えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:白石峠

週末報告 (事故にはお気をつけ下さい)


昨日関東地方の梅雨入りが発表され今週末梅雨入り前最後のライドになってしまいました。。。

ということで6月4日からのトレーニング報告です。


先週に引き続きまたまた白石峠に行ってまいりました。

千葉から片道120km超、、、なんとも毎週通う距離ではありませんねヾ(;´▽`A``

ともあれ4時半に起床をして出発です。


高速を使ってビュビュンと行くのですが、問題発生。。。

ETCカードの期限切れ、、、

---✂------------------------

ちょっと便利なETCカードはこちらから↑↑↑

---✂------------------------

湾岸習志野から出発する予定がETCレーンで立ち往生です。

係員の方が来てくれるのですが、レーンでカードがない場合ってバックで出ることもできずに一番近い出口まで行って出てくださいってことなんですね。

すぐそこに出口があるのに、、、

image4144

ということで市川まで行ってUターンです。゜゜(´□`。)°゜。


気を取りなおして新しいETCカードを挿入して出発です。


しかしETCレーンって止まるのが怖すぎます。


ワタクシ自信レーンを通るときは【20km以下にして下さい】とありますのでかなり減速をして入っていくのですが、中には結構なスピードのまま通過する方を多く見かけます。

自分がとまれたとして後ろのかたが止まれるかどうか、、、レーンで止まる際はとても恐ろしかったです。

後ろの方ごめんなさいm(_ _)m



出鼻をくじかれた感があり、今日な何かのお告げで【行くなっ】ってことだったらどうしようと思いながら、本日はいつも以上に安全運転を心に決めて出発です。


本日の予定では【白石峠】【ラルプ】【白石峠】【その他】の予定なので、獲得で2000mぐらい登る予定です。

登りは最近よく行こなっていてだいぶ苦手意識が薄れてきたのですが、下りはヤッパリダメです。


というのも、、、それは後ほど。



道中、朝の食事をパーキングやコンビニで取りながらいくのですが、これもまた大事なことと決めており【食べないと登れない】です。普段は朝食は5分もかからずに終えるところを30分以上かけてゆっくりしっかりかんで食べます。

埼玉県某所に付いたのが8時半、、、この日はベースに10時に同行メンバーと待ち合わせの予定です。が、残り1時間半。1本登ってからいく予定なので、トラブルのおかげで時間がギリギリです。

ということで平地ウォームアップを終えてからほぼほぼ全開です。


小さな山を超えて白石峠ふもとに付く頃には9時をだいぶ過ぎています

うん、、、結構ギリギリ、、、


下りは相変わらず全くスピードを出す気になりません。

と言うか下りは誰よりもゆっくり下ります。


そのため登りで時間を稼ぐしかありません。

焦りもたたって開始1.2kmで もうバテバテ
バ@丸出しです。

登頂後も足もつかずにUターンのギリギリっぷり、、、


下りはゆっくりゆっくりのペースなんですが、後ろからバイクが、、、

ワタクシは20km/hまるでママチャリ並のペースで下っていた時でした。


後ろから多分リッターバイク(1000ccオーバー)のアメリカン。

ワタシをスパっと抜いたものつかの間その先は見事な小回りヘアピンです。
後ろから来たら左によってどーぞどーぞです。


ブレーキでリアが暴れたかなぁ、、、と見ていたのですが、コーナーを曲がり終えるところで見事にオーバーランからのスリップダウンです。

誰も巻き込むことがなく本当に良かったと思います。

ワタクシもすぐに停車、

【大丈夫ですか?】

【怪我はないですか?】

【おこせますか?】


怪我もなく大丈夫だということできちんと立ち上がって、両手両足を動かして確認したので大丈夫だったと思います。


そして下り始めて5分後ぐらいでしょうか、、、


救急車が上がっていきました。


多分ワタクシが見たカレとは別の場所でも事故があったようです。


下りの際に、救急車、パトカー、消防車まで、、、、


後でもう一本登りに行ったのですが、完全に事故だったようです。地面に朝の一本目にはなかったはずのチョークで現場検証の跡がありました。

おそらくワタクシが降りていった後ろの方でも事故があったということでしょう。。。


白石峠の下りは道幅もせまく結構スピードが出る道です。


くれぐれも事故にはお気をつけ下さい。


ともあれどんなに急いでいても下りではスピードが出せないビビり症のワタクシも平地に入ればちょっと急ぎ気味でペダルをふみます。

そしてベースには【9時56分】に到着!


ギリギリでした。

【皆様おまたせしてしまい申し訳有りませんでした。】


っとここからが本番です。

そんなこんなですでに足を使いきってしまっている感が否めない状態ですが、これからラルプと、その他諸々のお話しは次回へ続くです。




 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

リベンジマッチへ 白石峠~埼玉のラルプ・デュエズ~その他


前回の記事はこちら↓↓↓
 
白石峠~埼玉のラルプ・デュエズ ヒルクライムの巻

続・白石峠~埼玉のラルプ・デュエズ ヒルクライムの巻

前回から約3ヶ月、、、ママチャリで鍛えぬいた(゚∇゚ ;)エッ!? 体で再度チャレンジできることに!


白石峠、、、大好きなんです。

勾配はもちろん道幅、路面状態。綺麗です。

そしてワタクシの苦手な(嫌いな)下り区間が一切ありません。

ただただ登り続ける。

ドMにはもってこいの峠です。


今回は色々なレベルの方が集まり初心者もこられるとのこと。

白石峠はみなさんのペダリングを自ら見てどんどん速くなっていただくという魂胆がございますので(笑)ワタクシは白石では撮影係をやります。

使用機材はこちら
シマノ スポーツカメラ CM-1000
シマノ スポーツカメラ CM-1000

ヘルメットにマウントです。

ハンドルにもマウントできるのですが、ペダリングを映像に抑えたい場合はヘルメットマウントが一番です。
ハンドルマウントだと前しかとれません。
image414

こんな感じでのぞき見カメラです(笑

行ったりきたりしながら皆様のペダリング・ヒルクライムをビデオ撮影係です。


撮影だけではもちろんあれなのでワタクシは【ムスタング式】でトレーニングです。

(ワタクシのペダリング研究の礎に、、、と言うのは内緒です。)


039
040
のりりんより
【中古】【書籍・コミック 青年コミック】鬼頭 莫宏 のりりん 全11巻セット【中古】afb
【中古】【書籍・コミック 青年コミック】鬼頭 莫宏 のりりん 全11巻セット【中古】afb
詳細は↑↑↑御覧ください。


今回のメンバーは6名。

とても陽気なメンバーです(笑
わいわいと楽しく登りましょう!
image4155

今回はフォーマルハウトジャージを着ていただけるとのことでワタクシもIBEXモデルにて参戦です。

サイクルジャージ ビブショーツ 半袖 上下セット 夏モデルFomalhaut(フォーマルハウト)【レッド×ブラック×ホワイト】【送料無料】
サイクルジャージ ビブショーツ 半袖 上下セット 夏モデルFomalhaut(フォーマルハウト)【レッド×ブラック×ホワイト】【送料無料】

普段は緑なんですが、気合を入れてレッドにて参戦です。 
 
サイクルジャージ 半袖 上下セット ビブショーツ Fomalhaut(フォーマルハウト)春夏秋【グリーン×ブラック×ホワイト】【送料無料】サイクルウェア
サイクルジャージ 半袖 上下セット ビブショーツ Fomalhaut(フォーマルハウト)春夏秋【グリーン×ブラック×ホワイト】【送料無料】サイクルウェア 


ということで白石峠入り口です。
image4169

撮影を撮影です(笑


そんなこんなでヒルクライム開始です。

image4144
先行グループ


image4
後方グループ

後方グループにはCさんのシゴキが愛のムチが、、、

とてもタメになります。



こんな感じで行ったり来たりです。

主に2グループに分かれています。

後方グループから先行グループに上がるのがとても大変でした。。。

無駄に消耗したいトレーニングをしたい方にはおすすめの方法です。


いやぁ、、、とても良い映像がいっぱい撮れました。

これでまたワタクシの研究に、、、


皆様には後日映像を編集の上お送りさせていただきますので、もう少々お時間を。



そして休むダンシング(休むってなんだよっ、、、)の色んな種類があるのも少しづつわかってきました。 

多分休むダンシングというか、筋力の疲労、心肺を如何の上昇を抑えるか、むしろ【抑えるためのダンシング】といったほうがいいのでは?と思うのですが、そのお話しはまた今度。


最後は田@さん(、、、Aさんでした)とスプリントもやってみたり、とても楽しく登頂することができました。 
 

image41444

クライム終了です。

ワタクシはムスタング式で登ったり降りたり登ったりで結構長めの距離を登れたと思います。

是非オススメの方法です。

 

と、、、まだまだここからです。

大本命のラルプが待っています。


大本命【埼玉のラルプデュエズ リベンジマッチは後編へ】


ロードバイクは楽しく安全に健康的に!

というステキなお仲間とのヒルクライム日誌前編でした。



+++++++++++++++++++++++++++++++

そして後編ヘ

こちらは動画にてアップいたしました。

埼玉のラルプ・デュエズリベンジマッチ偏です。

結果は如何に!




白石峠もラルプも埼玉県にはいいところがいっぱいありますね。


お昼はこちら!
image414447

なんてことのない定食屋さんですが、賑やかな補給となりました。

この後午後からも一本登ったのですが、飯の後はしんどいです。

こんな感じでわいわいと山登りにいそしんでおります。


ということで埼玉遠征(ワタシダケ)のお話しでした。

埼玉県は山がいっぱいあるっていいですね。

 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

続・白石峠~埼玉のラルプ・デュエズ ヒルクライムの巻

昨日の白石峠に引き続き今回は【埼玉のラルプ・デュエズ】編です。

白石峠の山頂を無事に拝むことができて良かった、と思っていたのもつかの間、、ワタクシ時間の成約のため次に埼玉の激坂に連れて行っていただけることになりました。


しかし山は登ったら降りなければいけないのが世の常、、、

もう下りなんて寒いのなんの、、、

雪が残っていぐらいなんで寒いのは当然なんですが、末端から始まり体の芯まで冷えきりながらのダウンヒルでした。
image4818
 
しかも下りも速いのなんのって、、、

鈍亀てんちょーはあっという間に豆粒のようになって徐々に見えなくなっていく姿を凍えながら見守るしかないのでした、、、


凍えた体を温めるように今はまだ見ぬ【埼玉のラルプ・デュエズ】に向かいました。


程なくして到着、
image4801

よく見る光景です。

なんてことのない普通に民家もありのどかな田舎道です。。。

いえいえトンデモありません。この先に待つ地獄をまだ知らないだけです。


ということで早速激坂登りの開始です。
image4835

最初のうちは道も綺麗でキツ目の坂という感じですが、、、

image4852

 開始0:30~この辺からだんだんきつくなってきます。

image4869

まだまだ路面が綺麗なのでなんとかいけます。

image4886

 段々と道が細くなってきます。もう嫌な予感しかありません。。。

 image4903

工事の区間です。

 image4920

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


地面からなにか生えています。

回避ルートは砂利道だけ、、、

冷静に考えてれば硬いものではないはずなんですが、もういっぱいいっぱいのワタクシに正常な思考能力などございません。とりあえず【避ける!】となってしまったのが良くないです。砂利道に対比します。

ここで一度目の足を付きました。この傾斜で砂利道を登れる気が全くしません。

image4937

 何なんでしょうこれ、、、

一度足をついたら走りだすのがこれまた大変なんです。休憩ではないので、すぐに漕ぎ出そうとするんですが、平地なんて全く無いわけでこの勾配でどうしろと、、、

フルパワー余計な体力を使いなんとかクリートをはめて、漕ぎだしたのもつかの間、

 image4954

ここから鬼の区間の開始です。

明らかに路面が変わります。

悪魔の刻印です。
image4971

image4988

 路面の中央は砂や砂利が浮いています。

 砂利に乗れば当然リアは滑ります。

更に道幅は狭まります。

image5005

この辺はおそらく20%以上の傾斜が続きます。

道がひらけて若干傾斜が弱まります。

image5022

すこしほっとしたのもつかの間、、、

image5039

 またこれです、、、

image5056

ハイッ!ヘタレ全開です。

終わりの見えないこの坂に完全にやられました。

アシ ツイチャッタ (●´ω`●)ゞ
 

ぢぐじょぉぉぉぉぉぉぉおおおおお! εε=。・゜(゜ノT-T)ノ

 image5073

 実はゴール見えていたんですね、、、

 image5090

右側にはワタクシの鼻水と汗にまみれた勇姿を撮影して下さるCさんの姿が、、、

 
ということでゴール手前おそらく150mぐらいでしょうか、、、無念のアシツキです。

orz


次回はきちんと登ります。
えぇ、登りますとも、、、登ってやるぅぅぅぅぅ!!!
コイヨッ(屮゚Д゚)屮



そして自然の摂理です。

【登ったら降りなければイケない】

相変わらずドン亀ちゃんのワタクシダウンヒルは苦手です。


家から120km以上も離れたところで落車で運ばれなんて行ったら嫁様に・・・。

ということでもう見えなくなっても安全運転で行ってやると心に決めて、、、


下りは別ルートなんですが、少々道が、、、荒れてます。

でシューッバタバタバタバタ、、、

【すいませーんパンクで~~~す】

とこういうわけです。

しかもダッサダサのスネークバイト、、、う~ん、おかしい、、、


やはり帰ってどうしても気になったのですぐに2箇所塞いだんですが、それでも漏れる、、、


スローパンクも併発していたようです。


と、ここでタイムアップ!

コンビニでたらふく食料を買い込んでダッシュこいて家に帰宅です。

この日はあいにくの【東京マラソン】
とんでもないことを予想していたのですが、予想に反して首都高ガラッガラ!

皆さん外出を控えていたのでしょうか、、、

 

振り返ってみれば自宅から120km、少々遠征でしたが
クッソ楽しかったデス 

Cさん本当に有難うございました!
リベンジ必ずいきます。
白石もタイムしっかり出します!

ということで埼玉遠征の結果は惨敗でした。というお話でした。

次回、千葉県某所のコソ練予定です。



 

↑このページのトップヘ