えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:モチベーション

トレーニングの要は心の力? 1000kmチャレンジからみる心の健康

先日往路を終えた3本ローラー1000kmチャレンジですがまずはそれの途中報告から。

▶ 2月6日

image4353

平均時速:27.5km/h
平均CAD:88
走行距離:15km

▶2月7日
image4419

平均時速:28.0km/h
平均CAD:90
走行距離:15km

▶2月9日
image4430
平均速度:25.7km/h
平均CAD:84
距離:20km


▶2月10日
image4386
平均速度:29.0km/h
平均CAD:93
走行距離:15km

▶2月11日
image4375
平均速度:29.3km/h
平均CAD:93
走行距離:15km

▶2月12日
image4364
走行距離:10km
・・・オワコンです。
15km走れませんでしたorz

積算距離:530km

グラフを見れば一目瞭然です。
image4488

2日間は右肩上がり、その後1日は調子が悪くなるようです。
どうにもこうにも肉体的にも精神的にも3日目はキツイみたいです。
ケイデンスは大方80~95ぐらいがちょうどいいようです。

ミノウラの負荷装置の推定パワーカーブを作ってみました。
image4144

※L最弱負荷(緑) H最強負荷(青)
借り物の自転車とパワーメーターで計測した数値からで、あくまでも推定です。
3本ローラー1000kmチャレンジに大きな壁が立ちふさがる”負荷装置”導入

負荷4段で30km/hで300W、これを目標に日々取り組んでいます。
実際にもっと低ければもっと鍛えればいいだけなんであくまでも目安です。
平均25km/hぐらいから始まったトレーニングはどこまで伸びていくのか、、、乞うご期待!
ここからの伸びがキツイ、、



▶今月号のサイスポより

今月号のサイスポは面白い特集がありました。

「40歳から速くなる!」
というワタク氏まだ30代なかばですが、若者とは勝手が少し違いますのでとても参考になります。
ということですこ~しだけご紹介です。

ようは「加齢とともに運動能力は低下する」ということです。

これは筋力が落ちていくのか、生活環境の変化によるものなのかはまだまだ不明なところは多いようですが、とにかく運動能力は落ちてくるというものです。

トレーニングの効果は、体に負荷をかけたときに出るものではありません。休んでいるときに効果が出るのです。
当然といえば当然なんですが、ものすごく分かります。
良い休息と言うものの大切さが身にしみている30代半ばです。
それはもちろん肉体的な問題(筋肉痛や筋疲労)も当然の事ながら精神的な健康も大切ということです。

長時間走って強くなることとと、強い刺激によって強くなることとは違うんです。
短時間で強い負荷をかけるよりも、長く走る方が楽ですから。

~中略~

1日30分あればホビーレースで勝つためのトレーニングは可能です。
 
ワタクシも個人的には同じに思っております。
2時間ほど走ると気が抜けている時間がどうしてもできてしまいます。
完全に集中しきったオールアウトを目指しにくくなるからです。



後なんだかよくわからないですけど「ミトコンドリア」のお話しも、
その中でも
ヨーロッパのプロ選手は冬場に1万キロぐらい乗り込むそうですが、彼らは「寒い季節に乗り込めば強くなる」ということを理屈ではなく、経験的に知っているんでしょう。
ミトコンドリアがどうだかはワタクシ自身考えたこともありませんでしたが、冬場のトレーニングは、春のライドが楽しくて仕方がないというのは経験上間違いないと思います。

昨年も冬に「冬のライドを制するものは、その年の1年を制する」(←丸パクリ)的なことを記事にした気がします。

いやこれは全く本当で、冬はしんどくてしんどくて、、、それでもきちんと乗っていれば暖かくなってきて短レーパンの時期ぐらいになることにはものすごく効果を感じられるんですね。

※サイスポの記事をきちんと読みたい方は本記事最下部にリンクがございますm(_ _)m



▶トレーニング効率は心の力次第

ワタク氏自身、まだまだ成長中だと自負しております。
現在結構キツイトレーニングをしておりますが、その中で特に大切だと思うのは休養です。

上の方にも書きましたが、まずは肉体的な疲労をきちんと理解するということです。
心も体もバラバラではなくて一つのものなので、どうしてもどちらかが披露していれば最高のパフォーマンスを発揮する、オールアウトするようなトレーニングはできません。
体をしっかりと休める、食事をきちんとする(某誌には国産品の栄養価がとかかいてありましたがそこまでは(笑)ということも大切な要素です。

今回の表題にも書きましたが、心の力のお話しになります。
もちろん体が疲労していても100%に近いトレーニングの効果を出すことはできませんし、精神的なモチベーションであったり、弱さであったり、この辺がダメなときのトレーニングは効率がものすごく悪いです。
オールアウトするようなトレーニングは集中できていないとパフォーマンスが落ちるだけではなく怪我や、故障に繋がる場合もあります。
ちなみにたったの15kmチョットのトレーニング中のワタクシの心境はと言うと、、、

0~1km:半ば後悔し始める
こんなペースで持つはずがない3kmぐらいでの終わりを考える(豆腐メンタル)

3km付近:もう3km走った、1/5終わったもう少しだとポジティブに考える一方で、あと12kmもあるよ、、、とネガティブも出てくる

5km経過:残り10kmをきるともう少し、、、と思い始めるが、漕げども漕げども一向に走行距離が増えていかにないことに絶望を覚える

8km付近:半分が終わったことに少し安堵、しかし逆に言えばあと半分もあるということに絶望。。。

10km経過:なんでこんなコトをしているのかと自分にとい始める(笑

12km経過:この辺から数字の計算ができなくなってくる(いつもそうです(笑)
肉体的にも精神的にも疲労がピーク。
何故か12km台なのにあと1kmと意味不明なことを考えて少し気が楽になる。

13km経過:なぜ後1kmあるのか不思議に思えて仕方がない。
なぜ?と考えても答えは見つからないが、14kmで一度下車できるため最後まで回し切る

14km~:地獄の最大負荷
300mも走ればいつでも足を止めたくなる。
500m付近から内蔵がへばってくるのが実感できる。腹痛、だるさが始まる
800m付近リミッター解除、ラスト200m全力で回しまくる
(推定40km/は超えるが、サイコンの山は時間が短すぎてエラー処理、orz)

ここで大切なのがもちろんトレーニング中の心境とするとポジティブとネガディブが出てくるんですが、休養が上手く言っていなかったりして、肉体的にも疲労が溜まってきていると豆腐メンタルが全力ででてきて、諦めてしまうというか、肉体的にはまだ全力ではなかったとしても、心の方でブレーキをかけてしまうんですね。これが心のチカラの充電不足っていう状態です。

現在のトレーニングは上のデータを見ていただければわかるかと思いますが、大体1日30分超で終わりです。そして2日間上げていって1日無いし2日間おやすみです。
おそらくこれが精神的なパワーを継続させていく限界だと思います。
「30分ぐらいでしょぼい、、、」と思われがちですが、30分100%の集中ってワタクシにとってはものすごく大変なことです。自分のペースを掴むということもデータを見れば一目瞭然です。
平均29km/h超えの次の日なんて10kmのみ、完全に心も体もついてきていないような状態です。

毎日お酒も飲みますし、お菓子も食べます(キャベツ太郎が大好きです)。多分これらをやめてもっとストイックに、、、こんなコトしたら心にパワーが充電できなくなってしまいます。心のパワー不足は豆腐メンタルの出現率が飛躍的にあがります。
夜にドラマや映画を見て気持ちを切り替えたり、そんなことでも精神的にもしっかりと休むことで、トレーニングの効率をあげているということです。

トレーニングの効率を上げるということは、肉体的に鍛えるということと、精神的に鍛えるというこの2種類をバランスよく行っていくことで結果が出やすい、すなわち効率がいいトレーニングにつながると言うのがワタクシの何より大切にしているところです。


ということでトレーニングの効率を上げるのは心のちから、休養をしっかりと取って最高のトレーニングをしましょう!そんなお話しでした。


「今が1番、今が自分史上最強!!」これを目指します。
これがワタク氏自身のモチベーションを保つ秘訣です。
昨日よりも少しでも強い自分、これだけのためです。
昨日よりも強く、明日のほうが強く、、、
”昨日の自分をぶち抜くための方法”を毎日考えています。
・・・これなら青天井www

1分1秒でも速く、、、
ケイデンスもギアも何も気にしません。
ケイデンスなんてもんは結果ですから(笑

サイスポ今月号は「40歳から速くなる」これは面白かったです。

チョットよくわらからない部分もありますが、読まないよりも読んだほうがモチベーションも上がるかもです。


★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

 

前回に引き続き モチベーションの維持です。

 

自転車(ロードバイク)始めました【楽しそうだから】→→→もっと好きになりました。

普通はこうなっていきますね。

 

しかし負の要因が多すぎるとどうしても

【もっと好きになりました】よりも前に脇道にそれて【やめました・売りました】となるわけです。

 

ではなぜ趣味として長く続いたりあんなにキツイ思いをしても長く続けられるのか。

モチベーションが落ちてきた時の向上方法のご紹介です。

 

【モチベーション】という物は非常に簡単です。

頭のなか(心のなか)に天秤があると思って下さい。

 

片一方には★正【自転車に乗る】片一方は★負【自転車に乗らない】です。

で重さを決めるのが【要因】です。

★正【自転車に乗る】方には

・好きだから

・楽しいから

・健康でいたい

・かっこいい体になりたい

・好きだから

・高い自転車を買ってしまった

 

★負【自転車にならない】方には

・時間がない

・忙しい

・疲れる

・体が痛い

・他にもっと楽しいことがある

 

嫌なことをいいます。

【乗らない】方の天秤が重くなった時の結果には必ず【けど】が付きます

Ex.楽しい→【けど】→時間がない

  かっこいい体になりたい→【けど】→疲れる

  高い自転車を買ってしまった→【けど】→他にもっと楽しいことがある。

 

一つ【けど】から始まる負の連鎖ですね。

 

【明日でいいや】、【明後日にしよう】となるわけです。

人間の弱い生き物ですから誘惑がいっぱいあります。

 

そこでモチベーションの維持をするために色々やるわけです。

 

・寒くなってきたからちょっと冬物のサイクルジャージを買ってみよう・

 →それを着ていれば寒くなかったら次からは乗れますね。

・おしりが痛いからレーサーパンツを買ってみよう

 →痛くなくなったら【負】方の天秤から邪魔なものが1ついなくなりました。

・ロードバイクは疲れちゃうしなぁ

 →のんびり海岸線でも流してみればいいんです。ガンガン走りこむことだけが自転車の楽しみではないはずです。

 

要は【負】の方の要因の中から取り除けるものは徹底的に取り除くということです。

趣味の世界は義務ではないので【楽しくやる】のが一番です。

そして【正】の要因を足してあげればいいだけです。

「楽しくて楽しくてやっと本格的に始めたけど、「負」の外的要因で折角の楽しいことが苦痛になってしまうことがあるということです。」そんなに悲しいことは他にありません。

 

多分自転車を始める上で皆さん

【楽しそうだから】とか【知り合いがドハマりしていて】とかあると思います。

てんちょー自信も趣味として、生活の一部として楽しんでします。

 

仕事は基本パソコンと向き合い孤独な職業ですから、どうしても煮詰まってしまうことがあるんですね。

こういった文章を書いていても「いいアイデアが出てこない」「文章が出てこない」「言葉が出てこない」と

しかしそういった時に気分転換に海でも見に行ってみたり、時にはがんがんにペダルをふみボロボロになって帰ってくるわけです。

すると今までとはちょっと違ったものの見方ができるというか、アイデアが浮かんできたりするものです。

 

皆様の中にもこういった方いらっしゃるのではないでしょうか?

「趣味を楽しむために仕事を頑張る」

これもモチベーションとして相乗効果を生んでいます。

仕事のモチベーションを上げる→こんなに頑張ったんだからパーツ・ウェア買っちゃおう→自転車乗りたいなぁ

これがモチベーションの向上ですね。

 

モチベーションはありとあらゆることに左右されます。

 

無理なく続けるためには要因を書き出して天秤にかけてみて事前に取り除いたり、事前に加える事が出来る要因をプラスで加えてみる。それが趣味として長く続けることではないかと思います。

 

そしてうんちくよりも皆様のモチベーションを上げる内容で最後を締めくくろうと思います。

 

男性の皆様に朗報です。

自転車は「女子ウケのいい趣味」に堂々のランクインです。オリコンです(笑)

さらに「スポーツをやっていてたるんでいない引き締まった体」は非常に人気があるそうです。

また加齢臭の予防にも効果的です。

 

学生の方に朗報です。

自転車は「就職活動の趣味」として紹介すると好印象だそうです。

面接官に自転車が趣味の面接官がいたらもう最高ですね。

また自転車だけではなくきれいな風景の写真をとるなんて趣味は最高ですね。

 

女性の方に朗報です。

自転車が趣味の男性からは「自転車が趣味の女性」は特にもてます。

また有酸素運動は非常にダイエット効果が高く、体への負担は少なく始められ、細くしなやかで引き締まったからだが非常に作りやすいスポーツです。

 

どうですか?

こんな簡単な事でも「にやっ」としてしまい、また自転車に乗りたくなってしまう場合もあるかもしれません。

そうなんです。外的要因は些細なことの積み重ねでモチベーションを左右しているということです。

 

【ロードバイクやめました】 となるまえにもう少し外的要因を自らいじっては見ませんか?というお話でした。

 


rakulogobanner3

ロードバイクやめました。モチベーション ~動機付け~

 

10万円以上するロードバイクを買ったのに乗らなくなってしまう、勿体無いですね。

ということで今回は「モチベーション」というお話です。

 

「忙しい」

「時間がない」

「痛い」

「辛い」

「面白くない」

 

なぜこのようなことになってしまうのでしょうか?

 

最近人気の【プライベートフィットネス】テレビCMでも非常によく見ますね

「結果に@@@@する!」

2ヶ月で35万円、

ちょっと高いかぁなと思います。

 

しかしこのトレーニングジムで大切なことは【安くないこと】です。

 

ことの起こりは

【かっこいいカラダを手に入れたい】

というところからでしょう。

 

てんちょー個人の意見としては本当にかっこいい人は【裸でもかっこいい】人です。

変な意味ではありません。

 

【かっこいい】と言うのは内面からくるものであると思います。

どんなに綺麗に着飾ってもすぐにバレてしまうんですね。

おしゃれは内面からということです。

体を磨くというのは非常にいいことだと思います。

 

話はそれましたが元に戻りましょう。

 

動機付けとして【かっこいい体を手に入れたい】

これは結構皆様思っていることでしょう。

動機付けの要因としてはこうだと思います。

 

人間の体の非常に面白いところはある種の競技を専門的に行っていると、その競技に適した体に徐々になってくるということ、面白いですね。

 

動機付けが仮にものすごく強いものであれば大金を払って【プライベートジム】に行くことはないでしょう。

自分自身で何とかすればいいわけです。ネットで調べまくってダイエットには有酸素運動、低炭水化物、Gi値の計算、1年スパンでの経過をたてて実行、基本はこうですね。

 

しかしそうはいかないはずです。

そこまで強くない動機づけを一気に引き上げるための手段として【お金を払う】という行為をするわけです。

安いよりも高いほうが【モチベーション】の維持にはとても大きく関わります。

 

これは逆に「プライベートジム」が1,000円だったら皆入会するでしょう。

しかし2ヶ月間は誰も続かないです。

何故ならば【キツイ】ですから。

1000円ぐらい多少無駄になったっていい、と思うわけです。

炭水化物を一切食べないとかできますか?

脳の唯一のエネルギー源は糖質です。

脳のエネルギーが欠乏した状態になり、集中力の低下や無気力状態を引き起こし、肝臓に負担がかかります。

炭水化物を抜くとタンパク質が大量に必要になります。

プロテインを飲まないと追いつけないほどの必要量です。

35万+アルファですね。

それにラーメン食べたいですよね?ワタシダケ?

 

でもですよ。35万も払っているわけです。

「食べたいものを我慢しないと、トレーニングをサボってしまうと35万無駄になる」と思うと、我慢せざるを得なくなりますね。

 

こうしてモチベーションを維持して最後までやりぬくために【高い授業料を払う】ということが重要なんですね。

 

払ったからには何とかしないといけない。

専属のトレーナーからも指導が入ります。

2ヶ月後には驚くべき体の変化があるでしょう。

 

では1年後2年後にはどうでしょうか。

まだキープし続けていますか?

 

炭水化物を始めとする栄養素は摂取量が極端に少ないと少量からでも効率よく吸収するように体が変化していきます。生きるための手段が人間の体には備わっているんですね。

 

一度吸収を高められた体には少量の炭水化物でも効率よく吸収されます。

卒業後1年たっても同じ体型をキープする自身がありますか?

 

個人的にはこういった短期集中型のトレーニングも結果を出す上では有効であるとは思います。

否定をしているわけではありません。

一つのモチベーションを何が何でも保つための手段です。

 

また強いモチベーションには【強い効果】が伴います。

モチベーションには【強烈な動機付け】が非常に重要、というお話でした。

では次回は実際に表題の件のように【ロードバイクやめました】とならないような「モチベーションを維持するためには」ということをお送りいたします。


rakulogobanner3
★もしこの記事が気に入っていただけましたら、「はてなブックマーク」や「ツイッター」、「いいね!」でシェアをお願いいたします。次回もっともっといい記事を、と最高の励みになります。★
 

↑このページのトップヘ