Vipro's(ヴィプロス)オイルのご紹介

ヴィプロスの代表とするオイルといえば「ムオン」、しかしこれだけではありません。

当店に入荷済みのヴィプロス製品は以下の4種類です。
・ムオン
・ケイテン
・グレサージュ
・クリーンイノベーター
これと作業で使用する目的でマリンルブリカントがあります。
販売用はありませんが、当店にてご使用いただけます。 
(もちろんお取り寄せは可能です。)

ということでこれらの製品のご紹介をしていきたいと思います。



▶チェーンオイル


オイルのもち
・ムオン(液体)
500~600km
・ケイテン(液体)
300~350km
・グレサージュ(スプレー)
500~600km

硬さ
軽い ケイテン<グレシャージュ≦ムオン 硬い

P4204793

少量を出してみればわかりますが、液体タイプは結構いっぱい出てしまうので要注意です。
ステンパンに少量を出してみたのですが、意外や意外!スプレータイプの方が少量出すことが容易でした。

P4204794
P4204795
※左からケイテン、ムオン、グレシャージュ(固着後)です。
上の方にポタポタ垂れているのは容器から垂れてしまったケイテンです(笑
モッタイナイ…(;´∀`)

ヴィプロス社のグレサージュもマリンルブリカントもそうなんですが、スプレーの押すところが少々硬いです。その為少量での噴射もしやすく、量の調整がし易いのがイイです。
「少々匂いが・・・」そんなお話を時々聞きますが、そんなに気になるほどではありませんでした。

性能的には専用品のムオン・ケイテンとグレサージュ、違いがあるということなんです、が、、、
個人的には今までケイテンを使用していたのですが、今はグレサージュでも何も不満がありません。

ということで各オイルの使用感です。

ケイテン:とにかくぶっちぎりに軽い
汚れ落ちもイイ。
耐久性が他よりも短い

ムオン:静音性トップ、滑らかさもいい
耐久性高い
汚れ落ち、少々難あり

グレシャージュ:塗布後はサラサラだが定着するとちょうどいい硬さに
ケイテンよりも硬いのになぜか汚れ落ちがとてもいい。

個人的には柔らかくて汚れ落ちがいいものが好きです。
次の注油までのあいだのれば乗るだけリンク内の余分なオイルが浮いてきたり、外部からの汚れも少なからずでます。それを拭き取るだけ、そんな使い方ができたほうがやはり利便性がいいです。
まためんどくさがり屋のワタクシは普段の洗車(汚れたらすぐに洗ってしまいます。)で強力な専用リムーバー(ブレーキクリーナー)なんぞジャバジャバ洗って使わずにちゃちゃっと済ませたいからです。
水置換性もありということなので洗車後の塗布も楽です。

P4204801
※グレサージュの使用感はケイテンと比べてもかなりイイです。

グレサージュはレイキッシュとはベースは一緒だそうです。
ムオンとケイテンの液体タイプは少々違うようです。

チェーンオイルは好みが結構分かれるところですので、雨や走行距離等ロードバイクの使用環境や掃除に合わせて使い分けるのがいいと思います。






▶マリンルブリカント

その名の通り海水などの過酷な状況下での防錆、潤滑性能を売りにしているようです。

ロードバイクでは実際に海水がかかることはあまりないかとは思いますが、千葉は海に囲まれております。ワタクシ自身海沿いの道や海近辺の花見川サイクリングロードを走りますが、強風の日は高波の飛沫を浴びる時があります。
それではなくとも、海付近は潮風の影響をうけやすいです。

ロードバイクはいつもピカピカにしておきたいので当店での使用のために入れてみました。

海沿いをよく走るロードバイクの特徴として、
ステムのクランプボルト、シートクランプボルト、ボトルケージボルトこの辺が結構サビが浮いているバイクを良くみかけます。
こんなところもしっかりと防錆処理をしておくことで最大限にサビを防いでピカピカを保つということです。

P4204813

せっかくなので先程オイルを垂らしたステンパンにマリンルブリカントをシュッとひと拭き。。。

これでテッシュとかで拭き上げます。

P4204818

キレイです。

触ってみるとわかりますが、うすい被膜ができていい感じです。
おそらくこの被膜が強力な防錆性を発揮してくれるのでは、そんなイメージです。
浸潤性もよく、固着ボルト・ナットを緩めるのにも使用できる、軽度のサビなら落ちる、防錆皮膜による撥水効果効果もありということです。

ということで早速薄いサビ?汚れが浮いてきたボトルヘッドです。
シュッとひと拭き、その後先細綿棒で軽くなでてあげてます。
image4488

image4454
※左側のボトルの頭は勢いで掃除してしまった後でした(;´∀`)

( ・∀・)イイ!!デスネ!



洗車後なんかに錆びさせたくないパーツ箇所に少量のひと吹きでいいでしょう。
強力な防錆性と浸潤性はいいのですが、最大限の難点は少々量が多く、使い切るのは結構たいへんだと思います。
あとはグリスなんかの箇所に吹いたら浸潤性が良いためグリスは流れてしまいそうなので少々注意が必要そうです。
また被膜が形成されるので、他の潤滑剤と混ぜて使えないとあります。 




▶クリーンイノベーター


 コーティングとクリーニングが同時にできる、そして濡れたままでも使えるというなんとも便利な製品です。

よく振ってスプレー!
P4204806
 
発泡します。

P4204808
 
これを付属のマイクロファイバークロスで拭き上げ、、、
P4204809
 これでコーティングができるということです。

とてもキレイです。
初回は時間を開けて2回ほど行うと更にキレイに仕上がるということです。

ベッタベタのグリス汚れは少々厳しいかもしれませんが、多少の汚れであればこれ一本でなんとかなりそうです。
さらにこちらはマイクロファイバータオルが付属でついてくるのもイイです。
 



ということで当店でも使用中のちょっといいオイル達、ヴィプロス製品のご紹介でした。

※ヴィプロスのチェーンオイルの代表とする”ムオン”はチェーンのメカノイズの削減に役に立ちます。
とはいってももちろんいちばん大切なのはしっかりと整備・メンテナンスをすること。整備・メンテナンスで最高の状態にもっていき、その上で最後の一絞り、そんな使い方が正しい使い方です。
整備を疎かにしてオイルでごまかすような使い方ではせっかくのオイルも台無しになってしまいますネ。

IMAG2460
もちろん当店へお越しの際はご利用いただけるようご用意をさせていただいております。
 
+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※プレオープン期間中、当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容(希望時間)
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。
当店の特徴・詳細ははこちらから

今月の定休日
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
が定休日です


★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★