えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:ポリマーコーティング

オプティスリックとポリマーコーティングシフトケーブル シマノ新シフトケーブル 


シマノの新製品オプティスリックを試してみてはや3ヶ月、、、

3ヶ月使用してみてのインプレがどうだかというお話しです。

最初はとても感触が良かったです。

そんな時の記事はこちら
初期インプレなんかが書いてあります。


そもそも3ヶ月でどうなんだよ?ということなんですが、なんかシフトのきまりが悪い気がしてきました。

チェーンも新品に最近交換したばかりなのでそんなことがあるはずもなく、、、


ということで3ヶ月使用のオプティスリックシンナーケーブルを徹底分析してみようかと思います。

まずはコーティングの剥がれ具合から、、、
P6294175

コントロールレバー内のコーティングの剥がれはポリマーよりも少ないです。

そしてコーティングもポリマーのようにカスが出る剥がれ方ではなく、テフロンコーティングが剥がれるような色がなくなってくるような感じです。

P6294176

固定部を見れば一目瞭然です。

明らかに緑のコーティングが剥がれ、銀色が露出しています。
(見づらくて申し訳ありません。)


で折角交換していしまうので以前からやってみたいなぁと思っていたことがあります。

ケーブルは抵抗が極力無いほうが【軽く】【早く】シフトが決まるというのは度々記事内に書かせていただいております。

そこで最大の抵抗となる部分が【BB下】です。

ダウンチューブ内を通ってきたケーブルがBB下でぐいっと曲がるところの抵抗ときたら、、、コイツをなんとかしようということです。

そこで出てくるのがケーブルライナー。

【あす楽】シマノ ケーブルライナー 1800mm 1本

価格:102円
(2016/6/29 13:47時点)
感想(2件)



ケーブルライナーのほうがケーブルガイドよりも摩擦が少なければケーブルガイド内に通してしまおうという作戦です。

SHIMANO スモールパーツ SM-SP17-M 低摩擦樹脂タイプ ケーブルガイド Y66Y98500 【メール便可】

価格:200円
(2016/6/29 13:48時点)
感想(0件)


そうそうSempreさんはこのBB下のガイドが多分専用品です。

シマノの低摩擦タイプが使えないんですね。


そこで早速実験です。

もちろんケーブルライナーだけではなく、シフトアウター(OT-SP41)からひん剥いたライナー管だけでも試しましたが、やはりケーブルライナーが一番軽いです。

P6284156

、と思っていたらこれケーブルライナーではないですね。。。

そこら辺にあった怪しげなライナー管です。

本番はちゃんとケーブルライナー管使いますよ。

これにグリスをたっぷり入れて仮想BB下を作って実験しました。

P6284157


w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!

気がついてしまいました。←オソイヨッ

オプティスリックよりもポリマーコーティングのほうが遥かに軽くできます。

ということで今回はこちらに交換

【即納】【SHIMANO】シマノ CABLE ケーブル ポリマーコーティングシフトインナーケーブル Φ1.2mm×2,100(1パック)【Y00F98990】【4524667409717】

価格:1,211円
(2016/6/29 15:28時点)
感想(0件)

 

毛羽立ちの問題はまだまだ払拭出来ませんが、この軽さを体感していまうと戻したくもなってしまいます。

そしてもう一つの秘密はというと、、、
 

コーティングの種類の問題だと思うのですが、な~んでこんなに滑りが違うんかなぁと、、、

両方のケーブルをいじくり回していたわけですが、、、


 Σ(゚□゚(゚□゚*)ハッ!



今まで対して気にしていなかったのですが、大元というか【芯】のケーブルが違うような気がしてなりません!

P6284159

P6284164

これも見づらくて申し訳ありません。

オプティスリックの方が太いんです。

カタログスペックでは一緒(1.2mm)のハズなのに指で比べてみるとすぐに分かります。
(コーティングか撚り方の問題かは不明ですが、、、)

インナーケーブルはステンレスの線を撚ってケーブルになっているのですが、オプティスリックの方が太くて固いです。

違う言い方をすれば【ポリマーコーティング インナーケーブル】のほうが柔らかくしなやかということです。

もういっちょ拡大です。
P6294181

やっぱりなんか違うような気がします。


と思って実験です。


同じ長さのインナーケーブルを1本ずつ用意!

負荷をかけられる重さの測定です。

オプティスリックです。
P6284160
【10g】です。


ポリマーコーティング
 P6284161
※後ろに散らばっている複数のケーブルが度重なる研究を物語っています←カタセヨ

どんなに頑張っても【6g】しか押せないです。

ほらほら硬さが違いますヨ。。。

ポリマーコーティング インナーケーブルのほうがしなやかだということです。

構造を見るためにバラしてみました。

P6294183

左はオプティスリック、ステンのインナーケーブルのように複数本を撚ってあるだけです。
右がポリマーコーティングインナーケーブル、内側でも撚ってあり、それを芯に外側が撚ってあります。
(芯のほうが銀色回りが黄土色がかった色です。)


インナーケーブルはコシがあるよりもしなやかに動く柔らかさがあったほうが、アウターケーブル内での動きが良くなります。

最近のシフト系の取り回しはカーブがきつくなるところが多々あります。

カーブのきついところは特に固いインナーケーブルというのはそれだけアウターケーブル内に強く押し付けられることになりますので抵抗が増える傾向にあるはずです。


よ~くよ~く観察していみるとコーティングの種類が確かにSIL-TECと同じようなコーティングです。
シルテックよりも艶も滑りもいいとは思うのですが、インナーケーブルのケーブル自体は多分同じだと思います。


やはり品質の差が価格差としてこうして出てくるということですね。
オプティスリック インナーケーブル 926円
ポリマーコーティング(DURA) インナーケーブル 1854円

SHIMANO BC-R680 ポリマーコーティングブレーキインナーケーブル Y8Z098090【メール便可】

価格:1,450円
(2016/6/29 15:24時点)
感想(0件)



アルテグラグレードがなくなってしまった今となっては倍の開きが、、、

コーティングが剥がれてしまったとしてもケーブル自体のしなやかさ等が違うとなるとやはりDURAグレード、、、恐るべし。高いだけあるわ・・・


せっかくなので前回も見た例の部分を見てみましょう。
シマノ新 シフトケーブル オプティスリックはいかに!前後シフトケーブル交換手順
P6284172
画像一番右側です。

RD用ノーズです。

見事にグシャグシャです。

次期ヅラエースではこの辺は解決されていることを期待します。


まぁ新品に交換すればいつも感じることですが、相変わらず新品は

【すっげぇ軽い!】
デス。

 今回はインナーだけの交換でしたがそれでもヤッパリ軽いもんは軽いです。


さすがDURAグレードだけあります。

軽さの比較はケーブルを張らないでコントロールレバーレバー操作をした時とケーブルを張ってレバー操作した時の差が小さければ小さいほどケーブル抵抗が軽いということです。

DURAグレードでも明らかな弱点【毛羽立ち】【RD用ノーズの潰れによる抵抗】この辺をどうしてくるのか、
RDノーズにシフトアウターケーブルのように折れてしまいにくい素材を使うとか、、、シフトに影響が出るんでしょうか、、、次期DURAに期待は深まる一方です。

そういえば全く忘れておりましたが、BB下のところはこうなります。
BlogPaint

画像下側が今回ライナー管を使用してみました。

これでどうなるのかというところです。

今のところ全く問題なく運用はできています。

動きがいいのか悪いのか、、、不明ですが、またこれで1000kmぐらい使ってみてコーティングの剥がれ具合を見てどうだかといったところでしょう。


ということでオプティスリックケーブルの使用その後、のお話とシマノ インナーケーブルの知られざる秘密、、、というお話しでした。


 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

シマノ ポリマーコーティングケーブル 欠点

シマノのDURAグレードとULTEグレードのポリマーコーティングシフトケーブル
ですが、何かと話題のあるあの品です。

でぼちぼち3000km位走ったような、走っていないような、
そんなんですが、切れると嫌なので定期交換です。
(今日は寒いし筋肉痛が激しくて、、、) 
本当はシフトが一発できまらなくなってきたので交換です。
一発できまらないというのは、
【毎回絶対に同じタイミングでのシフトチェンジももたつきがでたり、
変速時のショックが大きくなってきた】
【カッ、カッ】ときまらなければいけないのですが、
【カラカラガタッ】という感じの場合が出てきてしまったからです。

それが毎回であれば調整すればいいのですが、スムーズに行くときと
スムーズにいかない時それがまちまちで、まるで
【ケーブルの動きが悪くてガイドプーリーの位置が一発できまらない】
そんなイメージです。要交換です。

ということで早速とりかかります。
シフトケーブル交換方法は、、、過去の記事にあったような。

何ら変哲のない方法ですので、
世界ナンバーワンのグーグル先生も動画付きの立派な説明書を持っているはずです。
(※他力本願でごめんなさい)

まず固定ポイントを外してケーブルを抜去するのですが、、、
【えっ???びくともしねぇ、、、】

と、
これは困ったと、チェーンステー下でケーブルを切断、
よ~く、見てみます。
PB233103
よく固定ポイントが潰れて通らないことがあるのですが、
これは違いますね。

PB233104
【・・・。】

別部分、
PB233106
更にもう一枚。

PB233107

エンドキャップ無しでも見事なシールド構造、、、なわけはありません。

【なんかびっちり詰まってる。】

ちょっと不安になりながらもアウターの再利用は諦めて、無理やり引っこ抜きます。

PB233108
【エッ?】

これはなんぞや、、、
PB233109
【抜け殻?脱皮?】

これは何なんでしょうか?
インナーの内側の剥がれ?ポリマーコートはこんなに厚ぼったくはないはずですが、
なんじゃこら、、、

え~~~っ。これじゃケーブル動かないわ。
むしろこれでよく変速していたというレベルです。

最近雨ざらしのママチャリのブレーキケーブルを交換したのですが、
それと同じぐらいかそれ以上動きが悪かったです。

リアディレイラー側のアウターエンドキャップは必ずアルミ製でなくてはダメなので
(シマノ推奨)ディレイラー側のエンドキャップはキレイに洗浄です。
シフトアウターは新品交換です。

樹脂製のアウターキャップはケーブルへのあたりがそこまできつくないので
ド派手に剥がれることはなさそうですが、おそらくアルミの硬いシールドキャップ
(穴の大きさがピッタリフィットです)の場合は激しく剥がれがでてしまう
ことが
ありそうです。
 
シマノ曰く
【ポリマーコーティングの剥がれはシフトに影響しない】
とは回答をもらっていますが、交換時に引き抜けないほど詰まっているに
影響がないと言われても、、、謎のフヤフヤもいるし、、、
シマノ製品は素晴らしいはずのなのですが、【整備技術のせい】ってことにしましょう。

ということでまた詰まってしまうのも困るので、
秘密ボックスを捜索!

PB233102

なんか見つけました。
BBBのテフロンコーティングのシフトインナーです。

シマノシフトインナーは1.2mm BBBは1.1mm、まあ問題ないでしょう。
でこれに交換組付けです。


驚くほどスムーズに、、、
鬼詰まりの前回のものよりスムーズにならなければおかしいですね。

ポリマーコーティングケーブルを使ってみての感想ですが。

→他製品よりも【カチッカチッ】とと言うよりかは【コクッコクッ】という感じです。
なんというか、ぬるっと角がとれたようなフィーリングです。
好みは分かれますが、きちんときれいな状態だと、いつ変速したのか
わからないくらいタッチ感が薄いです。
てんちょーはこれが好きなんです。
変速の正確さも初期の段階でちょこちょこ合わせることができていれば
かなりスムーズにうごきます。
【ちょこちょこ合わせれば】←これがポイントです。

一回調整して【ハイおしまい】だとこのケーブルのいいところは全然使えないでしょう。

ということで今回は詰まりの起こりにくい社外品を使ってみました。
インプレはまた3000kmぐらい走行したら、です。

ポリマーコーティングで皆さんこうはならないのでしょうか、、、
ということで、ポリマーコーティングの脱皮、というお話でした。




★フォィーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

rakulogobanner2

ブレーキケーブルによる引きの軽さ比較
 
よく【DURAのケーブルは引きが軽い】とか、
何とかネット上にもいろいろな情報が出ています。

そこでかれこれ前回の交換から5000㎞ぐらいは走ったので
実証実験をしてみようかというお話です。
P9164048
今回の変更はこれに変えます。
DURAグレードのポリマーコーティングケーブルです。

現在使用していたものとの比較ですが、ビアンキの純正ケーブルですので、
ジャグワイヤーのアウター、インナーは不明ですが、コーティングをしてる
感じはありません。
ですのでおそらく通常のステンケーブルでしょう。

本当はばねばかりで測りたかったのですが、
調達が間に合わず今回は簡易的な方法で検証します。
P9164024

こういうことです。

自転車を90度起こしブレーキレバーにこれをぶら下げます。
どの重さで動かなくなるか(レバーが引けなくなるのか)を検証します。
数字では表しにくいですが、ジャグワイヤーのぎりぎりの重さで
DURAケーブルで引くことができれば検証になるかと思います。

で早速現状の確認です。
P9164032
フロントです。

P9164031
リア

P9164033

761gです。
この状態だと根元まで引くことはできません。
5割方引けている状態であります。
この状態でDURAケーブルに交換後、同じようにひっかけて
引くことができればケーブル交換による違いが判るはずです。

で交換です。
交換の記事はこちらから↓
アウター&インナーブレーキケーブル交換


交換完了です。
交換は通常通り、切り口の処理、インナーの取り扱い等
に細心の注意を払い行いました。

で結果はというと







余裕で引けます。
761gでは簡単に引くことができます。
これは感動です。
実際にケーブルだけでこんなに違うものだとは、、、

で少しづつ水を減らしていき同レベルまで引けなくなるまで減らします。

P9164089
P9164090
根元までは引けないがひっかければ5割程度引けている重さです。

で重さはというと、







P9164088

677g-761g=-84g

割合で行くと1割以上軽く引くことができました。


実際に引いた感覚でいうと
確かに軽い感じはあります。

ケーブルのポリマーコーティングが引っ掛かりを少なくしている感触です。
ケーブルの撚り(?)ごとに【クックックッ】とくる引きが細かく軽くなっています。

決して正確な数値で出ているものではありませんが、
ポリマーコーティングケーブルに交換することで
引きが軽くなることは間違いないようです。

しかし完成車で販売しているロードバイクって、
コンポーネントはシマノ、とかスラムとかあるわりにケーブル類は情報が全く
といっていいほどないように思えます。

シマノは純正品以外のケーブルの使用は推奨していません。
おそらくコンポーネントの能力を引き出すためには専用の設計の
ケーブルが必要ということでしょう。

アウターキャップまで専用設計です。
(@oneymaking、、、?)

実際の交換しての実走インプレはこちらの記事でご紹介いたします。

rakulogobanner2
サイクルウェアとロードバイクパーツのお店 http://www.ff-cycle.com
 

↑このページのトップヘ