えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:風邪

風邪をひいたので”風邪のときは運動”を強度別に試してみた!


以前 ”風邪の新常識? 風邪のときは軽い運動”こんな記事を作成させていただきました。

まとめると
①ネックルール
→症状が首から上のときだけ
②負担のかからない軽い運動
→自制心が大切
これらは初期症状の緩和につながるというものです。

ということでこの寒暖差が激しい季節、折角風邪を引いたっぽかったので色々と試してみることにしました。
”転んでもダダでは起きぬ男”・・・(笑

ということで実体験インプレッションです!

※症状・治り方は個人差が大きくあります。
 悪いところはけして真似しないようにして下さいネm(_ _)m

▶今回の症状
・咳
・鼻水
・発熱
(少々副鼻腔炎気味、、、顔がいてぇ、、、
※消化器系の症状はなし

正に運動でなんとかなりそうなもってこいの状況です。
ということで軽い運動でなんとかしてしまおうということです。

とはいってもまだまだ超多忙な日々が続いておりますので、今回の状況です。
・日々超多忙
・仕事内容は肉体労働系もあり
まさに現代人にありがちなとても忙しい時期ということです。



▶実際に運動をしてみる

image4888


運動を始める前はなんだか体が重かったり、だるさを感じることがありました。
で実際に体を動かしてみると・・・

”結構動ける!”

これが率直な感想です。
運動をはじめて体が温まり始めると結構動けるようになります。

仕事面も忙しいといえば忙しいですが、集中して肉体仕事を始めると不思議と結構動けてしまいます。
それは肉体的な労働だけではなくて、軽い運動もそうです。

どちらかと言うと風邪を引いていて辛いのは体を動かすような仕事であったり、運動ではなくて、パソコン作業や細かい数字の計算の様な作業のほうが精神的にやられてしまいます。

病は気からといいますか、激しい運動ではなくても軽く汗をかく程度の運動は風邪を忘れさせてくれて、かえってスッキリしました。


▶強度別の運動とその後

低強度:
これはいいです。少し汗ばむ程度の運動です。
体があたたまることから体の軽さを実際に感じることができます。
朝一、”多少具合の悪さを感じたとしてもなんとなく普段の生活をしてしまうと意外と動けるかも”。そう感じたことがある方もいるのではないでしょうか。そんなかんじです。
低強度運動は体温も上がりますし、なかなか良かったです。

中強度:
汗がしたたり落ちるぐらいの運動です。
こちらも同様に体があたたまるころから体の軽さを感じることができます。
しかし終わったあとです。
強度が高ければ高いほど、終わったあとの疲労感が大きく感じてしまいます。
体もポカポカになりますが、その後の汗冷えには要注意です。
中強度運動でもしっかりと解熱効果がありましたが、上記のような注意は必要でした。

高強度:

全くもってやる気も起きませんし、やったとしても結果が出ないばかりか、症状はひどくなります。
運動しているときはいいんですが、終わった後や運動中に後悔し始めます。
もちろん長く続けることはできませんし、もちろんトレーニングとしての効果なんて全く出る気がしません。
これは運動中も良くない感がひしひしと、体が悲鳴を上げていそうです。

ということでやはりお勧めは体の調子を見ながらのあくまでも低強度・短時間の軽い運動ということです。



▶熱がある時の運動は?

個人的には発熱があるときは”しこたま暖かくしてひたすら寝る”。これが今までの治療方法でした。
まぁ前回の記事でも”高熱のときは運動を避ける”とありますがせっかくなので運動をしてみました。

高負荷の3本ローラーなんて言うものはとても耐えられませんので、低負荷回復走ぐらいの強度の運動です。
(結構しっかりと汗をかくぐらいの30分程度のローラー台です。)

運動前後で体温を計測してみると・・・
運動前:38.0℃
運動後:36.5℃

・・・下がってるヮ(゚д゚)ォ!

これがいいのか悪いかは不明ですが、熱は下がりました。

寒気も何も何のそのです。
運動後は寧ろ体が軽くなっているのを感じました。


▶その後の治り具合

今まではいい事づくしのことを書きておりましたが、実際に休んでいたときと、体を動かした時どちらが治りが速いかというと、不明ですが、

”一定に強度(個人差あり)を超えるような運動は治りを遅くしそう”
ということをものすごく感じました。

というのも運動している時、体を動かしているときはいいのですが、その後に疲労感がドッと来てしまいます。
そして疲労感が大きな日は、夜になると再び発熱、こんな事になります。

風邪を引いている時は健康な状態よりも、体力が消耗しています。
そんな時の運動は軽い運動程度だったらいいのかもしれませんが、疲労を感じているときに運動をすると、”集中して運動をしているときは結構動くことができてしまう”、しかし終わった後にドット疲れが出て、一時的に症状が悪化することがある。ということがワタクシの実体験でした。



▶ベストは方法は?

風邪の症状は刻一刻と代わり、体が痛かったり、寒気がしたり、、、
そんな中で、
・寒いときは寒くないようにする。
・体が痛いときは解熱鎮痛剤なんかを飲む
こんなことをきちんとすることが何よりも早く治る、症状が緩和することへの近道かと思います。

今まではなんとなくですが、
発熱は体の防御反応、ロキソニン等の解熱鎮痛剤(薬剤師さんのお話をよく聞いて使いましょう。)は熱を下げてしまうので余り飲まない、そんな勝手な思い込みで我慢をしていることが結構ありました。

しかし今回は副鼻腔炎気味で顔が痛かったり、発熱で体の痛みを感じたり、そんなことを感じた際は積極的に取りいてみることにした所、効果をものすごく感じることができました。

結局のところ風邪を治すのは、薬ではなくて自分の体の免疫反応です。
薬はあくまでも治るための手助けをするだけです。

しかし症状を緩和させてあげることで、体が楽になる、これが何よりもありがたいことです。
体が楽になると、仕事ができます。仕事だけではなくて軽い運動もできるようになります。
軽い運動(疲労感を感じにない程度)で汗を流して、暖かくして十分な睡眠をとる。もうこれがいいのか悪いのか、早く治るのか時間がかかるのかは全く同じ条件で試すこと自体不可能なのことなので不明といえば不明ですが、気持ち的に”動ける”ということは結構いいものだと思いました。

更に今回は室内での運動ですので汗の処理、運動後の冷えなんかにも対応がしやすかったのが功を奏したのではないかということです。


昨年の風邪では副鼻腔炎をこじらせて、耳鼻科に行ってネブライザーしたり完治まで約3週間ほど時間がかかりました。
しかし今回は似たような状態であったにも関わらず、耳鼻科にいくこともなく完治までいきました。
副鼻腔炎に関しては症状のピークから緩和まで2日間ぐらいしかかかりませんでした。
(運動が良かったのか?)



▶まとめ
・症状が軽いうちは軽く汗をかくぐらいの運動は結構良かった。
・中強度程度の運動でも軽さを感じることができるが、その後はしっかりと体力を回復させることができる余裕があるときにのみ有効な気がした。

ということでした。

なんにせよこれは結果論であって、ひょっとしたらもっとひどくなる可能性もあります。
くれぐれも個人差がありますので間違ってもワタクシの用に体を張って行った場合、悪化する場合も考えられますし、ご自身の体調をよく吟味した上で無理はしないようにお願いします。

ということで折角風邪を引いたので、実際に運動をしてみた。そんなお話でした。



★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

風邪の新常識? ただただペダルを回す・・・


最近は昼間は温かく、外で開店のための作業をしていてもダウンなんか着ようものならあっという間にびしょびしょになってしまいます。
しかし陽が傾き始めることにはとても寒くなってきます。
この朝と夜の寒暖差と、空気は乾燥してウイルスがはびこりやすい時期はまだまだ続いているようです。

ということで現在鼻声マックス(笑)で(また風邪かよっ)風邪の新常識?ただただペダルを回す、そんなお話です。
sick_seki_ojiisan



▶風邪のひきはじめには適度な運動

「風邪っぽいなぁ、、、暖かくして安静にしなくちゃ、」
これは日本ならではの習慣だとか。

海外では全く逆で
「風邪っぽいなぁ、、、運動して汗をかかなきゃ!」
こうなるということです。
風邪のひきはじめに有効とされているのが”軽い有酸素運動”です。

というのにも理由がきちんとあります。

①体温を上げて免疫の活性化
②老廃物の排出の活性化
③鼻から肺までの気管を広げる

こんなコトから症状が軽くなることがあるということです。


▶何はともあれネックルール

軽い有酸素運動で風邪に対する効果が見られるのは、首から上の風邪の初期症状のみということです。

・鼻水・鼻詰まり
・喉の痛み
・くしゃみ、咳
こんな症状のときは有効とされてします。
正に首から上の風邪特有の初期症状デスネ。

逆に首から下の、
・全身の倦怠感・高熱
・下痢・腹痛
・吐き気・
 こんなときは運動は禁忌とされています。
kafun_bottoshiteru_woman



▶運動の注意点

①なにはともあれ自制心!
ワタクシもよくやってしまうのですが、軽い初期症状であれば運動を始めて体が温まり始めると体の軽さを感じることができます。
しかしそこで激しい運動をしてしまうと体力の低下や、激しい運動後は免疫も落ちるという結果も報告もおりますので、あくまでも軽い有酸素運動、30分以内で切り上げるという自制心が大切ということです。

くれぐれもガッツリと疲労感を感じるほどの運動は控えたほうがいいということです

②運動後の汗冷え対策をしっかりと!
折角体温を上昇させて免疫を活性化させようとしても、運動後にビショビショのままにして汗冷え対策を怠ってしまうとかえって症状がひどくなることも。
冷えを感じることがないように体温の調整をしっかりとすることが大切です。

③過密スケジュール内での運動
あまりにも過密スケジュールの中で体力が消耗している時の運動はかえって体力を落としてしまうこともあります。
疲労が蓄積しているときは免疫力が落ち気味になりますので、風邪のひきはじめだといっても忙しいときに無理やり運動、これは逆効果になってしまうこともあるということです。

④高熱のときは運動を休む
発熱するということは体温があがっている状態です。
メカニズムとしてはまだまだ解明されていないことが多いですが、発熱に伴い筋肉痛が出ることもあります。
そんなときは運動をして体温を上げる必要はなく、しっかりと休養を取って体力を回復させるのがいいということです。


▶風邪のひきはじめに有効な軽い有酸素運動とは?

この時期のロードバイクの場合は少々難しいかもしれませんが、「寒い、、、寒すぎる。」こう感じることのないように、普段のトレーニングよりも一枚だけ多く着込んだりして、LSDトレの様なトレーニングが有効だと思います。一枚多く着込んだとしても汗でビショビショぐらいだと強度が高すぎると思います。
とはいっても「強度がわかりにくい、」そんな方へ軽い有酸素運動とは?ということですが、

「おしゃべりをしながらでもできるぐらいの強度」
「一枚多く着込んでも汗でびしょびしょにならない程度」
このぐらいに考えるといいと思います。

「、、、 (*゚∀゚)=3ハァハァ」これはやりすぎですね。

ローラー台とかがあれば汗の処理なんかも簡単にできますし、最低負荷でケイデンスも低め、スピードも抑えめであくまでも”回復走・リカバリー走ぐらいの強度で のんびり回す”こんな低強度で30分以内に切り上げる。これがポイントだということです。



▶まとめ

ともあれ、疲労をタメてしまうような運動は逆効果にもなりえますので、
・休養と運動をうまいこと使い分ける
・しっかりとビタミンC・Bなどの栄養をとる(消化のいいバランスの取れた食事)
・規則正しい生活をおくる
こんなコトに注意をすることが大切です。

風邪なんて、、、
上に書いたような注意点をしっかりと頭に入れて一日も速く治したいものです。

ということで”風邪の新常識? ただただペダルを回す・・・”
(自制心をしっかりともって強度にはくれぐれもご注意を)
そんなお話でした。


 
 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

風邪を早く治したい!

そうです、表題通りです。
この寒暖の差完全にやられているテンチョーデス。。。

昨日朝から何やら体調がおかしい、、、

体温は決して測りません。

体温とか測るの怖くないですか?

実際に自分がはかった体温をみて余計に具合が悪くなるのを避けるためですwww


ということで今回はワタクシが相変わらず独断偏見で実践する【風邪をとっとと治しちゃう方法】です。 


そもそも風邪って何なの?というところから、


▶風邪とは?

風邪とは主にウイルス感染によって上気道が炎症製の疾病にかかった状態のことであり、、、
(Wikiより抜粋 参考URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/風邪

例えば【コロナウイルス】【ライノウイルス】【RSウイルス】などなどこのようなウイルスに感染することで起こるということです。9割ぐらいはこれと言われています。
細菌ウイルス全く別物ですね。

細菌であれば【抗生剤】、ウイスルであれば【抗ウイルス剤】を用いますが、通常の風邪ごときで【高ウイルス剤】はほぼ使わないでしょう。私自身も処方されたことはありません。
 
【抗ウイルス剤】で代表的なものはインフルエンザの時に使用する【タミフル】です。ちょっと前に話題になったあの【タミフル】です。これは直接ウイルスを叩くことができるので非常によく効きます。

検査をしてインフルエンザだということが確定したら素早く出してもらえるでしょう。


では風邪の時にいちいち検査をするかということです。
しませんね。明らかに【体が痛い】【高熱がある】等ではなければということです。


ではどうするか、、、風邪っぽくて病院へ行けば、【抗生剤】【去痰剤】【解熱剤】等など体の症状に合わせたお薬を処方してくれると思います。
あくまでも【対処療法】というものです。
【抗生剤】飲んだって風邪は治りません。あくまでも抗生剤が効くのは細菌感染です。ウイルスには抗生剤は効きません。
抗生剤はあくまでも二次感染、体が弱った際に細菌感染を起こさないための予防措置です。肺炎とかになると厄介なもんです。

そうです。つらい症状は軽くするけど風邪は免疫機構をフルに総動員して【自力で】治せ!ってことです。

 

▶風邪を引いた時に運動してもよいか?
【ネックチェック】と言われているものがあります。

■症状が首から上の場合は運動をしても良い
■症状が首から下の場合は運動を控えた方がよい


だそうです。
あくまでもしても良いと言っても無理は禁物ですが、軽い運動は免疫を高めると言われていることもあります。

※逆に激しい運動は免疫が落ちることがありますのでご注意です。
やらないほうがいい運動
→体を冷やす恐れのある運動
→無酸素運動



▶口からバリバリ栄養をとる
最重要です。
免疫を高めることが何よりも大切です。

ワタクシの風邪の時のコンボ(?)です。

■ビタミンC
本当は天然のビタミンCのほうがいいのですが、そんなに贅沢は言っていられません。
サプリメントで多めに取ります。
こんな事を言っている方もいるようです。

風邪にはビタミンCが効く

(※参考URL http://www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/200701/vitamin.htm)

ワタクシ結構過剰摂取します。

1日5回(起床後すぐ・朝・昼・晩・就寝前)に分けて大量に摂取します。
飲み過ぎによる弊害もなくはないようですが、短期間なのでまぁいいかなぁと、、、
※あくまでも自己責任の範囲でお願いします。

水溶性ビタミンは過剰摂取しても尿・汗から排出されます。
※脂溶性ビタミンは過剰摂取はダメです。

■ビタミンB
これは通常量飲みます。
ちょっと特殊な疲労回復効果があります。

糖質が効率よくエネルギーになるため(代謝系)に必要です。

リポ@タンDやアリ@ミンもこれらの栄養素は多く含まれています。

また口内炎の予防にもなりますね。


■乳酸菌
これがめちゃくちゃ重要です。
ワタクシの回復にはこれをなくしては語れないほどのものです。

最近ではよく言われるようになってきましたが【乳酸菌がウイルスに効果がある】ということです。ワタクシだいぶ前からこれは考えていたんです。
この辺はぐぐってみてください。

ワタクシの秘密兵器は【ビオフェルミン】です。
大量に飲みます。食後に飲みます。
※決して真似していいものではありません。ご注意下さい。
 用法・用量を守って正しく服用ください。

ウイルスの増殖は腸内環境を非常に密接な関係を持っていると言われています。


本当はラクトフェリンが一番いいんですが、ちと高い!

しかしこいつはマジにすげぇです。

【万能薬】です。

免疫調整
抗菌・抗ウイルス作用
ビフィズス菌増殖
鉄吸収調整作用
抗炎症作用
脂質代謝改善作用

すっごくないですか?

そうです、すごいんです。

ここまですごいのに日本で医療用にならないのは巨大な力が、、、なんて噂も出ちゃうぐらいです。
まさに【医者要らず】になってしまうというほどの効果があるとかないとか、、、
信じるのも信じないも貴方次第。

注)こういったものの販売は一切行っていませんのでご安心下さいwww

ラクトフェリンと乳酸菌は別物です。
違いはこちらから。
乳酸菌とラクトフェリンの違い
(※参考URL http://www.乳酸菌サプリde健康.com/article/11rakutoferinn.html)

簡単に言ってしまうと、【タンパク物質】【菌】ということです。


ラクトフェリンとビフィズス菌どちらも共通しているのは【腸内環境を整える】ということです。

ワタクシはなにより風邪の時は大切だと考えております。

まだまだ知られざる乳酸菌の力に大いに期待をしています!

【乳酸菌】
http://matome.naver.jp/odai/2138469133364667201

いろんなことが載っています。

まずは軽度の運動ができるかどうかですが、ワタクシは筋肉痛(体調不良による)が出ていたので軽い運動も不可でした。となるとあとはひたすら口から栄養を取る、あとは【休む】ことです。

番外編として、
▶体温が高い状態の時は免疫が高まる
ということです。逆に体温が下がると免疫は下がると言われています。

一昔前の常識といえば【お風呂】です。
熱があるときはお風呂に入らない。なんて言われていました。その理由は【風呂はつかれる、湯冷めでひどくなる】ということです。
しかし現在ヒーターとか暖房関連が充実しておりますし、何よりお風呂に入らないなんて気持ち悪い。
体温を上げるということは免疫を上げる事になりますし、つかれるほど長湯をしないようにしっかりとあたたまる、ということはむしろ風邪にいいんでないかと思います。

お風呂で温まり、汗をかいてもけして汗冷えしないようにガッツリ布団をかけて寝る!
汗をかきますので水分もいっぱい補給しておきます。

これがワタクシの必勝法です。


こんか記事を作りながらも幸か不幸かプラセボか、体調がほぼ戻ってきました。

風邪はひどくする前にやばいと思った時にどんどん先手を打っていくのが大切です。
やばいかなぁ、と思った時には体の中でいや~な奴らが増え始めているということです。

予防として手洗いやうがいをすることも何よりの予防法です。

ということで明日のライドに向けて体調をバッチリもっていきましょう!
ということで風邪の治し方(真似は禁物!?)というお話でした。


↑このページのトップヘ