コツは少しずつです。

一気に入れようとしないで少しずつ少しずつ入れていきます。
P5034181

一気に入れようとしても多分固くて入りません。

動画なんかでみたらよくわかりますが、上手い人は少しずつ入れていくんですね。

最後は必ずバルブチューブを軽く押し込んで引っ張りなおします。


で全周入れたら最後にチューブの挟みこみを再度確認して、空気を2bar位入れてタイヤのヨレを修正します。

良いタイヤは殆ど出ませんし、チューブが均等に入っているとやはり出にくいです。

最後に軽くバウンドをさせてチューブの細かいよれをとって(ワタクシにとっておまじないみたいなものです。)

再度空気を全部抜いてゆっくり規定圧まで入れていきます。


ということで駆け足になりましたが、ロードバイクのチューブ交換のポイントを中心にまとめてみました。

必須の整備ではありますが、毎回毎回きちんと手順を踏んでやることで例えば出先でパンクしてしまった時も慌てずにいつもの手順通りできるようになれるはずです。

急がば回れの精神で、コレが出ないとリムを噛んでしまったりタイヤのヨレが出てしまったり、、、いいことなんてありません。

入らないタイヤを無理やりレバーで上げるのではなくて、モミモミしていれるとか、チューブを均等に入れていくことで綺麗にタイヤを綺麗に入れることができます

また軽量チューブ等の薄いチューブは特にですが擦れたり、ムリに入れるとそれだけでダメになってしまうことがありますし、バルブの根本に変な力がかかって根本からエアー漏れがおきたりもします。

焦らず少しずつ丁寧に!【整備はアイジョー!】というオチでした。

後は練習あるのみです!



 

↑このページのトップヘ