えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:玉当たり調整

カップアンドコーンベアリング 徹底的にハブの玉当たり調整②


RS81、、、
デジタルコーンベアリングアジャストシステム、、、
ぐるぐる回る、、、、

昨日はほぼほぼ丸一日深夜まで永遠と玉あたりの調整をやっておりました。。。orz

なんとかある程度納得のできる範囲に収めることができました。

これだから楽しくて仕方がありません!


ということで今回はカップアンドコーンの玉当たり調整のかな~り突っ込んだマニアックなお話しです。

通常「ココまでは必要ねえッペ、、、」そんなところのお話しもおり混ぜながら行きましょう。
 
※今回は机上の空論的なことも多くあるかもしれません、と言うか本記事はほぼワタクシの妄想です(笑 何が正解かはわかりません。いろいろな意見や考え方の中で自分にとって最良の方法を選択することをおすすめいたします。





▶デジタルコーンベアリングアジャストシステム


クイックリリース締付の影響がなく、なめらかな回転を保つ新機構。

これがシマノのテクノロジーということなんですが、コイツを検証してみます。

では実際はどうかというと、、、

簡単ですね。画像左がクイックをユルユルの状態、右がクイックをしっかりと締めた状態です。
image4155

これで回転に差がなければ確かにクイックの締め付けの影響が全く無いといえると思いましたが、、、

Σ(゚Д゚)...エッ,,,


まぁ差は出ますね。。。なんでやッ?



▶金属も縮む(圧縮される)と考える

上のことからもシマノの見解としては締め付けの影響がないとのことですが、実際にでているからには何か考えなくてはいけません。

ということで「金属は縮む」と考えてみます。


rect4448

玉押し(水色)を締め込んでいくことで適切な【アタリ】を出すというものです。

これが緩ければベアリング球と玉押し、玉受けに空間が生まれます。

いわゆる【ガタ】があるという状態です。


この状態での運用を続ける事によって「衝撃」等の影響で玉受けやボール、各金属にキズが入るというものです。

P8014401
※参考画像、いわゆる玉押しの「虫食い」状態です。

これがあるとベアリングの「ゴロツキ」「ざらつき」につながり回転抵抗が増してしまいます。

こうなってしまったら基本的には交換になります。

このままの運用では更にボールを傷付けることになったり、傷ついたボールが回転することで更に周りの玉押しにもキズが入ることも考えられるということです。


しかしこの言わゆるガタがある状態はいわば究極にベアリングが自由に動ける状態、「スルッスル!」ということです。

ということは前回チラッとお話しを出しましたが、無負荷状態(無負荷ということは理論的にありえませんが、荷重がないという意味です)での回転はものすごく軽くなります。



では逆にキツすぎるとどうなるのかというと、、、

rect4593

画像ではオーバーに書いてありますが、ボールが強く押し付けられることで当然金属同士の摩擦が強くなることで回転が悪くなる、いわゆる【ゴロゴロ】という状態が起きます。

またこのままの運用を長く続けていくとボールやレースが削れていくことが考えられます。


ということは結果的に見てボールと受け押しがちょうどいい塩梅に調整されていることで本来の力を発揮することができるということですね。



というのが長い前置きでして、、、、


まずはクイックの締め付けによる影響のことを考えます。

 基本的にクイックはアクスル(シャフト・軸)を圧迫する形なりますので、ハブ外側(フランジとか)に直接圧力がかかるものではありません、

image4233

画像の赤い部分がロックボルトと呼ばれる物でコイツを締めるることで最終的にアクスルを固定します。

 
金属が圧縮により縮むのか、その他のものが圧縮されて縮むのかはワタクシの専門外ですので詳しいことは不明ですが、重要なのはそこではありません。

重要なのは結果の方「クイックの締め付けで玉当たりが変わる」ということです。

これは実験、上の方にも書きましたが現象として現れています。

「回転が鈍くなる、」「玉当たりが渋くなる、」こんなコトを考えれば玉押しがより強くベアリング球を押しているという可能性が高くなります。

rect4600

 画像の濃い色の部分が実際にクイックの影響を受けると考えられる部分です。

それ以外は間接的にクイックの影響を受けることはありますが、基本的に直接的な影響は考えられないとします。



これともう一つ重要なところがあります。

無負荷状態の回転ではなくて、荷重がかかった際に金属がどういった動きをするのかというところです。

rect4600-7
※ものすごくオーバーに書いています。
 
実際にはこんなことはおきるかどうかは不明ですが、荷重がかかった際はクイックの締め付けで影響を受ける可能性があるのであれば高負荷状態ではこのような状態も考えられなくはないということです。

アクスルも荷重がかかると変形するのではないかということ。
(クイック?)

これともうひとつ

金属が変形するのであればベアリング球も負荷によって少しは変形する可能性は無いのか?

ということです。

もしもベアリング球が荷重によって変形が考えられるのであれば、玉当たり調整は限界キリキリの玉あたりにしてしまえば荷重がかかった状態ではガタが出てしまいます。

ということは無負荷の状態では多少ゴリがあるぐらいキツめに調整をしておくことで、荷重がかかった際にちょうどよくなる。そんなことも考えられなくはありません。



とまぁこんなコトを考え出すと止まらなくなってしいます(笑

頭のなかでの考えのお話しですので、何が正しいとかではまったくなく、そんなアホなこと考えて、、、そのぐらいに考えていただければと思います。

いやぁしかしハブの調整で午前様とか、、、これだから楽しくて仕方がないのですね。。。



「でぇ、結局どうすんのっ?」ってお話しですが、ワタクシはやはり、

・どうあってもガタが出るのは嫌です。
・虫食いのあるベアリングを使うのは嫌です。
・無負荷状態の回転が重いもの嫌です。

↑↑↑もう我儘言いたい放題です(笑

ってことで
①完全にガタが無くなるように外した状態で調整
②クリックをガンじめしても回転が重くならないような調整

ものすごく針穴に通すような調整ですが、必ずできます。
・・・と信じてやることが大切なんです。
②の許容範囲によって針穴の大きさが大きくも小さくもなります。
また無負荷の回転力は空転時間で測ったりもするようですが、時間は結構どうでもいいです。
10分とかストップウォッチ見ながらまってるのめんどくさいし、時間が勿体ない
静止後の逆転、ココだけ見ればいいと思います。

批判をするわけではありませんが、時々ネットでハブの玉当り調整を紹介している動画があります。
しかしフルクラムでもシマノでもカンパでもそうですが、よく見てみると最後の玉押しを固定する段階で玉押しが動いてしまっている方を時々見かけます。

本当にカリッカリのぎりぎりの設定を出すのであれば最後の固定までココと決めたところからは1°たりとも動かしたくないものです。
調整後は全く玉押しが動かないように玉押しを固定するまでは気を抜くことはできません。

深夜の作業で最後の最後で動いてしまったり、、、

ヽ《 ゚Д゚》ノ ア゛ァァァァァァ

orz...


ということでまとめです。

①360°ガタは出ないほうがいいと思います。

②実際の乗車時を考えて多少きつめでも良い?



う~ん、こんなコトを考えると、緩すぎることによる「虫喰い」よりも、キツすぎることによる「摩耗」のほうが幾分 ましのような気がしますが、、、


何を選んで、どんな調整をするかはアナタ次第!

おそらくショップでは殆どの場合は必ずガタを消してくるはずです。
ガタが出たまま「これでいい!」というところあったら紹介してほしいぐらいです(笑
虫食いは整備不良の可能性が高いですし、摩耗は使用していれば仕方がない、とも言えなくもないです。



しかしこれだけはきちんと守りましょう。

セイビハアイジョー!( ゚Д゚)//

ありがとうございましたm(_ _)m


関連記事はこちらから
ロードバイクのカップアンドコーン 徹底的にハブの玉当たり調整

 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

ロードバイクのカップアンドコーン 徹底的にハブの玉当たり調整

巷には色々な情報があふれています。

何が正しいのかは、、、どうなんでしょう。

ということでまた例のごとく【答えを見つける】ではなくて【色々な方法】のご紹介です。


まずは各社マニュアルから。


▶ZIPP
マニュアル http://www.zipp.com/_media/pdfs/manuals/88-188_hub_manual.pdf

-To return to the factory-set pre-load, tighten the non-drive clinch nut until you
just feel it touch the bearing. Then turn it counter-clock-wise 1/8 of a revolution
to back it off the bearing. Once the quick release is loaded, the clinch nut will
contact the bearing and provide a small amount of pre-load.
-Secure clinch nut by tightening set screw to 0.8 Nm.

【手で締めていき軸受けにあたったところから1/8回転戻します。んでクイックを締めると固定されます】 

訳みじかっ∑q|゚Д゚|p

 

▶Campagnolo/Fulcrum
マニュアルhttp://www.campagnolo.com/media/files/035_68_Technical%20manual_wheels_adjustment_hub%20Campagnolo_12-12.pdf 

結構アバウトです。

8コマに別れるのですが、重要なところだけ

1.When the wheel has been in use it may be necessary to
adjust the tolerance of the axle movement with respect to
the bearings rolling in the cups and cones of the hub. To
check whether the adjustment is necessary, hold the rim
with one hand, in with the other move the axle to identify
if the tolerance is too loose or tight.

軸を持ってみて【緩かったり】【きつかったり】したら調整してね。

5.Holding the axle stationary, rotate the adjustment ring nut
clockwise by about 1/8 of a turn.

調整ナットを1/8時計回りにまわしてね。

6.Check if the tolerance of the axle movement has been
adjusted to satisfaction.
If there is still unsatisfactory movement, carry out point
no. 5 again.

不具合がなくなるまでやってね。

image4144

画像の【6】を見てみると縦方向の動きだけなんですが、カンパのマニュアルはこうなっています。


▶SHIMANO

【玉押しをガタがなくなるまでハブ軸に締め付けます。】

だそうです。

これしかないんかい ( ゚Д゚)!!

今後のシマノの方針かもしれないですね。



★その他の玉当りに関する影響★

クイックレリーズを締め付けることで玉当たりがきつくなることがあります。と言うかほぼきつくなるでしょう。

またカンパ/ゾンダの玉当り調整リングの固定ボルト(2.5mm)を締め付けるとこれまた玉あたりはきつくなります。※詳細な原因は不明ですが、体験談です。
 
カンパ/ゾンダの方式は【ホイールをフレームに取り付けた状態】で玉当たり調整ができることが何よりの利点だと思います。
そもそもそういう仕様なんだから使わない手はないです。

ホイール単体で追い込んでもフレームに取り付けた際にきつすぎてしまったりが起こりえます。

それでもいわゆる【ガタ】が出るよりも、いいとは思います。



【きつすぎる】or【緩すぎる(型が出ている)】ではレース(玉受け・玉押し)・ベアリングボールへのダメージが考えられます。【摩耗】や【虫食い】です。

虫食いよりも摩耗のほうがおすすめできるかは不明の技でなんとかなる場合があります。

またきつすぎてしまうことで油膜切れを起こしてしまうのも考えものです。


どちらにせよ、 【ガタつき】(カタカタもしかしです。)ががでたり、きつすぎて【ゴリゴリ】してしまうのはよくないです。

ホイール単体で完璧にガタを無くすか、フレームに組み込んだ時点でガタを無くすか、、、
ワタクシは後者を選びます。と言うか今まで前者を選んできて少し玉受けに【摩耗】と【ボールのくもり】が見られたのでボール交換と必殺技の後、実験的に次はZIPPの方式、ホイール単体では多少【ガタ】がでてもフレームに組み付けた時点でいい状態になるように調整してまた様子を見てみます。


ということでカンパ/フルクラムの折角の構造をフルに活かしてフレームに組み付けた状態でガタがでないように調整します。
P4274133

またこれでしばらく様子を見てベアリングとレースの状態を確認してみます。

うちのレー3は少々過酷な使われ方をしているようです。。。ゴメンヨ


もうこれだから手のかかるカップアンドコーンのハブは楽しくて仕方がないです。

ということで【ガタ】とか【ゴリ】とか何がいいのか実験中!というお話しでした。

フレームに取り付けたままカップアンドコーンの玉当たり調整ができる。
そしてメンテの腕でも磨けて正にホイールのグレードアップにおすすめの2種類はこちら!





 

rakulogobanner2
玉当たり調整の指標

今回のモデルはフルクラムのレーシング3です。
これをモデルにどのくらいの玉当たり、ハブベアリングの滑らかさを目指して
調整していくのかというお話です。
このフルクラムはタイヤをはずさなくても玉当たり調整ができてしまうという
なんとも素晴らしい機能があります。

ということで指標のお話です。

P9043888
調整をするのはこのボルトをゆるめて調整するだけです。

▶コツ
というほどのことでもないのですが、
重要なのは【絶対にガタが出ないように調整すること】に限ります。

はじめのうちは外して行うのが無難かも知れません。
付けたまま行っても外して調整してもどちらにしても
繰り返しになりますが、【ガタが出ないように】しましょう。

ということでてんちょーのレーシング3はどんなもんかというと、
指で閉め込んでいって閉まりきったところで回してみるとゴリゴリ
そこから戻し角が15~25°ぐらいでしょうか。そんなもんです。

外した際の調整ですが、
ゆるめて、優しくハブ軸を「トントン」して「ぐりぐり」して、
締めて「トントン」ゆるめて「グリグリ」。

これを繰り返してガタが完璧に無いポイントを探します。

玉あたりの固定ボルトをゆるめるときも決して台座ごと回ってしまわないように
軸と台座をがっちり抑えてしめつけます。

この締め付けボルト、ネジ穴が非常に脆いので締め付け過ぎにはくれぐれも
ご注意下さい。

感覚的にアーレンの短い方で死滅ぐらいで十分でしょう。

後はクイックの締め付けでも多少変わりますが、
外した状態で絶対にガタが出なければ問題は無いでしょう。

で調整後どの程度回ればいいのかということですね。
でもこれはひとつの指標にしかなりません。
長く回したのであれば外側を重くすれば回転のし始めは(力を入力)重いですが、
いつまでも回り続ける事ができます。

例、うちのママチャリのフロントホイールはいつまでも回り続けます。
(もちろん玉あたり調整も何もしていませんし、玉あたりの状態すら不明です。)

まぁそれではあまりにも何も無い感じが否めないので、
試しにレーシング3で時間を計測してみたんですが、
4分を超えるところからめんどくさくなってしまって、、、そのぐらいです。
あまり意味のない指標ですね。
P9043889


では目安にするのはどのくらいかというと、完全にバランスがとれていると
この方法は使えないのですが、自転車をひっくり返して、
「チョン」と触ってゆっくり回転します。
回転が止まるとバランスが取れていなければ逆回転が始まります。
【止まってスッと逆回転が始まる。】これぐらいでいいのではないでしょうか?

リアも指標があります。
当然ラチェット機構が働き逆回りはしませんが
ラチェットのいつ爪にかかるまではちょっとだけ逆回りします。
コチラも同じくペダルをちょっとだけ回して、
回転が止まったあとに【スッ】と逆回転を始める。

ラチェットの爪が引っかかればすぐに止まりますが、
あくまでも【逆回転を始めるか否か】というところがひとつの指標になるでしょう。

前も後ろもスッと逆回転が始まらなければ玉あたり調整や
グリスアップをした方がいいいかもしれませんね。

ということで玉当たり調整の一つの指標というお話でした。

↑このページのトップヘ