えふえふぶろぐ

サイクルウェア、ロードバイク パーツのお店 ★FF-Cycle★
当店取り扱い商品のインプレから、メンテナンス等自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。

タグ:Bianchi

Bianchi Oltre XR3 ヴェールを脱いだぞ!

前回の記事から4日あまり!
エイプリルフールネタ(イタリアンジョーク)だったらどうしようと密かに焦っていたのな秘密です(笑

しかしデス、ついに全容が明かされました。

http://www.bianchi.com
公式サイトをクリックの上、GLOBAL(1番左上)を選べば詳細が見れます。

日本の公式サイトはまだ非公開のようではありますがグローバルサイトからの情報をいち早くお届けです。ちなみに4月10日更新とのことです。

Oltre XR3

Maximize aero advantage and control
エアロ性能とコントロール性を最大化

PERFECT CONTROL MEETS AERO PERFORMANCE WITH THE NEW OLTRE XR3
何やらコントロール性とエアロパフォーマンスが特徴のようです。

ということで完全にXR4のようなエアロフレームということです。

まぁ曖昧な表現ですが、XR4の廉価版になるのかならないのかは不明ですが各所の作り込みを比べてみるとやはりXR2に続いてのXR4のグレードダウンっぽい使用が各所に。

プレス用の画像がグローバルサイトに上がっておりますので各所に違いをどこよりも速く、、、公式サイトをぶっちぎって・・・
文章・文字及びプレス用の画像から読み取れる所をXR4比較してと解説してみようと思います。

XR3スペック
・カーボンモノコックテクノロジー
・高強度+中弾性カーボンファイバーとカウンターヴェイル
・プレスフィット86.5×41BB
→XR4とおなじ
・メタルインサートによるフルカーボンドロップアウト(?)
・55サイズで1110g(±5%)
→XR4は990g(±5%)

フォーク
・フルカーボン 1.1/8” - 1.5”  カウンターヴェイル
→やはりヘッドセットのサイズが変わっております。
 XR4は1.1/8"-1.1/4”
・370g
→ブレード(エアロ)形状でこれは結構優秀かも。。。



細部を見ていきます。
画像は勝手に持ってくると怒られてしまいそうなので、XR4しかございませんm(_ _)m

・ヘッド部
XR4の特徴とも言えるヘッド部の上部
PB264173

こんなん特殊なダストキャップ(スペーサーの下のパーツです)しか、、、ということがXR3ではありません。スペーサーも多少変な形をしている気が、、、
通常の円のダストキャップが使えそうな普通のヘッドチューブです。
下部はXR4バリのインテグレーテッドデザインです。

ジオメトリからヘッドチューブ長を見れば結構短めの設計です。



・ブレーキ
PB264173
XR4は前後ダイレクトマウントですが、XR3は取り付け穴を見る限り通常のブレーキです。


・フォーク
PB264168
特徴的だったXR4のフォークもXR3では見る限りブレード形状こそありますが、ストレート形状になっております。
憶測でしかありませんが、コントロール性を向上と謳い文句があるのでジオメトリ上は角度に差はありませんが、ストレート形状にすることで向上を狙っているのかもしれません。コス…(o゚Д゚)=◯)`3゜)∵ ハウッ


・シートポスト連結部

PB264170
若干の差があります。

これはブレーキシステムが変わっているために差が出ているのか、乗り心地やコントロール性に差を持たせているのか、、、
かなりのゴッツさはありますが、どう乗り味に影響が出てくるのかは謎です。
しかしシートステーにはしっかりとカウンターヴェイルの文字が!!


・ケーブルルーティング
インターナルケーブルルーティング、と英語では書いてありますが、、、日本語ではなんというのかはいっつも困ってしまいますが、インターナルケーブルルーティングです(笑

XR4ではチェーンステーまですっぽりの整備性悪し(かっこいいんだけどネ・・・)のルーティングもXR3ではダウンチューブこそインターナルですが、チェーンステーは下部を這うようになっております。

リアブレーキ入り口はやはり右側、、、
日本人の右手フロントにはケーブルルーティングが少々やりにくので左側がいいなぁと思うのですが、そこはイタリアンですネ。
センプレも(後期型から)同じです。

シマノが前ブレーキ本体の右側に設計しているんだからフレームの穴は左に・・・なんかそのほうがバランスがいいような気がするのはワタク氏だけでしょうか。。


・カラーリング
ものすごく( ・∀・)イイ!!デス。

滅茶苦茶欲しくなります。
まっくろくろすけでもチェレステまみれも駄目でグロス仕上げ(光沢)じゃないと駄目なんです。
(全くもって個人的な好みの問題デスm(_ _)m)

1D - CK16-Black glossy
チェレステベース+ブラックのグロス仕上げ 
多少黒が少ないがフォークは真っ黒というなんとも大胆な仕上げ。
こいつが滅茶苦茶かっこいいです。
 
1Z - Black-CK16/Graphite matt
車体は黒ベース+チェレステ +フォークはチェレステ、マット仕上げ
 
ZB - Black matt-Black glossy/Black glossy-Black matt
グロスとマットのまっくろくろすけしよう


・コンポ
一番下のグレードでは105からのラインナップです。
日本にどのグレードが入ってくるのかどうかは全く謎です。。
ホイールがフルクラムのレースポ、、、まぁ完成車のみに供給が許されるグレード、かな、、、





ということでXR3はXR4の廉価版!?と勝手に決めつけておりますが、なにせカッコイイ!!
うわぁ滅茶苦茶カッコイイ、、、

XR1が105で30万という位置づけなので、XR3がカウンターベイルが入ったとしても為替の影響も色濃くでているので(と言うか絶対に影響はあるはずですが、コレで高かったら、、、切ないですよネ。)、105で30万を切ってくれると、、、最高です!
というか買っちゃうかも、、、
多少重くたってイインダヨ!100グラムだぁ?ドリンク減らせばすぐだぁよ、、、

カラーが本当にいいんですヨ。

詳細はグローバルサイトを御覧くださいm(_ _)m

こんなコトを書いておきながら、、、ほしすぎる、、、物欲が止まらない、、、
センプレより100g増とエアロダイナミクス向上どちらがトータルスピードが上がるか、、、そんな実験も楽しそうです。

ということでチョットディープな気持ちではありますが、XR3の超絶速報でした。

http://www.bianchi.com
公式サイトをクリックの上、GLOBAL(1番左上)を選べば詳細が見れます。

https://www.dropbox.com/sh/5up8y97wra352qs/AAAeqQBN6OGQVqi0A4lkCP1Ja?dl=0&preview=_G1A2955.jpg
ドロップボックス内に10枚の画像が公開されています。

 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

ビアンキ超絶速報!! XRエックスアール、、、参だと・・・?


当ブログへビアンキ関係のネタでお越しいただいている方も少なくないのではないでしょうか?
ワタク氏自身もビアンキヲタと言うか、、、まぁ好きなんですネ。

昨年末にXR4が発売になりましたが、アレはコテッコテのエアロ形状のフレームで、、、
余りコテコテしたものが苦手で、、、というのもああいった形状のフレームはホイールの選択がディープ一択になってしまうという難点が、、、

当然ディープは滅茶苦茶かっこいいのですが、個人的にはリムハイトが高いものしか似合わないのもチョット、、、レーゼロとかC24とかリムハイトが低くてもかっちょいいフレームがいいわけです。



ということでXR4は見送って、某社に手を出してみようかなぁなんて考えてはいたのですが、、、

ワタク氏例のコラムの一件から定期的にグローバルサイトを確認するようにはしているのですが、、、







別に出し惜しみするわけではありませんが、、、







image4478-5


キタ―ヾ(゚∀゚*)ノ―(σ*゚∀゚)σУ◎―!!

Oltre XR3!!

ジャスティーーーース!!

(°Д゚)ウェーーーーーーィ!

Coming soon!とな!

http://www.bianchi.com/
こちらのサイトからGlobalをクリックでいけるかと思います。
ブラウザによっては”Global”が見えないかもです。
スマホならイケルと思います。

もちろん日本の公式ページにもまだ発表はありません。


ということでまったく情報がありません。
グローバルサイトも四角い箱だけ(笑

海外のフォーラムサイトではいろいろな憶測が飛び交っているようです。

”XR1にカウターヴェイルが付いたもの、、、”とか
”XR4からカウンターヴェイルを抜いたもの、、、”とか、、、

全ては憶測の域でしかありませんが、これは楽しみで仕方がありません。



個人的にXR2にカウンターベイルがついたもの、、、う~んそれだけだと、、、
お値段をぐぐっと抑えてカウンターベイル導入!

楽しみで仕方がありません!
ということで超絶速報Bianchi Oltre XR3 グローバルサイトにComing soooooooooooon!! そんなお話でした!



購買意欲が止まらない、、、これもロードバイク病と呼ばれる、、、(ΦωΦ)フフフ




 
★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

Bianchi大試乗会2016伊豆CSC 申し込み開始!


毎年西伊豆で開催されている我らがBianchi(ビアンキ)の 試乗会の申し込みが始まりました!

キ─(゚д゚(゚д゚(゚д゚(゚д゚(゚д゚)ター!!! 

 [申込み開始] Bianchi大試乗会@伊豆CSC  

ビアンキ公式ページより https://www.cycleurope.co.jp/bianchi/news/detail.php?id=294


申し込みは簡単!
必要事項をご記入の上メールにて連絡をするだけ。
返信メールをプリントアウトかもしくはスマホの画面を伊豆CSCの入場口で見せれば入場できるとのことです。

※別途同意書なんかは記入して持っていく必要があります。

去年はというとビアンキのこんな物を送付していただいてこれがフリーパスのようになっていたのですが、今回はこちらはないようです(経費削減か?)
P9154021


あとは勝手に5kmサーキットのブースに行けば試乗車と呼ばれる宝の山がたんまりと!

昨年のブースはと言うと、、、

P9123989

こんな感じでした。

画面中心が5kmサーキットの監視塔のような物。

左側がビアンキのブースです。
IMAG0456

参加者は昨年で30~50名ぐらいだったのでしょうか?


しかし人気の車種は(昨年はスペシャリッシマ!)朝一から予約で埋まってしまっていました。

というのもある程度乗れる方であれば10分程度で戻ってこられるコースですが、なにせ伊豆の5kmコースです。

コース詳細はこちらから!

 

去年の模様です。

こちらをご確認いただければおわかりかと思いますが、平地はホームストレート意外ありません(笑

しこたま登りと下りの繰り返しです。


登りは勾配もけして緩やかな登りだけではないので、初心者の方なんかは裏の登りは押している方もちらほら。

さらに裏にはコテージみたいな休憩所もありそちらで一休み。そんなパターンも、、、

悪いことではありませんヨ。

だってコース自体きついんで仕方がないですよ。。。

【レース】ではなくて【試乗会】です。

逆走はできませんので、コースに出たら1周して帰ってくるしか無いんですから。


昨年はオルトレをしっかりと楽しませてもらいましたよ!


ということで今年の注目はやはりオルトレ XR4!(くるよね?)そしてスペシャリッシマ!

この辺の試乗をご希望の場合はやはり朝一の予約が必須になるかとおもいます



もちろん試乗はご自身のロードバイクと乗り比べないとわかりませんね!

そんな時のために、持ち込みもOKでした。

まずは自分のバイクで走って、、、オルトレ試乗でタイム出ちゃったら、、、買うしかありません(笑

またフラペなんてや~だよ!なんていう場合も自分のビンディングを持っていけば取り付けてくれちゃいます。

自信のバイクを持って行く場合はペダルを外す工具を持っていけば自分のビンディングで試乗もできていまうと言うところもGOODです。

少々難点は試乗車にはボトルケージがありませんでした。

背中に入れるか、死ぬ気で帰ってくるか、、、なんにせよボトルは持って行ったほうがいいと思いました。
(9月ってまだまだ残暑が厳しいです。。。)

また試乗中は自分のバイクを止めておくのでがあるといいと思います。

大きな荷物は5kmコースのすぐ手前の建物にコインロッカーもあります。(100円の戻ってこないタイプでした)

ということで当日のあると便利な持ち物のまとめ

・自身のバイク
・ボトル(中身はCSC内に自販機はたくさんあります。)
・補給食(CSC内の飲食店は少々さびしい感じでした)
・ペダルを外す工具
・ロック


※必須な持ち物は公式ページよりご確認下さい。
https://www.cycleurope.co.jp/bianchi/news/detail.php?id=294

そんなこともできてしまうステキな大試乗会の申し込み9月15日までとなっているようです。

あまりにも参加者が少ないと来年から中止になってしまうかもしれません。


ワタクシも恐縮ながら参加をさせていただく方向で調整させていただいております。
(と言うかすでに申込済み!!、、、怪我は大丈夫なのか!?)


昨年はなんと雨天にて1日中止となってしまいました。

今年も天候次第では中止の可能性もありとのこと、、、試乗会で怪我人続出はまずいですしね。


ということで2016年ビアンキ伊豆サイクルスポーツセンター大試乗会申し込み開始!のお話しでした。


★フォーマルハウトは当店オリジナルのサイクルウェアです★


★イチオシアイテム★
★レディースウェアも充実のラインナップ★


★シマノ純正パーツもすべてOK!お見積り承ります

在庫になくともシマノカタログ掲載商品全品お取り寄せいたします。
詳細はメールにてご連絡下さい。

★その他あったら便利なパーツも取り揃えております★

 

↑このページのトップヘ