えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:初心者

ロードバイク初心者向け 購入前相談 エントリーグレードのロードバイク選び


ロードバイクの初心者の方がロードバイクの購入、、、どうしよう。。。

いろいろなお悩みがあると思います。

ロードバイクって安い買い物ではありません。

ママチャリが1万円で買えるこのご時世、たかがチャリンコに10万~、、、 

多分奥様にギロッと睨まれてしまうのはロードバイクの価格帯を知らないと、当然の反応なのかもしれません。


ということで情報が溢れかえっているこのご時世、今回はロードバイクの購入前相談、ソレってウソ・ほんと?とかよくある情報をワタクシなりにいつものごとく独断と偏見いっぱいに検証して少々高いお買い物のお手伝いをさせていただこうと思います。





早速本題へ、今回は寄り道、脇道、分かれ道、、、フラフラしながらお話しを進めていこうと思います。


▶まずは予算設定

まずは予算を決めましょう!予算が青天井なんて羨ましい限りでございます(笑

1台目のロードバイクであれば、15万円以下ぐらいの設定が良いと思います。できれば10万前後!

ロードバイクは購入後も消耗品・ウェア・メンテナンス用品等結構お金がかかります。

ということは予算ギリギリカツカツのものを選んでしまうと実際に車体が家に来てからアップアップになってしまうことも。。。ある程度余裕を持った予算組がいいと思います。

詳細はこちらで。。。
初心者の方必見 ロードバイクに必要な物


少し具体的に行きますよ。

▶初心者向けのフレームはだめなのか?

ものにはよりますが悪くありません。

怪しげな某オクとか偽物を疑われるものとか、メーカーがワケワカラン物とかは最初はやめたほうがいいです。



▶初心者向けフレームの特長

・良くも悪くも頑丈(重い)

→多少重量が重くなってもいいので製作コストが安くなります。各メーカー上位機種からの技術をフィードバックしたり、なおかつ重量の制限が上位機種よりも甘く作れます。

多少重いですが、フレームの強度、剛性的にはエントリーグレードが1番頑丈というメーカーもあります。

初心者のうちは転んだり、倒してしまったり、、、色々なことを経験する時期でもあります。

そんなときに一発でぶっ壊れちゃうものよりもしっかりとロードバイクの楽しみを味わえる物。そんなものがやはりワタクシはおすすめしたくなってしまいますね。

最初の頃はいっぱい転んで、いっぱい怪我して(しないことにこしたことはありませんが)、それでも楽しくて、、、そんな思い出をいっぱい作れる相棒がいいと思いますヨ。


高いフレームは頑丈!←これは見方によってはウソってことです。



整備の面から見てみます。

比較的安い車体のほうが整備難易度が低い傾向にあります。

最近の傾向として【シフトケーブル、ブレーキケーブルがフレーム内を通る】こんなフレームが増えてきています。

これはいいか悪いかといえば、、、ワタクシはあまり好きではありません。(-。-) ボソッ

寧ろ整備性がとても悪いし、整備の初心者の方にはおすすめしづらいものです。


しかし、しかしデスヨ、、、今後の流れとしてどんどんケーブルの内蔵化は進んでいくと思います。

実際にいじって、触って、ぶっ壊して、、、それをしないと整備を覚えられないこともあります。

内蔵式のフレームのための技術は内蔵フレームをいじらないと身につかないということです。

苦労して苦労して自分なりに最高の方法を見つけていくためには、昨今のケーブルのフレーム内蔵化が進む中では避けて通れない道であるということです。

・出口が鬼のように狭ければどのように通したらいいのか?
→ライナー菅を使う。

・もしも抜いてしまったらどうする?
→掃除機?(笑

・初期伸びは
→レバー操作。。。ディレイラーを、、、、

こんなコトを悩みたくなければ、ケーブル内蔵のフレームは避けたほうがいいでしょう。

逆に挑戦したいドMの方は内蔵式フレームでもいいと思います。

また「整備は全くお店にお願いしちゃうぜ!」
そんな場合はどっちでもいいと思います。少々工賃が高くなる可能性はありますが、、、


▶フレーム素材

フレームの素材はエントリグレードでも最近はカーボン製のものもラインアップされています。

もうこれは御存知の通りですが、カーボンの利点です。

・錆びない
・軽量
・乗り心地がいい

なんてことがよく言われています。

大体間違いはありませんが、場合によっては鬼のように硬いカーボンもあります。

→エントリーグレードのフレーム素材

・フルアルミ
・フォークのみフルカーボン+アルミフレーム
・フォークのコラム部のみアルミ、その他カーボン+アルミフレーム

一部にカーボンをつかって乗り心地を良くしたり軽量化を狙う場合もあります。

値段はカーボン部分が多くなればなるほど高くなる傾向にあります。


どのように選ぶかというと、お財布状況と使用状況をよく考えるのがいいと思います。

カーボンは軽量で耐腐食性に優れますが、ぶつけたりする衝撃には弱い傾向あります。

駐輪場に止める機会があるような使い方であれば多少重くても頑丈なアルミのほうがいい場合もありますし、重厚なカーボンは下手したらアルミよりも固い場合も、、、ケースバイケースでしょう。

しかしエントリーグレードのカーボンは結構分厚く頑丈に作られている場合もあります。

どのぐらい耐えられるかというと、、、種類によってまちまちです。。。




▶初心者におすすめコンポーネント

これは2つの面から見る必要があります。


→実際に乗ってみるとどうなのヨ?

SHIMANO製のコンポーネントは本当にいいです。

SORAだってTiagraだって整備次第ではガンガンゴンゴン変速できます。


→メンテナンス性

メンテナンス性を考えればすべてシマノ製であることをおすすめいたします。

ワタクシはロードバイクの楽しみはいじることも楽しみの一つだと考えております。

自分で実際にいじるとなるとシマノ製は小さなパーツの入手から、整備性に至っても非常に勉強になります。

クランクだけ社外製であったり、ブレーキだけ社外製の完組車はよく見かけますが、おすすめはコンポーネントがすべてシマノ製であることがいいと思います。
(価格を抑えるために一部を社外品に変えることはよくあることです。)

グレードは如何に?というお話しですが、ソレはSORAでもTiagraでもいいと思います。

クラリス以下になってしまうとBBの規格が変わったり少々めんどくさくなりますのでやはりSORA以上がいいと思います。(現行グレードのお話しです。適合にはご注意下さい。)


ちなみに整備性は原則リア段数が多ければ多いほど難易度が上がっていきます。

11速>10速>9速>8速

許容範囲が狭いということです。


▶コンポは105以上でなければだめ!

→誰が言ったんだか知りませんが、現状のコンポを見て・触って・いじってみてば、【その限りではない】ことがわかると思います。

一昔前はそんな感じはどうしてもなくなかったこともなくもない(←何だそらッ)のですが、現在はその限りではありません。

まったく個人的な意見ではありますが、寧ろSORA以上であればいいと思います。

整備のお勉強というところから見ても、問題なく使えると思います。

・・・SORAコンポの普段使いのカゴ付きを一台作りたいなぁと考えております。( ̄ー ̄)






▶エントリーグレードのバイクの価格は?


エントリグレードのロードバイクの価格は似たようなコンポーネントを使っていてもメーカーによって10万円のメーカーもあれば15万円のメーカーもありますね。

具体的に何が違うかというと、生産体制とネームバリューのようなところがあるように思えます。

同じような装備でも、一流メーカーの名前を入れたり、@@の監修と付けば高額になることはロードバイクだけではなくて、よくあることです。家電なんかでもよくあります。

コスパが良いと言われている某G社のロードバイクは確かにコンポーネントや装備を見ればいいのかもしれません。


▶エントリグレードのおすすめポイント

ワタクシだったら、、、ということのまとめです。

・コンポーネントはSORA以上
・クランクも含めてシマノで統一。
・ブレーキはBR6800に交換してしまうのでなんでもいいです。

(お金が無ければシューのみ船付きへ交換です。)
・ホイールもRS21に交換するのでなんでもいです。
(少々重いですが、しっかりと進むホイールです。)

あとは
・見た目が気に入るか?
・サイズがあったものがあるか?
・実際に見て触って確認できるか?

こんなことが重要なポイントです。

実際に見てみると思いの外印象が、、、そんなことはよくあります。



▶2017おすすめバイクは?


Bianchiですみませんm(_ _)m

SORAグレードの2017モデル【ニローネさん】です!

2016年モデルよりも値下げされています。

更には新型ソラがインストールされています。

フォークは一部カーボン・ケブラー。

もうこれしかありません。

少々重さはありますが、ある意味最強のバイクです。

ワタク氏自信保有しておりますが、最強です。

激しい落車にも耐えられる屈強なフレーム、それは衝撃にもと良いという意味ですし、実際に乗った感じのフレーム強度もものすごくつよく、ものすごく素直なフレームです。
(絶対に壊れないというお話しではありませんが、かなり頑丈な分類に入ると思います。)

中部地方某山にはこれでものすごいスピードで上がっていく鬼が出るとかなんとか、、、(笑


Bianchiでエントリーグレードだったらこれだったら10万円ちょっと!そしてNironeは何よりロードバイクの楽しさを存分に味わうことができます。

ニローネでこれよりも下のグレードだと【クラリス】になってしまうので、最低このグレードがいいでしょう。

余裕があればTiagraグレードや、105グレードも!

楽天でBianchi Nironeを探す

IMAG0947
Nirone・・・かっこいい、、、、

ということで最後はかなりの個人的主観がはいってしまいましたが(笑、初心者の方向け、エントリグレードのロードバイク選びというお話しでした。

ワタクシは初心者ではありませんが、ニローネはもう一台欲しいぐらいいいバイクです。

散々おすすめしてあれですが、Bianchiでなくてもご自身が気に入ったメーカーで「かっちょいい!」と思える、そして最低限の装備のバイクを見つけて実際に見てみる!これがエントリグレード・最初の一台のバイク選びで大切なことかと思いますヨ。

焦らずゆっくり自分の納得いくものを選ぶのがいいでしょう!


★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

 

初心者の方必見 ロードバイクに必要な物
 

初心者の方、もしくはこれからロードバイクを始めてみよう、という方必見です。

「ロードバイク買ってみようかなぁ、」

「ロードバイクを始めてみたいけど、どうしたらいいんだろう。」

もちろんロードバイクでなくてもOKです。

街乗りもしたいクロスバイク、おしゃれに決めたいミニベロだって立派な自転車です。

ということで今回は初心者の方の疑問にズバッとお応えいたします。





▶ 自転車って何が必要なの?

まずは肝心要の車体選びです。

ロードバイクですと大体8万円~上は青天井です(笑 

初心者でママチャリからのステップアップは【デザインが気に入ったもの】、で十分ではないかと思います。

★POINT【かっこいい】と思う物を選びましょう★

ネットショップでは2万円とか3万円とかでロードバイク風の自転車が売っています。
、、、どこのものとは言いませんが、じゃあ何が違うのかというと、

こちらに詳細があります↓↓↓
初心者必見!激安ロードバイクの徹底解剖

できれば初ロードバイクはネット通販は避けたほうがいい理由が2つあります。

①安全のためです。
イ@ンバイクやア@ヒさん、@’sさんやセ@さんでもで安いもの売ってますからね。
そういったところのほうが安全です。

整備も自分で最初から全部をやるのは不安ですからお店で買うのがやはり安全ですね。

整備不良の自転車ほど怖いものはありません。

②実際に見てみると印象が違うことも

ディスプレイでは伝わりきれない色合いであったり、細部のデザイン等。。。こればかりは実際に近くで見てみると印象がだいぶ変わることがあります。

まずは物をしっかりと見れるというところからも在庫としておいてある実際のものを見てみる事ができるというのが実店舗の利点でもあります。

まぁこの辺は後日詳しく記事を作りますのでサラッとだけです。





では車体以外では必要な物を見て行きましょう。


▶ 整備用品
 
最低限ロードバイクに乗るために必要なものです。

必要度 ★★★★★ フロアーポンプ(空気入れ)

ロードバイクやクロスバイクでは通常のママチャリ用の空気入れは使えないことがあります。
バルブ(空気入れ取り付け口)が違います。
 
「フレンチバルブ(仏式バルブ)」対応のものを買いましょう。

★POINT 空気圧計付きのものにしましょう。

2000~3000円ぐらいで買えます。

値段によって何がそんなに違うかというと、バルブ口の取り付け方が楽だったり、空気が漏れにくかったり、ポンピングが軽かったり、、、色々ありますが、2000円ぐらいのものでも普通に使えます。

おすすめは【空気圧計】が見やすくそこまで高くないもの。これがいいでしょう!!
何かと最初はお金がかかりますからね。
 

◎空気入れの方法についてはコチラで◎

AZのKM-001で決まりでしょう!個人的におすすめNo1です。
 
お金に余裕があれば高いものでもOkですが、最初は何かとお金がかかります。抑えられるところは押させましょう。
★POINT サラサラの油のほうが汚れを寄せにくく、更に洗浄も簡単でメンテが楽です★
最低限必要な工具はアーレンキー各サイズとプラスマイナスドライバーです。

最初はホームセンターとかのもので十分です。

アーレンキー 1.5~10まであれば十分 セット 1000円位





プラスマイナスドライバー 各300円位

詳細はこちらのリンクで↓↓↓
初心者必見 ロードバイクの整備のための工具


 
必要度 ★★★★★ ボロ布

お古の綿100%とかのTシャツで十分です。
使いやすいように切っておきましょう。

また100均の【マイクロファイバータオル】これは1枚あると最高に便利です。

これは本当にお勧めです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【ポイント2倍】激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入り
価格:874円(税込、送料無料) (2016/7/27時点)


まとめて買うなら100均よりもお得に!


 
必要度 ★★★ タイヤ・チューブ交換部品類
 
タイヤレバー、パンク修理キット、後々絶対に必要になります。
大急ぎではないですが、必ず揃えたい道具です。

タイヤレバー 500円
なれるまでは結構使うかもしれません、慣れればなくてもなんとかなってしまう場合もあります。


パンク修理キット 100円
パンクの修理に使うのはゴムのりとパッチです。
100均のものではできないかと言われると、、、少し頭を使えば修理できます。
出先でのパンクの修理用に張るだけでできる、携帯用はあったほうがいいと思います。
 



替えチューブ 600円~
安いもので一本あると心強いです。



 
必要度 ★★★★★ スタンド
 
ロードバイクはスタンドがついていません。

家の中に保管するにしてもスタンドは必要です。
お勧めはリアのハブ軸を挟み込むタイプ。

後輪も回せるようになるので整備にも使えます。

整備の必須アイテムですね。

2000円ぐらい

あとは必要に応じて

【プライヤー】【ワイヤーカッター】【パーツクリーナー】【洗車用洗剤】等必要に応じて揃えていけばいいでしょう。

詳細はこちらのご確認下さい↓↓↓
初心者必見 ロードバイクの整備のための工具



▶ 自転車装備

実はロードバイクは購入するだけでははりない装備があります。

 
必要度 ★★★★★ ペダル (ないと乗れません)

そうです。ペダルです。通常のロードバイクはペダルがついてません。

「自分で好きなものを買ってね!」とでも言わんばかりの不親切さ。
最初からビンディングペダルにしてしまいましょう。

最初は怖いからといった理由でビンディングを使わない場合がありますが、ロードバイクですとビンディングがすぐにほしくなります。

詳細はこちらで↓↓↓
ロードバイクの登竜門!? ~ビンディングペダルのすすめ~

リリース(外す)のが軽いモデルであれば慣れの問題もありますが、すぐになれるでしょう。


フラットペダルがほしい、ということであれば三ヶ島製MKSペダルを買っておけば間違いないです。




必要度 ★★★★ サイクルコンピューター
 
これは間違いなくあったほうがいいです。

ケイデンス(ペダルの回転数)、スピードの2種類が計測できるものがいいです。

スピードのみの物もありますが。ケイデンスは必須です。

心拍計は後付でもできるモデルも有ります。最優先すべき物はやはりケイデンス、スピードですね。


これは少々画面は小さいですが、必要最低限のスピード・ケイデンスなどがはかれます。

しかも壊れにくいってところが何よりです。


必要度 ????? ライト
 
夜間、夕暮れ時、早朝に走ることがあれば絶対必要でしょう。

最低でもCATEYEのHL-EL540RCはあるといいでしょう。
 
難点があるとすれば少々重たい。。。



ジェントスの閃なんかも評判がいいですが電池式なのでランニングコストがかかります。

エネループなんかでもいいでしょうがあれ意外と高いです。

大本命はキャットアイのVOLT400です。こいつはいいですね。

下手な原付のライトよりも明るいです

と思っていたらほとんど値段が変わらなくなっております。。。

もうVOLT400一択かもしれません。


必要度 ★★★★★ ベル
 
条例で義務付けられている場合があります。つけておけば問題ないでしょう。100円~

詳細はこちらにあります↓↓↓
ロードバイクと道交法 ~自転車に必要な装備~ ベル等

 
 
必要度 ★★★★ 反射器材
夜間やトンネル内の走行時に必要となります。

テールライトをつけない場合はつけておかないとトンネルも通れません。

おまけでついてくる場合多数あり。



必要度 ★★★ 携帯工具、パンク修理キット携帯用のケースまたはバッグ

サドルバッグかツールケースです。

出先でのパンクに備えてですね。

特に田舎のほうなんかでパンクすると絶望的です。

常にパンクに備えた装備を持っていたほうがいいです。

乗り始め近所10㎞ぐらいであればなくても最悪おして帰ってくればいいでしょう。

もしくは自転車屋さんに駆け込むのもありです。

距離を乗るようになれば必須の装備です。
できれば2個づつ欲しいですが、最初のうちは1個でも大丈夫です。

キャップ等はついていなく片手でさっと飲めるようにできています。

乗車したまま補給できるように最適に作られています。

サイクルボトル用のボトルケージはペットボトルは入れると落っこちます。

サイクル用のボトルの方がちょっと太めにできています。

またボトルには【保冷ボトル】と【通常のボトル】があります。
保冷ボトルは1時間ぐらいは冷たい感じがあります。
しかしそこまで強力な保冷力はないです。
要は、そんなに長い時間ボトルに入っていることは想定されていないのでしょう。

1本560mlぐらい入りますが、1時間に摂取する量はもっと飲んだ方が良い場合が多いからです。

ボトルケージの種類は2種類。

筒状になっているものと、筒状になっていない物があります。
最近はのボトルケージに色々なものが差し込めるように便利グッズがでています。

グルっと筒状のタイプだと太さがちょっと太いと入りません。

汎用性の高いのはやはり筒状になっていないホルダーがいいでしょう。
安定のPOLARのボトルです。
キャップ部はもちろん【白(透明)】一択です。

詳細はこちらにて
サイクルボトルの飲み口は白をおすすめするわけ


Amazonで【ボトルケージ】を探す


 
自転車装備はこのぐらいでしょう。
 
▶ 身に付けるもの
 
必要度 ★★★★★ ヘルメット

備えあれば憂いなし。ヘルメットは被りましょう。
ただかぶるのではなくてあご紐をきちんと調整してかっこ良く安全にかぶりましょう。

特に初心者の頃は特に落車が多いです。
また慣れてきたころも実は結構落車しますね。
当然顔は守られませんが、主に【側頭部】【後頭部】の保護になります。

ロードバイクやクロスバイクはママチャリとは比べ物にならないほどスピードがでます。
40km/h 50km/hでコンクリートと勝負して勝てる頭はないでしょう。
頭部の擦り傷はハゲが残りますよ。
安いものでは4000円ぐらいからあります。

これ実はヘルメットは金額と安全性はあまり関係ないということです。
あまりにも安すぎるものは不安がありますが、メーカーものであればいいです。

金額の差はネームバリューであったり、軽量化であったり、デザイン、機能性の違いです。

ワタクシの愛用中は【きのこ】になりにくいカーマーデス。
かぶり心地、、、いいですヨ。




必要度 ★★★★ サイクルウェア
 
ぜひ初めてのサイクルウェア選びは当店をご利用下さい。
専用ウェアの良さを実感して下さい。
 
当店はこちらより
少々宣伝してしまいました。。。
 
特徴は普段着よりもピタッとしたデザインです。
ボトムスはまるで【タイツ】、トップスは【チビT】ですね。
 
アイウェアもおすすめします。
 
私自身先日もアイウェアをつけてはいましたが、目に異物が入りひどい目にあっています。
専用のアイウェアは速くないとカッコ悪い、とか本気っぽいとかありますが、安全のためにつけているということでいいと思います。
【アイウェア】ですからね。



▶ その他
必要度 ★★★★★ 自転車保険
もうこれはほぼ必須ですね。

絶対に入りましょう。

車の保険の特約でつけれたりします。(交通乗用具特約など)

月に何百円かで手厚い保証を受けられます。

不慮の事故で人を傷つけてしまった場合はもちろんのこと、自分の怪我にも使用できるものもあり、万が一の時に非常に役に立ちます。

注意点は競技中の事故には対応できないころが多いです。
競技の際は別途保険に加入しましょう。

繰り返しになりますが、保険は必ず入りましょう。




とざっと見積もって、ロードバイクを始めるにあたってはこんな感じに結構【サイドメニュー】でもお金がかかります。+2万円ぐらいでしょう。

一気に揃える必要はありませんが、徐々に重要度の高いものから揃えていくといいと思います。

しかし私の経験上【ヘルメット】【保険】は何よりも優先させたほうがいいです。

自転車は乗っていればタイヤもどんどんなくなります。

消耗品はどんどんだめになります。

そこで抑えられるとことは抑えて、掛けるところにお金を掛ける。

これが最大のPOINTだと思います。

例えば1番ケチってはいけないパーツはタイヤです

走ることももちろん、コーナーリング、ブレーキング全てにおいてタイヤがダメだと全部ダメダメです。
ということで初心者の方にもぜひおすすめしたい当店のウェアでコストを抑えてどんどん走りこみ、ロードバイクを楽しみましょう!
ということではじめての一歩というお話でした。


パーツ選びに迷ったら↓↓↓

結構お特に変えるときも!日本語対応デス!


★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

初心者必見 ロードバイクを買おうと思ったときに見るお話し

まぁ別に実際に買わなくてもいいとは思うのですが、、、
なんだかこんなスペック表とかジオメトリーとか眺めているだけで楽しくなってしましますね。ワタクシは変態でしょうか? 

各メーカー色々な書き方をしておりますのでとってもいやらしい目線でスペック表を読み解いていこうと思います。

早速本題へ



ビアンキ公式ページより、Sempreプロのデータを拝借いたします。

image4285

http://www.cycleurope.co.jp/bianchi/
サイクルヨーロッパ公式ページより
http://www.cycleurope.co.jp/bianchi/bikes/road/racing/sempre_pro_ultega.html

上から順番に、

▶FRAME:フレーム カーボン

フレームの材質です。一般的な重量的には
クロモリ>アルミ>カーボン カーボンが1番軽量です。
※もちろん例外もあります。

価格的には
カーボン>クロモリ≧アルミ ぐらいでしょうか。
あくまでも目安です。

▶FORK:フォーク フルカーボン

カーボン製品は軽量で乗り心地がマイルドになる傾向にあります。
※物によってはカッチカチのカーボンもあります。

乗り心地のためにアルミフレームのカーボンフォークとかが安価なバイクではよくあるセットです。

フォークについてはコラム部がアルミのものもあります。
ですのでSempreはコラム部までカーボンでできているので、【フルカーボン】と表記になります。


▶FRAME WEIGHT:フレーム重量 990g(55size, +/-5%)


最近ではバカッ軽いモデルもありますが、一般的にフレーム単体で1kgを切れば軽量モデルと言ってもいいと思います。
基本的に軽すぎるフレームは強度の問題が出てきます。
乗っていてぶっ壊れることはありませんが、例えばころんだ、落車、ぶつけた、当りどこが悪ければ一発で昇天してしまうものもあります。

軽けりゃいいってもんでもありませんが、強度と重量は密接な関係を持ちます。

アルミの初心者向けエントリーグレードのモデルなんかはフレーム単体の重量が出ていない場合も多くあります。完成車重量で表記があります。
その場合は結構重めのフレームを使用しているということだと思っていいと思います。

完成車重量で、7kg台前半だと結構軽めのフレームを使っていると思います。
通常だとエントリーグレードのアルミ完成車で9~10kgでしょう。

個人的には1kgを切るぐらいのフレームだと「軽い!」と実感がし易いと思います。


▶COLOUR:色 チェレステ

これはもう【好み】でしかありません。
自分のお好きな色を選びましょう!

一般的にマット(つや消し)塗装が最近流行りっぽいです。汚れが目立ちにくいという利点があります。
逆につやありのモデルは指紋等の汚れが目立ちやすいですが、【ピッカピカ】に仕上げて見栄えがいいのはやはりつやがある方がきれいに見えてしまいます。
個人的にはつやあり一択です!


▶WHEEL:ホイール Vistion Team30

完成車の価格を決めるのに非常に大きな影響があります。
バカッ高い自転車はウン十万のホイールがついていることもしばしばあります。
ホイール代も結構な割合を締めているということです。

ここはフレームのメーカーとしてもホイールを仕入れてフレームにくっつけて販売しないけないので、例えば年式が違って価格が同じ、いいホイールが付いていたらお得!逆にホイールのグレードが落ちていたら実質値上がりということです。

アルミグレードの完成車だと、通常販売していないような安価なグレードのホイールが使われていたり、フレームメーカーがシマノハブなんかを使って手組みっぽい使用のホイールがついている場合もあります。
こういったホイールは一般的に【鉄下駄】と呼ばれ正に大リーグ養成ギブスのように重たくトレーニングにはなりますが、普段使いもあまりしたくないホイールかなぁと思います。

しかしホイールは好みがありますので、もっといいやつを購入予定であれば逆にやっすいホイールがついていて、完成車としての値段が安いモデルのほうがお買い得!なんて場合もあります。


PRICE:価格 ¥350,000


おおよそのプライスとして、フレーム+ホイール+コンポーネント+その他のパーツ・小物類
これで決まってきます。

詳細はこちらで↓↓↓
ちょっと不思議な業界話 ロードバイクの価格


Technology :テクノロジー UTSS
メーカーの技術はどんなことが使われていますよってことです。


image4302

TECHNICAL SPECIFICATION(技術仕様)
詳細ですね。

▶Model:モデル SEMPRE PRO ULTEGRA

フレームがセンプレプロでコンポーネントがアルテグラを使ってますよってことです。
大体どのメーカーもこんな感じでモデル名にコンポーネントの種類が入ります。

▶COLOUR:チェレステ 色



▶SIZE:サイズ 47/50/53/55/57

ロードバイク選びでもっとも大切なのはフレームサイズです。
これはもう購入店舗で相談するのがいいと思います。

手足の長さ、身長、これらから適切なフレームサイズを選択します。

基本的にでかすぎるフレームはどうしようもありませんので、本当はジャストサイズがいいのですが、どうしてもだめな場合は小さい方を選んで調整するのがいいと思います。
伸ばすことはできても、縮めることはできませんので、、、


▶FRAME SET:フレームセット

フレームセットと一般的に【フレーム】【フォーク】【ヘッドセット】この3つのことを指します。

FRAME:Carbon(カーボン)

Fork:Full carbon(フルカーボン)「コラムもカーボンよ」ってことです。
   1.5”-1.1/8" ←これはヘッドパーツのベアリング径です。
         上下が違うということは異径ヘッドってことです。
   詳細はこちら↓↓↓
   ロードバイクのヘッドパーツ 構造と仕組み

Headset:FSA Orbit C-40-ACB
    まぁ、モデル名でしょう。
    ヘッドセットのお話しも上のリンクからご確認いただけます。


▶Group:グループセットのことですね。

Shifters:コントロールレバー Shimano ULTEGRA

Front Derailleur:フロントディレイラー Shimano ULTEGRA, 34.9mm
(34.9mmというのはバンド径です。つまりバンドタイプの34.9mmってことです。)

Rear Derailleur:リアディレイラー Shimano ULTEGRA

Crankset:クランクセット Shimano ULTEGRA, 52/36T, 165/170/170/170/172.5mm
通常クランクの長さは170mmが多いです。 フレームサイズ毎にインストールされているクランク長が変わるってことかと思います。
クランク単品でFSA製とかも時々見かけますが、基本的に変速性能を考えるとシマノ製のものが入っている方がいいです。コスト?

B.B.:ボトムブラケット FSA BB-PF6000/CZ/DI2 + EE088

詳細はこちらに↓↓↓
悪評高き(?)PF30プレスフィットBB
できればJISネジ切りがいいのですが、お気に入りにフレームで規格がなければ仕方がないといえば仕方がないです。
個人的な印象としては ネジ切り>PF30>BB30 最低でもPF30。BB30は余り使いたくありません。(あくまでも個人的な感想です。)

Chain:チェーン Shimano ULTEGRA
時々、KMC純正ではないものが使われているときがあります。 

Sprocket:スプロケ Shimano ULTEGRA, 11sp 12/25T
スプロケもギア比を決める上で大切ですね。
これは12/25Tが入っていますってことです。
使いたいサイズであればラッキー!ぐらいに考えておけばいいと思います。
多分交換することになると思います。
詳細はこちらに↓↓↓
ロードバイクのカセットスプロケとギア比の選び方
 
Brakes:ブレーキ Shimano ULTEGRA

Brake Lever:ブレーキレバー Included
コントロールレバーと一体型ですね。 


▶Wheels:ホイールです。

Wheels:ホイール Vision TEAM30
いいのがついていたらラッキー!そのぐらいでしょう。
困るのは嫌いで高いホイールのときは、、、売り飛ばすぐらいしか、、、
 
前述のように交換予定があるのであれば鉄下駄でも何でもいいいでしょう。
 
Tire:タイヤ Hutchinson EQUINOX 2 700x23C
まぁ消耗品です。
気に入らなかったらどんどん走って新しいものに交換してしまえばいいと思います。


▶Components(コンポーネンツ)ですが、まぁその他のパーツってことです。

Stem:ステム FSA TEAM ISSUE 90/100/100/110/120mm
これもサイズによって長さが変わるってことですね。

ステムの長さも実際に乗っていればどんどん変わってきますので、最初のものを何年も使い続けることは少ないと思います。
カラーが自転車のカラーに合わせてあったりして最初は交換しづらいですが、一回変えてしまえば踏ん切りがつきます。合わない物で乗っている方がみっともないですからね。

詳細はこちらで↓↓↓
ステム長とアングル(角度)の影響 ロードバイクポジション調整

Handlebar:ハンドルバー FSA WING COMPACT, 31.8mm 380/400/400/420/420mm
いわゆるドロップハンドルですね。
これもサイズによって変わりますよってことです。
これも自分で選べたらいいいと思うのですが、、、

ワタクシの場合ROTUNDO以外は使いませんので、完成車外しのハンドルバーがそこら辺に転がっています。
これもカラーがバイクの色に合わせられていますが、そんなこと気にせず自分にあったものに変わっています。
FSAのウイングコンパクトって結構高いんですね。もったいない、、、

Grips:バーテープ VLT-001
ビアンキは【Bianchi】と彫りがあるバーテープですが、これもそこら辺に転がっています。
多分使う日は一生こないでしょう(笑

バーテープは消耗品ですので汚くなったら自分の好きなものに交換すればいいと思います。
 
Seat Post :シートポスト FSA SP-RK-260-SBS CARBON 31.6x350mm
これはおそらく余りかえる必要が無いかと思います。
アルミのシートポストの場合軽量や乗り心地のために変える場合もあるかと思います。

Seat Clamp:シートクランプ Michelin 36.0mm
シートポストを固定するクランプですね。
これは精度と強度がある程度しっかりしていないとよくないですが、純正品であればほぼほぼ問題のない場合が多いです。問題が出たら交換したり、細工をしたりします。
エアロ形状のシートポストを使っているものは専用のクランプでしめつけるものが多く交換は原則不可です。

Saddle:サドル fi'zi:k ARIONE R7 MANGANESE RAIL

これも結構いいものが使われている場合は勿体にパーツに含まれます。
いやぁもったいない、、、私のフィズィークは使用時間5分未満でこれまたそこら辺に転がっています(笑
折角のチェレステカラーなのに、、、orz

Pedals:ペダル

通常の完成車にはペダルは含まれません。(一部のモデルでついているものもあります) 
「好きなのつけろよ】ってことですね。


ということで完成車のスペック表を見てみましたが、1台目のロードバイクの場合はそこまで大きく気にするところはあまりないのではないかなぁと思います。
しかし2台目移行のロードバイク選びなんてもう大変な騒ぎです。
「BBが、、、」
「ケーブルが、、、」
「サドルは使わんし、、、」
「ホイールもったぇねえなぁ、、、」


それともう一つ大切なことは、年の途中でも突然【仕様の変更がある】ということです。
ちなみに今回ご紹介したセンプレプロは確か2014年初期モデルはクランクがFSA製、後期のモデルはクランクがアルテグラ、、、(アルテのがいいし!)お値段そのままに、これは良かった例だと思います。
良い方向に変わればいいのですが、逆に言えばお値段そのまま改悪、、、そんなこともなくもないということです。

購入する際は「どこは絶対に譲れない!」と言うものがあるのであれば、よくよく仕様を確認してから購入するのがいいと思います。

ちなみにセンプレプロの2017年モデルとの差はというと、、、
・ステムがFSA TEAM ISSUE→FSA SL-K
・バーテープ変更
・シートポスト変更

こんなところが2016からの変更点です。

お値段はと言うと、、、350,000→320,000円
 
微妙な仕様変更と、円高?まぁこの辺は大人の事情がありきなのでなんとも言えないでしょう(笑

そうここが大切なところなんですが、【微妙な仕様変更】ということです。
大幅な変更がないのに、3万円も安くなるんです。
ということで「新商品を待つ!」ということもありですが、逆に言えば2016モデル売り尽しも、実は2017になっても大した変更がなければただ型落ちと言うだけでだいぶお買い得に買えるということもあります。
あとは色がねぇ、、、最近のビアンキのカラーの使い方が、、、
2016モデルを売り切ってしまいたいお店としては、新しく入荷するモデルがさらに安いのであれば大幅に値引きをせざる負えなくなってしまうということもあります。

ということはロードバイクを購入するのは今の時期(9月後半~10月)がおすす・・・(´・艸・`;) ...

ということでロードバイクを買う(買うことを想像して楽しむ)ときはきちんと詳細を確認してから、オトクな買い物をしましょう!そんなお話しでした。


楽天で2016モデルセール品 ロードバイクを探す
サイクルベースアサヒさんが2016セール中みたいですね。
やはりこの時期は、、、(・∀・)イイ!!

Amazonで探す(10万~)
Amazonで探す(~10万)

MERIDA、BASSO、GIOSが軒並み大幅な値下げ中です。



まぁここはいつも安いですので、、、
おなじみにWiggleさんです。
(別途消費税等がかかる場合があります。) 


image93570


★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

 

↑このページのトップヘ