えふえふぶろぐ

ロードバイクのパーツインプレから、メンテナンス、乗り方、トレーニング等ロードバイクを中心に自転車の話題を独断と偏見いっぱいにお伝えいたします。メンテナンス・整備のご相談はFF-Cycle店舗までお気軽にお問い合わせ下さい。

先日のライドで事件は起こりました。走り出しGarminをスタートします。すると定期的に、ピー、、、ピー、、、ピー、、、ピー、、、あっちでピー、こっちでピー、あっちもこっちもどこでもピー、ピー♪うるさいったらありゃしません。普段Garminは本当に良い子で全然トラブル ...

雨の日というよりも、雨上がりです。大体ひどいことになります。ある程度は覚悟の上で、冬用の薄手のシューズカバーをしてなんとなく守ってはいるのですが、、、いつも大体こんな状態になります。こんなときは大体30分もすればシューズが浸水。。。シューズの浸水は雨よりも ...

前回の記事はこちらからどうぞ。 と現在の仕様はこのときよりもすこ~しだけ前回よりも更に変わっていますが(笑)残り一週間を切りました。今からできることはというと もがき続けるよりも疲労を抜くこと、そしてバイクの状態を万全に不安やトラブルの可能性を少しでも減ら ...

そう言えばその後どうなってる? という”その後シリーズ” その2デス。実際に使い始めてから、しばらく時間が経って使用していくうちにどうなったのかというのが、かなり重要なところだと思います。というところの後を追うようなその後シリーズです。前回のお話はこちらから ...

富士ヒルまで残り2週間を切ってようやく少し体調が戻ってきました。それでも問題があります。決して高強度はやりたくないぃぃぃ!未だ現実頭皮逃避です。ということですが、もうそろそろということでインターバルをやるぐらいなら、、、(どこまでも逃避!(笑))ということ ...

ワタクシ自身もローラー台はPD-R550を使用しております。少々重いですが重さの違いはローラー回してわかるわけもなく、全然OKです。PD-R550といえば、現行型のSPD-SLのペダルの中で価格的には下から2番目のグレードです。それでもメインで使用中のDURAよりも着脱が全然硬いと ...

回転性能と耐久性は対極の存在のようなもので、多くの場合トレードオフ的なものです。走り込みや練習には1分1秒を求めることはありませんし、雨でもなんでもたくさん走る場合は少しの軽さよりも耐久性を重視したほうが利便性が高いです。逆にレースで少しでも速く、1分1秒速 ...

前回に引き続きボルト(スレッド)ネタです。侮るなかれ!たかがボルト、されどボルト。ボルトはただただ緩みがないようにしっかりと締めればよいわけでも、結果的に緩まなければ良い、ということだけではなくときにはもっと深いところも考える必要がある場合もあります。と ...

以前のShimanoのテクニカルセミナーからのお話しです。※テクニカルセミナー:販売店向けの技術的なセミナー大きく分けて2つです。1つ目は、トルクレンチを用いて、”コンポーネントを組む際には適正締め付けトルクを守りましょう。”ということです。昨今、カーボン製のパー ...

前回の記事はこちらからどうぞ。 富士ヒルの試走はかなり重要だと思います。ワタクシ自身の今年初の富士ヒルの試走の結果は散々なものでした。というのも、そもそも長い上りを全然走っていないことに気がついたギリギリの時期です(笑)しかしです。その結果があるからこれか ...

もう値上げをしていないメーカーのほうが少ないようなイメージです。このご時世、ある意味致し方がない部分もあるとは思います。ついに日泉ケーブルも価格改定のお知らせが来てしまいました。日泉ケーブルといえばなんと言っても圧倒的な引きの軽さ、そしてシフトの速さと正 ...

ロードバイクは無駄なネジ一つ無いとも言われるぐらい、無駄を限界まで省いた作りでできています。逆に言えばなにか一つを省いただけ、なにか一つの調子が悪いだけで走れなくなってしまうことが多々あるのがロードバイクです。メカトラブルは日々の練習もそうですし、楽しみ ...

先日富士山スバルラインに試走に行ってまいりました。今年一発目の試走ということ、昨年の富士ヒルを終えてから約11ヶ月が過ぎ練習を重ねて参りました。その結果は如何に!?と言うお話にしてみようと思います。ということで今回は2022年 富士ヒル試走一本目 結果が・・・な ...

ハンドル位置を下げる①の記事はこちらからどうぞ。 極寒の真冬を超えて、暖かくなってくると体も柔らかく動きやすくなってくるものです。となると、ハンドルの位置をもう少し下げてみたい、となるわけです。(ポジションは逐一いじりたい派です(笑))前回のお話は通常はコ ...

OGK AERO R1 の記事はこちらからどうぞ↓↓↓ 現在も毎日のように大活躍中のOGKのヘルメット、AERO R1です。R1の絶大な人気の理由は、そのシャープなシルエットもですし、エアロ系のヘルメットでありながらも十分すぎるほどの軽量!実測値で201g!というものです。(カタロ ...

ワタクシの場合ですが、基本的には走り出してしまうとできるだけ止まりたくなくなってしまいます。最低限のトイレだけは止まらないわけには行きませんが、写真を撮るのに止まるのも少々億劫なぐらいです(それでも時々は撮りますが)ワタクシの場合は経験上、朝ごはんをしっ ...

前回の記事はこちらからどうぞ。 450km走った状態はこちらからどうぞ、 やはりS-Light、というかIRCのタイヤもとても良いと感じております。しかしS-Lightといえば唯一にして最大の不安点であった対パンク性能です。距離にして1100km、雨上がりのウエットだけではなく雨天走 ...

前回の記事はこちらからどうぞ 某Sペ社の答え通り、Aero is Everything(空力こそすべて)、ということをまざまざと実感させられたのは前回のお話でした。エアロってすごいです。ではエアロ以外にタイムに差を与える影響があることはあるのでしょうか。ワタクシ自身の経験か ...

前回の記事はこちらからどうぞ。 ガンガン乗り込む時期を経て感覚は非常によい状態です。先日のAGILESTからのS-Light再びです。S-Lightに交換してからは距離にして450km、完全なウエットや雨こそありませんがそれでも雨よりもパンクリスクが高いとも思われる雨上がりのハーフ ...

IRCのS-Lightは久しぶりの登場です。Teppei.Y 目指せ走れるメカニック!!@ff_cycleやっぱりええぞ!S-Lightッッ!下りが安定しすぎて、どこまでも突っ込めそうで逆に怖い(笑) https://t.co/3wnl3YSdOL2021/04/04 09:01:57発売当初からその性能は高さは十分に!しかしです ...

携帯工具や緊急用のチューブを携帯するために使っているツールケースです。最近ではもうすっかりボトルタイプのものよりも、ジッパー式でガバッと開けられるものが主流になっています。確かこう言ったタイプのものが出始めた当初は、Vittoriaが先陣をきってジップツールケー ...

もう某Sペ社が答えを出しています。そう、Aero is Everything(空力こそすべて)です。Swiss side社ももう何年も前から、(ヒルクライムのみの状況でなければ)早く走りたいのであれば重量よりも空力特性を上げる方が効果的、ということを述べています。とにかく現代の世は、 ...

前回の記事はこちらからどうぞ↓↓↓ その後更に走ること500kmです。トータルで800kmぐらい使ってきました。そして最近の天気は幸か不幸か雨が多く、ウエットでも結構な距離や時間を走ることができました。おそらく500kmのうち200km以上はウエットのような気がしますし、洗車 ...

カセットスプロケットの磨耗です。先日ちょっとだけツィッターに書きましたが、だいぶ摩耗が進んで来てしまっています。走れば走るだけ摩耗していく、これは消耗品ですので致し方がないことです。で摩耗したら、、、交換するしかありません。Shimanoの変速性能はおそらく世界 ...

ロードバイクのチューブレスタイヤのパンクのお話です。現在のチューブレスレディのシステムはシーラントを入れて使うことを前提としたものです。シーラントが入っていればパンクをした際にも、大きな傷ではなければ勝手にパンク穴を塞いでくれます。しかしです。それはシー ...

先日ツィッターでも上げましたが、Teppei.Y 目指せ走れるメカニック!!@ff_cycleAmazonでスパカズのグローブが1500円とな!即ポチしたけどこれはお値段以上👍 https://t.co/KXRkBdPInH2022/04/18 08:18:24在庫処分品?それにしてもメーカー希望小売価格4,800円?3,800円?と ...

前回の記事はこちらから。 個人的にはものすごっっっく期待していた製品です。先行してプロ選手やスポンサード・提供の方々のインプレはちょこちょこ目にしていました。それはどの世界でもそうだと思いますが、ビジネスですからそこは暗黙の了解というか、大人の事情も。ひね ...

ワタクシ自身2018年春にチューブレスを使い始めてから、なんだかんだでクリンチャーに戻ることなく早4年が経とうとしております。その間自分で試したタイヤも数知れず、そしてお持ち込み等でも様々なタイヤとリムの組み合わせで組み込みやメンテナンスをしてまいりました。そ ...

前回までのお話はこちらからどうぞ↓↓↓ フラワーパワーはひまわりの種から抽出したワックス成分で、競合製品にくらべて、ワックスの濃度が濃く、水にも強く金属への定着性も高いと言う製品です。早速使用し実走では2回のライドで距離にして200km、室内では2回140kmほど走っ ...

OGK AERO R1 の記事はこちらからどうぞ↓↓↓ OGKのAERO R1を導入したのは去年の2月のお話でした。それからはや1年以上が経過しました。購入当初はというと、LazerのGENESISと使い分けて、、、という予定だったのです。しかし現在の使用状況はというと、、、ほぼ100% R1とい ...

↑このページのトップヘ