えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:自転車

シーズン到来前に再確認 ヒヤリ・ハット対策


ロードバイクであろうがママチャリであろうが公道で走っていれば少なからずあると思います。

ヒヤリ・ハットとは?
 重大な災害や事故には至らないものの、直結してもおかしくない一歩手前の事例の発見をいう。 文字通り、「突発的な事象やミスにヒヤリとしたり、ハッとしたりするもの」である。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒヤリ・ハット より抜粋

このヒヤリ・ハットが300件あると、29件は軽微な事故になり、1件は重大な事故につながるというものです。(ハインリッヒの法則)
バードの法則だと、ニアミス600件、物損事故30、軽傷事故10、重大事故1という主張もあります。

できれば避けたいヒヤリ・ハット、ということで今回は自転車のヒヤリ・ハット、また事故の事例を元に考えてみたいと思います。




▶最初に 

2016年全国交通事故負傷者件数は60万人以上、(多分ワタクシもこの中にはいっています)
その中で自転車乗車中の負傷者は約90万件。
更に死者数で見ると約4000人のうち500人以上もが自転車乗車中の事故でなくなっているということです。
年間で自転車乗車中に500人、約2日間の間に3人は亡くなる事故が起きている背景があります。

そして都内の調査では自転車乗車中の交通当事者のうち、30~40代の割合が特に高くなっているという結果でした。
これはロードバイクだけではなく様々な”自転車”が含まれますが、特にロードバイクを楽しむ世代とすると30~50代ぐらいの方が多いように感じます。
ということは特に気をつけなければ行けない年齢に突入しているということなのかということです。

警視庁公式HP 
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/jokyo_tokei/tokei_jokyo/bicycle.html より




▶圧倒的に多い出会い頭の事故

自転車運転中に一時停止は守っていますか?
”止まれ”の一時停止の標識は自転車も守らなくてはいけません。

自転車だからと侮るなかれです。
急いでいたとしても一時停止は守らなくてはいけません。

これとは逆に自分が優先側を走っていたとしても、自転車が飛び出してくる事故も多いということです。

また交差点に入るときは注意をしていてもそのもう少し手前、減速し始める前の段階で、自転車側がショートカットするような運転をしてヒヤリ・ハットするということも多いようです。

これを防止するためには自転車側もしっかりと左側通行を守る、また車側も思わぬところから自転車が出てくる可能性があるということをしっかりと頭においておく必要がありそうです。


▶意外に多いのは追突事故

自転車の関係する交通事故の中で意外と多いのが、追突事故でした。
個人的には結構びっくりな結果です。

4輪はABS装置付き、タイヤが滑ったとしても転ぶことはありませんが、2輪は大前提として”転ぶ”ということがあります。

時々みかけますが、公道で前の車にピッタリとくっついているロードバイク、あれば危ないと思います。
これが下りだったりカーブだったりしたらと考えると事故につながる可能性は更に上がります。

車との車間距離を開けない、この行動はまさに自分でヒヤリ・ハットの可能性を高めているといえると思います。


▶ヒヤリ・ハットデータ

実際にタクシー車両に搭載のドライブレコーダーから収集したヒヤリ・ハットデータを分析したものがあります。

代表的な事例がこちらです。
・出会い頭
・右左折横断中
・直進中横断者
・飛び出し
・ふらつき

やはりこちらも出会い頭が多いです。
これらのデータから見たものは実際にご自身にて体験した記憶のある方も多いのではないでしょうか。

先日ご紹介した、歩道からのはみ出し自転車も正に車側のヒヤリ・ハット事例です。
自転車は歩行者よりも遥かにスピードも出ますので、余計に注意が必要ということですね。


▶体験ヒヤリ・ハット

ワタクシの体験を実際に考えてみるとぶっちぎりに多いのが、
「自転車がこんなにスピードが出ると思っていないドライバーや歩行者が多い」
ということです。

例えば
①左折をしたい車が交差点手前で抜いていき、そのまま左折、
 左折時に巻き込まれそうになる
②左側から本線に左折合流の車のドライバーはこちらを確認しても普通に出てくる
③歩行者もパッとみて自転車がきていても普通に横断してくる

これはどの事例もこちら(自転車)を確認していても、
”そんなにスピードが出ていると思っていない”ということからまだ距離があるから多分大丈夫。
そんな”思い込み”からの行動だと思います。

これが正にヒヤリ・ハットです。
交通ルール通りに真っすぐ走っているだけ、自分自身は悪くなかったとしてもヒヤリ・ハットは起こりえます。

しかしこれらの件も、予想できないわけではありません。
”周りはロードバイクでそんなにスピードが出ると思っていません。”
これを頭に入れておけば予想や回避もできると思います。


自分が悪くなければいい、それだけではなくて自分が悪くなくても自分の身を守るためにはしっかりと周りの状況を見極めるということが大切だと思いますヨ。



▶最後に

最後になりますが、ワタクシ自身も事故を何度か経験していますし、事故経験者のお話を聞く機会も多くあります。
その中で殆どの方が言われます。
「まさか自分が事故をするとは思っていなかった。」

繰り返しになりますが、口を揃えて殆どの方が言われます。
「まさか、自分が、、、」

事故は自分が悪くなかったとしても起こり得ることがあります。
「信号待ちで止まっているだけでまさか突っ込まれるとは思わなかった。」 
これはワタクシの体験談です。
これはヒヤリ・ハットにも当たらないような事案でした。

それでも10回のヒヤリ・ハットのうち1回は事故につながる危険性があるということ、そのうちの30分の1回は重大な事故につながるということ。
これはあくまでも工場内での災害のデータではありますが、確率に差はあるのかもしれませんが交通事故であっても似たようなものということです。
確率なんて運やらなんやらありますので結構どうでもいいことですが、自らヒヤリ・ハットの機会を作るということは重大な事故への階段を自ら一歩歩んでしまっているということになります。

常々書いてはおりますが、事故は辛いですし、いいことなんて一個もありません。
あと1ヶ月もすればサイクリングに最高の時期がやってきます。

そんな時期にも事故が一件でも減ることを願うばかりです。

春よ来い!(・∀・)イラッシャーイ♪
・・・花粉はご遠慮願いたいです

参考URL
自転車事故削減にむけた対自転車事故の特徴と対策
https://www.jsdc.or.jp/search/pdf/all/h2707_2.pdf

 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

車-自転車 危険な事例を考える 

ニュースにも何度か取り上げられて最近良く見る話題です。

自転車と車の走り方のことなんですが、下記ご参照下さい。

はい、これは間違いなく危ないです。

図にするとこんな感じですね。
rect4611

どう見ても自転車が車道側に出る際に後方確認をしないのは危ないです。

しかしこういったことはとてもよくある状況だと思います。

しかしたしかに危ないのは危ないですが、車側も予測が全くできなかったかといえば疑問が残ります。

ワタクシ自身自転車にも車にもどちらにも乗りますので、どっちの味方ということではありませんが、やはり双方に落ち度があるような気がしてなりません。

車を運転する上で危険予測は基本です。

 
この例は幸い事故にはなりませんでしたが、”もしも”で考えてみます。
rect4611-6
自転車が交通ルールに、現在の法律とおりのこのように走っていたとします。

このように走っていれば安全でしょうか。
このようにきちんと走っていれば何も問題はなかったのでしょうか。

自転車でこういったときに
「けたたましくクラクションを鳴らされる」
「ものすごいスピードでギリギリを追い越していく」
こんな怖い経験をしたことがある方は少なくないのではないでしょうか。

「自転車は遅いしジャマだから歩道を走れ!」
こう考える方はゼロでありません。




これともう一つワタクシ自身先日体験した怖いと思った事例です。

信号ありの交差点です。
rect5377
ワタクシは車で信号青を直進です。

交差点の左側からの自転車が左折で信号無視です。
自転車は左折のときでも信号を守らなくてもいいわけではありません。

自転車は歩道内を走っているわけではありません。
急いでいたのかはわかりませんが、すごいスピードで信号無視で曲がって行きました。


もしもこれで事故になってしまったら、、、

信号機がある交差点での事故はある程度過失割合が少し変わります。 
信号無視は自転車側が悪くなる場合が多いようです。

それでも車側の過失ももちろん問われます。
10:0にはならないでしょう。

・左から出てくる自転車が本当に見えなかったのか?
・スピードは出過ぎていなかったか? 
・危険予知はできなかったのか?
・前方不注意は?

 
なにより「怪我をさせてしまいたくない」ですし。
事故の怪我の回復が思うようにいかなくて、、、ということを身をもって経験してますから。

自分が悪くなければOKという問題でもない気がします。


ロードで茨城県某所の幹線道路を走っていたときは、片側2車線ある道路でも左側を走っているだけでものすごくクラクションを鳴らされてすれすれを猛スピードで抜かれたということもありました。
隣の車線もガラガラなのにですよ、、、


時々こういった内容を記事にしておりますが、なかなか難しい問題です。
答えというか考え方は無数にあります。

あと1ヶ月もすれば自転車がものすごく気持ちがいい時期がやってきます。
しかし気持ちが良いのは自転車だけではなくて、ドライブもいいですし、ランニングももちろん、小さな子供もお外で遊びやすい時期ということです。
そんなとき是非とも心に余裕を持って、しっかりと安全運転を皆が心がけることで一つでも事故が減ればと思います。


埼玉県某所で結構ロードバイクが集まって走るスポットの方になっている場所があります。
そこに釘が大量にまかれていたとか、、、
実力行使的なことは当然良くないとは思いますが、そうせざるを得ないとか、そこに至る過程でなにかがあったのかもしれません。
難しいですヨ。。。



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

千葉~葛西 恐怖の国道357号線のロードバイクの走り方を考える


地図を見てもわからないこと、それは道路の広さや交通状況、路面の状況等です。

こればかりは走ってみないとわかないことも多々あります。

ネット上での噂だと、、、
「あんな所走るべきではない。」
「身の危険を感じる」
「路肩が狭すぎ、、、」


しかし千葉市から東京に出るためには主に2本ルートしかありません。

しかも14号ルートは結構な遠回りになるためストレートに葛西臨海公園に向かうためにはやはり357ルートが1番シンプルでかつわかりやすいです。

というのも千葉市から東京都に入るための最大のポイントは川が多くあるということです。
この川をどう超えていくのか、そんなところがポイントになるかと思います。

ということで今回は千葉市から葛西臨海公園に向けて、千葉県のいわゆる湾岸道路とかなんとか言われることもある(高速だけか?)湾岸線に沿って通っている国道357号線をロードバイクで走るというとってもローカルなお話しです

なお今回はあまりにもローカルになりすぎてもつまらないので交通ルールを確認しながらのお話しになります。
幹線道路の交通ルールの確認にも慣ればと思います。


▶幕張付近発

image4155

朝陽が眩しすぎます。
基本的に行きは朝陽に背を向けて走る方向になりますのでそこまできつくないかと思います。
当日の気温はサイコンで3℃ぐらい、、、寒さのほうが答えます。

基本的に357号線は川や、バイパス等の影響で立体になる場合が多いです。

しかしロードバイク(自転車)での357号線は立体の上方向は走れないことが多いということを頭においておく必要があります。

ひどいところになると、ガードレールを越えた先に自転車走行禁止の看板があるところも、、、
ダウンロード
※くれぐれもこの看板に注意しましょう

車では走り慣れた道とは言え、ロードバイクでは初めての経験で、葛西に到着前に一度ガードレールを自転車を担いで超えました^^;

image4183

こちら幕張付近の画像ですが、車であれば問題なく黄色い矢印の道を走りますが、ロードバイクは進入禁止となっておりますので、橋の下の信号ありの道を走ることになります。

image4203

 しばし走って国道と合流となります。

この辺は車道と並行して歩道があります。
車道も通行禁止ではないので走ることもできます。

当日は早朝ということもあって車通りも少なくまだまだ見の危険を感じるレベルではありませんでした。

 image4231
※新習志野付近の画像です。

黄色矢印(見づらくてごめんなさい)この看板があれば歩道を走ることができます。

自転車といえども看板等にはしっかりと気を配って走らなければ行けないということです。

しばしこの自転車通行可能が続きます。


image4263
※湾岸線谷津入口付近です。

自転車は第一通行帯(1番左側の車線)を走行、となっていますのが第一通行帯は左折レーンです。
こういった場合は 第一通行帯内の右側沿いを走って十分な後方確認後に最後に直進、となります。

黄色ラインも赤ラインも間違いではありませんが、黄色いラインのほうが安全かと思います。

image4672
50mほど進んだ画像ですが、横断歩道はありますが、自転車も渡れる表記はありません。

ですのでやはり黄色ラインで走行するのがいいということです。

 
▶南船橋付近

image4691

この辺になるとグッと道幅が狭くなります。

image4708

車も台数が増えてきますのでスピードも落ち着きます。 

幹線道路でありがちな歩道の構造です。

横断を防止するために角まですべてガードレールです。

千葉方面から来て歩道を走っていると歩道橋を渡るか大きく迂回が必要になります。

今回は車道側の走行になりますのでこのまま直進です。

 image4708
千葉県民憩いの地、ららぽーと付近は本当に狭いです。

この南船橋付近はまだ車道が走行できます。

川を渡るところも自転車通行禁止はありませんでした。


2~3回ほど陸橋を超えたところで自転車は歩道を走らなければいけなくなります。

image4744

特に何の変哲もない脇道ののある交差点、丁字路ですが、前走者(自転車)が突然歩道へ、、、

なにかと思ったら、、、

image4903

くっそ不親切です。(なんか消えかかってて薄いし、)

でここで歩道に上がらないと、、、

image5036

こうなります・・・orz
看板を確認したときにはすでに時遅し、、、

もう少し自転車に優しい看板(標識)がほしいと思うのはワタクシだけでしょうか、、、


▶二俣新町付近

image5053
 
少しだけ歩道を走ることになります。

鬼のように汚いこの道路、、、スラム街か、、、

image5070

この後の交差点は横断歩道にやはり自転車が通れる表記がありませんので、自転車を降りてわかるか車道側へと移動します。

_img_1573
画像出典 http://trans-p.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/193-8789.html

※上記の自転車横断帯がない場合は自転車は降りなければいけません。

情報をいただきましたので訂正させていただきます。
現在は歩行者の妨げにならなければ乗車したまま通行できるということです。

情報提供ありがとうございました。

image515

しばし357を上に眺めながら下のルートを進みます。

そしてついに出てきます。

image5231

 こちらも自転車通行禁止の看板です。

ここからは歩道を走行します。

 image5261

原木大橋付近です。

image5278

しばし357とはお別れです。

image5335
 
これがなければ鬼です。。。^^;

 image5379
直進はできませんので迂回します。

image5774
 
 一見複雑なようですが、一本道なので迷いにくいかと思います。

 image5901

すこし進むと横断歩道です。

しかしここの横断歩道も自転車通行帯がないため歩行者がの妨げになる場合は降りて渡るが正解です。歩行者がいなければ乗車したままでOKです。

それとともに右側が357なんですが、右側は依然として自転車通行禁止の看板がありますので、しばし歩道を走ります。 

 image5920
右側に357が見えるようになりますが依然歩道走行継続中です。

この辺から歩道が広くきれいになります。

 image5958
こういくしかありません。

この辺は首都高の工事にともにない変更になる可能性が大いにあります。

image6250
 
とは言え一本道なのでわかりにくくはないです。

 image6267

横断歩道の次に選択を迫られます。

正解は右側です。

ワタクシは左に行ってしまいUターンでした。

 image6323
市川大橋を渡ります。

ここはもう歩道が狭すぎるので徐行ぐらいのイメージです。

車道側は、、、トラックがビュンビュン走っていきます。

image6340
 
橋を渡りきるとやっとこさ車道に出れるようになります。

右側に357ですね。

image6357
 
本線(357)に合流までは2車線になります。



▶市川塩浜付近

image6374
 
浦安と市川塩浜はめちゃくちゃ近いです。

この辺から本線(357)に合流しますが、また鬼のように狭い2車線になってしまいますので、ワタクシは歩道を走るという選択を選びました。

車道も通行禁止ではなかった気がしますが、安全第一です。

 image6391

いままで3車線以上あった357号線も浦安付近で一気に2車線になります。

これで車がこまない訳ありません。

そして身の危険をグッと感じるようになります。

南船橋付近よりも交通量が増えてくるもの要因の一つです。

 

▶新浦安付近

またしばし357とはお別れになります。

image6408
 
新浦安のサイクリングロード的なイメージの道を進みます。image6425

また選択のときです。

image6442

 基本的に陸橋は道路を越えるため、と考えたほうがいいと思います。

正解は今回は下です。

上に行くと浦安市街の方にいってしまいますので、ご注意下さい。

image6489

 しばしこのような道を進みます。

もうここまでくると隣に357号がありますので一安心です。


▶最後の難関 夢の国(ネズミー)舞浜付近

 image6506
ここは357号からの左折を超えるのがけっこう大変です。

陸橋を登ることになります。

 image6544
こんな感じでぐるっと回って鬼のように太い道路を越えることになります。

歩道橋の中心部は「自転車は降りて渡りましょう!」となっているのでご注意を!

歩道橋を超えると後は一本道です。

image6854
 

▶江戸川を越えて東京都へ

image6911
 
江戸川を超えたところで車道に移ります。

image6928
 
ということなんですが、、、

image6945

 もう到着なんですね。

ココを上説で到着です。


image6962
 
葛西臨海公園です。 

ということで到着致しました。


自転車ナビとかだと2時間以上の所要時間だったんですが、ロードバイクだとどのくらいかというと、、、
家を出たのが8時過ぎ、到着時刻9時17分です。

ということで1時間とチョットで到着ということでした。



▶357号をロードバイクで走ってみて 

うわさに聞くほど恐ろしいものではなかったかなぁと言う印象です。

当然車道側は路肩は殆どありませんが、結構歩道がまともに走れたので怖かったら「歩道側に回避する。」これを心がければ走れないこともないというのが印象でした。

帰りも357号で帰りましたが、帰り(357下り)のほうが道がわかりやすいです。

船橋競馬~谷津干潟付近で少々怖いところがありますが、それでも走行は可能でした。
(カメラの充電がなくなってしまいましたので、帰りは撮影なしでしたorz)

道路を走るということで、もちろん標識には注意が必要ですが、
【基本的に(南船橋付近を除き)陸橋は車道側走行不可】こんなコトを頭のなかに入れておくことである心の準備ができてワタクシの様に自転車をかつぎあげるコトを回避できるかと。

しかしもちろんトレーニングに使うのか?と言われればもちろん使いません。

都内への移動として割り切って走るほうがいいと思います。

また車道を走るときは
・目立つ服装(色の明るい服装)
・できるだけ明るいリアライト
・カメラ撮影中をアピール

こんなコトで自己防衛も大切かと思います。


時々耳にするのは車道を走るのは30km/h以上はスピードを出す、こんなことですが357号などの幹線道路は基本的に車の流れとして空いているときは70km/hぐらいは出ています。
20km/hだろうが30km/hでも、車が分からしてみれば抜くものであり、走行のじゃまになる。ということをしっかりと考える必要はあります。
車道も歩道もそうですが、ルールもですが、マナーも守ってゆとりのある運転を心がけたいものです、

ということで千葉市~葛西臨海公園へ、357号を走ってみる、というお話しでした。


 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

↑このページのトップヘ