えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:シマノ

2017版 シマノ純正シフトケーブル・ブレーキケーブルの種類と互換性



2015年の記事「シマノ ケーブルの種類(インナーケーブル~シフト・ブレーキ~)」がごちゃごちゃし始めてしまいましたので、ちょっとすっきりさせるために2017年カタログからの情報をまとめます。

image4144

 
2016年より こういった純正パーツのグレードがよりわかりやすく表記に加えられているようになります。

【ULTIMATE(アルティメイト)】
→レースで勝つことをめざす、様々な地形を疾駆する、など最高レベルのライディングを追求。
 より速く、よりストレスのない、走るためのアドバンテージとなる機能。
 最先端のテクノロジーを駆使した最高のパフォーマンスを実現

【ADVANCED(アドバンスト)】

→友達とレースを楽しんだり、時には自分の限界に挑戦したりする、ライディングに自分なりの刺激をもとめるスタイル。
 快適で安心感のある、スムーズな走行が持続できる、安定した高性能。

【SELECT(セレクト)】
→町中をスタイリッシュに走ったり、友人たちとリラックスして走るなど、サイクルライフを楽しむライディングスタイル。
 スムーズで信頼性のあるライディングができる。
 シマノコンポーネントの高い品質が確かな機能を提供

ということです。
【上】【中】【下】とは付けられないので、かっこ良くグレードを分けてみたのでしょう。

※すべて税抜き価格です。2017年カタログより抜粋

▶シフトケーブル

image4161

ポリマーコーティングケーブルに2500mmのモデルが登場です。
一部の車種で使い事になるのでしょう。

2016年登場の【オプティスリック】もラインナップです。

ポリマーコーティングにはロングノーズキャップやRD用ノーズも付属になります。

それから見事にアルテグレードが消滅しました。。。


▶コーティング無しのステンレスシフトケーブル


▶2016年登場の新コーティング【オプティスリック】シフトケーブル


▶アルテグレードなき今、ポリマーコーティングはこちらのみ



※タンデム用やスティール製10パック入りあまり使わないでしょう。

シフトケーブルセット
image4178
DURAグレードのお値段据え置きセットです。
付属品のスモールパーツがすごいことになってます。。。
アルテグラグレードは消滅ということです。

シフトケーブルセット製品
1.OT-SP41ポリマーコーティングシフトケーブルセット 3723円
2.OT-SP41オプティスリックシフトケーブルセット    1968円
3.OT-SP41ステンレスシフトケーブルセット        1421円
4.OT-SIS40シフトケーブルセット(スティール)       614円
※激安のスティール製のケーブルはアウターがちょっと違います。


さらに最新版では9100DURA専用のシフトケーブルセットが発売になりました。

5.DURA-ACE R9100シリーズ用OT-SP41 
 ポリマーコーティングシフトケーブルセット 3723円

こちらシフトケーブルのアウターケージングに関して2016年まではほぼ”OT-SP41”こちら一種類でしたが(スチール製のグレードのみOT-SIS40)、9100系のDURA-ACEが登場してからリアアウターに専用品がでました。

新型DURAも基本的にはOT-SP41ですが、RD-R9100(新型デュラのリアディレイラー)のみアウターケージングが異なる専用品”OT-RS900”という特殊なケーブルを使用することになっております。
こちらは
・ライナー管がすっぽ抜ける
・SP41のようにワイヤー構造ではなくて、ブレーキアウターのようなコイル構造
・長さの決め方が決まっている
・切る方向も指定あり
こんな特徴があるようです。

・コーティングなしのステンレスシフトケーブルセット


・新オプティスリックコーティングのシフトケーブルセット

・ポリマーコーティングケーブルセット


在庫分で終了でしょう。アルテグレードのポリマーコートのシフトケーブルセットです。
(現在仕入れはできませんのでなくなり次第終了。)



DURA-ACE R9100シリーズ用 ポリマーコーティングシフトケーブルセット



★互換性に関して★

シフトケーブルに関しては現行品

DURA-ACE(デュラエース)9000
ULTEGRA(アルテグラ)6800
105(イチマルゴ)5800
Tiagra(ティアグラ)4700

すべてポリマーコーティングシフトケーブルをお使いいただけるとのことです。
また、過去のモデルに関しても(7900、6700、5700、4600等)でも互換性がありお使いいただけるのことです。

しかしコントロールレバーを購入したときなんかの付属はというと、、、ひょっとすると現行品の6800系のアルテグラはオプティスリックになっている可能性があるということです。残念、、、密かにコストカット!?
オプティスリックは今のところ欠点といった欠点があるわけでもありませんし、特に不満も無いので悪いことではなさそうですが、オプティセットはスモールパーツの付属がチョット変わっています。
image4155
image4144
先ずRD用アウターキャップが金属のシールドと樹脂製シールドのもの、
オプティのほうがグレードが高いのに樹脂製です。
過去モデルはここに樹脂製を使用してしまうと角度・負荷がかかってちぎれてしまう。そんな事があったようですが、現行モデルですと大丈夫になったとか、その為オプティセットは新発売なので樹脂製に変更がされたが、ステンセットは過去のままのセット内容なので据え置きと言った状態とのことです。

これとステンセットにはコントロールレバー用のショートノーズ付きアウターキャップの付属がありません。こいつは結構ダメージを受けやすいので、できれば交換ごとに買えたほうがいいので現行コントロールレバーでステンセットを購入するときはダメージ(ハンドルとの段差でバナナみたいにひん曲がります。)にもよりますが、別途購入したほうが良さそうです。

RD用ノーズも付属がありませんが、こちらもあの角度(リアトップ付近でのRD出口付近)を考えればついていたほうがいいような気がしなくもありません。

スモールパーツの使い方はこちらをご参照下さい↓↓↓
スモールパーツの使い方 シフト・ブレーキケーブルセット

どちらもスモールパーツで購入するのがいいと思います。


ロングノーズに関しては、、、ポリマーコーティングケーブルは必須ですが、オプティはよっぽど変なルーティングを採用しているフレームでなければどちらでもいいような気がします。




▶ブレーキケーブル

↓ROAD/MTB~~~とあります。むしろ今までナンデ分けていたのか、、、
image4195

ブレーキインナーケーブルも同様にアルテグレードがなくなっております。
ポリマーコーティングを選択したのであればDURAグレード一択です。

こちらは新コーティングはありませんので【SIL-TEC】(PTFE)据え置きです。

ポリマーコーティグはノーズ付きアウターキャップがついてきます。
上位機種のアウターキャップは(ロングだろうがショートだろうが)ノーズ付きというのが現状お約束です。 

シフトケーブルではポリマーコーティングは軽さが素晴らしいのですが、コーティングの剥がれが汚くて気になります。しかしブレーキインナーケーブルでは毛羽立ちが気になりません。
P3153600
※3ヶ月位使用したポリマーコーティングブレーキインナーケーブルです。

ポリマーコーティングは間違いなく軽いです。シフトと違ってアールがきつくなりにくかったり、距離の問題もありコーティングが綺麗に保たれています。これなら使用上も問題なく使えそうです。

ブレーキインナーケーブルのみ

・ステンレス

・SIL-TEC


・ポリマーコーティング



ブレーキケーブルセット

・ステンレスブレーキケーブルセット


・SIL-TECコーティングブレーキケーブルセット
(ブレーキはオプティスリックはないようです。)


・BC-9000 ポリマーコーティングブレーキケーブルセット
同じくブレーキもアルテグレードがカタログから消えています。



MTBとの共通でスティール製のセット(1012円)もあります。
しかし前回の記事で書いたようにあまりおすすめはできないでしょう。

アウターケージング
ポリマー:BC-9000ブレーキアウターケージング
SIL-TEC:SLR
ステンレス:SLR

圧倒的な引きの軽さとタッチの良さが実感できるポリマーコーティングですが、スモールパーツの使い方がとても大切です。

PC084341

これがリアブレーキ用のノーズ付きアウターなんですが、こいつがないとものすごくタッチが悪くなります。試しにこれを使わずに組んでみたのですが、やはり駄目です。これは絶対に必須です。

こちらも実はアルテグレード(真鍮)とDURAグレード(アルミ)の2種類があったのですが、アルテグレードのほうが消滅しました。ケーブルがなくなったことで一緒に消滅です。
お値段の差は、、、倍ほどorz

しつこいようですが、正しくスモールパーツを使わないとものすごく残念な結果になります。
スモールパーツの使い方はこちらをご参照下さい↓↓↓
スモールパーツの使い方 シフト・ブレーキケーブルセット

注意としては、例えばインナーケーブルのみお店で変えてもらった場合に、アウターが社外製であったり、下位グレードのものを使っている場合があります。
通常のパッケージ版製品には重要なスモールパーツは同梱されておりますが、お店用のバルク品はスモールの付属がない場合があるとかないとか。。。
お店で変えて貰う場合は、しっかりとスモールパーツの取り付けもお願いしたほうがいいでしょう。

※フレームの種類によってはこれらを使わないフレームもあります。


★互換性に関して★

ブレーキケーブルに関しては互換性がダメなものがあります。
くれぐれもご注意下さい。


DURA-ACE(デュラエース)9000番
ULTEGRA(アルテグラ)6800番
105(イチマルゴ)5800番
Tiagra(ティアグラ)4700番

こちらはどの機種もポリマーコーティングを使用できるとのことです。

しかし過去のモデル
DURA-ACE(デュラエース)7900番 
ULTEGRA(アルテグラ)6700番
105(イチマルゴ)5700番
Tiagra(ティアグラ)4600番
(上記機種を含み以前のモデル)

これらは互換性をもっていないということです。

つまりこれらの機種はポリマーコーティングのブレーキケーブルは使えないということです。

固定ポイントに違いがあり、最悪スッポ抜けると大変な自体に陥ります。

繰り返しになりますが、くれぐれもご注意下さい。




ということで2017年カタログ版シマノ純正ケーブルの種類というお話でした。

こう見てみるとあれだけシフトケーブルがドンドン新しいものが出てくるのに、ブレーキケーブルは基本据え置きということです。
少しひねくれた考え方をしてみればブレーキはほぼ不具合がない、完成に近い状態を出せているのか。
またシフトは、、、まだまだ改良の余地がある、といういことなのかもしれません。

2016年はインナーケーブルの種類は
1.シフトケーブル・ブレーキケーブルともに【アルテグラグレードがなくなった】
2.シフトケーブルに【オプティスリック】登場
3.心配していた値上げは今のところないかも、、、

というところです。 

アルテグレードに関してはDURAと大して違いがわからなかったので(巻き数ぐらい)微妙といえば微妙だったんですが、それでもお手頃価格帯がなくなってしまうのは一消費者としては、すこし残念です。

※ポリマーコーティングブレーキケーブルは固定ポイントの違いから【使用できるモデル】【使用できないモデル】がございます。くれぐれもお求めの際はご注意下さい。

2017で
1.9100DURA用の専用シフトケーブル(リアアウター)が出た。

ということでした。
ということで2017年版シマノ純正ケーブルのまとめでした。


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※プレオープン期間中、当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容(希望時間)
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから

今月の定休日
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
が定休日です


★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

シマノ製 クイックリンクのとチェーンピン

昨年から話題には上がってくるものの、一向に入荷の目処が立たなかったシマノ製のクイックリンク、”11スピード用SM-CN900-11 クイックリンク”(こちら正式名称のようです。) の一般デリバリー開始が4月末頃に決まったということです。

少々価格は変わりまして、2個入りで1000円超というものです。

ということで今回はシマノ製クイックリンクのデリバリー前にクイックリンクとはんなんぞや、利点は?そんなところのお話にしてみようと思います。



▶クイックリンクとは

チェーンは繋がないと使えません。
要は一本紐の状態から輪っかにする必要があります。
そこで一本紐の端っこと端っこをつなぐ方法が2種類あります。
①チェーンピン
御存知の通り、チェーンカッター(専用工具)を用いて繋ぐ方法
詳細はこちらから↓↓↓
ロードバイク整備 11速チェーン交換方法

②クイックリンク


専用工具なしでもつなげる方法
※専用工具が必要になる場合も・・・後述します。
P1114616
※ゴールドの部分がKMCの11速用ミッシングリンクです。

他社製品で何と言ってもぶっちぎりのシェアを誇っているのが、”KMC製のミッシングリンク”と言うものです。


▶クイックリンクの注意点①

クイックリンクを使用する場合はチェーンの長さの設定が変わります。
というのもアンプルピンで繋ぐ場合はアウターリンクとインナーリンクで繋ぐ形になりますが、クイックリンクはそのもの自体がアウターリンクとして働きますので、インナーリンクとインナーリンクでつなぐことになります。

アンプルピンと全く同様にチェーンを切ってはつなぐことができないということになります。

image5319


▶クイックリンクの注意点②

KMCのミッシングリンクはワタクシ自信10速時代に非常によく使っていましたが問題点があります。
それは”品質の安定性”(個体差が大きい)というものです。

ものによっては手で簡単に外せるほど緩いもの(新品でもですヨ)もありますし、工具を使っても鬼のように硬いものまで様々でした。

こちらは世界のシマノ様が作るとなればKMCよりも安定させる事ができるかもしれませんが、こればっかりは実際にいっぱい触ってみないとなんとも言えません。

ということで個体差をどの程度まで減らせているか、コレによってとても便利なものか、ものすごく不便なものかが分かれてくると思います。


▶クイックリンクの注意点③

たしかミッシングリンクもそうですが、11速になって原則”再利用不可”ということです。

アンプルピンよりも簡単に付け外しができて便利!と言うものではありますが、基本的に再利用ができないとなるとその優位性にストップが掛かりそうな気もします。



▶クイックリンクのメリット

再利用不可、お値段アンプルピンよりも高め、、、となるとなかなか大きなメリットが見いだせないところではあります。

しかしメリットとするのであれば手技による差が出ない、ということでしょう。
あまりピンで失敗することはありませんが(と言うか滅多位にないことですが)過去のアウターが若干浮いている、、、こんな現象はクイックリンクでは起こらないでしょう。

あとは例えば出先で何かあったときにはクイックリンクの方が便利かなぁ、、、なんてこともあるかもしれません。
大体チェーンの不具合は繋いだところからのトラブルが多いように思えます。
それでもめったに起こることではありませんが。
となると繋いだ箇所からピンが抜けてきてしまう、チェーンが切れた時等のことを考えると、チェーンカッターとアンプルピンを持ち歩くよりも、新品のクイックリンクを一個持ち歩くほうが楽です。
(大前提として、トラブル前もクイックリンクで繋いであることが必要です。アンプルピンだと、前述のようにアウター&インナーではクイックリンクは使えません。インナー&インナーにするためにはチェーンカッターが必要になります。)

ということで個人的にはクイックリンクもトラブル対応のことを考えると少々お高いですが、なしではないと思います。


▶SM-CN900-11 クイックリンクとは

要はミッシングリンクと似たようなものなのですが、”900”とつく型番からするとグレードはもちろんDURA、現行のシマノ公式の言い方だと”アルティメイト”と呼ばれるものです。
(アルティメイト>アドバンスド>セレクト、詳細はカタログに。)
というか一種類しかありません。。。

もちろんクイックリンクもきちんとコーティング処理がされているとのことでした。
さすがシマノさん、細かいところまでいいです。



▶シマノ製クイックリンクは買いか?

※以下全く持って個人的な意見になります。
こればかりは多くの種類を使ってみないとなんともいい難いです。
しかし”個体差が少ない”ことが大前提として安定しているのであれば”買い”だと思います。
2個で1000円ちょっとという価格ではありますが、”通常のつなぐ用”と”スペアとしてツールケースへ”ありだと思いますヨ。

洗車のたびにクイックリンクを外してチェーンの灯油洗い、こんな使い方のためと言うものではないような気がします。
あくまでもトラブルに対処しやすい形ということなのではないかということです。

もちろんうちで使用してみてからのお話ではありますが、いっぱい触ってみて良さそうだった取扱をしようかと考えていますヨ。
ということでシマノ製のクイックリンクのデリバリーが4月末という予定が出たのでクイックリンク(ミッシングリンク)について再度考えてみた。
そんなお話でした。


こちら11速用と書いてあるKMCのミッシングリングですが、画像は”10S”の刻印が。。。
大丈夫かな、、、

ワタクシ自身11速のミッシングリンクも使用しておりましたが、そこまで気にならなかったのですが、レビューを見るとかなりキツめのものが多いような感じです。
やはり個体差が結構出てしまうという可能性は十分に考えられます。。。

 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

土踏まずのアーチ対策 シマノ カスタムフィットインソール 

先日の土踏まずのアーチのお話しからの引き続きです。

詳細はこちら↓↓↓
土踏まずのアーチとペダリングの関係性とは?

インソールって高いですね。



こんなのだって5000円以上しますし、有名所だと”シダス”のものだって
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シダス バイクプラス インソール
価格:8532円(税込、送料別) (2017/3/3時点)


ヤッパリいいお値段です(;´∀`)

上を見れば1万以上のものもゴロゴロあるようですし、有名所のシダスだってそこまで高くないといえば高くないと感じる方もいるかとは思いますが、ワタクシ個人的にはやはり高く感じてしまいます。

そもそもシューズが2万円ぐらいで、ソールだけで1万円とかするものはチョット、、、

というのもこういったものは”高ければいいもの”というわけではなくて、”自分にあったものがいいもの”であると思います。
どんなに高くても合わなければ使い物になりません。

フィッティングでもなんでもそうですが、よくある謳い文句は”@百人のプロライダーのデータから~”
、、、ワタクシはプロではありませんし、一般人ですのでできれば一般人、貧脚でへっぽこ向けのものが欲しいのです。。。
とはいってもないものねだりはよくないので希望として、
ある程度調節のできるものが欲しいわけです。

ということで今回のメインのお話し、シマノ カスタムフィットインソールのお話しです。

というのも知り合いの方が某サイクルイベントで結構いいソールをお安く仕入れてきたと言う情報を聞いてからいてもたってもいられずにワタクシもインソールが欲しくなってしまったわけですヨ。物欲を掻き立てられてしまいました(笑)ハハハッ



▶シマノ カスタムフィット インソール

お値段は3000円ぐらい!他社よりもワンランクお安い設定です。
そしてこちらの商品のいいところは自分の形に合わせるこができる、
熱を加えて「熟成」することで自分の足にあわせた形を作れるというものです。
熟成って・・・なんか変なカンジがするのはワタクシだけでしょうか・・・

足の形なんて指の長さ、踵の太さ、柔軟性等々全く違いますので、こういった自分に合わせたカスタムができるというのはもってこいってことです。
カスタムフィット、名前の通りの商品ですネ。

P3034649



▶土踏まずのサポートが自分に合わせて選べる

ワタクシも純正のインソール(ビンディングシューズはSH-R171)でも土踏まずのサポート以外は何も不満がなかったわけです。

ということは重要視すべき点は土踏まずサポートのみということです。

こちらシマノのカスタムフィットインソール は土踏まずサポートを3段階お好みに合わせて選べることができます。

P3034653
※黄色が低いアーチパッド、赤が高いアーチパッドです。
これを”なし→黄色→赤”と言った3段階で選べるということです。

image6464


▶新旧比較

P3034651
※熟成前です。

SH-R171純正のインソールとの比較です。

ソールサイズはどちらも42なので今回はカットが入りませんでした。
41の場合はハサミでカットして使うということです。



▶家庭用品で熟成してみる

※熟成は100%の商品の力を引き出すためには専門ディーラーでの作業をおすすめ致します。

先人達のお話しを見る限りでは、釜茹でwwwや、ドライヤーなんかを用いている方が多いようですが、せっかくなので家庭用オーブンレンジでシマノ公式の方法通りにやってみようと思います

公式ページの説明によると、、、
1分というマニュアルと、1分30秒というのがあるようなので、まぁ焦げたら焦げたで考えようということでしっかりと1分30秒でやってみることに。。。

オーブンレンジのオーブン機能なんて初めて使うかもしれません(;´∀`)

説明書を確認してしっかり100度まで予熱です。
P3034658
2003年製って書いてありました。。。バリバリ現役のご長寿です(笑
(初めてのオーブン機能を起動させたらモックモク煙が出てきたのはないしょです (* ̄  ̄)bシー
 注)けしてインソールが焦げたわけではありません)



100℃に上げるのに約2分ぐらいということだったので4分にセットで予熱を開始です。

P3034659
上に今晩のごちそうをセット、、、

①加熱

予熱が終わったら素早くぶち込み1分30秒加熱です。

P3034663

加熱している間にやっておくこと、、、

P3034661

必ずバックル、ベルトを緩めておいて熱々のインソールを素早く滑り込ませられるようにしておきます。

ここからはスピード勝負ですので写真はありません(笑

②熟成

そこまで”あっちっち”にはなりませんが、持った感じじんわり温かく、しっかりと柔らかくなっています。
素早くインソールを滑り込ませて、ベルトをしっかりと締めてクリートに荷重をかけるようにして5分間待ちます。
P3034665

5分って何もしていないと結構長いので時間がもったいなかったです。
スマホとか用意してくといいと思います。

P3034666

こんなんです。

インソールを見てみると、、、

text6789

なんとなく熟成できたようです\(^o^)/
全然違いますね。

image6801
※左:熟成後 右:熟成前

正面から見るとわかりやすいです。

で両足熟成後は再度両方の足を履いてみてアーチパッドをお好みで変えてあげれば完成です。
アーチパッドもインソールの側面がポケットの様になっていますのでそこに滑り込ませるだけで簡単です。

ワタクシの場合は左:黄色(低)右:赤(高)この組み合わせで様子を見てみようと思います。
両方赤(高)だと少し左側が高い感じです。
足ツボマッサージが特に苦手なのは右側なので左右で違くても、、、まぁいいかなぁと。

右足は悪く言えば少し高い感じ、良く言えばしっかりサポートです。
乗ってみて痛みが出たり悪ければ交換すればいいだけなので簡単です。

ということで早速走行です。


▶実際にどうよ?


スッゲ( ・∀・)イイ!!

とか

めちゃくちゃ( ・∀・)イイ!!

とか飽きてきたので別の言い方をしましょう。
実際は乗った感じとするとよくわかりません。
すこし高めかと思っていたアーチパッドも痛みも特になくダイレクト感とかは「若干いいのか???・・・ウ~ン、ヨクワカンネッ!」このぐらいです。
ペダリングも安定??、、、まぁ土踏まずの隙間がなくなりピッチリ感は増しますが、それで安定かどうかはよくわかりません。

もうガンガン踏んでればすっかり存在を忘れてしまうぐらいのものです。


し・か・しです。靴を脱いだ瞬間面白いです。

足裏がものすごくです。


これは一度味わうと、もう無しでは乗れません。
もうないと嫌な体になってしまいます。。。 (*ノωノ)イヤンッ
靴を脱いで歩けばすぐにわかりますヨ。
とにかく

楽すぎる!
ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

この感覚は昨日の記事の最後に載せていたオンヨネのサイクルソックス「健脚」

これですね↓↓↓

これを初めて使ったときも結構感動したのですが、これを遥かに超えた驚きです。
あぁ、足裏のアーチを守るって大切なのね!ってことです。

しかも3000円でこれか、、、

なんとなくカタログのどっかに載っているのは知ってはいましたが、こんなに変わるものとは。
おそらくワタクシが足裏のアーチが高めだったということでアーチをしっかりと固定してあげることで足底筋膜とかそこら辺への負担が減ったのではないかということが考えられます。
ペダリング時の足裏のアーチ構造ってあんまり役に立っていないというか、おそらく必要ない構造なんではないかなぁ、、、そんなふうに思いました。

アーチが深め(高め)で足裏の疲れが気になるローディーさんには是非ともお試しいただきたい逸品でした。

シマノさんの商品はエアロフューエルもそうですが、やはりかなりのコスパ高し商品が多いです。
まじでサイコンとかもうちょっといいものをお安く作っていただけると・・・

ということで今回は”土踏まずのアーチ対策にシマノ カスタムフィットインソール”ってどうよっ?
そんなお話しでした。





 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

↑このページのトップヘ