えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:チェーン

フロント・リアディレイラーのトラブル集


ディレイラーそれは変速機、少しの不調もいつも使っていると不調だということに慣れてしまいがちです。

多少調子が悪くてもなんとなく乗れてしまうこともあります。

しかし見ればヤッパリ具合いが悪い。

具合が悪いのは気持ちが悪い。。。


ということで今回はワタク氏が実際に整備で、遭遇したディレイラートラブルをご紹介いたします。


▶トップローアジャストボルトの調整不備


これがダントツぶっちぎりに多いです。

なんでこんなに多いのかは不明ですが、フロント・リアともにリミットの調整が大幅にずれているものが多いです。

path4168-2

リアディレイラー調整 中級編 トップ・ローアジャストボルト 動画更新


フロントディレイラー調整 簡易セッティング 大幅更新
 
というのも構造を理解することが調整を上手くいくコツかと、
こちらのトップローアジャストボルトの役割はというと。。。


トップローアジャストボルトで可動限界点を設定します。

その中にきちんとディレイラーの振れ幅が収まるようにケーブルを張るということです。

というのも前後ともにそうですが、ケーブルさえ張ってあればなんとか変速ができてしまいます。

変速ができないとなると、トップローアジャストボルトが内側すぎる(狭すぎる)設定、になっているということです。逆に広すぎる設定であれば張り調整さえしっかりとしてあれば変速はできます。

トップローアジャストボルトが原因の変速不良は

・トップローがギアのセンターから見て外側すぎる不備

→ギアを飛び越えてチェーンが落ちるが変速はできてしまう
・トップローがギアセンターから見て内側すぎる不備
→チェーンは落ちないが端っこのほうが変速ができない

これがおそらく調整をミスりやすいところかと思います。


ぶつけたり、転んだりがなければ通常トップローアジャストボルトはほとんどいじることはありません。
ケーブル交換でも、チェーン交換でも、、、スプロケを交換したら確認ぐらいで構造的には何も問題がない場合が多いです。 

しかし変速の調子が悪くなって
・ケーブルアジャスターをいじる→変わらない→トップローアジャストボルトをいじる→もっとおかしくなる
こんなことが考えられます。

トップローアジャストボルトをいじる必要性が出てくる場合、
①リアディレイラーハンガーが曲がった場合(修正した場合)
②フロントディレイラー取り付け位置、角度をいじった場合

これ以外は通常触らなくてもいいということです。

ということで動きのおさらいです。

rect8876


要は限界値の設定(限界稼働幅の調整)ということです。

極端な話これがギアのセンターからみて内側すぎれば外側のギアにはケーブルのはり調整をいくらしたところで動くことはできません。

逆に外側すぎればチェーンが落ちるという不具合が起きます。

トップローアジャストボルトの調整はチェーンが付いていたり、ケーブルの張りがディレイラーの動きを邪魔してしまうことがあるのでその動きをきちんと理解した上で調整する必要があるということですね。

ちなみにFD-R9100、新型のDURAのFDは少々構造が変わっていますので設定が変わります。



▶ケーブルアジャストスクリューの回しすぎで脱落


リアディレイラー本体に付くケーブルアジャスターのお話しです。 

image9159

これです。

これは分解してみると、、、

 image4144
こうなるわけです。

注目するのは④のところです。

これがケーブルアジャスターの構造なんですが、 1番左のパーツにネジが切ってあります。
これがねじ込まれるとアウターケーブルの長さが実質短くなり(インナーケーブルの張りが緩む)、これゆるめるとアウターのケーブルの長さが実質長くなる(インナーケーブルが張る)ということです。 
なんだか自分で書いててこんがらがってきました^^; 

この構造を見ればわかるのですが、ネジ式なんです。
当然限界を超えて締め込むことはできませんし、限界までゆるめばネジは外れます。

ネジが外れてしまうとどうかというと、、、

ケーブルは結構な張力で固定されていますので、アジャスト機能がなくなるだけではなく、変速は不安定になり、トップに落ちなかったり、、、とりあえずとても変な感じになります。

rect4764
これはリアディレイラーのアジャストボルトが脱落(脱線?)した状態です。

さらに、、、

rect5218
※本当はバネがはいっていますが省略してあります。

ここまで脱落したものもありました。

2箇所の不良です。

ではどんな状態になるかというと、、、

変速は、、、







するんですね。。。
Σ(・∀・;)シマノサンスゲェッス…

なんとか変速はするんですがこの自転車の症状とするとトップ側1,2枚落ちない、というものでした。

これが外れたまま運用していると、全く安定はしませんが、変速しないことはないのでなんとかだましだまし乗れてしまうという。そして発見が遅れてしまうんですね。。。オソロシヤ…

ということでこれはどうするかというと、、、ケーブルが張ったままではどうしようもありません。
ケーブルの固定ポイントを外してあげて、元に戻してあげて再度ケーブルを張るということです。

しかしココでも問題がある場合が多いです。

何かというと、、、「ディレイラー側のネジ穴(メス側)が錆び&異物でネジが入らない、、、orz」
あるあるですね。

リアディレイラーは地面に近い所にありますし、この部分は下向きについています。
外的影響をうけやすいということです。

オス側は最悪スモールパーツを取り寄せられますが、メス側は、、、ネジ山を切りなおすか、ディレイラー交換です。
最悪の場合はってことですので、大体の場合はオスネジをキレイにしてメス側も徹底的にクリーニング、オスネジにグリスを入れてゆっくりまっすぐねじ込んでいくことでネジ穴が復活させます。
このネジはネジ山は切ってありますがあくまでも手で回すことを前提として作らていますので頭は六角もプラスもな~んにもありませんので、あまりにも固い場合はバイスやペンチを使用することもあります。

くれぐれも異物がものすごいまま無理やりねじ込んでシボンヌしないように注意が必要です。


☆張り調整のポイント☆

ケーブルアジャスターは通常ペンチで回さないと行けないほど固くはありません。

1番ケーブルが張られている状態
・リア、ロー側
・フロント、アウター側
この状態ではアジャスターが硬いのは構造上仕方がないことです。

1番ケーブルテンションが緩んでいる状態
・リア、トップ側
・フロント、インナー側(トリムも解除)
で回してみれば回るはずです。

これで回らなければ何かおかしいところがあると疑っていいと思います。

ケーブルアジャスターは回し過ぎにご注意を!ということです。



▶社外プーリーにご注意を

こんな事書くとメーカーから怒られてしまうかもしれませんが、、、どこのプーリーとかは書きませんのでいいでしょう!

社外プーリー、最近注目されています。

セラミックベアリングを使っているもの、吐息で回り出すものや、削り出し、ビックプーリー、、、様々です。

が、正直な所あまりいい印象を持っていないです。

ぶっちゃけ純正ではほぼ落ちることがない変なところでチェーンの脱落が起きます。


Case1:テンションプーリー下部の脱落

走行中に落ちたということです。

でこの部分から落ちるとチェーンづまり(チェーンが回らなくなる)現象が起きることがあります。

タイミングにもよりますが、ほぼほぼディレイラーハンガーが曲がります。

実際に見たのはハンガー曲がりでした。

しかも結構微妙なハンガー曲がりで、チョットだけ変速不良を起こすというなんともショップに持ち込むのをためらってしまうぐらいのレベルでした^^;

ひどい場合はホイールに巻き込まれると、ハンガーがちぎたり、ホイールが昇天することも考えられます。

この減少はたすきがけのような使い方で起こりやすい印象です。


Case2:ガイドプーリーからの脱落


SSよりもGS(ロングゲージ)のほうが多い印象です。

基本的にディレイラー調整は相当激しいことをしても絶対にチェーンが落ちないように設定することが大切です。
起こり得る最速の動きを再現して調整を仕上げるのですが、駄目ですね。

レバーでゆっくり操作をする分にはチェーン落ちは落ちませんが、手でディレイラーをガンガン動かすと確実に落ちます。ガイドプーリーとテンションプーリー間でのチェーン落ちは上記Case1よりも確実にチェーンづまりが起きます。

このチェーンの脱落は純正ではまず起きません。ディレイラーを触っていて「んっ?」と思うと社外だった、そんなことがあります。

これの現象はリア変速を激しく使う場合に起こりえます。


基本的に走行中にチェーンが落ちる・脱落するということは滅茶苦茶危ないです。
ワタク氏自身もママチャリで親指の爪をふっ飛ばしたのは記憶にあたらしいです。
完全にチェーンが詰まったわけではなくて、一瞬飛んだだけです。それだってものすごく痛い思いをしました。

何がいいのか、自分で選択をするということは消費者として大切なことですネ。


▶まとめ

ロードバイクはディレイラーだけではなく、例えばホイールのフレであったり、ヘッドパーツのガタであったり、壊れる前に前もって対応することで寿命を伸ばしたりすることができます。

自分で整備ができなければ重症化する前に早めにショップへ相談に行くということも、結果的にはコスト安ですむ場合も多くあるということです。

自分で整備を行うときは”愛情をもって”気合を入れてしっかりと事故のないように行いましょう。

ということでできれば避けたいディレイラートラブルのお話しでした。



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

 

ロードバイクのチェーン交換 約束事と不具合報告


ロードバイクのチェーンを交換してしますか?
リアの変速段数によって差が出てきますが、個人的な印象として10速は全然持たないです。11速は10足よりかはもちますがそれでも3000~4000kmも使用すれば変速がだるついてきます。

ロードバイクにおいてチェーンはタイヤやブレーキシューと同様に 消耗品であるということです。

ということで絶対に必要なロードバイクのチェーン交換のお約束事の確認と、 ワタクシが実際に体験したチェーンの不具合を見てみようと思います。



▶チェーン交換の前に チェーンの長さの決め方

これはお店で組んであればそうそう変な長さの設定になってことはありませんので、交換の際は不具合がなければ同じ長さで切り詰めて交換するのがいいと思います。

しかし極稀にショップで組んでもらってもインナー&トップの状態でチェーンステーに干渉していた。という例を1例だけ見たことがありますので再度確認をしてみます。


a.最大スプロケットが27T以下の場合

リアのスプロケの大きさで長さの決め方が変わるというものです。
(公式マニュアルには「リアディレイラーのタイプにより、チェーンの長さの調整は異なります」とあるんですが、下の図はスプロケの大きさでの判別なんです。)

P5174314

フロントはアウター(最大チェーンリング)、リアはトップ(最小スプロケット)に入れた状態で判別します。
テンションプーリーとガイドプーリーが地面と垂直に並ぶようにします。

この長さの決め方が基本であって、実はぴったりにならないこともあります。

というのも切り詰めるときの長さで1リンクだけを切ることはできないんですね。

rect4239
※リンクの数え方

チェーンの長さを調整するときは2リンク単位になります。

1リンクとあるところを両側切ってしまう両方共インナーリンクとなり原則つなぐことができません。

チェーンピンで繋ぐ場合はインナーとアウターをつなぐということで2リンクごとに切るか足すかになるということです。


注)ミッシングリンクの場合は両側インナーリンクにしてつなぎます。
P1114616

アンプルピンで繋ぐ場合とミッシング・リンクで繋ぐ場合ではチェーンの切り方が変わりますので、アンプルピン↔ミッシングリンクの交換時の長さの調整は間違えないように注意が必要です。
(文字で見るよりも実際にものを見ながらだとそこまで混乱しないかと思います。)


b.最大スプロケットが28T以上の場合


リアをロー(最大スプロケット)とフロントをアウター(最大チェーンリング)にかけてピッタリの長さ+2リンクとなります。
これは実際につなぐことはできないので手で引っ張ってこの長さ、と確認した上で+2リンクと考えるのがいいと思います。

※リンクの数え方は上の図でご確認下さい。



▶チェーン交換の約束事 ①チェーンのつなぎ方

チェーンステー上でつなぐ方はあまりいないと思います。
通常殆どの場合はチェーンステー下部でつなぐと思います。

下の画像の赤四角の部分だけをみます。

image4260

チェーンの進行方向に向かってアウターリンク前側の穴を使いつなぐということで、このつなぎ方のほうが強度が増すということです。

 

▶チェーン交換の約束事 ②チェーンの表裏

 image4369

現行チェーンにはオモテウラがあります。
(モデルによってはないものもありました。)

車体向かって右側(ドライブサイド)側から交換する場合が多いと思います。と言うか左側からチェーン交換をする場合はあまりないと思います^^;

刻印が見えるように取り付けるということです。

 
▶チェーン交換の約束事 ③チェーンピンの打ち込み方


image4446

チェーンピン(アンプルピン、コネクティングピン)は折った後若干の長さがあります。

イメージ的には図右下のようにど真ん中に収めて起きたくなってしまいますが、実際は「外側は全くでず(平行)に内側を極わずか突出させる」というのがマニュアル通りです。



▶チェーンの不具合報告

基本的に純正の道具を使用して然るべきやり方で行っていればそうそう問題が起こるわけではありません。

実際にあった不具合です。

P1084577

表面です。

P1084576

裏面、若干アンプルピンの折れ方が悪く見えます。

この角度だと問題がないように見えます。

しかし、、、

P1084575

こういうことです。

明らかにアウターリンクが開いてしまっています。
逆さまに撮影してしまいましたが、内側(車体側)のアウターリンクです。

これってなんぞや、、、

新品からの交換でこうなりました。

使用工具はTL-CN28 純正の11速対応のチェーンカッターです。

ちなみにキレイにつなげているものはこちらです。
P1114624
アンプルピンで繋いだ箇所は全くわかりません。
ちなみに右から2つめのローラーの部分です。

先日も似たような事案に遭遇しました。
原因究明困難 チェーンが切れる!?

これもそこまで走行距離が多かったわけではないのですが、一度落車をしたということでなんか原因があるのかなぁ、、、なんて考えいたのですが、今回は新品です。
こうなったものをみたことがある以上、高負荷時に抜けてくることが考えられるのでこれでは運用はできません。不具合箇所をきり捨てて残りのチェーンでつなぎなおすか、新品交換です。

シマノに聞いても「初めての報告です。続くようなら、、、」ということでした(@@対応・・・)

純正チェーンカッターの構造とかを考えてみればピンの圧入時にこんなコトは起こるとは考えにくいので、考えられることとするとピンを折るときに負荷?う~ん、考えにくいです。
それでも折れた所を拡大してみてみても開いてしまう方向に力が加わったとは考えにくい折れ方のように見えます。
ワタク氏自身もチェーンピンを何本か無駄にして浅く入れてヘシ折ってみたり、斜めっぽく入れてみたり(斜めに入れること自体が難しい。。)とか、深めに入れたりとか、、、色々と検証してみたのですが、この不具合を再現することはできませんでした。

やはりアンプルピンの折れ方が気にならないこともないですが、再現ができないことにはなんとも。。

原因がわからないのはキモチワルイ、、、FD-R9100みたい(笑 そのうち記事にする予定です。

しかしこのアウターリンクって想像以上に硬いんです。
アウターリンクだけでへし折ろうとしても多分指の力では無理です。花山薫かっ(笑
細めのペンチではかなり力を入れないと曲がらないです。

なんでこんなことになるんだか、、、困ったものです。。。

どなたかこうなった同様の症例を知る方いないでしょうか?
たすきがけでフルパワーをかけまくるとこうなるってのはどっかでみた気がしますが、今回は新品交換でこれです。そもそも足のフルパワーと整備で地に掛かる力の差なんて歴然とした違いがあるように思えます。。。というか手の力でこんな事になってしまうのであればフルパワーでふむのなんて怖すぎます、、、


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SHIMANO シマノ TL-CN28 チェーン切り
価格:2980円(税込、送料別) (2017/1/11時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SHIMANO (シマノ) 105-5800 CN-HG601 11S 116L チェーン
価格:2270円(税込、送料別) (2017/1/11時点)






★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

 

ロードバイク チェーン掃除のおすすめ方法

今回は【チェーン掃除】ということです。


※本記事内にて少々追記を使えてみようと思います。

最近メンテナンスや調整で色々とお声をかけていただき行っておりますが、初めてのメンテナンスを行わせていただいたときよりも2回目、3回目、、、どんどん皆様自転車をキレイな状態を保っていただいております。
掃除の仕方や汚れていることによる弊害をきちんとお伝えさせていただいているからです。
自転車はいつもキレイにしておくことはとても大切なことだと思います。

今回はチェーンのお話しなのでどの程度キレイにしておくのか?そんなところからのお話しです。

①チェーンを手で触っても「ゲッ!」とならない

②静かなところでものすごくゆっくりとクランクを回してシャリシャリ音が聞こえない


まずはこの状態にするということです。


▶チェーン掃除の重要性

サイクルスポーツ誌の過去の記事でありました。
和光さんと対談形式の記事でしたね。

ペダルに入力したパワーの5~10%は駆動部のフリクションでロスしている。

(クランクとホイールにパワーメーターを装着して計測。←さすが世界の和光さんです。)

例えば間を取ってロスが8%であれば400Wで考えれば、32Wロスしているということ。

それをきちんとした潤滑剤を使用すればロスを半分ぐらいにできる。


ココからが面白いんですね。

エンジンオイルの世界だと添加剤で1%変わったら大成功!普通はコンマ数%で勝負している。

自転車の世界では潤滑剤だけで数%の差が出る、、、エンジンオイルとかでは考えられない世界です。

金属同士が擦れ合うときに【潤滑油】と言うものが【油膜】を形成して摩耗を抑えて滑らかに動くために用いられますが、何よりの天敵は【異物】ということ。

こんなことがものすごく詳しくかいてありました。

面白いですね。

潤滑油としてエンジン内部は基本的に外部からの異物は入り込むことがありませんが、チェーンはむき出しの状態です。
ということは外部からの異物が入り込みやすいということが自転車のチェーンにおいては大前提としてあるということです。もちろん金属同士が擦れ合うことによってもかけたり削れたり、金属の成分がオイルに交じることもあります。

では上で書いたような【触ってものすごく汚い様な状態】や【シャリシャリ言う状態】であればどうかということです。

金属が回転したり擦れたり、そんな過酷な状況の中で更に異物がものすごく入り込んでいる状態。
これは単純な【フリクションロス】を増加させるだけではなくて、各所パーツへのダメージが考えられ、寿命を縮めることにもつながるということです。

つまり雨天に走行がない場合は必要以上に硬いオイルを使用することはないと思います。
ベッタベタのチェーンでは汚れを巻き込んでしまうということは油膜切れ以上のリスクを伴うということです。

「いつもロードバイクはピカピカに!」ということは大切ということです。



そして柔らかいオイルの難点として【飛び散る】こんなコトをよく耳にすることがあります。
「少し走ったらオイルが飛び散ってしまい、、、」

これの主な原因は【拭き取りが甘い】ということです。

基本的チェーンにオイルは【リンクの内部に入り込む量は決まっている】ということです。
これ以上の量は付けたとしても飛び散ったり、関係のないところに移動するだけです。
結果ゴミを寄せ付けやすくしてします。

詳細は下記の記事にて↓↓↓
チェーンのお話し 分解して注油ポイントを考える

グリスでもオイルでもそうですが、必要以上のものは弊害を生んでしまうこともあるということです。

適材適所、ということが大切だと思いますヨ。




ということで早速本題へ!

以前の記事でも少しだけチェーン掃除についてかきましたが、
実験結果がでたのでご報告を兼ねて記事にしたいと思います。

▶ チェーンの汚れの正体はチェーンオイルと埃、砂、土、ギアの
  破片金属とかがチェーンオイルによってチェーンにくっつくものではないか。

ロードバイクのチェーンは当然露出していますし、油がついていればゴミがくっつくのも当然のことです。

私自身も「驚くほど音が消える」とかキリキリなる機械を用いて「摩擦係数が」とか色々いいお話を聞かせてもらいました。

しかしチェーンオイルの役割はどういうものかというと、【チェーンを潤滑しリンク部の摩擦を減らす】効果があればいいんではないかと思ったわけです。これ以外何があんのかって話です・・・

そもそもギアの音、チェーンの音は整備で極無音に近い状態に持っていけば
いいだけの話
で、整備がうまいこと言っていない自転車に高価な油を塗ってごまかしちゃうのもちょっと、、、
高価なオイルは最後の一絞りで使うことが大切であり、その前段階としてやるべきことがあるということです。

チェーンの寿命なんて、10速で2500km11速もトントンぐらい3000kmも走れば変速はダラつき、新品に交換してしまいます。(個人的見解)
そんだけで伸びちゃうわけですね。(正確には削れるですか。)

寿命をのばすために高価なオイルをドバドバ使うのであればチェーンを新品に変えたほうが安くないか?というわけです。
11速のチェーンって安いもので3000円ぐらいですから。

【メール便可】シマノ 11速チェーン CN-HG601-11 105グレード
【メール便可】シマノ 11速チェーン CN-HG601-11 105グレード

チェーンのお話しはこちらで詳しくあります。
ロードバイクの整備 11速チェーン交換方法


そういえばどこかに転がっていた気が、、、
P6112726
埃にまみれたこんなものまで、、、


実は水を流せる環境、もしくは野外で洗える場合はこれが一番綺麗になります。
image4144
100均の靴ブラシを2つくっつけたもの。これ最強です。
ちなみにダイソーさんで2個100円という情報が、、、安すぎる。。。

難点は汚れが飛び散ること、室内ではちょっと使用をためらいますが、めちゃくちゃ綺麗にできます。
論より証拠、こちらをご覧ください。

IMAG2030
今までチェーンを洗ったことがないという方のチェーンです。
指より右側銀色の部分がこの靴ブラシ×2で洗ったものです。

むちゃくちゃキレイです。

お話しを戻しましょう。
一番やってはいけないことは高価なオイルをケチケチ使うことです。
全く意味がありませんね。

ということで今回の実験に至るわけです。

■ ポイント
チェーンがいい状態とはどのような状態のことを言うのか?

→これはもう専門家の意見をききましょう。
  ワ@ーズの担当の方にききました。
A.リンクのじゃりじゃり感がなくスムーズに動くもの

これが専門家の答えでした。
状態の悪いチェーンはいつまで掃除をしてもじゃりじゃり感が取れないそうです
path3007-1
指で摘んで手前奥とぐりぐり動かしたり、
image3814
チェーンを縮めてリンク部をウニョウニョ動かしたりして
ジャリジャリしないかということです。

リンク内部に汚れが溜まりすぎていてスムーズに動かない状態、そんな状態で長く乗っていれば当然ロスも大きくなりますし、変速も決まらない、またギアの歯の寿命だって縮めてしまうことにもなりかねません。


この定義からすると私のバイクのチェーンの状態は【しこたまいい】状態を保っています。
P6112712
どうですか?かれこれ3000km以上使ってます。
チョット伸び気味なのでぼちぼち交換を考えていますが、
まだ行けそうなので変速がどうしても気持ち悪くなるまで使ってみます。
↑注)ウソでした。もうダメポです。交換後は気持ち良すぎました。


じゃあどんな方法で掃除をしていたのかということですね。

これは簡単です。
使うのはこれだけ↓
P6112703
・ダイソーの【万能オイル】108円(税込み)
・ボロボロのTシャツ
(綿素材がいいです。間違っても速乾素材はダメです。)

以上です。
基本的に毎回掃除です。
走り終わったら
P6112710
ゴシゴシ拭いて下さい。
これだけでめちゃくちゃキレイになります。
万能オイルは柔らかいのが特徴です。
柔らかいので汚れがすぐに取れます。

でここからがポイント
path3007-7-8
矢印の内側と外側の部分(チェーンのリンク部)にめがけで惜しみなく
100円のさらっさらの油を多めにかけて下さい。(垂れるか垂れないかぐらい)
さぁ遠慮しないでドバドバ使って下さい。
100円ですからどんどん使いましょう!

クランクを回しながらチェーンにまんべんなくぶっ掛けます。

塗り終えたら【全部拭き取ります】これがポイントです。
P6112719
必ず【キレイに拭き取って】下さい。
油は表面につけるためではなくチェーン内部にあればいいんです。
ボロ布を使ってきれ~に拭き取りましょう。
拭き取りが甘いとすぐ汚れます。
クランクを回しながらよ~く拭きとって下さい。

油の汚れに水をかけても弾いてしまうのですが、
油の汚れは油で流してあげればいいというのがこの掃除方法のコツです。
(クレンジングオイルと同じ方法です。油には油で流すということ。)

以上で終了です。

で時々洗車でもした時に洗剤で一緒にチェーン流してみてください。
びっくりするぐらい汚れが出てきません。と言うか
軽く洗剤つけて水で流すとあら不思議、まるで新品のチェーンのような輝きに!
じゃりじゃり感も全くありません。
ココ特に感動する場面ですよ。
最後にまた100円のオイルを塗って完成です。

高価なチェーンオイルを使いたい場合は思いっきり拭きまくったあとに最後の仕上げにリンク内に向けて少量を注油するのがいいと思います。もったいなしですしね。

たま~に気が向いて洗車でもするかという時にチェーンの汚れがいつまで
立っても綺麗にならないなんてことはあるでしょう。
それは硬いチェーンオイルがべったべたギトギトの汚れを呼び込んで固まっているからです。

要はチェーンの汚れの元はチェーンオイルということですね。
これが厄介でチェーンオイルに絡んだ、砂粉塵や金属片がギアの歯を傷つけ寿命を縮めてしまう直接の原因の一つとなります。

多分油分を完全脱脂して走ればほとんどチェーンは汚れないでしょう。
でもそれでは動きが悪くなってしまうので、最低限度のサラサラの油を使い汚れを呼び込まないようにする。

というのが今回の実験でした。
まったくもっていい結果でした。

そもそも自転車の空気抵抗を除くとチェーンの抵抗って1番じゃないかと、
いい状態を保っていたいものです。

ということで、今回は3000km超にも及ぶ実験結果です。
チェーンオイルは100円でいいかもしれない、、、
少しだけものすごく少しだけ気持ちよくなるために高価なオイルもありかと(笑

尚今回の実験はドライ環境のみですのでご注意下さい。


***************************************
2016年追記です。
残念ながらダイソーの黄色いボトルのチェーンオイルがなくなってしまいました。
現在使用しているオイルはこちら。


420mlで620円!すっばらしいです。

水置換ということで水に置き換えられるです。
それに防錆性もすごいとな!

なんてったって安いのが一番。
じゃんじゃん使えます。

またこのスプレーノズルの先端が細いので、チェーンだけではなくディレイラー可動部にもとっても注油しやすいです。液状のタイプだとディレイラーの細かいところなんてどうやってつけたらいいんだよっ、という時ありますね。
image4183
シマノマニュアルにもこうあります。
【変速機を洗浄し可動部に注油して下さい】

性質はワタクシの大好きなサラサラ系です。

汚れも落ちやすく、汚れていなそうなチェーンに多めにスプレーしてふきふきすると汚れが浮き出てきます。

よ~く見て下さい。

【いくわよ!】レジェン@
PC283725

はいっ!汚れが出てきてますね。

見事に汚れを浮かせて出してきます。

サラサラ系のオイルが苦手な場合も【チェーン掃除】にも使えそうです。

油は油で落とす、正に女性のクレンジングオイルと同じ原理です。

ちなみにこちらのスプレーは水置換(水の下に潜り込む)性能が素晴らしいので、洗車の後なんかもこれでオイル潤滑を行う(リンク内の水分を追い出す目的です)、その後雨天もガンガン乗りたいということであれば、ウエットルブを時間をおいて塗布してもいいかと思います

ワタクシAZの回しモンではありませんが、コスパという点ではこのメーカーはやはりすごいです。
1000円で送料無料とかですし、たしか送料無料の日もあったり、おまけもついてくるものもあります。

そしてラインナップもすんごいです。
ウエット系や細かく分類されています。
ワタクシメインは2種類だけですが、、、CKM-001とKM-001だけです。
AZ自転車関連特設コーナー
使用用途にあわせて好きなモノを選べるところもGoodです!

抑えるところは抑えてしっかりとお金をかけるところはお金をかける!
これ大切なところですね。

ちなみに購入したのは昨年の8月、ボチボチ次の買わないとかなぁと思っているぐらいなので、1本で1年ぐらい持ちました。

値段が値段なのでケチらずにドバドバ使ってもこのぐらい持ちます。

ワタクシは走りに行く毎にチェーン掃除は毎回しますのでそれでも約10ヶ月の経過、、、水置換性もあり防錆性もGOOD、ママチャリにもつかっています。コスパを考えればコレは間違いないくオススメできます。



最近ではちょっと新しい物が出て少し高いものを試してみた記事もあります

こちらから↓
AZ CKM-002 超極圧・極潤滑 オイル 比較インプレッション

Vipro's(ヴィプロス)オイル ムオン・ケイテンを試してみた!

余裕があればこんな物も上の高級オイルもいいかもですヨ。

ということで追記のお話しでした。

チェーン交換についてはこちらの記事から
ロードバイク整備 11速チェーン交換方法

+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※プレオープン期間中、当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容(希望時間)
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから

今月の定休日
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
が定休日です




★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★


↑このページのトップヘ