えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:落車

ロードバイク 落車の原因と回避方法を考える


ロードバイクに乗る上で避けては通れないのが【落車】です。 

プロの世界でも落車で大怪我を負うこともあります。 

しかし趣味として楽しむ上で大怪我をしてしまうということは仕事や家庭にも大変迷惑がかかってしまったりするものでなんとか避けたいと思うものです。

ということで今回は落車の大まかな原因と対処方法を考えてみたいと思います。

※今回は動画を多めに貼り付けてみました。
同じ動画も何本かありますが、「ドコの何分から、、、」探すのが面倒くさいので開始時間指定で貼り付けてあります。再生を押せば目的箇所からの再生となっているはずですので、数秒見ればお分かりいただけるかと思います。





▶ハウス(ハスる)

レースの世界ではかなり多いです。
集団落車の原因となり得るものです。

簡単に言うと前走車のリア(タイヤ)と後続車のフロントタイヤが当たって主に後続車が転倒・落車するものです。





レースと違って一般のサイクリングなどの走行では比較的起こりにくいです。

原因を考えればわかりやすいのですが、前走車と後続車が接触して起こるものなので車間をそこまで詰めすぎないサイクリングのような一般走行では起こりにくいです。

転び方の特長はというと、フロントがだめになって転びます。

フロントがだめになって転ぶときは主に、横向きの場合は肩から着地してその後頭を打ち、縦方向に回転する場合は顔からいく場合が多いです。。

ロードバイクだけではなくてオートバイの世界でもそうですが転倒して【鎖骨骨折】が多いのはフロントから横向き転倒したときが多いように思えます。


レースのお話しでは前走車との距離を詰めなければいけなかったり、勝つための方法として取り入れられますが、趣味のサイクリングでは避けてとおれることでもあります。

回避方法は前走車の後輪に後続車は前輪がかぶらないように充分な車間をとって走る。。。これが何よりの回避方法です。

車間を詰めてトレインの走行をする時は必ず前走車のサイン、声出し等がとても重要になります。

間違っても楽だからと言って見知らぬ人の後ろに「スッ」と入っているようなことは避けるべきだと思います。

レース・競技で勝つための勝負と趣味の世界のロードバイクを楽しむっていうことは別のことと考えて安全を優先した乗り方っていうのを考えてみてるのがいいと思います。


▶スリップダウン


レースの世界ではそこまでものすごく多いわけではなくて、というよりかは寧ろサイクリングのような状況で起こりやすいことかと思います。

主にコーナーリング中に起こることが多いです。特にダウンヒルが多いです。

もしくはダンシング中も起こる場合があります。

スリップダウンは大きく分けて3種類にワケられます。


①フロントからいく場合

ロードバイクのスリップからの転倒はこの転び方が多いです。

前の方にも書きましたが、フロントからいく場合は一般的に怪我が大きくなる傾向にあります。

動画なんかをスローモーションで見てみるとわかりますが、勢いがついていればいるほど頭を打ちやすいです。

転倒時の順番からいきます。

フロントが滑る→肩(腕)から着地→勢いで頭をぶつける

二輪は基本的にフロントからの転倒は制御のしようがありません。

滑り出したらどうしようもありません。


コーナーリングの一番最初、ブレーキングで滑ってしまうのはものすごく危ないです。



思いっきりフロントから滑る原因はフロント荷重過多です。

ブレーキは減速フロント荷重になります。
ブレーキだけではなくて、肩に力が入っているだけでもフロント荷重になるときもあります。

そもそも下りはフロントに荷重が乗りがちになるということをしっかりと考える必要があります。



②リアからいく場合

珍しいといえば珍しいです。

コーナーリング終盤のペダルを漕ぎ出した際に起こることが多いです。



フロントに比べてリアからの転倒のほうが怪我は軽症で済む場合が多いです。

リア側からの転倒では主に腰・お尻が地面に接地します。

運が良ければお尻で滑っていく形で頭や肩を打ちにくいのがリア側の特徴です。

しかしロードバイクの場合はペダルを止めると駆動が止まります。

オートバイであればアクセルの調整で緩やかにリアのグリップを回復させるということがありますが、基本的にロードバイクはリアが滑ってアクセルをパーシャルに・・・そんな乗り方はできませんので、ペダルを止めるとそのまま滑っていくか、グリップが回復します。


a.リアのグリップ回復後にフロントが滑る場合

急激に回復したリアグリップの影響で今度はフロントが過荷重になりフロントが滑ります。

するとリアから滑ってもスリップはフロントに影響しフロントから落ちた形になり、肩から着地、頭を打つ、ということになりやすいです。

b.グリップ回復後にハイサイドが起こる場合

回復したタイヤのグリップでコーナー外側にめくれるようにぶっ飛ばされる現象です。

慣性が行き場を失った勢いで外側(上方向)に浮き上がります。




これともう一つ、


③両輪すべり


これも上記と同じような現象が起きます。

両輪の場合はその時の乗り手の荷重がドコにあるかにもよりますが、フロント荷重であれば肩から、リア荷重であればお尻から接地する形になりやすいです。
 
それとにグリップが急激に回復すればハイサイドも起こることが考えられます。


スリップは徐々に起こる場合と、一気に行く場合2種類がありますが、基本的にロードバイクの場合はスリップしたらほぼほぼ後は運を天に任せるか自分を信じるだけです。

どの例も当然雨の日のほうが滑りますし、ウエット路面や落ち葉、路面状況によっては起こり得ることがあります。

これに対応するためにはスピードをきちんと落として走るということです。

必要以上の速度はもしものときに怪我が大きくなることが考えられますし、他人を巻き込むことのないようにしたいものです。




▶過速度のオーバーランからの落車

いわゆるサイクリングではこのパターンが一番多いような気がします。





もちろんプロの世界でも時々見かけることがあります。



これの原因はもうブレーキング(減速)不足でしかありません。

・減速が足りなかったため、
・ブラインドコーナーでカーブの奥が予想以上にカーブがきつかった、
・路面が状況が悪かった(砂、落ち葉、ウエット)


例えばこんな要因で、頭のなかで「もうむりポ・・・」こうなってしまうことで起こります。

で壁に激突したり、左コーナーであったら対向車線にはみ出したりします。

大体道路は路側帯の外側は未舗装路であったり、排水口があったり、、、そこにハマって最終的に落車という場合が多いです。

これも軒並みではありますが、スピードの出しすぎには注意をするということです。


▶車との接触事故(おまけ)

センターラインがあればいいですが、センターラインがない場合は車側からすると自転車は軽視されがちです。

rect4208

センターラインのあるなしにかかわらず、またカーブであるなしにかかわらず、車は対向車が自転車やバイクだとギリギリまで寄らないことがあります。

車よりも幅が狭いので当然といえば当然ですが、先を読んで判断することが必要です。

場合によってははみ出してきてもなんとかなるぐらい余裕をもって走るということです。
 

ダウンヒルなんかで車の後ろにピタリとついている自転車を見ることがあります。

しかしこれはとても危ないです。

ブレーキング勝負になったら車のほうが有利な傾向にあります。

テクニック的な問題だけではなくて、機材的にもABS完備の4輪車のほうが安定して止まれます。

前走車が車で急ブレーキされたら車の方が制動距離が短く突っ込む可能性がものすごく高いです。

完全に止まれる車間距離と、スピードを保つということが大切です。

下りは怖いですヨ。
ワタクシ自身下りはものすごくゆっくりですが、抜いていったバイクがカーブでオーバーランからの転倒をしたことがあります。

全然後ろついていた状況ではありませんし、抜いていったのを見ていたのですが、その後突然の転倒でワタクシもブレーキをかけるのですが結構焦りました。。。

スピードが出ていなくとも下りのロードバイクはものすごく止まりにくいです。

前走車の事故はブレーキングよりもものすごく短い距離で止まる可能性もあるということです。


ということで少々お話しはそれましたが、ロードバイクの落車の原因と対処方法を考えるということでした。

まとめてとしても、前走車に近づきすぎないやスピード過多に気をつけるこのぐらいしかありません。
あとは過度な荷重移動を避ける、コーナーリング中は両輪〜後輪荷重の方が怪我が比較的軽めにすむ場合もあります。(どっちらに荷重が乗っているかわからない場合、意識をあまりしないときは前輪に荷重がかかりやすいです。ですので少しだけ後輪に荷重を、と意識することで両輪に荷重がキレイに乗ることもあります。)特にフロントはどっしり荷重がのっている状態でのスリップは頭を強打しやすいです。
いつも頭のなかにあってもふとした拍子に忘れてしまったり、抜けてしまったり、、、、そんなときに落車や事故って起こる場合が多いです。

くれぐれも事故や、落車にはお気をつけ下さいm(_ _)m




★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

 

ロードバイクの落車 創傷・打撲治療とRICE~応急処置の大切さ~


先日のママチャリでの怪我からだいぶ回復をしてまいりました。
整備不良はめちゃくちゃあぶない!落車っぽいお話orz

後は爪が規定の位置まで伸びてくれればほぼ寛解というところまでの回復を遂げました。

ということで今回は落車からの創傷・打撲治療と忘れてはならない【RICE】と応急処置の大切さのお話しです。

※本記事は過去の記事を更新させていただいております。




ロードバイク・自転車等に乗っていてさけて通れないのが【落車】でしょう。
そもそも論として自転車を始めとする2輪は不安定な乗り物です。
スピードが落ちてきて止まれば何もしなければ倒れます。
自然の法則です。

とはいっても「できればしたくない、」でも「避けては通れない、」道かもしれません。
安全運転をいくら心かけていても自分は何も悪くなくい【外的要因】でも転んでしまうかもしれません。
スピードが早ければ速いほど重症になる可能性が高いですね。
(だからヒルクライムは落車の怪我が軽くすむ場合が多いです。)


【落車】時、高速域からコンクリートにたたきつけられると
【打撲】と【創傷】(擦過傷→擦り傷、切創→切り傷など)の2重の怪我が多いです。


骨、筋肉に異常がなくていつまでの治りが悪い場合は
初期治療の遅れと間違ったケアが関係している場合があります。


▶打撲に対するアプローチ

何はともあれとにかく冷やします。

打撲を受けてからできるだけ早く、できるだけ長く冷やします。

アザになっていなくても打撲がひどければ冷やします。
アザはすぐにはできません。
image3010
画像は打撲が中心の怪我です。
打撲だけだと思っていたら肉が削れていた状態です。
この打撲は相当ひどかったです。
歩行は困難で、すねの骨が折れた方思うほどの衝撃でした、、

そして見てみたら血が出ていたということです。
上で言うと【打撲】&【擦過傷】でしょう。
落車で一番多いパターンです。

ではココでどんなケアをするかというと、
よくみていただくとわかるかと思いますが、
うっすらとアザになりそうな跡がありますね。

この画像は負傷後に初期治療を終えた段階です。
まず打撲に対しての初期治療を行います。

【アイシング】です。
読んで字の如しですが、ひたすら冷やします。

保冷剤、氷、アイスノンなんでもいいです。

できれば初期治療は早ければ速いほど効果が高いのですが、
出先だったため15分ほどで帰宅。
帰宅後すぐにアイシングを始めます。

30分~1時間ぐらいはひたすらアイスノンで冷やしました。
注)冷えピタはダメです。

で傷をキレイに洗い終えた画像がこれです。

女性は足のアザが気になりますよね。
そんな時は打撲を負ってしまった場合はできるだけ早く長く冷やします。
できれば【圧迫】もした方がいいのですが、
そんな歩くのも不自由なほど強打したところに圧迫を加えるなんて、、、
今回は私は圧迫なしでした。

アフターを見てみましょう
あざはだいだい3日後ぐらいが一番ひどいですよね。
それから黄色くなって終わると、
3日後です↓
IMAG0275

アザになりませんでした。
これが打撲に治しての初期治療の効果です。


繰り返しになりますが、歩行困難なほど強打した3日後です。
テカっているのは塗り物のせいなので気にしないでください。

落車等出先の場合ですと、おすすめは
【クーリッシュ】
バニラ味です。
なぜガリガリ君ではないの?という方もいるでしょう。

【クーリッシュ】です。
これがいいんです。大体コンビニで売ってますからね。
何故かと言うと、実はこれ販売されている状態で柔らかいんですね。
つまり凍っているのに柔らかい、ということです。
人間の体で真っ直ぐな部分って殆ど無いです。
それを冷やすのは柔らかく柔軟な素材が適しています。


直接だと冷たすぎる場合は何か布を1枚挟んで冷やすといいと思います。

溶けてきてしまったらもう一回買って溶けてきているものは美味しくいただきましょう。
完全にとけてしまったらおうちに帰ってから冷凍庫に入れればすこし風味は変わるかもしれませんが、美味しくいただけるでしょう。

時間的には30分~は冷やしたいところです。

打撲に対しての正しい初期治療は、
できるだけはやく、できるだけ長く冷やすこと、です。
これはやっていれば感動していただけると思います。

凍傷になるほどは冷やしすぎですが、感覚が無くなってきてきたら一時アイシングをおやすみ。しばらく休んでズキンズキンする前に再度アイシングを始めます。
これをできるだけ繰り返し行います。

打撲箇所が末端近くであれば氷水に付けてしまうのもいいと思います。その理由は後ほど。。。



▶創傷に対するアプローチ

創傷は以前は「赤ちん塗って乾かして」→「消毒薬で消毒して乾かして」
マ@ロンとかオキシドールとか色々ありますね。
創傷は痛いというのは一昔の話、痛くなくするのがいいんです。

今回ご紹介するのは【湿潤療法】です。
現在でいうとキズパワーパッドの原理です。
しかしあれは使いません。
あれは剥がすときにダメージを追う危険性が非常に高く
むしろ傷をひどくすることがあります。
読んで字の通りですが、常に潤わせておく治療法です。
消毒薬もほとんど使いません。

傷の種類にもよりますが、
【スリ傷】【切り傷】なんかでは特に有効です。
【刺し傷】には使えません。

では順序良く行きます。
①創傷を負ってしまったら傷の状態を確認しましょう。
②流水で傷をできるだけ綺麗に流します。
 ココで傷がどうかを確認します。
 傷に砂や土がいっぱい残っているようではダメです。
 痛いのは、、、ここだけはがまんです。
あまりにも傷が汚すぎる場合は病院に行きましょう。
(ココで言う汚すぎるというのは感染症の疑いがある場合です。)
③砂や土が完全に落ちたら・キズがきれいにできたら【白色ワセリン】等の軟膏を使います。ベタベタ塗ります。
  ワセリンはドラッグストアとかで売ってます。
  乾燥防止のためにワセリンで湿潤させる方法です。
  ケチってはダメです、創傷をワセリンで包みます。
④ラップを当ててテープで固定します。
⑤その後のケア
 毎日傷の状態を確認します。
 1日1回は流水でワセリンを洗い流し新しいワセリンを塗り直します。
 もちろんラップも交換です。

 (創傷箇所や状態によって回数を増やしたり調整します)

というだけです。
消毒薬は使いません。
菌のお話はそれだけでお腹いっぱいになってしまいますので、また後日。
流水でキレイに洗い流します。

最初は分泌物がでてますが、それは綺麗に流水等で洗い流します。
清潔に保った状態で【湿潤】させておきます。


そのうち分泌物が出なくなるぐらいの頃から皮膚の再生が始まります。
非常に面白いですよ。
「かさぶた」はできません。
皮膚が盛り上がってきてかさぶたを形成しないまま治ります。

かさぶたは傷口を乾燥させるとできます。
そしてかさぶたが出来なので傷跡が残りにくいです。
乾かす治療と比べても一目瞭然なほど跡にならないです。

しっかりと治るまで洗浄と交換を行います。
傷跡からの分泌物が多い場合は何度も替えるのがいいでしょう。
しかし絶対に乾燥したままにしないで下さい。


創傷は乾燥すると痛みが発生します。
ですので湿潤療法は痛みが極力少ない治療法であります。


以前の治療法とは全く反対の考え方なので、
抵抗があるかもしれませんが、この治療法は
【痛みが少ない】【負担が少ない】【傷跡が残りにくい】
というのが最大の利点です。


※くれぐれも感染が疑われるようなキレイではない深い傷の場合は病院に行くことをおすすめします。

最近足の爪を少しふっ飛ばしてしまったときは洗浄ラップを一日三回以上は行っておりました。
また足の指は特に膿みやすい部分ですのでワセリンではなくてゲンタシン軟膏(抗生剤軟膏)を使用しました。




▶RICEとは?

ほとんど説明は終わっておりますが、
◎Rest (安静)
◎Iceing (冷やす)
△Compression (圧迫)
◯Elevation (挙上)

※優先準備で記号を付けました。

怪我をしたら何はともあれまず【冷やして安静に!】ということです

圧迫は痛みが強い場合はとてもさわれない場合もあります。
治療のためと行っても強い痛みは血圧上昇やよくないこともありますのでケースバイケースです。

圧迫が必要な場合は出血が止まらない時です。
直接圧迫止血法と関節圧迫止血法、緊縛止血法などがありますが、あくまでも止まらない出血は救急車が来るまでの応急処置です。

挙上も安静とともに行うといいですが、場合によっては難しい場合はアイシングを優先したほうがいいです。



~落車で怪我をしたら~

落車の場合はほとんど打撲と擦過傷の2つを負います。
出血が多く止血が必要な場合はまず止血から行います。
出血がコントロールできたら次は傷口をキレイに流します。近くに水道があればそれで行いますが、ない場合ボトルに水が入っていたらそれを使っちゃいます。
キレイに流したらコンビニへ急ぎ、クーリッシュを買って冷やします。
末端の怪我であれば氷を買って袋に水を入れて突っ込んでしまうのもいいでしょう。

水に突っ込むのは特に創傷があるときは洗浄と冷却がまとめてできてしまうのでいいと思います。

そして大切なのはムリをして走り続けないということです。

適切な初期治療は怪我の治りを早くするだけではなく、痛みのコントロールもしやすくなりますし、打撲は腫れやあざを最小限に抑えることができます。


落車の際は興奮状態で痛みを感じにくくなったりします。
しかし怪我をしていることには変わりがないのできちんとした処置と心がけで一日も早く自転車に復帰することができるようなります。

※止まらない出血、動けない、意識混濁時等は一刻も早く救急車を呼びましょう。



怪我はしないに越したことはないですが、
怪我をしてしまった時、また一緒に走っている仲間が怪我をしてしまった時の知識として持っておくことは大切です。

ということで前職の知識経験を活かした【落車の治療法】という話でした。

余談ですが、こういった傷を追った時にすね毛や体毛(特に膝!)は治療のじゃまになります。
創傷に入ってしまったり、テープに絡んだります。
怪我をしてから刈るのはのは大変なのでワタクシは日頃からツルッとです。
怪我をした時に「本当にすね毛がないってめちゃくちゃ治療が楽だ」としみじみ感じます。
特にすね、膝は怪我が多いですからね。
湿布も毛が絡んで痛いとか、、、切ないです、、、

これからの時期は路面の凍結等も起こりえます。
ムリをせず、怖いと思うようなことはしない、くれぐれも事故にはお気をつけて怪我のないライドをお楽しみ下さい。




★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

整備不良はめちゃくちゃあぶない!落車っぽいお話orz

※少々痛いお話となりますので苦手方はご注意下さい。
 尚、今回はあまりにもアレなので画像はございませんm(_ _)m


 

 
2016年、最凶伝説にまた一歩前進を致しました。

ということで本題へ、、、

当ブログをお読みいただいている方はもうすでにご存知かと思いますが、ワタク氏2016年、、、、最凶年といえるぐらいよくないことが続いております。。。

7月の追突事故、、、8月に結石が見つかり、、、そして今回、、、

よくないことは続くと言っても続きすぎだろっ(# ゚Д゚) ゴルァッ!


事の起こりからのお話です。

荷物の出荷で郵便局に向かうときのことです。

久しぶりの晴れ間ということもありその他の出荷物と一緒にいつものように愛用のVANSのサンダルという軽装でママチャリ(子供乗せ付き)にまたがり少々急ぎ目で走っていたときのことです。

(ロードじゃねーのかよっ(;´∀`)マァマァ・・・)

道の細い住宅街を抜けて片側一車線の道路に出たときです。




ちなみにママチャリの仕様はと言うと、シマノNEXUS INTER3です。(要はシマノの内装三段です。)

シマノに絶対的な信頼をおいているワタクシとしては、ママチャリだろうが内装ギアはインター3です。

ロードバイク乗りの方は外装はよくご存知かと思いますが、内装は余り馴染みがないかともいると思うのでかるくご紹介を。
内装ギアってのは外装と比べてハブ内にギアが入っていて何がいいかっていうと、まず一つ目に「ペダルを止めていても、変速動作ができる」ということです。
もちろんペダルをふみながらの変速だって可能ときたもんだ。
更には変速機構やローラーブレーキ(後輪用)がカバーに覆われています。これによって大幅にメンテナンス頻度が下がるというものです。

正に365日雨ざらしのママチャリにはもってこいのギアということです。
シマノは公式で5000km、もしくは2年に1回のメンテナンスを推奨しているものです。

しかし逆に言えばギアが内装されてしまっているため、メンテナンスがものすごく面倒くさいです。
そうそう、面倒くさいんです。
これがよくなかったです。


お話しをもとに戻しましょう。

広い通りにでてギアを1番重いギアに変速、立ち上がって「ガッ」と踏み込んだ瞬間です。

余り気にしていなかったんですが、変速後の「ガッ」と踏むときは右足から踏んでおりました。(利き足とか関係あるのかな。。。)

その時です。

「バキンッ!!」


何が起きたかは不明した。

右足はペダルを突き抜けてつま先から地面に不時着、、、orz

車体は大きく右側に振れます。

体勢をなんとか立て直そうとする体の勝手な反射反応で次は左側に大きく傾きます。

車体の大きすぎるグラつきに左足ももはやペダルを捉えることができません。

ハンドルにぶら下がっているのか、ハンドルをなんとか抑えようとしているのかはどちらかなんて全く不明です。

しかしギリギリまで手を離さなかったのは「なんとか持ち直せそう、」と体が反応していたのかもしれません。

そんこんなで3,4回大きくぐらついた後、転ぶことなくて停車をすることができました。

こういったときの人間の反射反応ってすごいですね。

思いっきり体重をかけた右足がペダルから外れて地面に着地、そんな状態でもしっかりとブレーキを握り、逆の方向へバランスを取ることを瞬時に行っていたようです。
自分の反射反応に感謝です。


何が起きたのかはわかりませんでした。
最初はペダルが折れたかと思いました。

しかし止まった後みてみるとペダルは無事でした、、、

となると、、、まだ検証が完璧に終わったわけではありませんが、おそらく内装ギアかフロント、チェーンあたりが怪しいです。
といういうことは完全な整備不良です。
※内装ギアが悪いわけではなくて、かれこれ10年近くノーメンテのワタクシの完全な落ち度です。

「ガンッ!」と踏んだ瞬間におそらく瞬間的にギアが飛んだんだと思います。

完全に抵抗がなくなったクランクは地面に一直線、体重の乗った右足がペダルからずれ落ちたと予想されます。

止まるまでの間でハンドル、サドル、ペダルに何度か体を打ちました。


そして1番症状が酷かったのは、スピードがある程度乗っていた状態でペダルから外れて地面に着地した「つま先」です。


この辺から痛くなりますので、苦手な方はご注意を。

 












右足の爪は先端が完全になくなっております。

後は血だらけでよくわからない状態です。
 
何よりも痛みが尋常ではありません。


こういうときは体内でアドレナリンが瞬間的に結構なレベルで分泌されます。

アドレナリンの効果は血圧上昇、心拍増加、血管拡張、末梢循環抵抗減少、気管支拡張、瞳孔拡張、集中力の向上、α作用とβ作用があります。
詳しく知りたい方はググってみてください。
ここではものすごく簡単に説明いたします。
分泌されたアドレナリンは血流に乗り即座に全身に回ります。
高強度の負荷に耐えるべく筋肉のパワーが向上し、集中力もあがり、痛覚を鈍くします。
要は「スーパー人間」になります。


落車ギリギリで止まったときって、「はぁはぁ、、、」したりします。
また事故の次の日や、家に帰ってから体が痛くなるのもこの辺の原因もあります。


そんな状態でも痛くてしかたがないわけです。

痛みでガクガク体が震えます。
 (((( ;゚д゚)))

応急処置のお約束【RICE】です。
※特にスポーツをやる方は絶対に覚えておいたほうがいいです。

①Rest (安静)

血圧の上昇で結構が良くなると出血はひどくなり腫れもどんどんひどくなる傾向にあります。
極力安静を保つことが大切です。

②Ice (冷却)

患部の局所循環を抑制することで、痛みの抑制、腫れの防止、出血量の抑制につながります。
何よりもすぐに冷やす、強く冷やす(凍傷にならない程度に)、これが何よりも大切です。

③Compression (圧迫)
これ局所循環を減らす目的なんですが、痛すぎてできませんので却下しました。
痛いところを抑えたくなる反射的な反応だと思います。
傷がある場合は少し上を抑えたくなりますね。

④Elevation (挙上)
これも循環を減らす目的で、腫れの防止等にも効きます。
今回のように末端が痛すぎるときは心臓よりも高い位置に置くことで痛みの抑制にもつながります。
心臓よりも下げる(普通に直立)状態だと、心拍にあわせて波のように出血をしたり、心拍に合わせで「ズキンズキン」という痛みが出ることもあります。




とてもではないので、一度帰宅を、、、

すぐにバケツに水を入れて、氷を入れて【RICE】始めます。

【R】OK,【I】OK、、、、
「(コンプレッションだと!?)」

痛すぎてできるわけがありません。

「エレーベーション、、、無理です。。。」

まぁ場所によってはできません。

それよりも何よりも【Rest】【Iceing】を重視します。
個人的な経験からだとこの2つが何よりも大切です。

要は血流をコントロールして炎症、出血を最大限に抑えることで広がりを防ぐということです。

今回はコンクリートで指先をえぐられてしまっているので洗うしか無いのでバケツ氷はもってこいです。


これと同時にあまりの痛さのため鎮痛剤も併用します。
鎮痛剤も痛みが激しくなる前に飲むのが正解です。
、、、が今回はそんなこと言っている場合ではないのでできるだけ早めに飲みました。


氷を追加しながら2時間ぐらいは冷やしていました。
凍傷にならないように限界が来たら休憩、血流がよくなるとまた心拍に合わせて「ズキンズキン」し出しますので、そうなる前に再度冷却です。

急性の炎症を抑えて冷却を終える頃には痛みはだいぶマシに。。。

後はきれいに傷を洗浄して【挙上】で腫れを最大限に抑えます。、、、と言うか痛すぎて下向きにできません。

痛み止めが切れ始める頃には再度痛みの波が、、、


ということで今回は落車はなんとか免れることができましたが、足の指に深い創傷を負ってしまったということです。
よくよく傷口を観察すると足指の爪の先の方がなくなってしまっていたので、てっきり爪剥がれの痛みかと思っていたのですが、実は爪の剥がれの痛みというよりも指先の皮膚の欠損による痛みが強いようです。

そうなると、急性の処置をした後は膿まないようにだけ気をつけながら湿潤療法で肉が盛り上がってくるのを待つしかありません。


こんなものを使ってもいいと思いますが、ワタクシは面倒くさいので、最初のうちは感染症予防のために抗生剤軟膏を使用し、ある程度きれいになってきた頃にワセリンへと切り替えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】大洋製薬 日本薬局方 白色ワセリン(500g)
価格:729円(税込、送料別) (2016/10/7時点)


湿潤環境にしてサランラップで封入、定期的に洗浄をします。

詳細はこちらで↓↓↓
ロードバイク 落車と治療法その1




そして主な原因は正に【整備不良】です。

時々【トルクを掛けたときフロント、リア側でギアがズレる、外れる、滑る等の現象が起きてしまう】こんあ少症状を聞くことがあります。

トルクをかけて踏むこんだときのトラブルということです。
・チェーンが切れる、外れる。
・ギアがズレる、滑る
・ペダルが折れる、曲がる

こんなコトで今回のような事が起きることが予想されます。

今回はビンディングではありませんでしたので、足が外れることで(つま先で)地面を蹴ることができて、なんとか姿勢をもちなおす事ができましたが、ビンディングだったらどうなっていたか、、、

推測でしかありませんが、あの状態で足が外れなかったとすると一気に下死点まで降りたペダルから荷重を抜くことができずに、一気に右側に転倒していたかもしれません。
万が一運良く外れたとして、おそらくクリートが使い物にならなくなったり、普通の靴よりも歩きにくいビンディングシューズでは満足に足をつくことができずに落車となった可能性もあります。


正にママチャリだってメンテを怠ればひどい怪我を負う可能性があるということです。

外装のギアは調子が悪ければ簡単にメンテや交換ができますが、内装ギアはシールド性が高くメンテナンス頻度は低いもののメンテになると少々大変ということがメンテをサボってしまう原因になっていたということです。

また内装ギアの問題だけではないかもしれません、チェーンが伸びていた?フロントギアは?これから検証していくことにはなると思いますが、な~んもしていないママチャリでしたので可能性は多数あります。


ということでママチャリだって何だって、整備不良はマジでアブねぇ!そんなことをこの身をもって再度痛感(正に痛感・・・)したということです。
タダでさえ満足に乗れないのに、これでまたしばらく完全に乗れなくなりました(´;ω;`)
 
一番ひどいのは足の指先の皮膚の欠損ですが、全身的に色々ハンドル等に打ち付けたことによる全身打撲でした。次の日が、、、一番痛いんですね。。。

皆様これから秋の山々色付き、気温もある程度下がり正にサイクリング日和、ロードバイク乗りにとっては素晴らしい季節がやってまります。
くれぐれも事故にはお気をつけて、メンテンナンスや整備を怠ることなく、安全で最高に楽しいライドをお楽しみ下さい。


余談ではございますが、「ポンド」が大変な事になっております。
今こそWiggle!
景気づけにポチってみようかな、、、、

image94370

★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★


 

↑このページのトップヘ