えふえふぶろぐ

ロードバイクのパーツインプレから、メンテナンス等ロードバイクを中心に自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。
サイクルウェア・パーツ類は楽天ページへ、メンテナンス・整備のご相談はFF-Cycle店舗までお気軽にお問い合わせ下さい。

タグ:ロードバイク

ロードバイクで悪路や荒れた路面を走る際の注意点舗装路とは言え、きれいな路面だけではありません。荒れた路面はひび割れだけではなく、陥没や段差・隆起、コンクリートに大きく口を開けた超絶危険な穴ぼこ、残念ながら少なく有りません。それは一般的な道路でもありますが ...

ロードバイクのサドルを選ぶ時の話サドル選びは家中がサドルになるぐらい深みにはまる、サドル沼という言葉があるぐらい大変なことになる場合があります。なぜかと言うとものすごく単純なお話で、”痛いのはつらい”からです。ロードバイクに乗る上でワタクシ自身も経験した ...

どこまでできる?身につけて損はない4つのロードバイクのスキル・テクニック自転車は多くの方が子供の頃に練習をして乗ることができると思います。しかしロードバイクとなると普通のママチャリとは少々違ったスキルが必要になる場合が多々あります。ワタクシも基本的には極力 ...

夏本番!真夏ライドの暑さ対策 必須アイテム3選夏です。真夏到来で、かなり暑いです。暑熱順化も済んで暑さに慣れていたとしても、真夏のライドは熱中症の危険と隣り合わせです。今年は梅雨が長く、暑さは遅れて、そして突然やってきたような感じがします。個人的には寒いよ ...

ロードバイクのハンドル幅 404mm→380mmへと変更した影響は??第1段はこちらから。 先日ハンドル幅を420mmから380mmに交換致しました。 とは言っても実際に40mm狭くなったわけでは有りません。サイズ表記方法が変わりましたので、ブラケット部で24mm、ドロップエンド部で20m ...

ロードバイクのポジションを調整するときの5つのポイントロードバイクは体に合わせてポジションをかなり細かく調整できるようになっております。専用のフィッターさんや、メーカー独自のフィッテイングサービスを行おうもよし、また自分で調整を行うこともものすごく時間はか ...

トレーニングをしているのに速くならない?、タイムが出ない原因とは!?日々一生懸命トレーニングして、練習して、、、さぁ!タイムアタックだ!と言う時でも初心者の頃、自転車の乗り始めであったり、ちょっと気合を入れて自転車に乗り出した頃、自分でも驚くほど速くなる時 ...

ロードバイクのカーボンハンドルの良さ 経験者がカーボンハンドルを語るカーボン製のドロップハンドルです。現在販売されている多くのドロップハンドルがありますが、素材は大きく分けて2種類、アルミとカーボンです。もちろんメリット・デメリット双方あります。そして今回 ...

ロードバイクの雨ライド(ウエット路面)での注意点 一年の中でもあまり好きではない時期が来てしまいました。そう、梅雨です。真冬の雨よりかはまだイイですが、それでも雨はあまり好きではありません。先週末もがっつり雨、そんな時は、、、そうゆっくりと休むです(笑) ...

安全のためのロードバイクのブレーキングと急制動ロードバイクで速く走る上でとても大切なスキルの一つです。ブレーキングは速く走るためだけではなく、安全に走るため、また事故を回避するためにも大切なスキルです。しかしです。その安全のためのブレーキングが原因で転ん ...

パンクの原因から探るロードバイクのパンク対策パンク、それはロードバイクの否、タイヤが付く乗り物からは切っても切れない問題デス。。。それでも昨今のチューブレスレディの普及で普通のパンクであればそのまま走り続けられたり、一瞬で空気が抜けきることが少なくなった ...

ロードバイクのホイールリム幅と使用可能タイヤサイズ最近はワイドリム化が進んできて、一昔前のロードバイクといえば700×23cとかという基準は、、、というか現行のホイールはほぼワイドリムと言ってもいいぐらいのワイド化の流れにあります。そこで今回はロードバイクのホ ...

ロードバイク洗車のコツやポイントを解説+++大規模更新致しました。++++ロードバイク、常にきれいにしておきたいものです。最近では水無洗車の心強い味方の便利なケミカルも多数発売されております。 ちょっと下汚れに便利に使う事ができるだけではなく、水無し洗車の ...

ロードバイクのロングライド  単独で100kmを走るために 100kmです。100kmといったら、お店のある千葉から東京の端っこの方までいけます。。。とんでもない距離です。それでも100kmとかロードバイク乗りの中ではそこまで長い距離ではないという感覚自体が少々、、、(笑)と ...

GCNの風洞実験 エアロダイナミクス効果関連記事はこちらから。 4回に渡って記事にしてきたSwiss Side社のエアロダイナミクスのお話です。今回はSwiss Side社から少し離れて、GCNの風洞実験です。GCNもSwiss sideと同様に25km/h、35km/h、45km/hでの風洞実験を行った動画が ...

【第3弾】SWISS SIDE社によるエアロダイナミクス効果第1弾はこちらから 第2弾はこちらから 前回に引き続きエアロダイナミクスです。Swiss Side社はの実験通常の空力テストでよく言われる40km/hよりも少々控えめで、35km/hがベースとなっているようです。この点はワタクシ貧脚 ...

0から始めるロードバイクでスタンディングスティル練習方法***************************本記事は過去記事をパワーアップ、更新をさせていただきました。***************************ロードバイクでスタンディングステ ...

Strava分析 世界最速のバイク TOP20!!今回はCycling Tipsで面白い記事を見つけたのでご紹介です。”世界最速のバイクは?”(ストラバ上で)とても面白そうな記事です。だいぶ語学力が足りないところが多々ありますが、頑張って訳してみようと思います。ということ今回はSt ...

ロードバイクのちょっとした汚れ ~ブレーキの清掃~本当は洗車をしてまるまるきれいにしてしまうので良いのです。しかし全部洗うほどでもない、、、それでもどうしても気になるところが、、、そんな前回のお話はこちら 前回は主にフレームとホイール周辺のお話でした。今回 ...

ロードバイクのトレーニングは高強度短時間か?低強度長時間か? メリット・デメリット最近の流行りは、、、というとやはり短時間高強度トレーニングが注目されているようなイメージです。タバタが代表的なHIIT(High-Intensity Interval Training)を始め、短時間で完結する ...

↑このページのトップヘ