えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:フレーム

フレーム選び その2 志向が少し変わってきた??


来年辺りに新しいフレームを、、、と考えて入るものの未だにカタログを眺めたりしながらも決め兼ねているとっても優柔不断なおっさんのお話しです(笑

と言うのもの現状のフレームに特にこれと言った問題点を見いだせずにいるのがまず大きな問題点ですorz

問題があればそれを改善するようなフレームを探せばいのですが、、、

しかし現状のフレームは御存知の通りSempreProなんですが、カタログスペックで、フレーム重量990g±5%。5gじゃなくて5%ってのがチャーミングイタリアンです(笑
1000gの5%って50gで±で最大差100g、、、(;´∀`)チョ…

まぁそこんとこは全然気にしていないところなのですが、要は1000gを切るぐらいのフレームがいいとなんとも我儘な欲望が出てくるわけです。

そして特に不満はないものの、このふつふつと湧き上がる物欲が止まらないのはある意味ロードバイクの恐ろしいところ、魔力というものです。。。


ということで何をベースに選ぶのかを考えます。



▶何と言ってもツヤツヤじゃないと嫌!

全くもっての個人的な好みの問題なのですが、塗装はマット(つや消し)よりもグロス(ツゥヤツゥヤキラキラ)でなければなりません。

ロードバイクはどんなに乗ってもどんなにキズがついても最後の最後の瞬間までキラキラ輝いていないと嫌なんです。

最近の流行なんのでしょうか、、、つや消しばっかですorz

つや消しの最大のメリットはメンテナンスをサボりがちでも汚れが目立たない等ありますが、それでも好みの問題で嫌なもんは嫌なんです。
艶有りのほうが空気抵抗が、、、((;`Д´)≡⊃ンナコトアルカイッ

夜景とともに写るグロス塗装が好きなんです。

ということでマットしか出ていないグレードや、メーカーは除外です。


▶エアロロードバイク(フレーム)はチョット、、、

ドコもかしこもメーカーはこぞって薄く太くペラペラのエアロロードバイクです。
イイスギナンダヨッ○(#゚Д゚)=(  #)≡○)Д`)・∴'.

嫌いとかではないのですが、あまりにもドンとしたものはホイールを選びます。

ベンヂとか先日見たXr4とかも50mm以下のリムハイトだとなんか物足りない感じがものすごく目立ってしまっていました。

確かに最近のエアロロードにディープリム、空力だけではなくて剛性面から見ても利点は多く考えられます。

とはいっても、もやしの様な体型のワタクシには少々持て余してしまいそうで。。。

50mm以上は強風の日に怖いのでまず使うことはありませんので35~40mmを履いて最もかっちょよく見えるエアロロードではないタイプがお好みってことです。


しかしプロの世界ではフレームはクロモリなんかの細っこいのよりも現状のエアロフレームのほうがメーカー名とかばばんとアピールできます。

このまま太くなり続ければレース中はサポートカーからフレームにプロジェクションマッピングとかで広告が流せるかも、、、←無理です。。。



▶貧脚でも納得のしなりを活かしたフレームがいい


プロが使うような剛性もりもりのフレームも惹かれるのですが、あまりにも硬いものは最近プロの世界でも敬遠されがちな傾向にあると思います。

カウンターヴェイルや、Zertz、IsoSpeed、この辺も乗り手にやさしく疲労をためづらくするための技術でもあります。

これらのものは各メーカーが技術の髄を絞りきって開発しておりますので、ドコのメーカーのが1番とかはナンセンスですが、フレーム選びの上でなんかしらこんな技術のうんちくがあると「お~っ、、」と惹かれてしまうのはユーザーとしての重要な要素です。

ということで横文字に強い興味をしめしているようです(笑


全然しなりと関係ないやんってことなんですが、こればかりはのって全開走行を何度も繰り返して特性がわかぅてくるのでちょこちょこっととのったぐらいではよくわからないですね。

ロードバイクって効果な割に意外とガッツリとした試乗の機会が少ないのが難点です。

伊豆のCSCでメーカー合同の大試乗会でもやってくれるといいなぁと思います。

あそこはクローズドなのでガンガン走れますからね。



▶結局のところ何で選ぶの?

rect5497

ここを満たすところを探していくということです。
 
個人的には、、、外観(見た目)を結構重要視してします(;^ω^)

だって自分でみてかっこいいと思うものに乗りたいと思ってしまうものです。

初心者の方のフレーム(ロードバイク)選びのご相談を受けることがよくありますが、よほど特殊な目的があったりする場合以外はワタクシだったらこう答えます。

「納得するまで悩んで自分で本当にかっこいいと思えるものを選んだほうがいい。」
これに尽きると思います。

レースは全く、ポタ・サイクリング目的なのにカリッカリのレースジオメトリとかはおすすめしませんが、ポジションの調整はサイズだけ間違えなければある程度は融通を利かせることができます。
乗り心地も劇的に改善することは難しいかもしれせんが、ある程度は調整もできますしそこはショップの腕の見せ所ってところですね。
何より初心者の頃はバイクに合わせて体がある程度できてくるということもあります。

脚質とか目指すところ、目的とかが決まってきたらそれに合わせたものを選べばいいと思います。

ワタクシの場合は基本的に平地が好きですが、登りも、、、まるで重力に逆らってないかのように登っていく夢のようなバイクが好きです。(←ソレハPAS…^^;)
オールラウンドな使い方ができる方がいいってことです。



その他は例えば最初の方で書いた重量であるとか、フレームサイズ、サイズはステムやシートチューブである程度いじることができますのである程度です。あとはジオメトリで前と後ろの三角形を見たり、ヘッドチューブな長過ぎるものはどうしてもポジションが出しにくくなってしまうのである程度みます。
また個人的にはあまり峠でがっつりと他人とかぶりまくるのはチョット嫌なので、結構超有名メーカー以外が好きです。(ビアンキは有名な割にタマ数がそこまで多くないですね)

あとはスローピングとか、チェーンステーがとか、、、細かいところのこだわりが、、、
BBは圧入式でもどんとこいです。
完成車でもフレームセットでもそこら辺はどっちでもいいです。

いらなければ外してしまえばいいだけです。
7部組で入ってくれば外すのは完組よりも楽ですしね。

image4205

夢のようなバイクがた~くさん♪
※現行候補順に並んでいるということではありませんヨ、、、多分、、、

選んでいる時が一番楽しい、まるで遠足の前日様なワクワク感が好きなのはワタクシだけでしょうか。。。

ということで何になるかはまだ未定ですが、次期フレーム選びは 、、、まだまだ楽しめそうです。

「皆様はどのようにしてフレームを選びますか?」
そんなお話しでした。


次期フレームでワタクシが選んだもののインプレをみたら多分乗ってみたくなって、ほしくなってしまうかもしれませんヨ(笑)
そして爆売れすればメーカーからお礼が・・・入る訳ありません(笑



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

 

次期フレーム選定 フレームジオメトリを考える


観測史上初の11月、千葉県の積雪です。Σ(・∀・;)マジカヨ

明日予定の千葉県某所のイベントはどうなるのでしょうか、、、

路面の雪こそほぼ溶けてきてはいますが、かなりの勢いで凍結です。

うちのちっちゃな営業車(?)もバッキバキに凍っております。

ということで今回は次期フレーム選びのお話しです。


そもそもカーボンフレームはと言うと、、、

こんな面白い記事があります。

カーボンフレームの自転車は何年乗れるのか?

 
この実験はものすごく興味深いものなのでバックナンバー取り寄せちゃいました。

要は「カーボンなんざ劣化しねーよっ」って結果なんですが、面白いですね。

ということで上の記事にもかいてありますが、買い替えの口実が作れないということです。。。


とはいってもこんな新しいものを考えるのは楽しいことです。

購入するか購入しないかの問題ではなくて考えることが楽しいのです!

さあさあ楽しい思いをしましょう(笑

ということで早速本題へ、




フレームを購入する際に重要になるのは各所の数値「ジオメトリ」です

現在のフレームの問題点を洗い出して新しいフレームのサイズを考えます。

問題点がない場合はどう今のポジションを再現するかで考えます。


今回はポジションに不満はほぼほぼありませんので「再現」というところから考えます。


ということでざっと現在のポジションの数値を入れたものがこちら、、、

rect7411

シート角とかリアの寸法とかありますが、そこは余り重要ではありません。(←ンナワケネーダロ!

ジオメトリ表はメーカーに寄ってとても親切にいろいろな数値をだしているところと、そこまで細かくは記載していないメーカー様々です。

ジオメトリが読める方にはとても重要で細かく見ることができますが、「2mm違ってんなぼじゃい!」という場合は、、、

再現ということで考えると1番明確にわかりやすいので緑丸の部分、いわゆる【スタック】【リーチ】です。

ヘッドチューブの上部からBBセンターまでの高さが【スタック】(日本語では何ていうんか知りまへん。。。)

BBセンターからヘットチューブ上部までの距離が【リーチ】で表されることが多いようです。

ここらへんの数値を確認しておくと現在のポジションと近いものを選んだり、調整しやすくなると思います。



次期フレームはどうしようか、、、なんて考えていたんですが、大本命のXR4ではございません

XR4に対しての不安があります。
・XR2ではセンプレとの明確な違いがわからなかった。
 悪い意味ではありませんよ。オルトレはとてもいいフレームです。
 (同じメーカーのものなので似た特性という事があるのかもしれません。)
最上位モデルを購入してしまうと、、、後がなくなってしまう(?)

これに加えて
全くフレーム特性の違う物(Bianchiっぽくないもの)をがっつりと乗ってみたい。
・最近の流行りのエアロロードはゴテゴテしすぎて。。。
 50mm以上のホイールでないと合わないようなものは軽量のワタク氏にはちょっと、
 バランスを考えて35~40mmハイトが自分にとってベストでした。

ということでまずは各メーカーのフレームをざざっと選びます。

ワタクシの個人的な選び方として、一流メーカでなくてもいいんです。

寧ろ余り乗っている方が多くないメーカーや変なフレームが好きです。

とてもお金のかかるイベントとかに毎回出ているメーカーはお金もってるなぁと思います。むしろイベントいくらかでも節約して消費者に還元してくれ、、、なんてひねくれた意見も(笑

フィブラとか、、、いいですよね。 

まずは実際のフレームジオメトリ表を見る前にとある一台にものすごく惹かれました。

ゴテゴテすぎることのないフレーム設計、、、

この辺は全くもっての個人的好みなんですが、トップチューブは美しく緩やかな弧を描き、少々スローピングが、、、

パッと見そこまで複雑な構造でないように見えてとても手が込んでします。

こういったフレームは写真や映像で見るよりも実物を見ると、「綺麗だ、、、」こんな風におもってしまうことが多いと思います。

フレームは正に曲線美、←モヤハヘンダイダナヽ(*´∀`)

なによりフレームのジオメトリとても美しく見えます(まったく個人的な主観です(笑)



ということで【ゴリアテ】のジオメトリを実際に見てみます。

こちらです。

ドン!

rect7411-1

車種は、、、です。

このジオメトリでわかる方、、、相当マニアックですね。

前三角後ろ三角のバランスがとてもキレイです。

現状と合わせてみてもリーチはおなじ、

スタックは多少上がりますが、いまスペーサーが入っているコラム部のスペーサーを抜いてダストキャップをぺったんこにすれば完璧です!というか寧ろ楽なポジションを作れもするので、、、(←ヘタレ満載です。。。)

サドルのセンターがおそらく10mmとちょっと下がるので、やはりステムは少し短いものにする必要はありそうです。

シートチューブからの突き出し量が少し変わりますが再現は十分すぎるほどです。


ひところで言うと、、、ポジションを出したときに【キレイな形】になります。


そして装備はと言うと、、、このへんまでいくと段々と明らかになっていくと思いますが、、、

フロント:ダイレクトマウント
リア:ノーマル


のブレーキの組み合わせです。

剛性やバランス、メンテナンス性を考えるとこの組み合わせは現在最強の組み合わせではと思います。

リアはどちらかと言うと直接止まるためのブレーキではないですからね。


FDは最近の流行りの直付けタイプです。

これはフレーム形状からしてもシートチューブが円形ではなく空力を意識した形になっているので仕方がないといえば仕方がないと思います。
本当はバンドタイプのほうがガッツリと固定ができて好きなんですが。


ヘッドパーツはトップチューブとヘッドチューブに段差の付いたセミインテグレーテッドタイプ
こういう細かい所の作り込みがとても好きです。


BBは圧入タイプの86.5規格ですがここはウイッシュボーンに変えてしまえば問題解決です。


いかがでしょうか、おわかりですか。。。

答え合わせは実物が来てからのお楽しみです。
(ほんとに来るかこないかはまだ未定です、、、(笑)



もちろんセンプレが悪いフレームということではありませんよ。

とてもいいフレームです!

いつ買うかもわかりませんが、こんなコトを考えてちょっと心の中で浮気をしてみるのも、楽しいことです。

ということで次期フレーム選びのお話でした。


来シーズンはどんなマシンで走り回っていることやら、、、(笑

その前に体をなんとかせにゃ、、、 




★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

 

初心者必見 ロードバイクの選び方 レース用?ロングライド用?


ロードバイクには主にエンデュランスロードとレース志向の設計の2つに分かれます。

▶エンデュランス(endurance)とは


直訳すると「忍耐、我慢、辛抱、忍耐力、持久力、耐久性」と意味です。

これではなんや意味がわからないですが、ロードバイクでは一般的に主に乗り心地・快適性にふったロングライド志向のモデルということになります。

一日中走るれるように快適性を重視したり、楽なポジションを作りやすいということですね。


▶レース

レース設計のモデルは反応を良くするために快適性というよりかは、硬めにふってあったり、ポジションで深い前傾が取りやすいポジションであったり、ハンドリングも直進安定性よりも回頭性を向上させてありクイックなハンドリングということもあります。

エンデュランスに比べて、1日中走るのではなくて瞬間的なスピードの乗りであったり、いかに速く、周りよりも1秒を速く前に出ることを目的に設計されているようなものです。

※結構極端なお話しではありますが、最近の傾向として乗り心地はよくてもしっかりとレスポンスが素早い、、、そんなモデルがレースでも多く使われているようになってきておりますので、一概にはいいきれません。各メーカーの技術の結晶ということでしょう。

rect4210
最近のモデルを見ていると一概には言えないですが(余り明確な区分けがなくなってきました。)、
おおよそこんなイメージです。(あくまでも参考例です。)

チャッキチャキのレース志向バリバリのマシンでのんびり200kmぐらい走るような乗り方は、
「フェラーリでのんびり家族ドライブに行くようなもの」(・・・言い過ぎか?)ってことです。


ということでもう少しジオメトリ表を見ながら詳しく見ていきます。

例のごとくビアンキを例にとってのお話です。


一昨年ぐらいまではBianchiも明確に
HoC [HORS CATEGORY] Extream Racing 
B4P [BORN FOR PERFORMANCE] Race Ready 
C2C [COAST TO COAST] Endurance Racing 
こんな感じに分かれていたんですが、最近では公式ページも余り区分がなくなってきているように思えます、

image4212
2016 Bianchi公式ページ ロードバイクカテゴリより
http://www.cycleurope.co.jp/bianchi/bikes/road/index.html

こちらでは【Racing】or【Endurance Racing】となっております。


image4223
2014 Bianchi公式ページ ロードバイクカテゴリより
http://www.cycleurope.co.jp/2014/bikes/road/index.html

2014年のページでは【HoC】【B4P】【C2C】ときちんと書かれております。 


ではまずは文字を見るよりも画像でビビッときましょう。(?)

ということでこちら

image4155

いわゆるレースモデルとエンデュランスモデルの比較です。

そこまでそこまで大きな違いはわかりにくいですが、ハンドルのイチだけは一目瞭然です。

rect4238
緑:155mm 赤:130mm

赤いバーテープが巻いてある方がレース設計のモデル、明らかに低い位置にきています。

ヘッドチューブの長短はこういった明らかな目に見える違いがわかる、ハンドルの位置が低く遠くなるということです。

2種おモデルを比べてもフロントセンターもリアセンターもハンガー下がりもあまり差がないです。

ってことはホイールベースがほぼおなじってことです。


う~ん、、、ってことはポジションの前傾がきつくなることぐらいしかカタログで見てもよくわかりません。


しかし乗り心地とかっていうとおそらくフレームを作る段階のカーボンの使用とか、組み合わせ方、各所の太さ、様々なテクノロジーで乗り心地であったり、特長を出してくているのかと思います。

各メーカーすべてを公開しているわけではありませんからね。


ってことで他のメーカーも見てみましょう。

▶Cannondale

rect4270
Synapse : 16.6
Supersix EVO : 13.9
(※54サイズ)

Cannondaleは【エンデュランス】と【エリート】という分類になっていますね。

やはりポイントはヘッドチューブ長デスネ。

レース設計の方が短めと言われているリアセンターは5mmの差です。(公表されている値が一部不明なため48サイズで比較)
フロントセンターは10mmの差です。54サイズ

少々ホイールベースが長めにできているということですが、これもメーカーによっても結構差があるようです。
よくエンデュランス(ロングライド)ロードはホイールベースが長い。そんな噂を目にすることがありますが、この結果をみてみれば、、、一概にはすべてが当てはまるってことでもなさそうです。

各特徴を見てみます。
SUPERSIX EVO:
あらゆるシチュエーションのレースにおいて究極のパフォーマンスを発揮するために、SUPERSIX EVOは“完璧なバランス”を目指しました。ライバルを凌駕する超軽量、高剛性、効率的なエアロダイナミクス、そしてスムーズなライドフィールの両立は、レースのあらゆる状況において、あなたを勝利へと導きます。

SYNAPSE:
SYNAPSEがもたらしてくれるものは、パワフルな走りと一日中走っていられる快適性の両立。レースで立証されたエンデュランスジオメトリーと軽量さに路面が再舗装されたかのようなスムーズな走りは、春のスプリングレースから年末のバイク・オブ・ザ・イヤーまであらゆる称賛を集めています。ひとことで言うならば、私たちが創った最高のオールラウンドロードバイクです。

うん、どっちも良さそうです(笑

しかししっかりとメーカーは短いながらもしっかりとこういった情報を提供してくれています。



各メーカー色々と見てみましたが最近の傾向として区分けをそこまではっきりとさせていたにような印象を受けました。

しかし公開されている情報から見る限りメーカーとして使用目的や意図はフレームジオメトリを見ることである程度見えてきますし、フレームの設計や各メーカーのテクノロジーで更に明確になってくると思います。



初心者の方で「シート角が、」とか「ハンガー下がりが、」とかジオメトリを見ても何や分からない場合が多いと思います。
そんなときは特に難しく考えず、「メーカーのおすすめしている情報をきちんと読む。」ことがいいと思います。
どうしてもインプレ記事に目が行きがちですが、まずはメーカーがどういうった意図で設計・作成しているか、「エンデュランス」なのか「カリカリのレース志向」なのか?ということが大切ですね。

ショップなんかでは在庫の問題なんかで極稀にですが、とんでもないものを進められることもあるとか、、、極稀にデスヨ。すべてのショップではありませヨよ。

そんなときは少し冷静に【商談中】とかの札をペチッと張っておいて貰えば1週間ぐらいはお取り置きしてもらえるはずです。

その間にカタログや公式HP何かをチェックして、そのバイクの特徴を見たり、ジオメトリ表とかを見て、特徴的な数値が出ているところを調べてみたり。。。そんなことである程度の目安のようなものはわかってくるのではと思いますよ。


カーボンのバイクなんてぶっ壊しさえしなけれれば5年10年、、、メーカーによっては永久保証なんていうメーカーもあるぐらいです。
要は長いつきあいになる可能性が非常に高いということです。

焦らずゆっくり、、、もしもゴリアテに巡り会えなかったとしてもそれもまた運命、、、もっといいものに巡り会える可能性もあるとまた少し煮詰めてみるのもいいかもしれません。

個人的な印象として、最初の一台はとにかく見た目でもなんでも気に入ったものでエントリーグレード(そこまで高くないもの)を買ってみる。
どんどん乗りまくって、自分の要求を見つける。
2台目移行はその要求に答えるべくものをじっくりと探す。

なんにせよしっかりと距離を乗らないことには始まりません。
おそらく5000km~10000kmも乗ればその自転車の特性がよ~くわかってくると思いますヨ。
特性がわかってくるということは、「要求」が明確になってくるということです。

その上で自分のライドスタイルに合わせたバイクを選択するということが大切ですね。

アウトバーンを高速で快適に走ることを目的のように作られた大排気量、ワイドボディのアメ車は日本のお買い物カーには使いづらいし、制限速度のないフランスの高速道路を走るために軽自動車というのも、、、(極端すぎです・・・)

ということで【初心者必見 ロードバイクの選び方 レース用?ロングライド用?】の違いのお話しでした。



 

★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

↑このページのトップヘ