えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:ステム

久しぶりに整備のお話し

最近3本とかペダリングとかそんなお話しばかりだったので久しぶりに整備ネタ、先週末に結構ガッツリ整備をしてまいりましたので そのお話しです。



ということで早速本題へ、

▶今回の整備は? 
 
今回のご依頼の品はこちらです。
23186
 
①ステム
②ブレーキシュー
③チェーン
④クリート 

これらはぱぱっと変えてしまえばそこまで時間のかからないものですが、何が大変ってセッティングがものすごく時間のかかるところです。

ということで早速作業にかかります。

※尚今回は作業しながらだったので余り画像がございませんm(_ _)m 
 要所要所で面白そうなところを取ってきましたのでそちらで・・・



▶ステム交換


ステム交換はコラムクランプとハンドルクランプ部を緩めて取り外し→交換です。
ココはハンドルの角度のセッティングのみです。

お使いのハンドルはシャロータイプ、いわゆる男の丸ハンです。

現在お使いのものが110mmということでお伺いしていたのですが、、、

P3054682
※ちなみにシマノプロのステムは110mm17°です。

ゼンゼンチガ━━(;゚Д゚)━━!!ウ

なんぞやこれ・・・
まぁとりあえず付けてみないことにはなんとも。

image4157

ヤッパリ17°(ほぼほぼ地面と垂直)は滅茶苦茶かっこいいです。

(・∀・)b<カッケェッ

シャロー、ステム17°、スパイダー、前後高さの異なるカーボンディープ、なんともスパルタンなこの仕様のバイクのオーナー様、、、御年、半世紀を超えているとか。素晴らしいデス。ワタクシもそんなナイスミドルを目指して・・・

シャロータイプのハンドルの角度は地面に水平に…がベースとなるのですが、個人的にはきも~ち前上がりがおすすめです。
下ハンの平らな付近を握ったときに手首の角度がド水平よりも素直な角度で握れるためです。

この辺はまったくもって好みの問題ないなのですが、今回はおすすめどおりに約3°上がりぐらいに調整させていただきました。

ステム交換の注意としては長さがあまりにも長くなったり、高さが大きく変わるとアウターケーブル(シフト・ブレーキ)が足りなくなってしまうことがあります。
そんなときはケーブルごとの交換になりますが、今回は余裕があったのでケーブルは既存の物のままでOKです。


▶シュー交換

シューの交換はボルトを緩めれば後方側にスポッと抜けるので差し替えるだけです。

結構使用していたシューはガッツリと減っておりました。
そして結構前のモデルだったと思うのですが、シューのロックボルトがプラスに切ってあるものでした。
最近のモデルは六角になっているのですが、懐かしい遺品です。

ブレーキをいじる際に必ず見せていただくのはセンタリングです。

センタリングが少しでもずれていると制動時にキモチワルイです。
慣れてしまえば気づかないぐらいのズレもびしっとセンターを出してあげることでブレーキの性能を引き出せると考えていますヨ。

結構タイヤを外すときや、輪行のときにぶつけたり曲がってしまうこともありますし、シューが均等に減らない場合もありますので、時々でいいのでセンターを確認してビシっとセンター出しをしてあげる付が気持ちよく乗れます。


これともう一つ、センターが出たら握りの調整です。
ブレーキは構造上シューが減ってくるシューの厚みが薄くなりと”遊び”が増えてきます。

ということでシュー交換後は遊びの調節が必要になります。
下手したらブレーキかかりっぱ、、、そんなことになる可能性もありますのでアジャスターついてはいるのですが、一度固定ポイントを外してあげてアジャスターを調整できるように再度調整して、遊びの調整を行っておくとその後の整備が楽になります。


▶チェーン交換

チェーン自体は結構きれいな状態だったのですが、チェーンを切って長さをはかっているときでした。

「チェーンはどのくらいお使いでしたか?」
「大体10000kmぐらいですかね。。。」

(; ・`ω・´)ナn…ダト!

チョット使いすぎですね。

ということでせっかくなのでチェーンチェッカーでぶすっと、、、

P3054683

ズボッと完全に根本まで、、、Σ(゚Д゚;)

ここまで伸びたものは結構珍しいので「パシャリッ」です。
完全にのびのび子さんでした。
もう少し早めに交換したほうがいいですね。

伸びたチェーンは変速がだるくなるだけではなくて、ギアの摩耗を早めたり、不具合が起きる可能性が高いです。

新鮮なアウターリンクを残すというのはカンパのお話しですが、カンパがそう言っているのであればなんとなくそんなふうにしたくなってしまうので、インナーリンク側で長さの調整です。
裏表のあるモデルもあるので間違えないように、そしてチェーン交換のお約束をしっかりと守ることは大切です。
ロードバイクのチェーン交換 3つの約束事と不具合報告



▶クリート交換

なんともシューズまで新調していたとな、、、
ガノーのシューズはとってもかっこよかったです。
rect4168
BOAはもはや正義か!?

クリートの位置なんですが、今回はオーナー様のご希望どおり完全バックです。
ステム交換と合わせてポジションを調整します。

クリート位置が下がると、サドルも下がります。
サドルは下がると前に出ます。
前に出るとハンドルが近くなります。

ということでステム交換はちょうどいい機会なのでポジション出しの再調整です。

というのも腕が(ステムが短く)つまってきてしまった(きつくなってきた)ということでのステム交換だったのでちょうどいいですね。

クリート交換はネジと四角ワッシャーがついてきます。
足の裏は水分や泥汚れ影響をものすごく受けやすいところなのでクリート交換ごとにしっかりとネジも新品に交換することをおすすめいたします。


▶深い前傾姿勢の謎

一昔前までは骨盤を起こして3時がピークという踏み方・回し方が主流だったということです。

しかし最近は深い前傾で骨盤と足がつまらない程度に傾ける、こんな乗り方が主流になってきているようなイメージです。

というのも、深い前傾姿勢は空気抵抗のためだけに作られているのかというとあながちそうではないということであり、加速期にスピードを上昇させるためには深い前傾が必要になってるのではということです。
この辺はまた後ほど・・・

というのは余談ですが、
つま先よりよりも踵よりのほうがふくらはぎを使わなくてすむ、ということです。
踏もうが、後方蹴り出しだろうが、回そうが足首の関節のことを考えれば後方寄りのほうがふくらはぎに負担がかかりません。
rect6454

とはいっても究極の後方、踵では回る構造上ペダル軸の芯を捉えることが難しくなりますのである程度の足首の動きを使うためには踵よりの拇指球後方が最もパワーの伝達を足首に吸収されずに効率が上がるのでは、ということです。

今回は整備ネタなのでここらへんはサラッと流します。


その他としてみるとポジションを少しいじってみたり、ブレーキをいじらせてもらったり、変速の不具合を見せてもらったり、とても貴重な時間を過ごすことができましたm(_ _)m

ということで久しぶりの整備ネタでした。


まだまだ全容は非公開ですが、密かな計画が実行中のFF-Cycleを今後ともよろしくお願い申し上げます。

 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

シマノプロ2017新製品情報 ~海外プレスより~


ワタクシ自信「高剛性ステムがほしいなぁ、、、」なんて思っていたのですが、なにせVibe 7sシリーズはいつのまにやら廃盤に。。。
あの9000のDURAのような、黒と銀色の削り出しっぽいデザインがものすごく好きだったのですが。
もはやあのデザインが買えるのはPLTステムのみとなりました。
PLTでも大満足です。やはりあのデザインはかっこいいです。
P9164047

何故か世界のシマノさんは日本のプレスよりも海外の方が速いという、、、、

ということでシマノプロ製の新製品をちょっと除いてみようかなぁと。。。



早速ですが動画から。


1:34~

最初のほうは9100のDURAなんですが、途中からありますね。。。

PROのVibe製品はどういう名前になるのかは不明ですが、やはりモデルチェンジがされています。

▶Vibe カーボン ハンドル

・UD T800で軽量勝つ高剛性
・インテグレーテッドケーブルルーティング
 (ハンドル内ルーティング)
・フルオーバーサイズ、フラット部の扁平デザイン
 
image4210

image4177

image4155


▶Vibe ステム

これは面白いです。

image4199

ただただこれぐらいしか絵がないのですが、ボルト、、、
多分結構珍しい方向についています。

確かにこの方向につけば整備性は悪いですが、空気の流れはきれいになりそうです。

トップキャップもステムとセットのようで通常の丸型ではありません。



ワタク氏個人的にはMTB用の【タルタス XC ステム】のような物が出たら面白いなぁ、なんて思っていたんですが、そのへんは全くありませんでした。

タルタスXCのステムって面白いんですよ。

スターファングルナットやアンカーナットがイラないタイプのステムなんです。

多分ロード乗りの方にはあまりご存知のない方が多いと思いますが、【インテグラルヘッドアジャスター】なるものです。

rect4179

ヘッドパーツの構造は過去時事をご参照下さい。
ロードバイクのヘッドパーツ 構造と仕組み

簡単に言うとガタを取るために アンカーナットをヘットキャップで引っ張るのではなくて、ステム(上部のボルト)を固定後ガタを取るためにアジャスターを伸ばしていくというものです

もちろんコラムクランプ下部のボルトにも秘密が隠されていて、特殊なチタンボルトでスナップリングがコラムクランプ部を広げることでアジャスターが動きやすくなるというものです。

これの利点はコラム部が空っぽにできるということです。
Di2のバッテリーのスペースを確保できたりします。
場合によってはうまい棒・携帯食なんかも入るかもしれません。。。( ゚Д゚)ハァ?

微妙ではありますが、アンカーナット分の軽量化もできますね。 

まさにシマノっぽい革新的な技術が詰まった物だなぁと思いましたヨ。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PRO タルシスXC ステム 100mm/31.8mm -17° ブラック (R20RSS0316X)
価格:12355円(税込、送料別) (2016/9/30時点)



とだいぶお話しはそれましたが、軌道修正しましょう。

まだまだ謎に包まれた部分が多いシマノプロ新製品ですが、ワタクシが思ったことがあります。

BlogPaint

 もう【まっくろくろすけです(;´∀`)

なんでもかんでもまっくろ黒です。

フレームもツヤ消しの黒、9100のコンポは真っ黒、、、確かシマノフェスでグラデーションとか、グロッシーとか言っていた気がするのですが、「もう黒でしょ、これっ(笑)」


PRO製品もステムも黒(地味)!

う~ん、9000もしかりですが、PRO製品も以前のカラーのほうが好きだったのですが。
すこしカラーが残念な世代ということなんでしょうか、、、


ということで「2017モデルはシックな装い!」シマノプロのVibeのお話でした。


image93570


 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

シマノプロ PLTステム 交換 高剛性ステムはいかに?


実は先日のシマノフェスティバルで手にとって、触って感じた商品でものすご~く欲しくなってしまった製品がありまして、、

こちらです!

 P9164020

【3D Forged】3D 鍛造・・・かっこ良すぎます。ヽ(´Д`;)ハァハァ...(←オイラダケ?)

VIBE 7Sはプロのパワーも受け止められる高剛性ものなのですが、、、実は製造終了で入手が困難です。
こちらのPLTも【世界のビッグレースでも使われるもの】って謳っていますので強度的には貧脚のワタクシにはもったいないぐらいのシロモノです。


コスパ抜群のLTステムの上位機種、アルミの材質が大きく違います。

・PLTステム:【AL2014】 (Al-Cu-Mg系アルミ銅マグネシウム合金)
→アルミ合金の中でも高強度型の熱処理合金
・LTステム:【AL6061】 (Al-Mg-Si系アルミマグネシウムシリコン合金)

要はPLTのが硬いよってっことです。

ちなみに【AL7050】これがもっと硬いらしいです。VIBE7S 世界の名だたるスプリンターも使用しているものです。おそらくステムの中でも最強クラスに硬いものでしょう。

こちらに詳細がありますが、専門的すぎてよくわかりまへん、、、
◆機械的性質一般 http://www.zerocut-watanabe.co.jp/contents/handbook/hand041.html


これともう2つ

▶かっこいい!

クロと削りっぱのようなデザインがなんともいい感じで、実物を見て一目惚れしちゃいました。。。

▶アングル角
「もう少しだけハンドルを遠くしたいなぁ、、、」と思っていたのですが、130mmだと出過ぎ、、、ってことでアングルを替えれば遠くなります。
詳細はこちらにあります↓↓↓
ステム長とアングル(角度)の影響 ロードバイクポジション調整

ワタクシの三角定理が間違いがなければ6°→10°に変更で【2mm程前に出て、8.3mm下がるはずです。】

なんともちょうどいい感じです。



ちなみにLTステムは円柱型でPLTは角ばった形です。



まずは新旧比較から、、、

P9164034
P9164024

33gも軽量化です。

違いなんて、、、わかるきゃありません・・・


P9164035
P9164036
P9164037

クランプ・スタックハイトすべて同型です。

唯一違うのは角度のみ。 



サクサク交換してきましょう。

P9164027

ステム交換の基本ですが、緩めるボルトは全部で7本です。
(ステムの種類によっては差があります。)

コラムクランプ部2本、トップキャップ、ハンドルクランプ部4本。
通常はこの7本です。

トップキャップはとっとと外してしまいます。
緩めるときの順番はあまり関係ないのでどんどん緩めていきます。
(※均等に緩めていきます。)

P9164029

トップキャップ・ハンドルクランプは外さないと取れません。
コラムクランプ部は緩めるだけでもOKです。

P9164031

ハンドルクランプ部は緩めていくとハンドルが「ガクッ」と落ちますのでご注意下さい。

脱落防止のために1本残しておくといいと思います。

P9164030

 右下のボルトを残してあります。

本当はサイコンステーがジャマなので外してしまったほうが作業効率が上がります。

P9164032
 
ハンドルクランプ部の最後の一本を外せばハンドルが外れます。

P9164033
 
コラム部からは緩めて引っ張れば抜き取ることができます。

組み付けは全く逆のコトをすればいいだけなので難しくはないのですが、
折角綺麗なボルトに綺麗なステムなので防錆処理をしておくといいと思います。

ワタクシはAZ KM-001 を使いますが、グリスでも何でも防錆性があるものであればいいと思います。

P9164038


ついでにコラムがカーボン製のため念のためファイバーグリップを塗っておきます。

P9164039

P9164040

PLTのステムはクランプキャップ内側にもこんなおしゃれが、、、

こんなとこにロゴを付けても誰も見えないのに、、、こういうことがおしゃれってもんです!

P9164041
 
まだ本締めはしないであくまでも仮組です。

角度はお好きなように合わせるのがいいと思いますが、左右差はバッチリにします。

どうやるかというと、、、

P9164042
 
釣り糸かなんかの真ん中ぐらいに結び目を作り、、、

P9164044

これで結び目を真ん中にして半分に折ればどちらによっているかが分かります。

でもってこれがピッタリどセンターが出た状態です。

P9164045

なんでもハンドルクランプ部の後ろにはメモリがかいてあるのですが、このメモリ自体が少しずれています。
メモリは参考程度に、、、と考えたほうがいいでしょう。
まぁよくあることですね(笑

ビシっとハンドルセンターが出たら次は角度を調整します。

P9164050

これは好みの問題なのでお好きな角度にしたらいいと思います。

角度が決まれば仮止めして、、、あくまでもまだ全て仮止めです。

次はコラム部です。

P9164041

締める順番は
①トップキャップ
②③コラムクランプ部を均等に締めていく。
④トップキャップを再度締め直す。

トップキャップはあくまでも玉当たりがきつすぎないようにガタがないようにの調整用です。
コラムクランプ部をしっかり締めてしまえばトップキャップは、締めすぎないようにしましょう。

全てで角度がセンターが出て決まったら本締めをしていきます。
慣れな方はトルクレンチをしっかりとつかった方がいいでしょう。
締めすぎによる破損や、緩すぎによるズレは大変危険な場所です。

そして完成です!

P9164052
P9164047

このフロントの見た目がめちゃくちゃ(・∀・)イイ!!デス。

image6136

 参考までに重ねてみましたが、やはりほとんど前位に出ている幅は微妙なぐらいですが、ハンドルは全体的に下がっています。(ハンドルの角度が全く一緒ではないため、あくまでも目安です。)
ちょうどいいでしょう。





で実際にはどうだかというと、、、

▶ハンドルが低くなる。

数値でも実際に下がるということはわかっていたことです。
遠くなるというよりかは低くなるということなんですが、実際に乗っているといい感じです。

同アングルで10mm(通常10mm刻みが多いです)長いものに変えてしまうと一気に前に出てしまうため微妙な調整はやはりアングルで調整するというのが正解だと思います。


▶ステムの剛性が上がると、、、

結構見落としされがちなステムですが、剛性が上がることでのメリットの方が目立ってきます。

①ダンシングやハンドル部に荷重がかかる際に剛性感を感じることができます。
→別に下位グレードのLTステムだって軟弱な感じは全くしないのですが、PLTを使ってみると確かに硬さを実感することができます。
 ハンドルはROTUNDOに初めて変えたときに感じたしっかり感がステム交換でも顕著にわかりました。
 (ちなみにROTUNOはAL7075 )

②路面からの入力がわかりやすい
→なんといってもこれが一番嬉しい事でした。
 路面の状態、タイヤのグリップ感、フレーム・ホイールの動き、、、すべての反応がわかりやすくなります。
 もさっと感というか、、、もこもこしていたハンドルへのバイクからの入力値がシャキッとする感じです。
 反応がわかりやすいということは速く走る上で大切なことだと思いますヨ、ワタクシは、、、、
 
③デメリット
→良くも悪くも固くなるので手に細かい振動を感じます。
 この辺はメリットと取るかデメリット取るかは好みの問題だと思います。

ステムに関しては硬くなる事によるデメリットをワタクシは大きく感じることはありませんでした。
特にワタクシは120mmと少々長めのステムを使用してるため、剛性の違いによる変化を感じやすかったのかもしれません。短いステムの方が差はわかりにくいことがあるように思えます。


ステムは本当にとっかえひっかえよく交換するパーツです。
個人的にはサドルなんかもどんどん増えていっていた記憶はありますが、実際サドルよりもステムのほうが未だに家に増え続けています。
サドルは「実際に尻が痛くて、、、」これは半強制的なきっかけとして変える気かがあるかもしれませんが、ポジションに関しては結構いじったりしていない場合が多いようです。
サドルは一度決まってしまえば後は特に変えることはないのですが、ポジションは乗れば乗るほどどんどん変わっていくものです。

そんなときはとりあえず安いステムを何本か使用してポジションがある程度決まってくるまでしっかりと乗り込む。そしてある程度決まってきたらある程度の硬さのあるものを購入する。これがコストを抑えて自分ごのみのバイクを作り上げていくコツでしょう。

最初っから高価なものを買ってしまったが故に【勿体無くて交換できずに妥協して乗っている】というのは、、、ワタクシは余りお勧めできません。
自分好みにバシッと決まったポジションのロードバイクほど気持ちのいいものはありません。
ハンドル形状もしかりですが、ステム長もしっかりと調整して乗ることがもっともっと気持ちよくロードバイクに乗れることに繋がると思いますヨ。

「もっともっと良くしたい」こんな貪欲な欲求がもっともっと自転車を良くしていくことに繋がるでしょう。


ということで【シマノプロ PLTステム 交換 高剛性ステムはいかに?】ですが
硬いステムはデメリットよりもメリットのほうが明らかに上回るが、コスト・運用も考える必要がある。
ってことでした。


あと一つデメリットが、、、一度高剛性ステムを使ってしまうと、それよりも弱いものには変えずらい。。。


PLTステムはこちらから
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

シマノプロ PLTステム
価格:6624円(税込、送料別) (2016/9/18時点)




ポジション出しに最適、高コスパのLTステム
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

SHIMANO シマノ PRO プロ LT ステム クランプ径 31.8 mm ブラック
価格:3528円(税込、送料別) (2016/9/18時点)



確実な整備のためのトルクレンチはこちらに詳細↓↓↓
ロードバイクの締め付けトルク管理 トルクレンチ選び


カーボン製品のズレ防止に【ファイバーグリップ】です。

一向に使い切る気配がありません。。。
そして古くなってくると、少し匂いが、、、
品質に変化はなさそうですが、、、、もう少し少量があると嬉しいです。

 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

↑このページのトップヘ