えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:フルクラム

ロードバイクのホイール選び シマノvsカンパ&フルクラム


最近ホイールネタに偏りがちですが。。。
まだまだホイールネタは付きません(笑
ということで今回はホイール選びの参考に、シマノカンパ&フルクラムを両方いじって、乗って、楽しんじゃうときにどうしてもでてくる【差】
これを比較してみようと思います。

※カンパとフルクラムは基本的に共通パーツが多いので、カンパ&フルクラムで一括りにしてのお話しです。



▶入手について

最近はインターネットの普及、Wiggleさんの大躍進が功を奏してワタク氏自身もいちユーザーとしては色々なパーツを入手しやすくなっております。

Wiggleさん、安すぎだし、、、

価格だけを考えればインターネット通販はぶっちぎりに安いです。

Racing3は4万でお釣りがしっかり来ます。
Zondaはワイドリム化モデルチェンジで現在結構高いです。

定価は同じぐらいのシマノ製品は海外通販だと若干高めといえば高めです。

価格が安いのはユーザーにとってはいいことですが、当然いいことだけではありません。



▶メンテナンスについて

自分でメンテナンスや整備ができるのであれば実店舗で買おうが通販で買おうがどちらでもそこまで差はないかもしれません。

しかしショップによっては正規代理店以外の通販などで購入のパーツのメンテナンスのお断りもあるとか、、、
闇といえばです。。。

ショップで購入するということは初期整備や、メンテナンスのことを考えると単純に「値段が高い」と言うこともあるかもしれませんが、それなりにきちんとしたショップであればそれなりのことをしてくれることもあるということです。
※整備が苦手であるのであればやはりどちらのメーカーでもショップでの購入のほうが安心感があります。


▶スモールパーツは?


コレはもうぶっちぎりにシマノ圧勝だと思います。

シマノに在庫さえあれば比較的早いスピードでショップへ入荷することもできます。


例えばホイールで壊れるといえば、、、

スポーク折れや、ベアリングのトラブル(虫食い、サビ等)コレらが結構多いと思います。

シマノ製のホイールは玉受けが壊れたらハブの交換になります。

しかしそこは世界のシマノさんです。

カップアンドコーンのホイールのベアリングの構造を考えれば、玉押し側の一点に荷重がかかるので理論的には玉押しのほうが傷がつきやすいということです。

更にカップアンドコーンベアリングシステムは内側から順番に
玉受け(カップ)→ベアリング球(ボール)→玉押し(コーン)、コレが基本的な構造ですが、各所のパーツの硬さを変えているということです。
各所の硬度は硬い順にベアリング球(ボール)→玉押し(コーン)→玉受け(カップ)こうなってるということです。
※過去のサイスポ記事より

この仕組によってハブを守る構造が作れられているということですね。

スゴイゾ!



カンパ・フルクラムは玉受けまで打ち替えができるような構造です。
注)カップアンドコーンの場合



これと更に、スモールパーツの値段も大きく関係してきます。

そもそもカンパ系のスモールパーツって価格がよくわかりません。

Racing3とRS81-C35を例に考えてみます。

image4166
image4188

ホント情報が少なすぎ・・・

結構頑張って拾ってきた情報ですが、「おそらくこのぐらい、、、」だと思います。

・玉押し 2500円
・ボール+リテーナー 2200円
・割入りワッシャー 2500円
・玉当り調整ナット 3000円
・シャフトロックナット 3000円
・フリーボディ 12000円
※価格は推定価格です。

比べてRS81です。

image4199
image4177

・②シャフト玉押しASSY 3200~3500円
・⑧フリーボディ 3200円
※価格はおおよその推定価格です。もちろんもっとバラ売りがあります。

スモールパーツは両社の価格差がすごいです。
そもそもカンパは11速のチェーンピンが1000円って、、、少々バブリーなメーカーデス。

ワタクシ自身フルクラムのスモールを取り寄せようとしたことがあるのですが、お店に断られることは運良くありませんでした。しかし納期はかなり長く、パーツ代も少々高くてこれならホイール書い直したほうが、、、

流通ということではカンパジャパンの在庫管理がどうなっているのかは不明ですが、シマノの流通のほうが遥かに入手、納期、価格面で圧倒的に勝っているかと思います。




とはいえ通常新品状態ホイールをしっかりと初期整備と、1000kmぐらい走った後の調整を行っておけばその後ほとんど整備をしないで結構乗れてしまうものです。もちろんオーバーホールが効果がないという意味ではありません。
当然使い方にもよりますが、1番人気のグレード、ゾンダやレーシング3も1万キロを超えてもガタもなくスルッスル回る、開けてもグリスも結構キレイ!こんなものや殆どフレの出ないものも結構見かけることがあります。

何もなければショップのお世話になることもありませんし、おそらく新製品やもう少しいいものが欲しくなってしまうのはロードバイクの恐ろしい魔力です(笑
ホイールは1年~2年で交換してしまうのであればスモールパーツを取り寄せることは殆どない場合が多いと思います。

このぐらいのスパンであればもう、「ぶっ壊れたら買い換える!」こんなロック(笑)なノリでもいいような気がしないこともありません。

こればかりは好みとか、経済状況等の問題なのでどちらがおすすめというものは特にありません。

何を選んでいくかはよくよくメリット・デメリットを考慮した上での選択が良いと思います。


ということでロードバイクのホイール選び シマノvsカンパ&フルクラム、というお話しでした。

※ワタクシはシマノ製品は何かと贔屓目で見てはおりますが、フルクラムやカンパのホイールが嫌いなわけではありませんヨ。とてもいいホイールです。
何を選ぶか、、、なかなか難しいですネ。
・・・レースピ欲しい、、、


★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

超重要パーツ フルクラム・カンパのラチェットスプリング交換


今回は何の変哲もない小さく細っこいラチェットスプリングの交換です。

こんなに細っこいパーツなのに折れると走行不能に陥ります。

主な働きはと言うと、ラチェットの爪を起こす役割を果たしているパーツです。

ラチェットは爪が起き上がることで逆転せずに回るので爪が起き上がらないと正転逆転ともにフリー回転になってしまうというものです。

カンパニョーロは1年毎の交換を推奨しているとのことです。

と言うのはどこかで聞いた気がしたのですが、代理店に確認したところ、、、1年で明確な交換を推奨をしてるわけではなく、定期的な確認をお願いしますってことでした。フリーも一緒です。
でも確認したって折れそうなのとか、、、わからないといえば分からなそうな、、、


P8074507

問題のパーツはこちらです。

交換方法は工具さえあればそこまで難しくないのでグリスアップがてらやってしまうのも手かと思います。

※フリーボディのグリスアップはできますが、ハブのグリスアップのためにはもう少し深くまでバラさないとできないです。

早速作業にとりかかります。 


フリーを外す作業になるので折角なのでクリーニングも兼ねて行うといいと思います。

スプロケは外してもはずさなくてもどちらでもいいのですが、今回はお掃除もまとめてやってしまうので外しちゃいます。

P8074502

しっかりと固定をして【エイッ】と力をかければ外れます。

これで力をかけにくい場合は画像左側のスプロケを抑える工具の使い方を再度見なおしてみてください。
コツはしっかりとスプロケにかませるのですが、テコの原理のような感じで噛ませます。

P8074503
 
ロックリングが外れるとカセットスプロケットがズボッと抜けますね。

P8074504
 
これは後ほど綺麗にするのでおいておきます。

次はフリーボディを外します。

17mmのスパナで抑えながらシャフトセンターの5mmをゆるめます。

逆に5mmを抑えながらロックリングを回してもどちらでもOKです。

 P8074497
※画像は横着したのでスプロケがついたままですが、本来は外してからやったほうがやりようがいいです。

今回はハブコーンレンチを使用しましたが17mmを抑えられれば何でも大丈夫です。

このハブコーンレンチ結構力がしっかりとかけられるので使い勝手がいいです。

フリーボディのロックリングを外すとフリーが引き抜けます。

フリーボディとロックリングの間にはスペーサー(カラー?)があります。

P8074537

これでフリーをズボッと、、、

P8074509
P8074506

 ここまでのバラシで今回はOKです。

(ハブベアリングのグリスアップ等はもう少し深くまでバラします。)

カセットスプロケットははずさなくても作業はできますが、せっかくなので綺麗にしてくのがいいと思います。

フリーを引き抜いた後にカセットスプロケットがけ外すのは大変です。カセットもバラす予定ならフリーボディから外す前に外しておいたほうがいいですね。

肝心のスプリングは楊枝で外します。

P8074510
 
起き上がったラチャットの爪の隙間に差しこんで、、

優しく回していきます。
 P8074511

P8074512

フリーボディの丸印の部分(左上)に引っかかりがありますのでそこは優しくひねって外しましょう。

 P8074513
P8074514
P8074515

ここで無理やりひねると折れたり曲がったりしてしまうので優しくスプリングの曲がっている方向を考えながらひねれば簡単に外れます。

これが外れればラチェットの爪が外れます。

後はひたすらお掃除です。

ラチェット機構は隙間がありますのでようじを使ったり、キッチンペーパーを折り曲げたりして思う存分綺麗にします。

 P8074516

P8074518
P8074519

フリーボディ内にはシールドベアリングが2個入っています。

ラチェットの爪の部分だけならあれですが、フリーボディにパークリを思いっきりぶっ掛けて綺麗にしたいところではありますが、やめたほうがいいと思います。 

フリーボディ内のシールドベアリング内洗浄成分が入ることを避けるためです。

P8074523

パークリぶっ掛けなくても結構綺麗になります。

ピカピカになりました。

ついでにカセットも綺麗にします。

P8074520

柔らかい油を使用しているので、、、

P8074521

拭き取りだけでこんなに綺麗になります。(※画像中心部)

P8074522

 ピカピカです。

くっついてしまっているスプロケは隙間がどうしても洗いにくいので、中性洗剤を使用してじゃぶじゃぶ洗ってしまいます。

洗い終わったら拭き上げと防錆処理です。

いつものごとくKM-001をシュッとひと吹き、、、綺麗に拭き上げて完了です。


クリーニングが終わったら次は組み上げです。

逆の作業を行うだけなのですが、グリスをきちんと塗って組み上げます。

P8074525

ここのグリスの量でラチェット音の大きさを調整することができます。
(正確に言うと爪の外側です。)

この構造のラチェット機構は硬すぎるグリースを使用すると爪が起きなくなってしまうこともあるとか。

爪が起きないということは、、、走行不能ということです。

硬いグリスを多めに使うというのは余りお薦めはできません。

柔らかいグリスを多めに入れると音は小さくなります。

逆にグリスを最小限にすると、、、うるさくなりますね。


ということで今回はBGR-006レーシンググリスを少量にしました。

ラチェット音というものはそもそもこの爪が押されて引っ込む、戻ったときにホイールのジグザグの部分と接触することでなる音です。

ってことは重要なのは【当たること】【こすれること】による摩耗や傷を防ぎたいということ。
やはり大切なのは【極圧性能】何ではないかなぁ、、、な~んて勝手に考えております。

通常回転に加えて、ペダル静止→こぎ出しのときに【カンッ】てなっちゃう時なんかは結構衝撃が加わるのではないかと、、、う~ん、あんまり関係ないかな、、、そう!気持ちの問題です(笑


ともあれグリスを入れると爪を貼り付けることができます。

P8074526

 【ペトッ】と、、、

次は新品のスプリングをはめていきます。

 P8074529
フリーボディの丸印とスプリングの出っ張りをはめるところからです。

 P8074531

出っ張りを正しくはめたら楊枝のようなものでぐるっと一周溝に落とし込みます。

 P8074535

溝に綺麗にハマると爪が起き上がります。

最後に爪の外側にも適量グリスを塗りこみます。

ここに塗る量、とホイール側のグリスの量、質でラチェット音の大きさが【ある程度】調整できます。

これで交換は作業は終了です。

続いては組み付けですが、組み付けの際は必ずグリースを入れてから組み付けます。

P8074534
 
シールドベアリングに異物や水分が入らないようにするためにも画像のような場所にも薄っすらとグリスを塗っておきます。

反対側にもベアリングがありますのでその周辺にも塗っておきます。


同じくホイールのハブ側のベアリングシールもクリーニング。
P8094556
※上の画像のゲジゲジしている部分がラチェットの爪がかかる部分です。
ラチェットの爪とこの部分のグリスの量でラチェットの音量を調整します。

異物・水分対策にグリスを盛っておきます。
P8094558

フリーボディとハブの隙間からは異物や水分が侵入しやすいです。
ハブ内部まで侵入を極力減らすためにも細いヘラ何かを使ってグリスでガードします。

シャフトを抜くまでバラすとこの部分は特に塗り込みやすいです。


シャフトにはごくごく薄っすらと塗りこんでおきます。

グリスアップが終わったらフリーボディをズボッとはめ込みます。

P8074536

回しながら入れても入らない場合は爪を先の細い工具で寝かせてあげると【スコンッ】と入ります。

この段階でラチェット音を聞いてみて【もっと静かにしたい】【もっと大きくしたい】等の調整ができます。

組み付けの際もスペーサー(カラー)などを入れ忘れないようにして組み付けます。

P8074497
 
ここは逆ネジだったような気が、、、

逆向きでも取り付けられてしまうので逆さまにくっつけないように気をつけて下さい。


最後はピカピカにしたスプロケを装着すれば完成です。

40Nmです。
かなりの力で締め付けますね。

 P8074542

道具さえあればそこまで難しい作業ではありません。

光り輝くスプロケ、、、いいですねぇ!


で今回はグリスを少なめにしたので、、、、爆音使用です。(うるさぃです)
あまりにもうるさかったので次の日にまた開けてグリスを足したのでした、、、(笑


こんな感じで色々と自分好みに調整できるものいいところだと思います。


ラチェットスプリングの交換だけなら玉あたりとかも全く触らずに交換することができるってことで、玉あたり調整には自信が無い方でも交換作業はできてしまいます。

こんな小さなパーツでも壊れたらそれこそ自走不能になってしまうって、、、やはりロードバイクは全く無駄の無い極めて精巧な乗り物ってことですね。

最初の方にも書きましたがこの部分、折れると自走不能になります

それこそ、ボッチ走山の中で折れでもしたら、、、 


((((;゜Д゜))) Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)ダレカタチケテーーー!!


壊れる前に交換するのではなくて、定期的に交換しておくのがいいと思います。




最後にラチェット音の音量と抵抗についてです。

これも本当に様々な意見があります。

音が小さいほうが抵抗が少ない、イヤイヤ関係ない、様々です。

で実際にどうかというと、、、

【多分あんまり関係ない】です。(←ワタクシの個人的な意見です。)

グリスを多めに詰めたりして音をものすごく小さくしてみたのですが、確かに小さい音だとなめらかな感じがあります。

そして何より抵抗が少なく感じます。

【感じます】といったところです。

逆に音が大きいとなんだか抵抗が大きく感じます。

しかし感じるということは実際に耳から入ってきた情報を元に体がそう感じるだけ、つまり少々違うかもしれませんが、プラセボとして程度の効果なのかなぁと思いました。

でもヤッパリなんだか音が静かになるようにしたほうが回転が軽い気がしないこともないんだけどなぁ、、、う~んどうなんでしょう。。。迷走中です。

ワタク氏物理とか全然わかりませんが、音がすれば抵抗が大きくなるのであれば設計の段階から音がしないように設計するでしょう。

シマノは基本的に静かですが、それこそカンパなんてもう何十年もホイール作っているわけで、音が大きい方が抵抗があるならばとっても静かなホイールを作るはずです。

それが作っていないのであれば、趣味として楽しむ程度の個人ユーザーが音が大きいから抵抗が大きいとか、音が小さいから抵抗が少ないとか、、、もしも差があったとしても大した差ではないと思います。

明確に【音が大きいと抵抗が大きくなる】【進みが悪くなる】のであればカンパも音が小さくなるはずの整備を推奨するでしょう。


ってことでラチャット音を大きくするも小さくするも、、、どっちでもお好みでいいと思いますヨ。ワタクシは、、、

音にこだわるよりも、ラチェット部の潤滑をしっかりと行ってあるということが大切なんでは無いかなぁと思います。

ということでカンパ・フルクラムのラチェットスプリング交換のお話でした。


今回の整備に使った工具はこちらから

六角ボールポイントのセットです。
確か25°までだった気がします。
多分コスパ、、、かなり【よか】かと思います。
今回使用したのは5mmのみです。


シマノハブだけではなくて1セットあるととても便利です。
取っ手部が握りやすく力をかけやすいのもとてもGOODです。


何は無くともこれは持っておいて損はないです。
ヘタしたら純正品よりも使いやすいかもです。
スプロケはの締付けトルクは40Nm!
しっかりと力をかけられる工具が大切です。

硬さ、極圧性、塗りやすさ、防錆性とワタク氏個人的には今のところ完璧だと思います。
ウレアよりも気持ち固いですが、グリスの詳細はこちらから↓↓↓
ロードバイクに自転車にグリースのお話し

ということで折れると走行不能になってしまうとっても重要なパーツの交換作業のお話しでした。



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

 

フルクラム レーシング3徹底インプレ



今回はワタクシも使用しているレーシング3の徹底インプレです。

※本記事を読むとちょっとだけ物欲が刺激されます。
 そして都合がいいように本記事終盤にはリンクが表示されます。
 くれぐれも勢いでポチッとしてしまわないようにご注意下さいm(_ _)m

ということでフルクラムのレーシング3です。

まずはレーシング3のスペックです。

※ものすごく簡単に書きます。
詳細は日本代理店の下記のページから↓↓↓
http://www.riogrande.co.jp/catalog/node/11102

→MoMag™: リムテープが不要です。
穴がないってことでスポークの組み換えは面倒くさい使用です。

→リムハイト: フロント 24mm リア30mm

→スポーク: きしめん型(エアロ形状)

→1:2 スポークレシオ: リアホイールのお話しです。
ドライブ側(スプロケとかある側)はスポーク2本に大して反対側は2本
2対1で剛性バランスを取りますよってことです。

→カップアンドコーン方式
: 楽しめますよってことです。

→重量: フロント 670g  リア885g  計 1555g

※2way fit というものがありますが、チューブレスタイヤが使用できるものが2wayです。


うん、こんな感じです。

では実物とスペックの比較です。
image4144

フロント 666g 
リア 924g
計 1590g うん、、、まぁ誤差の範囲?ってこのぐらいは想定内です。



image4177

クイックです。
フロント 55g
リア 60g

固定力はバッチリ!全く問題ありません。
ココは固定力優先、固定力を削った軽量化はしないほうがいいと思います。



P7194221
リムに穴がありませんので、リムテープは不要ですが、スポークの交換は面倒くさいです。


image4192
カンパのG3 と少々似ていますが、こちらのほうが均等に組まれていますので、フレ取りがこっちのほうが微調整が効きそうです。(※イメージです)


rect4254
フロント 24mm
リア29mm

ワタクシのレー3は何年か前のものなので変わったのかなぁ、、、(´∀`;)

 
ということです。

ワタクシの手持ちのRS21と比べた比較です。

RS21はとても良いホイールですが、唯一の難点は少々重いということ、、、
RS21のインプレはこちらから↓↓↓
ロードバイクのホイール交換 手順のご紹介

RS21:1850g(現行品ではありません)

Racing3:1550g

平地:漕ぎ出しがめちゃくちゃ軽く感じます。

スピードののり、かかりはバッチリです。
速度の低下も緩やかなイメージです。

進む感じはRS21はグイグイ進んでいく感じです。

比べてレーシング3は踏んだら踏んだだけ進む感じです。


レーシング3が【固い】と言われている要因でしょう。

乗り心地で考えればRS21は乗り心地がいいです。

その代わり反応が遅れるというか、、、グイングインと進むRS21に大してレーシング3はキャンキャンと進んでいく感じです。
自分の文才の無さに絶望気味ですorz 


登り:全然軽いほうが楽です。

平地ではそこまで差がなかったものの登りに区間となると、途端に差がでます。

やはり登りにおいて軽いは強い、

そして反応にきちんと遅れることなくリニアにパワーが伝わる感を考えても登りでは圧倒的レーシング3の勝利です。


ブレーキング:ヤッパリシマノです。

ブレーキはRS21の方が【適当に整備をしてもよく効かせることができます】

レーシング3でビンビンに効かせるのはきちんと整備が必要です。
(整備次第では差を埋められるということです。)

新品のようなブレーキの効きを取り戻せるかも、3つのステップ


整備性:抜群にいいです。
スモールパーツの入手を除いては、、、

個人的にシマノもフルクラムもどちらもよく開けますが、フルクラムのほうが圧倒的に整備が楽です。
ハブコーンレンチも要りませんし、リテーナーがあるのはGOODです。

【振れ】の出にくさもピカ一です。

通常の運用ではワタクシ60kgぐらいで、運用2年ぐらい、フロントのみ少々フレ取りをしましたが、リアは一回も振れとりなしでほぼ振れがでません。

結構頑丈に作られていると思います。



レーシング3、、、ひとことで言うと、正に【レーシング】のイメージです。

多分ポタリングとかサイクリングには確かに固いと言われそうです。

しかし反応・かかりの良さ、真円感、ハブ、どれをとっても速く走りたいなら買って損の無いホイールです。


ワタクシのフレームはお馴染みのBianchiセンプレ、レーシングフレームなのにしなやかに動くいいやつです。

こういったしなやかなフレームと組み合わせると素晴らしく良い反応を示します。

特にダンシングが気持ち良すぎます。

もりもり進み、50km/hオーバーまで一気に持っていくことができます。


また重いギアで踏んでもしっかりスピードが乗って行くのも気持ちが良いです。


実はセンプレの完成車にはレー3がついてきました。良いチョイスだ!ってことでしたが、2015年のモデルあたりからホイールがVisionに変わってしまいました。
(それがいいのか悪いのかは不明ですが、、、)

実はレー3実際に乗るまではイラないから売ってしまおうと思っていたのですが、、、待ったく売る気がなくなったのは実際に乗ってみればわかるお話しでした。


ということでレーシング3のインプレですが、

のんびり乗ることがメインだとやはり少々硬さを感じる事が多いと思いますが、速く走りたいなら間違いなくおすすめできるホイールです。

勢いでポチらないようにご注意下さいm(_ _)m
いやっ、勢いも大切だ!ヽ(`д´;)ノ


更に今Wiggleならもっとお得に!


Fulcrum - Racing 3 クリンチャーホイールセット



レーシング3でちょっと固いなぁという場合はラテックスチューブなんかも効果的です。

ワタクシも運用こそ面倒くさいのですが、もう、、、やめられません。

詳細はこちら↓↓↓(実は更新しております。)
ミシュランのラテックスチューブのインプレ








★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

↑このページのトップヘ