えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:洗濯

ロードバイクのヘルメット丸洗い その2 ASMAをWASH



もちろん今回の実験台はこちら!

P4133902

 KARMOR(カーマー)のASMA(アスマ)です。

なんでもリアルアジアンフィット、きのこになりにくいと言われているロードバイク用のヘルメットです。 

モチのロンのことJCF公認です。

P4133900

 JCFの公認シールが公認の証です!

 
ロードバイクのヘルメットの丸洗いです。

そもそもヘルメットって洗っていいの?

洗濯ってどうしたらいいの?


そんな疑問をお持ちの方も多いと思います。


そんな時はご心配も終わりかと思いますので、まずはこちら!

説明書を確認します。

image4166

きちんと書いてありますね。

・シンナーなどの化学材料を用いる戦場はヘルメットの損傷による機能低下の原因になりますので、絶対に使用しないで下さい。水や【中性洗剤】で洗浄して下さい。


きちんと書いてありますね。

ってことで主に洗いたいのは

【ベルト部】と【インナーパッド】です。

汚れは主にここに付きますからね。

ってことで今回の洗浄目的素材は【布地】ですね。

image4155

ドンッッッ!ビィィィズゥ!

きちんと裏側を見てみます。

 image4144

ありました。

【液性:中性】

 まったく問題なく使用できるハズです。


ということで早速ヘルメットをお風呂に入れます。。。

というところなのですが、液剤を直接かけるのではなくて、まずは洗剤を少量入れて水でよく溶かした洗浄水に、、、

【ドボンッ!】です。

 P7234244

ヘルメットって浮いちゃうので、頭を使って旨いこと沈めます。

P7234248

カーマーは外せるパッドは全部で3ピースです。

P7234245

左から

後頭部【アジャスターパッド】

前頭部~頭頂部【メインのパッド】

あご紐の余りをまとめるもの

ばらせるものはバラして【浸け置き洗い】なり、【手洗い】なり思う存分ヘルメットを入浴させてあげます。


通常サイクルキャップを被ってメットをかぶるのでメインはあご紐です。

P7234247

 ゴシゴシこすったってそんなに汚れは出ないので、あくまでも洗剤の力で汚れを分解してもらいます。

ですので、しばし5~10分程付けておいて、、、

 P7234250

十分に洗剤分を流します。


カーマーって少しだけ高いメットです。

デザインとか、通気性とかそんなことなんかよりも、、、

マジックテープがいいものを使っているのが嬉しいところです。

P7244255

通常のものよりも毛足が短く、インナーにかぶる速乾素材のサイクルキャップも傷つけることがありません。

通常の毛足の長いマジックテープは他の布地への攻撃性が高いんですね。

こういうところが嬉しいところであります。


少々お話しはそれましたが、洗剤分が残っているのはよくないのでしっかりと流せばヘルメットの丸洗い終了です。

P7234249

後は部屋干しで乾燥させてば終了です。

 P7234252
※ウェアと一緒に陰干しです。

ヘルメットのインナーパッドも細かく分割されていないのでめんどくさがり屋なワタクシにはピッタリ!


丸洗いをしたって20分もあれば終わっちゃいます。

ウェアって毎回洗うのにヘルメットって洗ったことがない方って結構います。

やはりワタク氏あご紐の部分が一番気になってしまうところです。(いっぱい汗かきますし、、、)


ということでやってみてば意外と簡単!

そして何よりもすっきり!


ヘルメットの丸洗いその2カーマーアスマをお風呂に入れる!の巻でした。


今回ご紹介した【きのこになりにくい】ヘルメットKARMOR(カーマー)のASMA(アスマ)はこちらから!
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

シマノカーマー ASMA(アスマ) ブラック/レッド ヘルメット
価格:8541円(税込、送料別) (2016/7/24時点)


カラーバリエーションも6色!
サイズはS/MサイズとLサイズ。
女性や頭の小さめな方はS/Mサイズ。
大きめの方はLサイズがいいかと思います。

フィット感は、、、かなり良好ですよ~!


 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

▶サイクルウェアを綺麗に保つコツ  洗濯の仕方



gatag-00004291

スポーツウェア全般的にそうですが、スポーツに使われる衣類は汗や皮脂による汚れの影響を受けやすい環境にあります。

速乾素材を使っているのはあくまでもスポーツ中の【汗冷え】【不快感】を軽減するためであります。

【洗濯が楽でいいわ!】
ではなくて速乾素材だから速く乾くということは結果的にそうなっているのであって、あくまでもスポーツ中のパフォーマンスのための作りになっているということです。

ということで今回はサイクルウェアを清潔に保つ方法のご紹介です。



▶サイクルウェアの臭い・汚れの主な原因は2つ
 
1.汗による菌の増殖

2.皮脂・タンパク質汚れ


汗もかいたばかりではあまり臭くないのも、時間が立てばそこで菌が増殖して臭くなります。

皮脂も長時間ついたままにするとどんどん酸化していき黄ばみの原因になります。

酸化した皮脂やタンパク質の汚れはニオイのもととなる原因菌の養分になりますし、全く百害あって一利なしです。



▶菌の増殖の仕組みをカンタンに

菌とウイルスは全く別物です。

ここではものすごくカンタンに説明いたします。

菌は湿潤環境を好み、ウイルスは乾燥環境を好むということです。

インフルエンザはウイルスですので乾燥した冬に流行り、傷口が膿んでしまう、また水虫は菌が原因となりますので梅雨の時期(湿度の高い時期)い流行るものです。


で今回のサイクルウェアの洗濯というところですが、悪さをしているのは【菌】です。

最近が増殖しやすい環境は高温多湿です。


特にこれからの時期はサイクルウェアだけではなくて、普通の洗濯物も臭くなりがちな時期です。さらにお風呂のカビも発生しやすいです。これも菌が原因ですね。



ではこの菌による悪さを防ぐためにはどうすれば良いのかということです。


▶予防法

一度増えてしまった菌を完全にやっつけることは難しいですし、繊維の奥に入り込んで酸化した皮脂汚れやタンパク質を分解するのは難しいです。

ちょっと厚めの綿のTシャツ、、、洗っても洗っても濡れると臭ってくる、、、とれない。

こうなってしまうと最悪、買い換えるしかなくなってしまうほど頑固な物もあります。

当然サイクルウェアは綿を使っているものは少なく、速乾性に富んだ【ポリエステル】柔軟性をもたせる【ポリウレタン】などが使われている場合が多く、布地の奥まで汚れが入り込みにくい、落ちやすいというものではありますが、未然に防いでおけるものに関しては防いでおくのがいいです。

ひどくなってから何とかするのではなくて、ひどくなる前に予防をしようということです。



▶一番良くない方法

汗や皮脂汚れがたっぷりついたサイクルウェアを丸めたまま洗濯カゴで1晩放置です。

翌朝には菌が増殖しきったとても清潔とはいえないウェアを普段着と一緒に洗うことになります。

よくないことはそれだけではありません。

ぐしゃっと丸めてそこで菌が繁殖すると、、、

【他の洋服にも被害が及ぶ】ということです。

ばっちい物から菌が移るということです。


原因菌まみれのウェアと普通の洋服を一緒に洗う。

洗濯洗剤では落ちきらなかった原因菌を他の洋服に移してしまうことにもなります。


どうしてもその日のうちに洗濯できない場合は菌の増殖を抑えて上げるために丸めて洗濯カゴではなくて、せめてハンガーに干しておく、風通しのいいところにかけておく、これだけでも結構違います。



▶では何が一番大切かというと

★汗や皮脂がついたまま長時間放置しない★


これにつきます。

ライド後のサイクルウェアを、汗にまみれてビショビショのまま翌朝まで放置してまとめて洗濯。これは菌が増殖したり、皮脂がしっかりと酸化して落ちにくい非常に悪い状態になっているということです。

ワタクシは基本的にスポーツウェアは全般的に運動後できるだけすみやかに洗います。

帰ってきてシャワーを浴びるのと同時に洗濯してしまいます。

もちろんグローブもサイクルキャップも丸洗いです。
 

少々水道代が持ったもったいない思う方、、、【お急ぎモード】(洗い時間短)(すすぎ1回)です。

時間にしても15分もあれば洗濯が終わります。

できるだけすぐに洗ってしまうので、菌の増殖を最大限に抑えることができます。



匂いが抜けなかったり、汗に濡れると嫌な臭いがしたり、、、

それで強力な除菌洗剤(ハイター)等を買ったり、ブラシでウェアにダメージを与えながらこすったり、、、

これならばすぐにお急ぎモードですぐに洗ってしまった方が手間も、コストも安く上がるかもしれません。



そして洗濯後は素早く干すということです。

洗濯だけではとてもとても原因菌をすべて落とすことは難しいです。

洗濯機は滅菌器ではありませんし、洗濯洗剤もそこまで万能ではありません。


菌が多少残ってしまったとしても素早く乾かすことで菌の増殖を抑えてあげればいいってことです。



基本的にワタクシの場合サイクルウェアはすべて室内干しです。
(物干しが2階にあるので持っていくのが面倒くさいだけですが、、、(笑)

それでもウェアの速乾性のおかげもありますが、部屋干し臭くなったり、嫌な匂いが残ることもありません。
※もちろん風呂水再利用です。

もちろん洗濯は【お急ぎモード】です。


時々洗濯したまま放置してしまい朝の洗濯時に発覚なんてことも、、、

それだって普通の洋服のようにカビっぽく臭くなることはありません。

むしろ洗濯機の中でトップスはほとんど乾いています。。。


当店のウェア、速乾性も自慢です。

ともあれ放置はダメです


洗濯機の中ではぐるぐる巻きになったり、グシャグシャになったり、布地にはとても過酷な環境です。

寿命を縮めることにもつながりますので、すぐに干してあげる。これが【臭い】でも【寿命】の観点からも大切です。



▶臭い以外の注意点


サイクルウェアの洗濯時の注意点です。

1.チャックは必ず締める

2.ベルクロは必ず止める


3.できれば洗濯ネットへ


ベルクロやチャックは他の衣類を猛烈に傷めます。

必ずチャックはしめて、ベルクロもキチンと止めてから洗濯機へ放り込みます。

本当は洗濯ネットに入れてあげたいところです。

ワタクシは超が付くほどのめんどくさがり屋。。。

、、、入れてません。。

不具合はありませんので、、、


ウェアの色落ちを気にされる方もいらっしゃいますが、当店のウェアはワタクシが必ず試しておりますが、色落ちで困ったことはありません。

当然強力な漂白剤を使えば色は原理的に抜けていくのでご注意下さい。

あくまでも通常洗濯の範囲ということです。



もう一つ長持ちのコツはというと、、、

数種類のウェアの着回しです。

上下で3万円のウェアでは何着も買うのは難しいかもしれませんが、、、そこで当店がございます。

上下セットで1万ちょっとです。

是非おためしいただければとおもいますm(_ _)m


▶まとめ

サイクルウェアを綺麗に保つためには

→すぐに洗う

→すぐに乾かす


コレが大切です。

時間がかかってしまう場合は

→菌の増殖を少しでも遅らせる

ということでした。

最後は少々宣伝になってしまいましたが、サイクルウェアを綺麗に保つ方法のご紹介でした。


 
 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

ビンディングシューズ 丸洗い(洗濯)してみる。

季節外れの大寒波(?)です。
寒い、寒すぎます。

筑波山の次の日コソ練に千葉の御成街道をひた走っていたんですが、それにしても寒い。。。冬が大の苦手なワタクシとしては春の足音はどこ吹く風、、、

そして、雨、、、

筑波山もオフロード道を歩きまくって、雨に打たれて、、、
まだピカピカだった頃のシューズはいずこえ~~~~

 P3123580

アップです。
P3123581

クリートやらねじ山にみっちりウ@チ土が詰まってます。

表は雨やら砂埃やらでミスボラシイ感じに、、、
P3123585

で室内で3本ローラーもやるのにこんなキッタナイモンを持ち込むわけには行かないので早速選択してやろうというお話です。

そもそも洗濯できるのかって?
雨の日のレースにも使えないとは書いてないので!多分できるはずです。
説明書にも「シューズを洗うときに、洗濯機や乾燥機などは使用しないでください。」

洗わないでくださいなんてどこにも書いてないです。

機材もシューズも綺麗が一番!ということで丸洗いの刑です。


まずは中敷きを外します。
P3123584
中敷きだけ見ればまだ新しいのがわかります。外側ヤベーゾ、、、

中敷きはぴかぴかなので今回は外側だけ、

これです↓
P3123587

照明が変わるとこんなにまでも無残な姿に、、、ヤバイヨヤバイヨ

これではちょっと室内のローラー台はできません。


 P3123588
ザンザン水をぶっ掛けてブラシでゴシゴシです。

P3123589
 
クリートの隙間やベルクロ部に詰まった土・草や泥汚れも綺麗にします。

そして

アフターです
P3123590
 
めちゃくちゃ綺麗デス!

表面。
 P3123591

これで陰干しで完成です。


靴っていつまでもつま先が乾かなかったりとかのイメージでしたが、こいつは乾くのも早いです。

夜洗って次の日の朝から走りに行けたので、普通の靴よりも早いです。


クリートを外すことも考えたんですが、【1mm足りとも動かしたくねぇ】ということで外すことなく洗濯しちゃいました。 
少し隙間が大変ですが、くっつけたままでもご覧のとおり綺麗にできました。

そして乾燥後も特に合革地がよれたりとか不具合はありませんでした。
さすが世界のShimano様!こういう時に製品の品質の良さを感じます。


ということで今回はビンディングシューズ丸洗い・洗濯の巻でした。 

実は乾燥を早めるために洗濯機で少しだけ脱水しました。
多分洗濯機も壊れなかったし不具合もなかったので、、、





 

↑このページのトップヘ