えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:ボトルケージ

ロードバイクの真夏のライド サイクルボトルの選び方 ~保冷ボトル~



最高気温31℃ 夏真っ盛りです。
まだ梅雨なんでしょうか、これ。

ということでそんな真夏のライドに欠かせない【サイクルボトル(保冷ボトル)】の選び方のお話です。

P6303088
コレクションのほんの一部です、、、


【サイクルボトル】とは

口の形が特殊な形をしていて【片手で飲める】ことが特徴です。

これがペットボトルのように両手でくるくるしないと飲めないものとの決定的な違いです。

走行中でもパッととって飲むことができます。


また落としても割れることがないように柔らかい素材で出来ています。

場合によってはレース中にボトルを「ポイッ」と捨てているシーンを見たことがあるかもしれません。

そんなときに万が一人にあたったとしても大怪我にならないように柔らかい素材で出来ています
(あれは一種のファンサービスみたいなもんですね。)

ステンのボトルなんてあたったら大怪我もそうですし、バイクも割れることがあります。

P6303089
飲み口の部分です。
右側が通常のサイクルボトルの飲み口です。

引っ張ることにより口が【開き】状態になり逆さまにするなり、

ボトルを押すなりすると中の液体を出すことができます。

つまり片手で持ち、歯で引っ張って開放にすることができます。


左側が少々特殊な飲みくちを持った【CAMELBAK】の飲みくちです。

開けたままにしても逆さまにしてもこぼれません。

ボトルを押さないとでない仕組みになっています。

個人的にこの飲みくちはあたりも柔らかく非常にいいです。

そしてサイクルボトルは
有名どころの「Polar」ですと
「20ozの0.59l」

「24ozの0.71l」の2種類があります。

大体600mlぐらいと750mlぐらいの2種類がありますね。
いわゆる、ノーマルと、ロングボトルです。

どっちを選ぶかは好みの問題ですが、
フレームの前三角が小さいバイクはロングだとギチギチや入らないの場合がありますのでボトルケージに入れてみて長さを見てみるのがいいでしょう。
P7133251
Bianchi sempreの53サイズに20ozボトルです。

シートチューブの方はロングだとキツイかもしれません。
特に女性向けの48とか小さいサイズは入るものを選ばざる得ない場合もあります。
これはボトルケージとの相性もありますので、購入前はご確認下さい。

では少々お話を戻しまして、
ボトルの種類という話です。
P6303088

左側2個が【保冷ボトル】右が【通常のボトル】です。

この時期は特に左側の【保冷ボトル】が重宝されます。

ではどのくらいの保冷能力があるのかということです。

グラフでいいことを数値で見たい方は各メーカーサイトにっていると思います。

ここでは実際に使ってみての感想です。



今回はPolarとCAMELBAKの比較です。

▶保冷力
これは皆様が一番気にするところでしょう。

結果はというと、、、

あまり変わりません。

どちらも1時間も持てばいい方でしょう。

通常は30分もすればぬるくなります。

しかし通常のボトルに比べれば雲泥の差です。

明らかに違います。

通常のボトルですと15分位で体温と同じぐらいまで平気で上がります。

それよりも夏場はガンガン飲まないと熱中症や脱水の恐れがあります。

要はそんなに長いこと携帯しておくことは想定外だということでしょう。
【どんどん飲め見なさいっ!」てことですね。


その他の比較

▶ボトルの柔らかさ
Polar≦CAMELBAK
CAMELBAKのほうが微妙に柔らかいです。

▶飲み口
先程も軽くお伝えしたようにCAMELBAKの飲みくちは
柔らかさ利便性全てにおいて優っています。
【オープン】状態で逆さまにしてもこぼれないのもいいです。

▶マイナス点
Polarはよくも悪くもくびれの部分がどうしても内側が洗いにくいです。
指が引っかかって取りやすいのですが、なにせ洗いにくいです。

それに比べてCAMELBAKはストレート構造。

CAMELBAKはほぼ完璧なのですが、口の部分から少し漏れているっぽい、、、ボトルの中身が糖分が含まれている飲料が入るとべたつく。

また【通常のボトルよりも太い】ということが難点です。

致命的な難点でもあるんですが、ぐるっと一周回るタイプのボトルケージだとキッツキツか場合によっては刺さらないこともあります。
P7133253
こういったタイプのボトルケージです。
Bianchiの純正のボトルケージです。

これはギッチギチです、
取り出しにくいのなんのって、、、
P4111618
真ん中が割れているタイプならば問題無いです。

▶重量
P6303091
Polar 20oz

P6303092
CAMELBAK 620ml

P6303090
おまけ、普通のボトル ノーマルサイズ

どちらのボトルも通常のボトルよりも重いは重いです。が、これはしかたがないでしょう。

これぐらいの重量の増加はパフォーマンスで見ても保冷ボトルを使ったほうがコースにもよりますが、良いタイムが出るでしょう。


▶価格
どちらも実売価格で1300~1500円ぐらいなのであまり変わらないですね。

スポーツ用品店とかで買いやすいのはCAMELBAKかも知れません。

近所のスポーツ用品店で取り扱いがありました。

通常のボトルだと500円ぐらいでありそうです。
イベントとかではただで配っているところもありますからね。

ということで個人的にはCAMELBAKがすきですがどちらも決定的な差はあまりありませんでした。


これからの時期は特に保冷ボトルは必須と言っても過言ではないでしょう。

体にかけるものも、飲むものも温度が低いほうがいいです。

特にロングライドの終盤戦(距離は個々人で差がありすぎますので省略)になると甘ったるいスポーツドリンクは喉を通りにくく鳴ります。

特にぬるいスポーツドリンクは辛いですね。

少なくとも1時間毎に余っていたとしても冷たいドリンクに入れ替えるという選択もありだと思います。
ワタクシのおすすめです。

そして余っていれば摂取量が足りてないことがあります。

詳しくは過去記事参照。
サイクルスポーツ 脱水と給水

ということで夏場のボトルの選び方でした。

夏場は本当に少しでも冷たいものが欲しくなります。

日陰もそうですが、アルミのフレームのヒヤッと感ですら欲しくなる時があります。

保冷ボトルをお使いでない方は通常のボトルよりも~1000円位高いですが

効果は1000円以上の効果があると思いますよ。

今回ご紹介したボトルはこちら


通常の保冷ボトルです。主にこちらにはスポーツドリンクを入れています。


飲み口が特徴的な逆さまにしてもこぼれないボトルです。
こちらには水道水を入れています。




保冷力のない通常のボトルです。
冬場はこっちのほうが軽いのでこちらを使用。

ポイントは内側が透けて見えることです。

何故かというと、、、運用していく上でカビが生えることがあるのですが、外側からでも見つけやすいようにです。
中が見えなくてカビの生えたボトルで飲んでいたなんて、、、嫌すぎます。


rakulogobanner3

ダウンチューブ下にボトルケージをつける

これからの時期、ボトルがどうしても2本欲しくなります。

1本は【スポーツドリンク】、もう一本は【水】(体にかけたり、口を濯いだり用)です。

流石にアクエリアスとか被った日にやぁ、、、ベタベタで不快感満載です。


寒い時期はツールケースに場所を奪われているので1本しかもてませんが、これからの時期は死活問題です。


しかしサドルバックって以前から【なんか野暮ったいなぁ、、、】ご愛用者の方ゴメンナサイ、全く個人的な主観ですからね。

それにできるだけ重量物は下のつけロードバイクの挙動を軽快にしたいというものです。
※【バネ下の重量増の影響】はググってみてください。

なぁなんて思っていていつかはなんとかしないとと思っていたので、今年こそなんとかしてやるぞということです。

【Bikeguy どこでもケージホルダー(ペットケージ付) シルバー】ペットボトル飲料をすぐ手に取れるところに装着できる!/カー・自転車
【Bikeguy どこでもケージホルダー(ペットケージ付) シルバー】ペットボトル飲料をすぐ手に取れるところに装着できる!/カー・自転車

こんなものも出てはいるのですが、ダウンチューブの付けたい部分は太すぎて止めれません。

そもそも高いし、どこで売ってんだか、、、

ということで自作してしまえばいいやってことです。

そもそもそんなに高いものではありませんが、言い方を変えればそんなに複雑な構造をしているわけではなく、なんとかなっちゃいそうな感じがします。

で早速100均でよさ気なものを仕入れに行きます。
P5104248

左:ひたすらマジックテープだけのもの(ごみになりますた、、、orz)
真ん中:戸当りテープ
右:しっかりバンド(マジックテープにプラスチックのD菅のようなものが付いている)


まずは試作品ですが、そもそもクリアランスが大丈夫かどうかの確認です。

P5104241
※ミノウラの整備スタンドのベリベリを少々拝借。。。

左右のクランクとのクリアランス確認。。。

P5104245
P5104246

いける!

ということで早速100均物でアーダーコーダが始まります。



・・・( ̄. ̄;)エット


( ̄。 ̄;)アノォ


( ̄- ̄;)ンー




(*`д´)b OK!



で完成品がこちら
P5104254

ダセェッテイウナヾ(*`Д´*)ノ"


ボトルケージの取り付け側はボコボコしてします。

そもそもボルトで取り付けるためのもんですからね。

P5104255

この隙間さえうまく埋められればこっちのもんです。

で先ほどの隙間テープが役に立つわけです。
P5104251

けしてボトルケージが直接フレームに当たることがないように隙間テープをうまいこと使いました。

この隙間テープのクッション性を活かして【しっかりバンド】で名前の通り【しっかり】締め付けて固定です。

Sempreはトップシューブの下が比較的平らなので結構ガッチリとつけることができました。


マジックテープなんかで大丈夫かよって心配するなかれです。

どこでも~もマジックテープですし、マジックテープと滑りにくい物で固定するものはサドルバッグやテールライトもあります。

だから多分大丈夫でしょう!


今年の夏はこんな感じでまた100均でよさ気なものを見つけたらちょこちょこ変えてサドルバック無しで乗り切れたらなぁと思います。


****追記***************************

100均のマジックテープで運用していましたが、もっといいものがあるとの情報が、、、

こちらです。
P5303902
※画像右側です。左側は従来品(安いやつ)。

そうです、ちょっとだけ高いヘルメットとかに使われる毛足の短くてスマートなマジックテープです。


※太さが違います。

毛足が短くスマートなので他の布への攻撃性も低く、かつ厚みも薄いときたもんだ。

結合力は従来品と何ら遜色ありません。

ということで早速インストォール!

P5303903

全く問題なしです。


山尾登ったり、降りたり、全力で乗ったりオフ道走ったり。

ずれることもなく問題ありませんでした。

センプレはダウンチューブがBB方向に少しずつ太くなっているので少しずれてもきつくなる方向にしかずれません。
ダウンチューブ下が比較的平らなのも功を奏していると思います。


ということで100均よりは少々高いけどより綺麗につけるためにこんなものもあるよっていう情報でした。


今年の夏はこれでボトル2本が装備できるのでこれでバッチリです。
おそらくこれが最終形となるでしょう。

是非普通のマジックテープよりも綺麗に美しく付けたい方にはおすすめのアイテムでした。


そうそう少々関係ありませんが、
Amazonで販売中のボトルケージではこれがおすすめですヨ。



★フォーマルハウトは当店オリジナルたサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★


 

超軽量 フルカーボン ボトルケージ 入荷しました。
新作の入荷情報です。

【超軽量 フルカーボン ボトルケージ】です。
本日より、販売開始いたします。 
超軽量 フルカーボンボトルケージ 19g +-1g 2980円(税込み) 

では実測行きましょう!当店はカタログ値での販売はしません。
必ずすべて計量して正しい数値でのご案内を致します。
image3037

どうでしょう?今回の入荷分の中に20gが一本混じっておりましたが
それ以外はこの数値。実に軽いです。
下のものが通常のボトルケージです。
 image3004
おそらく樹脂製か、プラスチックでしょう。
この画像からも【超軽量】であることがわかりますね。
上のボトルケージから2本の交換で-30gといったところでしょう。

細部を見て行きましょう
P4111618
 ブラッククリア仕上げです。多少塗装の厚いところがあります。
おそらくこの塗料のせいで1gの+-が出てきているのでしょう。
P4111625
実際に入れてみるとさすがカーボン製どれもピッタリです。

P4111624

最近は便利になったものでツールボトルや、ウインドブレーカー、ボトル型のバック等ボトルケージに指しておく物がいろいろな種類があります。
ぐるっと一周囲んでしまうようなタイプだとちょっと差し込むものの径がちょっと大きくなるだけで刺さらなくなってしまいます。

コチラのタイプだと多少しなるので許容範囲が広いです。(※無理やり太いのを入れて割らないようにして下さい。)
特に注意なのでCAMELBAKのボトル。あのボトルは飲み口の構造こそ素晴らしいですが、何故か少々太い。
通常のケージだと入りませんからね。
 
新商品入荷情報でした。
ご注文はコチラから
↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ 


 rakulogobanner3

 サイクルウェアとロードバイクパーツのお店 http://www.rakuten.co.jp/ffcycle/

 

↑このページのトップヘ