えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:リアディレイラー

リアディレイラーはSS?GS? キャパシティのお話し

キャパシティ (capacity) は、保持、受け入れ、または取り込む能力を言う。 体積の概念に類似する。 人の能力的な許容範囲を示す場合など、日本語でさまざまな場面で使用されるが、ここでは、特に使われることの多いスポーツ用語としてのキャパシティを取り上げる。
Wikiより引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/キャパシティ

なんや気にしたことのない方は全く聞いたことのない言葉だと思いますが、リアの歯数を変える(丁数の違うカセットスプロケット交換)の際にはとっても重要な事です。

文字で表しても少々わかりづらいので図にしてみるとわかりやすいです。

ということで今回はリアディレイラーのキャパシティのお話しです。


▶リアディレイラーのSS・GSとは?


リアディレイラーには主に2種類があります。

SSはショートケージ(Short cage)と呼ばれ、GSはロングケージ(Long cage)と呼ばれることがあります。

なにが違うかというとパット見ですぐに分かるのは上下のプーリーを保持するプレート(アーム)のながさが全然違います。
image4144

 上下プーリー間の距離が違いますね。

パーツ単体で見るとわかりやすいです。
P2274641
 
左側GS(ロング)、右側SS(ショート)のプレートです。
 
もちろんこのプレートの長さが違うだけではありませんが、見た目の違いはここが一番わかり易いです。



▶カタログを見てみる


リアディレイラーの選択ですが、フロントの歯数とも密接な関係があります。

rect4209

これはULTEGRA6800シリーズのものですが、カタログを見ていきます。

必ず対応ギアと言うものが書いてあります。

■対応”トップ”スプロケット(最小/最大)
RD6800-GS:11/12T
RD6800-SS: 11/14T

■対応”ロー”スプロケット (最小/最大)
RD6800-GS:28/32T
RD6800-SS: 23/28T

ここはわかりやすいと思います。
最大と最小がもう決まっているので、CS-6800のラインナップでは
・11-23T:SS
・11-25T:SS
・11-28T:SS or GS
・11-32T:GS
・12-25T:SS
・14-28T:SS
と6種類はこういう選択になります。

ここまでは簡単です。


■最大フロントギア歯数差
ここで突然フロントのお話しがでてきます。
最大フロントギア歯数差とは、、、

=最大ギア(アウターの歯数)ー最小ギア(インナーの歯数)
 
こういうことです。

FC-6800のラインナップは
・46×36T=歯数差:10
・50×34T=歯数差:16
・52×36T=歯数差:16
・53×39T =歯数差:14
ということですので、SSもGSもどの歯数でも OKということです。

これがあまりないとは思いますが、例えば社外製でむりに53Tのアウターギアに34Tのインナーギアを付けてしまうと歯数差は19TとなってしまうのでSS、GSどちらも適応外ということです。


■トータルキャパシティ

フロントディレイラーのキャパシティとリアディレイラーのキャパシティを足したものです。
「右手にRDキャパ、左手にFDキャパ、ウンッ!トータルキャパシティ」ってやつですwww

原則トータールキャパシティを超えない様に使用するということです。

おさらいですが、キャパシティは大きい(最大)ギアから小さい(最小)ギアを引いたものです。
リアだと漕いで軽い方が最大ギア、フロント漕いで重いほうが最大ギアですネ。

RDキャパシティ=ローギア数-トップギア数
FDキャパシティ=アウターギア数-インナーギア数

例えば、、、

リア11×28T:フロント50×34T(コンパクトクランク)
リアのキャパシティ:17
フロントのキャパシティ:16
17+16=33←これがトータルキャパシティです。
これによりこの組み合わせの歯数を使いたい場合は”SS”を選択するということです。

同じくフロントで11-25Tの場合はトータルキャパシティが30となりますので”SS”ということになります。

ではリアで歯数差の大きなギアを使うとどうなるのでしょうか。
リア11×32T フロント50×34T
リアのキャパシティ:21
フロントのキャパシティ:16
21+16=トータルキャパシティ:37
ということはRDの選択は”GS”になります。


▶図で理解する

rect4231
最大ギア(アウターロー)と最小ギア(インナートップ)にするとこれだけチェーンの長さが変わってしまいます。明らかに赤の方が短いです。

ということでこのままでは最大ギア同士で適切に合わせたチェーンの長さでは、どうにもこうにも最小ギア同士ではチェーンがビロンビロンになってしまいます。

困りました。。。

ココでリアディレイラーの登場です。

path4319-4-2
赤丸:ガイドプーリー 緑丸:テンションプーリー
上:アウターロー(前後ともに最大ギア)
下:インナートップ(前後とも最小ギア)


テンションプーリー(リアディレイラーの下部のプーリー)の働きはチェーンに適度な張りを持たせる(テンションをかけること)が目的です。(※TPだけの働きではありませんが)

本当は複雑な構造がまだまだありますが、ものすごく簡単に言うとRDのプーリーケージは前後に固定部(B軸)を軸として振れる様にできています。
この動きで小さいギアにかかったときにチェーンがたるまないように引っ張ることでテンションの調整機能がリアディレイラーには備わっています。

と、ココまではディレイラーの動きのお話しです。

でお話しを戻すと、リアディレイラーにはSSとGSがあるというお話しでした。
rect42209

対応ロースプロケットを見ると大きな歯に対応しているのはGSタイプです。

トータルキャパシティが大きいということは歯数のより大きな差に対応しているということです。

チェーンは(一度繋いだら)長さが変えられない、ということが大原則です。
チェーンの長さは1番大きな歯にも対応できるように長さを決めなければいけません。
フロントが同じ歯数でも、リアの歯数の差が大きければ(キャパシティが大きい・ワイドなギア)大きな歯のことを考えてとチェーンの長さが長くなければいけないということです。
(通常キャパ内で適切なチェーンの長さにすれば1番小さなギア同士でもたるむことはないようにRDが働きます。チェーンがたるむとチェーンステーにするようになります。)

フロント50T&リア23T
フロント50T&リア32T

当然リア32Tの方がチェーンが長くないと足りなくなってしまいます。
rect4256
最大スプロケットが大きければ大きいほどチェーンは長くないといけないということです。

当然チェーンが長くなれば長くなるほど、逆に小さいギアにかけたときにチェーンがたるまないように多くの量を引っ張ってあげないとチェーンが弛んでしまいます。(そこで振れ幅の大きなGSがでてきます。MTB用とか一部を除いてワイドギアに対応するためにキャパがロード用よりも広いですね。SGSとか・・・)

ということから最大ギアと最小ギアの歯数の差(キャパシティ)が大きければ大きいほどチェーンがたるまないように動くリアディレイラーの動きも大きくなってくるということです。



▶RD-R9100 
image4166

SSと言われてもまるで従来のGSのような長さのRD-R9100です。

image4134

というのもキャパシティを見てみると、、

トータルキャパシティで35Tです。
通常SSのショートケージだと33Tが多いのですが、キャパシティが広がっています。
それにともない最大スプロケットが30Tまで対応になっています。

フロントの歯数を見てみると
50×34T:16
52×36T:16
53×39T:14
54×42T:12
55×42T:13
 
FD-R9100はキャパが16TですのですべてOK。

カセットスプロケットはと言うと
11-25T:14
11-28T:17
11-30T:19
12-25T:13
12-28T:16

ということで1番キャパシティが大きくなるのが、
11-30T:”19”とフロントが”16”ということで、トータルキャパシティ”35T” 

(32Tを犠牲にして)
すべてクリアということです。

基本的に同一モデル内であれば全てクリアできるように設計されているはずです。
今まではGSとSSと二種類になってしまっていたのが、9100シリーズからSS(おそらくSSとGSの中間)という位置づけで2種類作ることなくカバーできるようにしたということでしょう。


ではどういうときに注意が必要かというと、、、

例えば9100シリーズで揃っていても「どうしても激坂が上がれない。。。」
「そうだ6800のCSならば11-32があるぞ!11速ならいけんじゃね?」

カタログをきちんと見れば書いてありますが、RD-R9100対応ロースプロケットが30Tまでとなっておりますので、RD-R9100では使えないということです。

もちろんキャパで計算してみてもリアだけでキャパは”21”です。
フロントのキャパはと言うと、、、14までです。
トータルキャパだけ見るとフロント次第ではなんだかいけそうな気がしますが、きちんとカタログを見れば対応ロースプロケットというところから対応外ということがわかります。


▶まとめ

キャパは計算をするよりも、きちんとカタログなりで公式の見解を確認する。


この記事の意味がなくなってしまいますが、一応知識ということで、、、(;´∀`)


実際にキャパオーバーのときにどういった現象が起きるかというと、
ギアの組み合わせによっては使えないギアが出てくる。等など、、、
と、「別に1個とか2個ぐらいぐらいギア使えなくてもいいじゃん!」 ということではありません。
何が起こるかわからないということです。
ディレイラーがぶっ壊れたり、チェーンづまりを起こしたり、、
非常に危険です。
逆に実際にはキャパをオーバーさせても不具合の起きない場合もあります。
しかし公式の見解を無視するということは何があっても自己責任ということになってしまいますし、想定外の事態も起こりえる、とても危険ということです。

おそらくお店で交換をお願いしても公式の見解以上のことは何が起こるかわからないのでお断りされる場合が多いと思います。
公式の見解は必ず守ったほうがいいです。

ということで今回はキャパシティのお話しでしたが、9100のRDのことを考えると、今後アルテグラもシャドー化してSSというかRD-R9100のようなSSとGSの中間の様なキャパに進化することが考えられます。
32Tを犠牲にはできないのかな、、、
逆にカセットスプロケットで対応するようにするのでしょうか。。。
シマノがどういう構想でいくのか、、、楽しみですネ。

※今回はリアディレイラーの構造をものすごく単純に、簡単に説明しましたがもちろんこれだけではなくもっと複雑な構造です。




 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

リアディレイラー調整 (初級まとめ) 簡単変速調整

大幅に更新致しました。

ディレイラーの調整方法は結構色々なやり方があります。
今回は基本に忠実にほんの一例のご紹介です。

これ以外でもイレギュラーな方法は色々ありますが、基本を忠実に!、というところから

まずは「これを見ればとりあえず全段問題なく変速できる」 を目指して書いていきます。


なぉ今回はより実践に近づけるために
・チェーンがついている
・ケーブルの張り直し

こちらに考慮した方法で行こうと思います。




早速作業に入ります。
後輪は浮いていたほうがいいのでディスプレイスタンド等を使わないととてもめんどくさいです。。

ですのでリアを浮かせた状態でのスタートです。

先日もご質問頂きましたが、ケーブルは繰り返し過加圧を繰り返すことによって撚り解けてきて、解けたところから切れてきてしまう場合があります。
(適正トルクで締めていても繰り返し締め直しをすることで徐々に解けてきて切れる場合があります。)

そんなときはあせらずにアワワワヾ(;゚⊿゚) とならずに「ケーブルは消耗品!」と割り切って予備を用意しておくと心にゆとりができると思います。
※整備は心のゆとりが無いと上手くいかないことがありますヨ。

text4192
※適正トルクの6Nmで締め付けたものです。
一回の締め付けでケーブルが潰れて、2回めの締め付けで2本の切れが見られました。

適正トルクで締めても繰り返すことで切れる場合があるということです。

調整の段階では【ずれなければいい】ので本締めはせずに仮止め、完全に調整終了後に適正トルクで締め付ける。これをやってみるとケーブルが無駄にならないと思います。
作業終了後の本締め、増し締めは忘れないようにしましょう。

切れてしまうとともちろん変速はできなくなりますので、解けが確認できた場合はケーブルを新品に交換するほうが無難かと思います。



フロントはアウターに入れます。
調整は最初の頃から書いているように起点はリアトップ(一番外側)です。

もしリアトップに入らない場合は原因を探ります。

①とても初歩的なことですが意外と多いのが、レバー操作のミスです。
ワタクシも時々やってしまうことも、、、(笑

リアが1番外側にいくように確実に操作をしておきます。


②ケーブルの張りが強すぎる
→アジャスターでケーブルの張りはしっかりと緩めらているか?

紛らわしいので思い切ってケーブルを外してしまえばわかりやすいです。

→ケーブルの固定を外してもトップに落ちないか?

ケーブルを外しても落ちない場合はトップ側の調整ボルトをいじります。
image4212

詳細はこちらで↓↓↓
リアディレイラー調整 中級編 トップ・ローアジャストボルト 動画更新

ケーブルがこのトップ側アジャストボルトの動きを邪魔します。
ということは外してあればこのボルトをいじればきちんと動くはずです。


アジャストボルトで調整してもトップに落ちない場合はディレイラーの取り付け平行を疑います。
通常アジャストボルトは結構な幅動きますのでよほどひん曲がっていないければ結構なんとかなる場合もあります。

リア変速がきまらない3大要因
こちらの【3ディレイラーハンガー曲がり】をご参照下さい。



ここまででトップ側の調整ができたと思います。

トップ側の調整が完了したら次はケーブルを実際に固定します。

11速は結構なテンションで引っ張らないといけないので、下記の動画を参照してビシっと張ってみて下さい。



1. ケーブルを固定後レバーをトップから1段階操作(シフトダウン)※クランクは回しません。
2. クランクを正回転に回しながらギアが変わるまでケーブルアジャストボルトを締めこんでいく


以上です。
実はケーブルの固定の時点でしっかりと引っ張って張れていればそこまで引っ張る必要がありません。

text3901
上の画像、ケーブルアジャストボルトの可動域です。
左上のような状態のようにこんなに出っ張ってきてしまってしまっているようではケーブルをリアディレイラーに固定する段階で張りが弱いということです。(画像左上は限界まで伸ばした状態です。)
一度ケーブルアジャストボルトを締めこんで、リアディレイラーの固定部を外す。
再度今よりも強めにケーブルを張ってリアディレイラーに固定をする必要があります。

ケーブルを動画の方法を使って張るのであればかなり強く張るができますので、ケーブルを固定する前にアジャスターをイメージでは真ん中~限界締め込みの中間ぐらいにしておくといいと思います。

強く張り過ぎだったら少しだけ緩められる余裕がある位置にアジャスターを動かしてから固定をするということです。

ちなみに調整終了後にアジャスターの可動域限界近くで終わらせるようではダメダメです。
初期伸びが出たときは確実にアジャスターで更に張って上げないと駄目なので限界で調整を終えてしまうと後から面倒くさいです。(またケーブルを張り直しが必要になってしまいますので、後の事を考えた整備が大切ですね。)

アジャスターをどのくらいの位置に、どのくらい残しておくか、ここも整備の腕の見せ所です。


ちなみにこんな確認方法も有ります。
text3960
ケーブルを引っ張ればシフトダウンは可能です。レバーがトップの状態からケーブルを強制的に引っ張ってあげて、2段目に上がるまでの張り具合です。※必ずクランクを回しながら行って下さい
ケーブルを引っ張ってあげると、音鳴がだんだん大きくなっていきカチャッと変わるポイントがあるはずです。ない場合はもともとケーブルを張り過ぎです。
あんまり力をかけると壊れる場合もあるので壊さないようにして下さい。

あくまでも目安ですが、これよりももっともっとケーブルを引っ張らないとシフトダウンしないようであればケーブルのはりが弱すぎるということです。

image4225
上の調整後アジャストボルトの調整はこのぐらいにしておくと何かあったときに、ある程度張ったり緩めたり結構いじれます。

そもそもアジャスターというのはグリングリン回すものではなくてあくまでも微調整のためについているものです。
微調整で済むようにするためにはケーブルを固定する段階で適正な張りで固定するということが大切です。



トップ側のアジャストボルトの調整+ケーブルの張りがおわれば取り合えずロー側まで変速ができるようになっていると思います。

ということでこの段階でやっとこさフロントをインナーに落とします。

いわゆるインナー&ローの状態にします。

できない場合はロー側のアジャストボルトの調整が内側によっている場合があります。
こちらで詳細をご確認下さい↓↓↓
リアディレイラー調整 中級編 トップ・ローアジャストボルト 動画更新

この状態ではロー側のアジャストボルトをいじっても全く動かない場合が多いでしょう。

そして(´・∀・` )ア???・・・こうなるわけですね。

グリグリグリ・・・(;・∀・)っ/凵 ドンドンマワシテヤルゼ・・・
↑これは駄目です(笑

となった場合は上のリンクを再度ご参照下さい。


ということでロー側の調整はリア側のレバーを1番ロー側に操作をしてその上でクランクを回しながらディレイラーを指で押してあげます。

image4238
※指を挟まないようにしてください。

ココで指でケーブル以上の力をかけても絶対に内側(ホイール側)にチェーンが落ちないようにします。
チェーン落ちは重大な事故につながることがあります。

調整は左手でディレイラーを押してあげる、右手でロー側のアジャストボルトを回す。こうすると殆どの場合は動きを感じることができると思います。

image4252
※どちらの押し方にしてもしっかりと押す方と反対方向を保持しておかないと安全に動かすことができませんのでわかりにくい場合は動画をご参照下さい。

コツはしっかりと内側にディレイラーの動きを予想して力をかけておくということです。

しっかりと力をかけておけばロー側のアジャストボルトをチョット回すだけでプーリー部が画像の方向から見て左右に振れるのがわかると思います。

ここで1番ロー側のスプロケとプーリーがすべて一直線になるように調整をします。


調整し終えた後はディレイラーを動かしてあげながら、絶対にどんな動きをしても(ケーブルよりもディレイラーを直接押したほうが激しい動きができます)それでも絶対にチェーンが落ちないことを確認します。

この段階でチェーンが落ちる事があればトップローアジャストボルトの調整が不十分だったと考えられます。

こちらをご確認いただき再度調整をします。
リアディレイラー調整 中級編 トップ・ローアジャストボルト 動画更新




指で押そうが、激しく動かそうが絶対にチェーンが落ちなければ後は微調整です。

1段ずつ変速をしながらケーブルアジャストボルトを回していきます。
この段階まで来たらグリングリン回す必要はありません。
1回転、半回転、1/4回転と回して微調整をします。


ポイント シフトアップがだるい場合 → しめこむ
      シフトダウンがだるい場合 → ゆるめる

シマノの公式の方法だと、ロー側2番めに入れてシフトダウンのレバー操作をカチッとなる寸前で音鳴りがして、変速が起こらない程度の張り、そんなことが書いてありますね。

※最終的には実際に乗りながら1/4回転(1ノッチ)づつ調整を繰り返します。



これで調整ができない場合は・・・
text3903-2
ということです。


ハンガー曲がりは変速の異常につながりやすいです。
5mmぐらいは平行がずれていても変速に問題がない場合もあります。

また結構多いのが、11速の小さな音鳴りが消えないということです。

11速は各所のクリアランスが少なく10速や9速よりも繊細な作業が求められます。

ケーブルの潤滑、取り回し、スモーパーツの使い方、組み方、この辺りを少し変えるだけで結構変わったりもします。
長年悩み続けていた小さな音鳴りが、ピタッと消える、、、ほんのちょっとしたことで変わる場合が結構ありますヨ。

ということでリアディレイラーの変速調整、何が何でも変速させたい!そんなときに少しはお役に立てるかもしれない、変速調整方法の更新をしたよっていうお話しでした。


どちらかは持っていたないとメンテナンスが大変だと思います。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

MINOURA DS-30BLT メンテナンススタンド
価格:1470円(税込、送料別) (2016/7/21時点)




★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

フロント・リアディレイラーの変速の基本

フロント・リアディレイラーの調整とか結構なボリュームの記事を作っているわけですが、、、ナンデまた?という方もいらっしゃるかもしれません。

(`Д´)/シツケーヨ

っということで本日はリアディレラー・フロントディレイラーの基本構造を理解する。というところです。

これが理解できれば調整が楽になること間違いなしっ!、、、デス! タブン、、、

▶リアディレイラー

 
▶フロントディレイラー


これを見ていただければわかるかと思いますが、ディレイラーの動きは基本的にリアもフロントもあくまでもまっすぐ行ったり来たりするだけです。

リアはチェーンテンションを調整するための機構がついていますのでチョット複雑っぽく見えますが、そこは今回はあまり深く考えないほうがいいでしょう。

これがついていないと歯数を小さくしていくとどんどんチェーンがたるんでしまいます。逆に歯数が大きくなればなるほどチェーンがパンパンに、、、

すこしお話はそれましたがお話しを戻します。

※11速は枚数が多いので少々簡略7枚に変更です。
image2993
ディレイラーは前後ともにですが、チェーンをギアから【脱線】させるものです。

チェーンをギアから脱線させることで【変速】をするものです。

これがいわゆる【変速の仕組み】です。


ここまででフロント・リアディレイラーと言うのは行ったり来たりしながらチェーンを脱線させるもの、ということがおわかりいただけましたでしょうか。



次に重要なのは【振れ幅】です。
rect5239
これはフロント・リアディレイラーともにトップ&ローアジャストスクリューとか、アジャストボルトとか調整ボルトとか言うもので調整します。
★前後ともにディレイラーで調整します★

【どこからどこまで動いていいですよ】という限界値の設定です。
image5260
※参考画像

ディレイラーは基本的にギアから脱線させるものですので、この限界値の設定(リミット制御)がうまく言っていないとギアを飛び越えて変速、、、(と言うかチェーン落ち)を引き起こしてしまうことになります。

ですのでこの稼働幅の限界値の設定はとても大切ということです。


で次は【レバーの働き】についてです。
rect5838

※フロントトリムの動きはレバーの種類によって差があります。
 11速はアウター→インナー時にトリム位置で止まる等。

緑の枠内のレバー操作で動く幅を【インデックス】と勝手に名づけます(笑

【インデックス】はレバーによって完璧に制御されており、現在のケーブル引きのシマノ デュアルコントロールレバーでは変更が不可能です。


要はレバー 一回の操作でどのぐらいの幅で動くかは変速の段数によって違いますが、コントロールレバーによって決められているということです。


ここまでのお話しをまとめます。

【リミット制御】と呼ばれるトップロー調整ボルトの働きはフロント・リアディレイラーが実際に物理的に動くことができる範囲を決めるものです。

このトップロー調整以上には壊れでもしないかぎり動くことは基本的にできません。

ケーブルで引っ張っても解除しても、手で直接動かしたとしても設定以上は動かないようになっています。


そしてコントロールレバーも同様にあらかじめ決められた引き・解除幅(1回の操作でどのぐらい動くのか)でしか動くことはできません。



ケーブルの張り調整について
rect6199
上で書いたようにレバー操作でのケーブルの巻き上げ量は決められています。

ケーブルが張っていない時はリアもフロントディレイラーも同じく【バネの力】で全解除位置【スタート位置】に戻るようにできています。
もちろん不意な事故やトラブルでケーブルが外れた・切れた場合もこの位置に戻ります。

この構造が理解できれば、ケーブル交換の時などに
【ケーブルを張って操作をしてもディレイラーが動きません。レバーが軽く動くだけです】
というのがなぜ起こるかわかるはずです。

単純にケーブルの張りが足りないだけですね。


また【初期伸び】が出てくるとどうなるのかというと、、、
ケーブルが伸びてくるわけですから、当然ケーブルの張りがゆるくなる状態になります。

【ゆるくなる=張りが足りない】なので大レバーを操作してもレスポンスが悪かったり、うまく歯数の大きいギアに移動しないなどの現象、また音鳴の原因となります。


ケーブルアジャスターでの調整はこの予め前後ディレイラー側で決められた【振り幅の限界値】のなかで、コントロールレバー側で制御される巻取り・解除幅をずらしていくことが調整となります。
image6248

※リアはディレイラーにケーブルアジャスターがついておりますが、フロントはもともとついていません。
 フレーム下にアジャスターのついていない車種(主にケーブルがフレーム内を通る車種)は必ずハンドルバー側にアジャスターを噛ませて下さい。これがないと微調整ができません。

rect6681
消してトップロー調整ボルトで決めた幅(リミット幅)以上は動くことはできません。

ですので、張りが緩ければ何回かレバーを操作しないとシフトダウンができません。
逆に張りすぎていれば歯数の少ないギアに入らないなどの現象がおきます。


この予め決められたインデックスを適切な位置に合わせるということがケーブルアジャスターでの引き・張り調整ということです。


この構造が理解できていれば前後ともに変速の調整で迷うことは少なくなると思います。

これでもしっかりと変速調整ができない場合、、、機材が原因の場合があります。

代表的な機材不良は【ディレイラーハンガーの曲がり】があります。

スプロケはホイールと平行であり、リアディレイラーのガイドプーリーも平行に動かなければいけないのですが、リアディレイラーの取り付け位置が曲がってしまうため平行に動かずに不具合が出る場合があります。


その他も色々な原因があります。

特に段数は増えれば増えるほど変速の調整がシビアになります。

RD6800で1ノッチが1/4回転なんですが、この1/4回転で異音や音鳴が解消されることが良くあります。


フロントディレイラーもリアディレイラーもケーブルアジャスターはあくまでも【微調整】をするものです。

ケーブルアジャスターの限界に行くほどグリングリン回すものではありません。

そんだけ回さないといけないということはもともとディレイラーにケーブルを固定する時点で張りが足りないということです。


ケーブルアジャスターが固くて動かない場合は、、、
上の画像の全解除の位置(フロントインナー・リアトップ)の位置で回してみてください。

ケーブルがパンパンに張っている(フロントアウター・リアロー側)で回そうとしてもケーブルが張っているの固くて当然です。
そんなときは構造を理解してケーブルの張りがきつくないところで回してあげれば回せるでしょう。

待ちがっても固いからといってペンチで無理やり回したりはしないで下さい。ネジ切りの限界を超えて回せば多分壊れます。


ワタクシ自身も全く右も左もわからなかった頃はケーブルの固定力も適当にやっていたもんですから悪循環にハマリましたね。

1.ケーブルの張りがどの程度なのかわからない
2.とりあえず固定と解除を繰り返す
3.ケーブルがほどけてきて、切れてくる 

w( ̄Д ̄;)w

アワ・゚・(ノД`;)・゚・アワ

まぁこうなっていたわけです。


そもそもケーブルの固定は変速調整の段階では【ずれなきゃいい】わけですからそんなんにケーブルがちぎれるほど強く固定しなくてもいいんです。

しっかりと張れて次調整後に増し締めを規定トルクですればいいわけですね。
しかしシマノの規定トルクで締めると二度と再利用したくないほど潰れるんですが、、、固定を外したら変えろってことですか?


と変速ネタ繰り返しになりますが、色々な説明方法でひとりでも多くの方にご理解いただければ幸いです。

もっともっと突っ込んだところまで色々ありますし、トラブル対処も、、、そこはショップの腕の見せどころですね。良いショップはいいノウハウを持っています。

ということで変速の基本のお話しでした。



★フォーマルハウトは当店オリジナルたサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★



↑このページのトップヘ