道交法改正

道交法改正 「ながら自転車にご注意を」

2015年6月1日より道交法が改正になり
【自転車でも青切符をきられる】とかわるとのことです。
自動車を運転する方には馴染みがあるかとは思いますが
自転車でもあの【青切符】をきられてしまうことがあるということです。

具体的にどのような違反があるかというと以下のとおりです。

1.信号無視
2.通行禁止違反
3.歩行者専用道での徐行違反等
4.通行区分違反
5.路側帯の歩行者妨害
6.遮断機が下りた踏み切りへの進入
7.交差点での優先道路通行車妨害等
8.交差点での右折車妨害等
9.環状交差点での安全進行義務違反等
10.一時停止違反
11.歩道での歩行者妨害
12.ブレーキのない自転車運転
13.酒酔い運転
14.安全運転義務違反 

ココで一つづつ解説していきます。
▶ 1.信号無視
 これは有無も言わさずダメでしょう。
 【右折青信号の交差点を右折時に自転車を巻き込み死亡、逆転無罪】
 という判決が出ました。これは右折のみ青信号、自転車歩行者は赤信号
 ということでした。
 こういった判例はこれからの判決に大きく影響を及ぼします。
 信号は守るべきものであるということがあくまで重視された判決であるということでしょう。

▶ 2.通行禁止違反
自転車通行止め
 こんなの見たことある方はいらっしゃるでしょうか?
 これはローディーの皆さんがご注意しなければいけない場合が多いと思います。
 例えば【橋の上】等で地味~に【自転車通行禁止】の看板があることがあります。
 もう少しわかりやすくしてもらえると助かるのですが、、、
 まぁ看板があれば従わなければいけないということですね。

▶ 3.歩行者専用道での徐行違反等
 私自身も最近娘と歩いている時に起きました。
 いわゆる子どもを前後にのせられる【ママチャリ】をかっ飛ばしたおばちゃんに
 激しく「ちりんちりん」鳴らされてすごいスピードで歩道を走り抜けて行きました。
 まぁお忙しいのはみな同じ、わからなくはないのですが、あくまでも【歩道】ということで
 歩道は【歩行者のための道路】であり、自転車は標識があれば【通行ができる】という
 ことですが、あくまで【通行ができる】であることを忘れてはいけません。
 歩道は徐行をし、歩行者に【ベルを鳴らしてどかす】ことはダメ、ということですね・

▶ 4.通行区分違反
 これは意識しないといけない人がかなりいるのではないでしょうか。
 【自転車は道路の左側を通行し無くてはならない】というものです。
 路側帯も含めいわゆる【逆走】をしている自転車をほんとうによく見かけます。
 あくまで自転車は【車両】であり、【車道を走るもの】という認識が重視されるもの考えます。
 【路側帯を逆走している】場合は非常に多いです。
 違反と自覚している方も少ないでしょう。
 免許の更新時に必ず教官が念を押して話しているはずです。

▶ 5,路側帯の歩行者妨害
 あくまでも路側帯を正しい方向に進むとしても歩行者を妨害してはいけない
 ということです。
 歩道のない路側帯でもあくまでも歩行者の安全第一ということですね。 

▶ 6.遮断機のおりた踏切への侵入
 これも法改正の前に守らなくてはいけないですね。

7からは次回更新します。

自転車に乗っていても車に乗っていても非常によく感じることあります。
【道路を走るものは速いほうが偉い】
こう考えている方が多いように思えます。
声を大にしていいます。絶対に違います。
高速道路の追い越し車線ならまだしも、
一般道路で制限速度で走っている軽自動車をあおっている車両や
法定速度が30kmと決まっている原付をぎりぎりの幅で追い抜く車
よく見かけます。

お急ぎのかたもいらっしゃるでしょう。
しかしここは心の余裕を持って安全運転をお願いしたいです。
交通事故は誰も幸せにしません。

逆に自転車乗りの方も車道だから、、、というのではなく、
追い抜きを明らかに従っている車がいるのであれば
安全確認の上、抜かしてもらう余裕を持って乗りたいものですね。

もう一度書きます。
交通事故は誰も幸せになりません。
心に余裕を持って運転すること、は趣味として楽しむうえで非常に
重要なことだと思います。
趣味はあくまでも生活を豊かにするもの、自転車は楽しいです。
しかし一度スピードを出せば人を傷つけてしまう凶器にもなり得る
ということを忘れてはいけませんね。

もちろん生活のために使っていたとしても同じです。
送り迎えの時間がなくても、そこは10分早く起きましょう。
5分早く家を出ましょう。
それが誰かの命のため、誰かの健康のためだと思って見てはどうでしょう。

ローディーの皆さんはとくに、【舗装路を走る究極の形の自転車】【美しい肉体】
をもつ自転車乗りの鏡として【かっこ良く余裕を持った運転】をして欲しいですね。
ということで、自転車は便利で楽しく生活を豊かにする素晴らしい乗り物で
ありますが、とても危険な面を持っているというお話でした。

次回7.より続きを書きます。

 rakulogobanner3

 サイクルウェアとロードバイクパーツのお店 http://www.rakuten.co.jp/ffcycle/