えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:異音

ミノウラ モッズローラー(3本ローラー)の異音対策

この気温になってもまだまだ大活躍のモッズローラー(ミノウラ製の3本ローラー)ですが、最近めっきりうるさくなってきております。
というのも、低速で「ガタガタガタ・・・」
スピードが上がってくると、「ゴーーーーーーンンンンンnnnnn。。。」
これでは困りますネ(;´∀`)

というのも 最初はこいつ(=モッズローラー)が悪いと思っていなかったんです。
どうにもこうにも小屋自体はガッチリ作ったはずですので、そんなに振動ぐらいでガタガタ言うこともないと思ってはいたのですが、初めて小屋に持ち込んでやったときも、がたがた言うもんですから。。。。
乗っては小屋の立て付けを確認して、、、乗っては立て付けを確認して、、、
まぁこんなコトをやっても今更上棟してしまった以上はどうしようもありません。
最初は振動で小屋の周りの廃材か何かが震えているのかと思うようななんとも小屋全体に響き渡るガタガタ音です。

ということで嫁に乗ってもらって(回してもらって)音を確認するとどうやら、、、モッズローラー本体が犯人のようです。

ということで購入して以来、、、いつぐらいでしょうか。。。もう何年も乗っているので購入したのもいつか不明なぐらいノーメンテで頑張ってくれてはいましたが、いよいよもって小屋全体に響き渡るぐらいの音がどうにも耳障りでたまらないため、全バラ修理をするというのが今回のお話です。

※小屋の立て付けには一切の問題はございませんヨ(;´∀`)
おそらく強度は、、、母屋よりも強いかも(笑
屋根材(アスファルトシングル)だけで125kg、トタンに比べて超重量級!
先日屋根材張りを行いましたが、屋根に大人二人のってもまったく問題ありませんヨ。



▶まずは異常を洗い出す。

主だった原因はこれです。

image4258

樹脂製のカップとローラーの間にピンク色の粉が吹いています。

モッズローラーの説明書よりですが、ピンクの粉には2種類の要修理があるということです。
①ベアリング周りのピンクの粉
→ベアリングと樹脂カップの接着が外れている。
 これによってベアリングが赤い樹脂カップを攻撃するためガタがでたり、粉が出てくる。

②ローラー~樹脂カップの隙間の粉
→樹脂カップの接着が取れるために金属製のローラードラムとの接触で樹脂が摩耗してく。
 これでピンクの粉がつくということです。

上の画像は正に樹脂カップの接着剥がれによる樹脂カップの摩耗粉であることが考えられます。

こんな感じの不具合もミノウラさんの説明書にはこう書いてあります。
「剥がれた直後であれば再接着で修理が可能ですが、剥がれてから時間が経過すればするほど樹脂の方がアルミに負けて摩耗していき、・・・」
ようは
「剥がれた直後であれば修理はできるけどしばらくそのままだと修理は無理ですyo。」
ってことですヨ。。。

こんなん剥がれた直後なんて毎回終了後に丁寧に点検しているわけではないのでわかりませんヨ。。。(;´∀`)
ってことで本当はローラーを注文して交換になるのですが、こいつがなんと一本5千円也!!
タッケーヨ(#゚Д゚)!!…orz

ということで公式の見解を全く無視した修理方法を勝手にやってみようというのが今回のメインディッシュです。



・・・ということなんですが、少し脱線。。。
異音でベアリングを抑えているナットは現在のモデルでの増し締めは公式では駄目っぽいです。
きちんと公式マニュアルにあります。
過去のモデルは緩みが出てしまうことがあったが、最近の(最近のと言っても結構時間は立っていますが、、、)モデルからは緩み止め効果のあるナイロンナットに変更されているので基本的に必要がない、ということです。
”明らかに緩んでいる場合を除き、ベアリングを抑えているナットの増し締めは行わないで下さい。
増し締めでは症状は改善されません。”
とあります。

構造を考えればガタが出ていないのに、このナットをドンドン締めてしまうということは、ベアリングを圧迫するだけ、と言うかベアリングのほうがおそらく樹脂カップよりも硬いので樹脂カップが歪んでいく、、、とおもってやってみましたがベアリングが圧迫されて見事にベアリングとしての役割を全く果たしません。
これは取外した状態様子を見ながらやってみたらすぐに気が付きますが、がっちり本体へ組み付けられている状態で行った場合は回転の確認をしないと、、、ヤヴァイですのでやはり本体付属の付属でついてくる公式のマニュアルはしっかり読みましょう!ということです。
※ナイロンナットを使用していない旧モデルは必要になることもあるということです。

少々寄り道でした。





注)ここからはあくまでも非公式の方法となります。
  何があっても自己責任の範囲内です。

▶まずは分解

もうこの際なのですべてのベアリングの状態の確認、ドラムの状態の確認を兼ねて全バラです。
(負荷装置がついている場合はこれから外していきます。)

外側のナットとも供回りしてしまうときはどっかを抑えます(笑
P4174743

17mmのナットなんですが、普通自転車整備に17mmってあんまり使いませんヨ。。。
ハブコーンレンチと最大が17mmと車の整備用の十字レンチとかその辺のもので代用です。

P4174744

本当は左側の黒いものも外したほうが作業性がいいです。

バラすとこんな感じになります。

これからの作業、ものすごく汚れます。
粉まみれになりますし、何やらワケのわからんホコリの塊とか色々でてきます。
汚れてもいい場所で、汚れてもいい服装のほうがいいと思います。



▶ローラードラムの健康診断

どうやるか、、、答えは簡単。

床に軽く叩きつけます(笑



ゴンッ、、、、


カルクッツッテンダロー(o゚Д゚)=◯)`3゜)∵ ·


軽くです。。。

※アタリマエではありますが、あくまでも非公式です。

どっかに不具合があればローラードラムがビリビリ言います。

健康なものとの聞き比べればすぐにわかります。

ちなみにワタクシのものはどうだったかというと、、、2本死んでました。
正確に言うと2本(双方片側脂肪死亡)です。

こちら健康な状態の樹脂カップです。
P4174734

そしてこちらが完全に不健康な状態(オワコン)の樹脂カップです。
P4174735

爪のような皆無です。
樹脂カップだけでもくるっくる周ります(笑

P4174736

もう一本の不健康くんです。
こちらは不健康なりかけのように思えますが、もっと重大なダメージは後ほど発見に至ります。

完全に爪がないわけではありませんが、爪が削れていっています。
こちらは微妙な爪が働き、くるくら回るわけではありませんが、カタカタ動いている(遊びがある)状態です。


もうこれをみたら完全にローラードラム交換をしたほうが良さそうなのですが、あくまでもワタク氏、自己責任の範疇で修理を試みて見ましょう。ローラードラム高いし…



▶非公式分解①

上の項までは公式でも分解可だった気がするのですが、ここからは完全に非公式です。
つまり何があっても自己責任ってことです。。。

ベアリング抑えナットを緩めます。

こちら一つのナットではありますが、おそらくベアリングの玉当たり調整的(ガタ取り的)な役割かと。(そんなタイソウな構造ではありませんが、公式で”厳密に位置決めされている”とありますからね。)

このナットは反対側のナットを押させて回してあげれば最後まで硬いですが、難なく外すことはできます。

そしてナットが外れてば樹脂製のカップが外れます。

外れます。


外れます。。


。。。


。。。




Σ(゚Д゚)



ハイッこの通り!

P4174749

m9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーハハ八八ノヽノ


もう直してんだか壊してんだか、、、(笑

大丈夫かこれ、、、(多分駄目ですよ。。)

冗談はこの辺にして置いて、、、

パカっと、、、
P4174753

見事なまでに粉まみれ、、、

ドラムの中からもドンドン粉が出てきますよ。。。
服やら床やらものすごく汚れます。

これを適当にキレイにして組み付けなんですが、だめになったのは2箇所、ということで今回は2つのやり方を試しました。





▶2つの修復方法


①隙間埋めちゃえ作戦

rect4352

簡単な構造はこんな感じです。

ドラム内部にはバランスウエイトが貼り付けられているのと、発泡スチロール的なものが入っています。
image4368

このバランスウエイトが外れてもカラカラ言うようになるとか、、、

バラウンスウエイトは超重要です。
これがないとドラムが回転するときにグワングワンなってしまいますのでここわ触らないということ。
ホイールバランスみたいなものですが、ホイール用も径が小さい分よく周ります。
ということはとっても重要ということです。

お話は戻ります。
この隙間につめつめしちゃえばパカパカしなくなるはず!という寸法です。
というのも公式の見解でも「摩耗が進んでしまうと接着できなくなる」ということなので摩耗が進んで(削れた分)ここの径が小さくなった分埋めてしまえばいいということです。

ということで必殺ビニテ巻です(笑

P4174750

戻したあとに若干ビニテが見えたって(隙間から)音がしなけりゃいいんです。
外れなけりゃいいんです!
※あくまでも個人的な見解です。

かなりビッチリで入ってますので床に叩きつけようがブレは一切ありません。
これが一つ目の方法です。


②アロンアルファ大佐のご登場

もう一つの爪が中途半端に削れている方はなんと樹脂カップが割れているではありませんか、、、
こちらはヒビこそ(われだって、、、)入っているもののくるくる回るほどは削れていませんので、ツメツメ作戦は使えません。
ということでこちらはアロンアルファ大佐(耐衝撃性)にご登場いただきヒビもろともドラムローラーに完全固定です。

最近の接着剤の張り付きっぷりは半端ないことは公式の実験からもわかりますが、それでも念のためビニテでまきまきしてヤッパリ床にゴンゴンしてみます。

P4174739

音のブレもありませんし、全く問題なさそうです。

これで2種類の修理の完了です。

後はベアリングを適当にぶち込んでナットでなんとなく玉当り調整をして終了です。

ガタが出なくスムーズな回転のところで止めます。


▶組付

組み付け事に気がついたんですが、平ワッシャーが全然足らない、、、

まぁなんということでしょーぅ、、、

なんでやねん。。。(;´∀`)

ということでもともと平ワッシャーが足りなかったようですorz

なんなんだコリャ、、、
付属で残り物はいないはずなんですが、おかしいです。
足りない分はホームセンターで調達しました。

ともあれなんとか組み付け終了です。

P4174755



見た目は完璧に元に戻ったような気が、、、

で乗ってみると、、、

「ブーーーーン!」

メチャクチャ静か!!ヮ(゚д゚)ォ!

モッズローラーってうるさいもんだと思っていたんですが、こんなに静かなもんだったんですネ(;´∀`)

ということで今のところ不具合はでておりませんが、あくまでも非公式の方法なのでどうなっていくかはわかりません。

これで駄目ならドラムローラー2本1万円出すならもっといいのを買います。
新しいの買うべかなぁ、、、( ̄ー ̄)フフフ
ダメ元での修理ということです。



ということでモッズローラー(ミノウラの3本ローラー)の異音対策をノリと勢いで施してやった、、、そんなお話でした。

ちなみに回転の要となるベアリングも鋼板のシールド形、こちらは基本的にメンテナンスができないものになるのですが、これはまだまだ元気いっぱいでした。
これが駄目になっていたら、同型のサイズを取り寄せて交換になるかと思うのですが、幸いなことにそこまでは至らなかったようです。


3本ローラー買うなら負荷ユニットがあれば楽しさ倍増!


+++++++++++++++++++++++++++
FF-Cycle(エフエフサイクル)
〒262-0019
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘1-21-2
※プレオープン期間中、当日の受付は18:00までとさせていただきます。
作業は18:00以降も行います。
TEL:043-376-1121
(電話を受けれない場合は番号通知にておかけいただければ折り返しさせていただきます。)
E-Mail:ffcycle@outlook.jp
※ご連絡をいただく際には
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の整備内容(希望時間)
・ご希望の日程
・駐車場の要否
こちらをお申し付け下さい。

ロードバイクの健康診断・カスタマイズ相談的なこともお受けいたします。


今月の定休日
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
が定休日です。


 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

BB30って本当にだめなの?2016年現在の真実は?

rect4144


「BBネタはもう飽きたぜ、、、」

そんな事は言わずにもうしばしお付き合いをいただければと思いますm(_ _)m

これを読むと少し印象が変わるかもです。



サイスポの9月号、またしてもバックナンバーです。

Cannondaleのジャパンの中の人のインタービュー記事です。 
2016年現在のBB30
「マーケットでは音鳴りが多いと言う印象を持たれているようですが、キャノンデールプロサイクリングチームのメカニックに聞いても国内チームのバイクでも、BB30の異音の発生は一切聞いておりません。キャノンデールジャパンは試乗車を数百台単位で組みますが、今では異音の発生は一台もありません。」 
サイクルスポーツ 9月号 「異音よさらば」より抜粋

結構驚いた方も多いのではないでしょうか。


更に要約すると
・BBから出ていると思われている異音はBBが直接的な原因ではない場合も多い
・BBからの異音発生の原因はほぼ知識不足によるもの 

ということです。
 
キャノンデールは生涯保証を謳っているメーカーなのでフレームがだめということであれば、、、ご想像のとおり返品交換となります。

また
CAAD12の異音クレームはほぼゼロ。そういうところまでBB30は来ているんです
サイクルスポーツ 9月号 「異音よさらば」より抜粋

これが現状です。

しかしネットの情報でよく見かけるのは

「BB30は異音発生が多くだめな規格だ。」
「一流メーカーはスレッド式に戻り始めている。それは圧入式がだめだからだ!」

こんな情報がとても多く、BB30の圧入も専用工具を使わずに自作の工具で精度が?な状態で行っているものを非常によく見かけます。

何よりの異音対策はきちんと然るべき知識を持って、然るべき道具を使用して、然るべき作業をする。これが何よりも大切ということ、適当な整備をしてもぶっ壊れないように、不具合が出ないようにできているということではない、ということです。

独り歩きしてしまっている情報よりも遥かに進んでいる情報だと思いますヨ。



基本的にキャノンデールだけではなく、各社どこのメーカーでもそうですがロードバイクフレームはプロ機材です。

ということはプロがレースでも使用しているものが市販されているということです。

プロがレース中に「パキパキ」音を発生させているかと言われると、、、プロの機材はものすごく静かですね。

整備がきちんと行き届いているということです。


逆に異音が止まらなかったり、ものすごく悪いフィーリングであったり、、、

基本的に異音は摩耗と摩擦の産物であるということです。

そんな物コンマ1秒、1mm他よりも前に出るかでれないか、、、、そんなシビアな世界で使用されることはありませんね。

確かにキャノンデールの中の人もBB30という規格が出始めの時については問題があったと認めてはおりますが、現在ではほぼ解決できているということです。


これはキャノンデールの中の人のお話しでしたが、もちろんキャノンデールだけではないと思います。

【生涯保証】を謳っているメーカーは他にも3社
・GIANT(ジャイアント)
・SPECIALIZED(スペシャライズド)
・TREK(トレック)

マドンもターマックもプロ御用達の機材です。

ということは各メーカー何にも考えずに異音が発生することが多く報告された規格を使い続けているわけではないということだと考えるのが至極当然のことかと思います。




それにしても圧入式というものは構造的に考えてもスレッド式のようにこまめに取り外しを繰り返すのはチョット、、、と考えてしまいます。
しかしスレッド式もそんなにこまめにメンテナンスをするものかというと、、、そこまで頻繁な作業は必要ありません。変にいじることでかえって具合が悪くなる例もあります。

となると何年かに一度外して交換や、フレームに最初に圧入する段階での確実な作業が求められるということです。

BBや各所、こまめに外して整備も楽しみたい! こんな希望があるのであればもちろんスレッド式のほうが手軽に付け外しができます。
しかし整備はショップ任せ。こんな場合は圧入式BBだからといって選択に足踏みをしてしまうのはもはやナンセンスなのかもしれません。

ロードバイクは色々な使い方があって、色々な乗るための目的があります。

雨の日でも通勤で使うロードバイクにシールド性能を犠牲にしても回転の軽さをとったベアリング構造の物を使うとか、こんなことは適切な使い方とは言えないということです。

目的・用途に合わせた選択を正しい知識を持った上で行う、やはり大切なことだと思いますヨ。


ということで2016年現在BB30 は異音だらけのクソ規格。そんな情報はもはやちょっとナンセンス。そんなお話しでした。


+++後記+++
だからといってBB30を絶対的におすすめしているわけではありません。
というか個人的にはせめて樹脂製のカップが入るPFとかのほうが無難な気がしてしまいます。
(↑まだ払拭できてないようです(笑、、、)
どちらにせよ高い買い物なので、正しい知識をもった上で信頼できるショップとよくコミュニケーションをとった上での購入ということでリスクを最小限にできるのかと思います。
きちんとお話しを聞いてくれる、コミュニケーションが取れるショップがいいですよね。
++++++++
ゼリウスは86規格だったはず、、、


詳しく読みたい方はこちらから↓↓↓




★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

 

チューブのバルブがカタカタ・・・激安異音解消方法


ディープリムをお使いの方でお悩みの方が多いのではないでしょうか? 

チューブが走行中「カタカタ、、、」

先日の油ネタですが、「ケイテン」の静音効果は油の入れ替えが終わることになると、ものすごいです。

Vipro's(ヴィプロス)オイル ムオン・ケイテンを試してみた!

気がつけば走行中ほぼ無音、、、

音といえばセミディープホイールの風切音とタイヤノイズのみ。スゴイゾ!

その中で路面が悪いところを走行すると「カタカタ、、、」ギャップを超えて「カタカタ、、、」

気になります・・・(; ・`ω・´)コレワイカンゾ!

ということでチューブ バルブの異音、カタカタ音をなんとかしようということです。




そもそもRS81にはスモールパーツでこんな物があります。
g4144


Y4G998100 バルブエクステンションユニット

エクステンションユニットとしてスモールパーツで販売されております。

しかしまったくもって不要なバルブエクステンション、もついてきてお値段、1200円以上!

(# ゚Д゚)/タッケーナァオイ!


そして別の方法ですと、、、

チューブによってはこんな物がついているものもあります。
PB244113

バルブロックナットですね。

チューブによってはこのようなものがついている場合もあります。(たしかSCHWALBEはついていたような、、、)

しかしただでさえ重いバルブ部に更に重りをつけるようなことはバランス取りの重量増になってしまったり、、、

更にはタイヤの中でチューブがある程度動くことが想定されますが、ナットによる固定で動けずにチューブの根本から避けることがあるとかなんとか、、、ワタクシ自身全く使用したことがないもので、どうなんだかはわかりませんが、、、

これ付けていても総合的に見ていいことのほうが少ないのでワタクシは使用したことがありません。


ではどうするかということなんですが、

PB244112

ストローを突き刺す。

こんなコトも方法としてあるようです。

これはバルブ口まで長すぎですが、これを奥までズブっと差し込むことで隙間を埋めて遊びをなくすという方法です。

なんかいまいち、、、(;´∀`)ビジュアルハタイセツダ・・・


ってことで今回の方法です。

用意するのはこちら。

PB234099

ごくごく普通のビニテ穴あけパンチ(ポンチ?)です。

両方共100均ものですが、左のビニテは意外とベタベタが残りづらく結構気に入っています。3巻で100円と安定のやすさです。

右側のパンチも1つ穴用のゴクゴク普通のダイソーで扱っているパンチです。たしか5mmかなんかの大きさのものだったような気がします。(ダイソーには複数の径のものがあります。)

もうおわかりかと思います。

PB244111

バルブ径は6mmです。

PB234105

ビニテをお好みの長さにとって、、

PB234106

 こうします。

PB234107
 
適当に角を落として、、、

PB234108

 かなりぴったりです。

PB234109
 
これだけです。

遠くから見るとこんな感じ。

PB244114

ほとんどわかりませんね。

PB234103

同じフロントです。

今回は実験用に結構大きめにビニテを付けていますが、この感じだともっともっと小さくても問題なく音は消えそうです。

要はシマノの純正のテープのようなものをビニテとポンチで作ってしまうということです。。。やすいし、簡単でしょう。





穴あけパンチもビニテもあれば材料費0円、すぐにできてしまいます。 

実際の効果はというと、ほぼ完璧です。

これなら材料費もほぼほぼかかりませんし、チューブ交換の際や、汚れてしまってもどんどん交換できます。

※ベタベタが残りやすいビニテだと剥がすときに面倒くさいのでご注意を!

ということで特に大したことではありませんが、ほぼお金をかけずにバルブのカタカタ・異音をスムーズに消す方法のご紹介でした。

大したことではありませんが、ちょっとしたことで気になる音が消えるのは気持ちが良いもんです。



+++++++++++++++++++

と、、、本日は11月の雪、、、

積もってほしくないのは大人の事情ですが、

子どもは雪がつもることを節に願っているようです。

そういえば自分が子供の頃は雪がつもることをどんなに楽しみにしていたことか、、、

+++++++++++++++++++




★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

 

↑このページのトップヘ